G-Tune E5-165-R7top


当記事では、G-Tune E5-165-R7の評判とレビューをまとめている。RTX 3060 Mobile×Ryzen 7 5800H搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCだ。フルHD環境なら165Hz対応モニターを活かせる性能を持つ。WQHD対応モニターでよりキレイな画像を楽しめる。

MMORPGなどのグラフィックスがポイントとなるタイトルに最適だ。第4世代のRyzenシリーズを搭載しているのが特徴だと言える。マルチスレッド性能が高くゲームプレイだけではなくクリエイター作業にも適している。定価だとかなり高めなのでキャンペーン&セールを待つのがよいだろう。

年末年始セールで15,000円OFF

gtunenennmatsunenshi2021/12/22 11:00~2022/01/05 10:59の期間中は通常よりも安く購入することができる。割引が適用となっても競合モデルよりも高めの価格設定だが本体重量が軽かったり、WQHDパネルを採用していたりとこのモデルにしかない強みがある。価格以上の価値を見出だせる方なら選択するメリットは大きい。

G-Tune E5-165-R7のスペック

G-Tune E5-165-R7top

ブランド名G-Tune
製品名E5-165-R7
価格Windows 11 / 208,780円(税込)

キャンペーン時 / 192,280円(税込)
CPURyzen 7 5800H
グラボGeForce RTX 3060 Laptop
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
液晶サイズ15.6インチ 165Hz対応
重さ約1.73kg
バッテリー駆動時間約6.0時間
コスパ ・通常時
★★★★★★☆☆☆☆ 5.9

・キャンペーン時
★★★★★★★☆☆☆ 6.7

>>>G-Tune E5-165-R7を購入<<<

各タイトルの対応表

FF14Apex Legendsフォートナイト
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune E5-165-R7のゲーミング性能レビュー

GeForce RTX 3060 Mobile(GPU)

rtx3060mobileseinou

GeForce RTX 3060 Mobileは、Ampere世代におけるモバイル向けミドルクラスモデルだ。従来モデルのRTX 2060 Mobileよりも8%程度ゲーミング性能が向上している。上位モデルであるRTX 2070 Mobileを上回る処理性能を誇る。フルHD環境で快適なゲームプレイが可能だ。

FPSなど負荷の軽いタイトルであれば144fps以上を安定して出すことができる。デスクトップパソコン向けのRTX 3060との性能差は18%とやや大きい。やはり消費電力の観点からもパフォーマンスは見劣りしてしまうことは事実だ。同じ型番ということで混同してはいけない。

Ryzen 7 5800H(CPU)

ryzen75800hseinou

Ryzen 7 5800Hは、Zen 3アーキテクチャ採用の高パフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集などのクリエイター作業にも対応しやすい。ゲーミングCPUとして考えるだけではもったいない。従来モデルのRyzen 7 4800Hと比べて13%程度パフォーマンスが向上している。

競合であるCore i7-11800Hと同等の性能だ。ゲーム適正についてはCore i7-11800Hにやや劣るもののRyzen 7 4800Hよりは飛躍的に向上していると考えてよい。RTX 3060 Mobileとの組み合わせも悪くない。価格が抑えられているので選びやすさがある。

G-Tune E5-165-R7の特徴

Ryzen 7 5800H搭載のミドルクラスモデル

当該モデルの最大の特徴は、CPUにRyzen 7 5800Hを搭載していることだ。Ryzen 7 5800Hを搭載したゲーミングノートPCは希少性が高い。Zen 2アーキテクチャより以前のモデルよりも明らかにRyzen搭載モデルが増えているもののIntel製CPUに比べるとラインナップは限定的だ。

Zen 3アーキテクチャを採用したモバイル向けハイクラスモデルとなっている。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くノート向けモデルとしてはトップクラスだ。ゲームプレイはもちろん動画編集・画像編集・DTMなど幅広い用途に使用することが可能だ。用途によってはIntel製CPUを上回るパフォーマンスを発揮する。また、Intel製CPU搭載モデルよりも価格が抑えられていることも魅力だ。

CPU性能が高いということは、CPU負荷の高い用途に対応できることだけがメリットではない。一般的な用途でCPUパワーを抑えることができるので、熱に対する問題を軽減することができる。ゲーミングノートPCは長時間の使用も想定している。放置ゲーム、イベントタイムなど、ゲームタイトルによっては必然的にプレイ時間が長くなる要素がある。そういった場面で、熱によるパフォーマンスの低下を抑えられるのは強みである。

