FRMX310WS6


当記事では、FRONTIER MXシリーズFRMXH370/Mのレビューをしている。2019年5月24日に新しく追加されたばかりのゲーミングPCだ。

MXシリーズ自体はラインナップ全体で見ると廉価モデルだと言えるが、十分ゲームプレイに対応することができる。安いゲーミングPCを探している方はぜひチェックすべき一台だ。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★☆☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★☆☆(対応)
fortnite
★★★☆☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

性能的にはFULL HD×標準 or 低設定でのゲームプレイが前提となる。最新タイトルでも対応できるものの過度な期待は禁物だ。それでも性能をしっかり理解した上で選択すれば非常に満足度の高いモデルであることは間違いない。

MXシリーズFRMXH370/Mのスペック

FRMX310WS6

ブランド名【MXシリーズ】第9世代CPU+GTX1650搭載
製品名FRMXH370/M
価格Windows 10/75,800円
CPUCore i5-9400F
GPUGeForce GTX1650
メモリDDR4-2400 16GB
SSD480GB
HDD非搭載
電源600W BRONZE
マザーボードチップセットH310
コストパフォーマンス-
FRONTIERのMXシリーズは、チップセットにH310を搭載した廉価モデルとなっている。ローエンドクラスからミドルクラスまでのラインナップだ。チップセット自体は廉価モデルでもゲームプレイに大きな影響を与えることはない。もっともオーバークロックをするなどこだわりがある方であれば影響はあるが、初心者や中級者の方であれば気にする必要はない。価格が安いという恩恵を最大限に享受しよう。

グラフィックボードにはGTX 1650を採用。性能ではPascal世代のGTX 1050Tiを超える。それでいて税抜き75,800円と非常に安い。CPUには6コア6スレッドの高コスパモデルCore i5-9400Fを採用。グラフィックボードのバランスも良く魅力的な組み合わせだと言える。

構成もこのクラスのゲーミングPCとしては異例のものになっている。メモリ16GB、SSD 480GBと十分過ぎる構成だ。必要に応じてストレージの追加を検討しよう。これならゲーマーだけではなく、クリエイター向けモデルを探している方にもおすすめしやすい。例えば普段あまりパソコンを使用しないけどたまにワードやパワーポイントを使ったり、その他アプリケーションを使用するという方にも魅力的だ。友人や家族にも積極的におすすめしたい。それほどまでにこの価格設定が優れているということだ。

MXシリーズFRMXH370/Mの安さを検証

GALLERIA DHと比較

ブランドMXGALLERIA
画像mxseriesgalleriadhtop-1
製品名FRMXH370/MDH
ケースミニミニ
価格75,800円89,980円
CPUi5-9400Fi5-8500
GPUGTX1650GTX1650
メモリDDR4 16GBDDR4 8GB
SSD480GB非搭載
HDD非搭載1TB
電源600W BRONZE500W BRONZE
マザボH310H310
公式公式公式

競合と比べると32,000円以上お得に購入できる

比較対象とするにはやや物足りないが他に該当するモデルがないためGALLERIA DHを比較対象とした。細かく見ていかなくてもいかに「FRMXH370/M」が優れているかということがわかるだろう。価格は14,000円安い。その上、メモリ倍増の16GB、SSD 480GB、電源ユニット500W BRONZE→600W BRONZEと圧倒している。

同じ構成にするとするとメモリ+12,700円、SSD +10,300円、HDD -5,000円となる。元々の差額32,000円を加えるとその差は33,000円となる。低価格帯でこの差は非常に大きい。格安ゲーミングPCはフロンティアのセール対象モデルに軍配があがる。なお、現在GALLERIA DHを購入するとフォートナイトが無料で手に入る。もしフォートナイトをまだ持っていなくて購入予定の方であれば差は小さくなるということを最後に付け加えておく。

MXシリーズケース詳細

正面

mxseries-1

正面には基本的なI/Oパネルが搭載されている。ヘッドホン出力端子、マイク入力端子、USBポート×2がある。デザイン的にはGAシリーズよりもビジネス寄りだと言える。

左側面

mxseries-2

左側面には排熱校がある。GTX 1650であればそれほど熱を持たないので特に排熱に関しては気にしなくても良いだろう。

当該モデルの総合評価

驚くべきなのはその価格の安さだろう。数年前まではあり得なかった格安ゲーミングPCが現実味を帯びてきた。革命と言っても過言ではない。現状ではこの価格帯ではずば抜けたコストパフォーマンスを持っている。競合のGALLERIA DHと比べるとその別格さがわかるだろう。予算10万円以下でのゲーミングPCの購入を考えている方は必見だ。

GTX 1650×i5-9400Fの組み合わせはFULL HD環境を前提とするならばこれ以上ない構成だと言える。PUBGや黒い砂漠などの人気タイトルにも対応できる性能を持つ。今後登場するであろうタイトルにも設定調整次第で対応できる可能性が高い。

>>>>>FRONTIER MXシリーズFRMXH370/Mを購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判&口コミ解説

FRMXH370/Mを販売しているFRONTIERの評判をまとめている。セールがとにかくお得なショップだ。安くパソコンを購入したい方必見。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る