FRMXH310WS4top


当記事では、FRONTIER MXシリーズFRMXH310/WS4(【MXシリーズ】Core i5 + GTX 1660 SUPER)のレビューをしている。台数限定セールのモデルの中で最安値クラスでおすすめのゲーミングPCと言えばこのモデルだ。

低価格帯にも関わらずゲーミング性能は高く10万円以下の予算で考えている方におすすめだと言える。フロンティアのMXシリーズは、他のBTOメーカーの低価格帯のモデルを一掃できるほどのコスパを誇るモデルが多い。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ミドルクラスの王道的な性能を持つゲーミングPCだ。高いゲーム性能よりもコストパフォーマンスを重視するユーザーに適している。CPU性能がやや不安ながら、全てのゲームを快適にプレイ出来る性能はある。設定を少し下げる必要はあるので、それだけは理解した上で選択して欲しい。選びやすい価格で十分な性能を持つゲーミングPCだ。

MXシリーズFRMXH310/WS4のスペック

FRMX310WS6

ブランド名【MXシリーズ】Core i5 + GTX 1660 SUPER
製品名FRMXH310/WS4
価格Windows 10 / 89,800円
CPUCore i5-9400F
グラフィックボードGeForce GTX 1660 Super
メモリDDR4-2666 16GB
SSD500GB NVMe対応
HDD2TB
電源600W BRONZE
マザーボードチップセットH310
コスパ

>>>>>MXシリーズFRMXH310/WS4を購入する<<<<<

FRMXH310/WS4のゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、標準的な性能を持つ人気のグラフィックボードだ。最新のゲームに対しては標準でも、3年以上前のゲームに対しては非常に高性能なパフォーマンスで臨むことが出来る。前世代のミドルエンドクラス、前々世代のハイクラスに匹敵する性能を持っている。扱いやすく選びやすいという特性から、誰にでもおすすめ出来るグラフィックボードとして支持されている。

Core i5-9400F

i5-9400seinou

Core i5-9400Fは、第9世代で最低限必要な性能を持つゲーム向けCPUとなっている。ゲームを快適にプレイすることよりも、価格を抑える効果が大きい。高リフレッシュレートを実現するためには少し不安要素がある。144hzでのゲームプレイを想定するなら、CPU負荷に関する設定を最低に下げなくてはならないこともある。画質よりも快適性というユーザーには抜群のコストパフォーマンスとなるCPUだ。

総合評価

FRMXH310WS4seinou

性能のバランスは良い。ただ、最高設定でゲームをプレイするには性能が不足している。基本は標準設定、負荷の高いゲームではそれより下に合わせることになる。快適性に関しては個人によるところも大きい。

最高設定でも許容範囲であれば問題無い。少なくともカクカクで動きにくいというようなことはないだろう。少なくとも、標準設定以下であれば最新ゲームに対応出来るので、性能よりもコストパフォーマンスに注目して貰いたいモデルである。

>>>>>MXシリーズFRMXH310/WS4を購入する<<<<<

FRMXH310/WS4の特徴

旧世代でもコスパが高く変わらない人気がある

第10世代が登場したことで第9世代搭載モデルは徐々に人気が落ち始めている。その中にあって、FRMXH310/WS4は変わらず高い人気を誇っている。Core i5-10400はi5の最低ランクとは思えないほど高性能である。しかし、価格はまだ落ち着いていない。GTX 1660 SUPERと組み合わせても10万円台を軽く超えてしまっている。

また、供給が追いついていないのか、今はその姿を見ることも少なくなっている。i5-9400Fはi5-10400と比べると性能は落ちる。今後i5-9400Fに代わるCPUはi3になるだろう。ただ、ゲーム用途で見るとまだi3搭載モデルは登場していない。そのため、Core i5-9400Fは第10世代が主流になった後も残るだろう。

少なくとも、第10世代でこの価格を実現出来るまでは息の長い製品になる。この性能に置き換わるゲーム向けCPUが無いこと、そして何より価格だ。控えめな性能ながら人気が高いのはそういった背景がある。むしろ、旧世代のメリットをしっかり活かしているように思う。新世代が登場すると旧世代の製品は価格が安くなる。元々低価格帯に強いモデルがその恩恵を享受することで、その特性を大きく伸ばしている。

もしかすると、もっと価格が安くなる可能性もある。低価格帯のモデルはRyzen搭載モデルが非常に強力だった。そのラインナップに割って入れるのはFRMXH310/WS4くらいだろう。セールモデルなので、常時選択出来る製品ではない。あえてセール品を比較対象に入れるなら、低価格帯最強のゲーミングPCと言えるかもしれない。