そういった時間帯やイベントではプレイヤーも集まるため負荷が高まる。熱を抑えるところはしっかり抑え、負荷に対してパフォーマンスをしっかり発揮できる。ゲームジャンルを選ばない対応力がRyzen 7 5800Hである。ゲームジャンルどころか用途さえ選ばない圧倒的な処理性能は、ゲーミングノートに適したCPUだ。

WQHDモニターを搭載している

G-Tune E5-165-R7では一般的なフルHD液晶ではなくWQHD液晶を搭載している。より繊細な映像でゲームを楽しめるということだ。MMORPGなど綺麗なグラフィックスで思う存分楽しみたいという方向けだと言える。ただし、グラフィックス処理性能はミドルクラスでタイトルによっては十分なフレームレートを出せないことがある。その場合設定を下げるなどして対応する必要がある。

ゲームではフルHD+165Hzを基本にしておく方がいい。負荷の軽いゲームタイトルではWQHD+165Hzでも安定はするかもしれないが、性能を考えると適した環境とは言いにくい。高解像度であるWQHDを実現するために設定を下げるのはあまりにも不毛である。高解像度の魅力画質のよさにある。それを下げてまで高解像度を目指すのはメリットがない。

ゲームプレイに関しては性能ギリギリを目指すよりも安定しやすいフルHD+標準設定+165Hzがベストな環境だ。そこを軸に設定を細かく調整していく方がいい。一般的な用途ではモニターの解像度が高いことで負荷が高まるということはあまりない。そのため、ゲームはフルHDでもデスクトップ画面はWQHDがいい。動画を見ながら作業をするくらいはできそうだ。WQHDのよさはゲームではなく作業との両立に適している。

ゲームだけを考えるなら強みとは言いにくい。パソコンでする作業も全てG-Tune E5-165-R7で完結させるなら他モデルになり強力な強みになるだろう。ただ、モニター自体はそこまで大きくないので、用途によっては拡大表示が必要になる。そうなるとWQHDであるメリットは失われる。ノートタイプでは同様の理由により4Kモニターはあまりおすすめできない。まだWQHDの方が扱いやすい。完璧を目指したモデルというよりも、環境を選ばない汎用性の高いモデルである。

性能を考えると価格は高め

G-Tune E5-165-R7は、税込208,780円と高価なゲーミングノートPCだ。RTX 3060 Mobile×Ryzen 7 5800Hの組み合わせで考えると割高だと言わざるを得ない。この組み合わせならあと2万円~3万円は安くなって欲しい。RTX 3070搭載モデルに手が届きそうなほどだ。さすがに同等の価格でグラフィックボードのランクが上がるならそちらを選ぶ方が好ましいだろう。

コストパフォーマンス重視でゲーミングノートPCを選びたいという方は少し待った方がよいかもしれない。必ず比較対象モデルを確認しておこう。G-Tuneでは2週間ごとにキャンペーン&セールが行われているので、定期的にセール情報を確認しておこう。1万円でも価格が下がれば購入のハードルは下がるはずだ。G-Tuneは充実のサポートが提供されていて純粋にコスパ以上に評価できる部分も大きい。サポートなどを重視したいなら魅力的なモデルとなるだろう。

WQHD・165Hz対応のモニターを採用しているという強みがあるので、G-Tuneとしてもプッシュしたいモデルのはずだ。要素だけで見ると十分強力なモデルだ。値引きやキャンペーン・セールに期待できる。ただ、WQHDや165Hzにそこまで魅力を感じていないなら別のモデルがいいだろう。フルHDでもいい、144HzでもいいならG-Tune E5-165-R7を選ぶメリットはない。

この価格帯である理由は充実した装備・機能・サポートあってのものだ。このうち、装備と機能に魅力を感じないなら価格を抑えたモデルを選ぶ方が適していそうだ。WQHDであることを重視するなら、少し高くても選ぶメリットはある。モデル毎の特性は様々だ。G-Tune E5-165-R7でなければならない理由が僅かでもあるなら、候補に加えておきたい。

>>>G-Tune E5-165-R7を購入<<<

似たモデルとの比較

ブランドG-TuneGALLERIAGALLERIA
イメージG-Tune E5-165-R7topGALLERIA XL7R-R36GALLERIA UL7C-R37
型番E5-165-R7XL7R-R36UL7C-R37
価格208,780円(税込)
192,280円(税込)
155,980円(税込)219,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチWQHD15.6インチフルHD15.6インチフルHD
リフレッシュレート165Hz144Hz240Hz
重量約1.73kg約2.10kg約1.96kg
バッテリー駆動時間約6.0時間約6.3時間約8.8時間
CPURyzen 7 5800HRyzen 7 5800HCore i7-11800H
GPURTX 3060RTX 3060RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe1TB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載
カードリーダー
Thunderbolt 4××
公式公式公式公式
似た構成を持つドスパラの「GALLERIA XL7R-R36」とワンランク上のドスパラの「GALLERIA UL7C-R37」と比較していく。他のモデルと比較するとG-Tune E5-165-R7の価格が高めであることがはっきりとする。ゲーミングノートPCという分野ではドスパラが強い。

GALLERIA XL7R-R36との価格差は52,800円とかなり大きい。セール時でも36,300円となっている。コスパでは圧倒的に劣る形だ。G-Tune E5-165-R7の優れた点を挙げるとすれば液晶モニターがWQHD(165Hz対応)であることと本体重量が18%程度軽いことだ。確かに魅力的なポイントではあるが、52,800円(あるいは36,300円)の差を埋められるほどではない。セール時であればかろうじて候補になる人もいるかもしれない。

ワンランク上のRTX 3070を搭載したGALLERIA UL7C-R37との価格差は11,200円だ。+10,000円弱で上位モデルを購入できるというのは悩ましい。セール時なら27,720円と差が広がるので比較対象にはならないと言える。15.6インチ240Hz対応モニターを搭載していてここでも負けてしまう。CPUにはCore i7-11800Hを搭載していてゲーム適性が高い。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。さらに、Thunderbolt 4に対応しているのもポイントだ。実際の価格差よりも小さいと考えてよさそうだ。

G-Tune E5-165-R7の本体レビュー

正面

G-Tune E5-165-R7syoumen
狭額縁デザインを採用したゲーミングノートPCだ。ブラックを基調としていて落ち着いた印象を与えてくれる。モニターの最下部に「mouse」のロゴが刻印されている形だ。本体の薄さが目を引くだろう。

天板

G-Tune E5-165-R7tenban
天板にはG-Tuneのロゴが大きく刻印されている。シルバーの文字なのでそれほど目立つわけではないのは嬉しいポイントだ。オシャレなロゴでゲーマーを本気にさせてくれる。

キーボード

G-Tune E5-165-R7keyboard
キーピッチは約19mmでキーストロークは約1.4mmとなっている。標準的なキーボードだと言える。ゲームプレイについては可もなく不可もなしといったところだ。テンキーは3列タイプで、デスクトップパソコン向けの4列タイプに慣れている方だと不便さを感じてしまうと思う。仕事用での購入を考えている方は要注意だ。

前面・背面

G-Tune E5-165-R7zenmen
前面部分については特に触れるところはない。背面にはUSB 3.1 Type-C、HDMI端子、ネットワーク端子、電源端子が配置されている。通気口が両サイドに設けられている。

両側面

G-Tune E5-165-R7sokumen
左側面にはUSB 3.1 Type-A、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子が配置されている。右側面にはカードリーダー、USB 3.0 Type-A×2が設けられている。必要十分なI/Oパネルだ。

>>>G-Tune E5-165-R7を購入<<<

管理人による総評(G-Tune E5-165-R7)

G-Tune E5-165-R7top

G-Tune E5-165-R7は、RTX 3060 Mobile×Ryzen 7 5800H搭載のゲーミングノートPCだ。ゲーミング性能は標準的でフルHD環境でのゲームプレイがメインターゲットとなる。WQHDモニターを搭載しているもののタイトルによっては対応しづらいことがある。価格設定は高めでセール&キャンペーンでも厳しさがあるが、WQHDモニターを搭載していることや本体重量が軽いことが強みになる。基本的には比較対象モデルを確認しておくとよい。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は十分だろう。

価格CPUグラボ
192,280円(税込)7 5800HRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB NVMe非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!