価格だけではない充実した構成

当該モデルは低価格帯のモデルながら構成も充実していて選びやすいというメリットがある。一般的に低価格帯の宿命は構成が乏しいことである。一定の性能を維持するためにコストカットが必要になる。主に、ストレージが真っ先に削られる。FRMXH310/WS4はチップセットがH310であること以外に構成が削られていない。

メモリ16GB、NVMe対応SSD 500GB、HDD 2TBが搭載されている。この構成はハイクラスなどの高価なモデルに採用される構成だ。それが税抜9万円を下回るモデルに採用されている。ただ安価なモデルではない。とても価格に見合わない充実した構成が標準で搭載されている。電源も他ショップより少し余裕を持たせた600W BRONZEを採用している。この構成にこの電源はやや無駄に感じてしまう。

考え方を変えると、この充実し過ぎとも言える構成を削れば価格をもう少し下げれたのではないだろうか。構成を充実させることでコストパフォーマンスの評価は高くなる。構成を削って価格を下げれば評価も下がる。それでも、選びやすさという点から、価格を下げるというのも悪くはなかっただろう。

悪く考えてしまうと価格への不満へ直結する。しかし、プラスに捉えるならあり得ない構成をありえない価格で展開していると取れる。他に類を見ないモデルであるので、存在しないモデルへの展望は止めにしておこう。多少の無駄はあっても、安くてお得であることに変わりはない。この価格帯で最強の座につくモデルに、これ以上は求め過ぎだろう。

似たモデルとの比較

ブランドMXGALLERIA
画像mxseriesgalleriadhtop-1
製品名FRMXH310/WS4RT5
ケースミニミニ
価格89,800円89,800円
CPUCore i5-9400FRyzen 5 3500
GPUGTX1660 SUPERGTX1660 SUPER
メモリDDR4 16GBDDR4 16GB
SSD500GB NVMe対応256GB NVMe対応
HDD2TB1TB
電源600W BRONZE500W BRONZE
マザボH310B450
公式公式公式
比較対象は、これまでの低価格帯最強モデルGALLERIA RT5だ。CPUの総合性能ではRyzen 5 3500が上で、ゲームではi5-9400Fが上である。このため、CPUは同等という評価で落ち着く。グラフィックボード、メモリは同じモデルが搭載されている。

大きく違うのはストレージと電源である。FRMXH310/WS4のHDD容量、SSD容量は2倍である。電源は容量がアップしているので安定感と耐久性に差が生じる。600Wと500Wで同じ規格なら、そこまで大きな差ではないかもしれない。それでもFRMXH310/WS4が上回っている。それでいて価格はほぼ同等に抑えられている。

ゲーミングPCとしての評価は間違いなくFRMXH310/WS4の方が高い。低価格帯に革命を起こすモデルとして注目したい。ただ、不安な点はFRMXH310/WS4がセールモデルであるということだ。今後のセールでも全く同じ製品が登場するとは言い切れない。大々的に低価格帯最強モデルと言えない所以である。選べるうちはFRMXH310/WS4を、選べなくなったらGALLERIA RT5を選択するくらいで良い。

MXシリーズケース詳細

FRONTIERのミニタワーモデルとなっている。ビジネス向けのモデルだが、グラフィックボードを搭載しゲームプレイにも通用する。

正面

mxseries-1

正面には基本的なI/Oパネルが搭載されている。ヘッドホン出力端子、マイク入力端子、USBポート×2がある。デザイン的にはGAシリーズよりもビジネス寄りだと言える。

左側面

mxseries-2

左側面には排熱校がある。GTX 1650であればそれほど熱を持たないので特に排熱に関しては気にしなくても良いだろう。

管理人による総評(FRMXH310/WS4)

FRMX310WS6

FRONTIERの低価格帯ゲーミングPCの決定版だ。GTX 1660 Super搭載モデルとしては最安値クラスとなっている。FULL HD環境でのゲームプレイを考えているのであれば十分な性能を持つ。場合によっては設定調整が必要だが、十分ゲーマーの要望を満たしてくれる。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと構成も充実していて魅力的だ。比較対象モデルよりも14,000円安く購入できるので、このクラスのモデルを探しているのであれば選択肢に入れても良いだろう。

価格CPUグラボ
89,800円Core i5-9400FGTX1660Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判&口コミ解説

FRMXH310/WS4を販売しているFRONTIERの評判をまとめている。セールがとにかくお得なショップだ。安くパソコンを購入したい方必見。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る