G-Tune EM-A-KKtop


当記事では、G-Tune EM-A-KKの評判とレビューをまとめている。GTX 1660×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。価格.com限定モデルということで通常モデルよりもお得に購入できる。ただし、GTX 1660 SUPER搭載モデルと変わらず魅力に乏しいのも事実だ。比較対象モデルと合わせて確認しておこう。

G-Tune EM-A-KKのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名EM-A-KK
価格Windows 10 / 129,800円(税込)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードAMD B450
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆3.1

>>>G-Tune EM-A-KKを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune EM-A-KKの性能まとめ

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660(GPU)

gtx1660seinou

GTX 1660は、Ampere世代のミドルクラス(場合によってはロークラス)のグラフィックボードだ。後発モデルのGTX 1650 SUPERに近い性能となっている。フルHD環境+設定調整を行うことで様々なゲームに対応することが可能だ。将来性よりも今の価格を重視して選びたい方におすすめだ。レイトレーシングやDLSSは搭載されていないので注意して欲しい。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600seinou

Ryzen 5 3600は、第3世代Ryzenシリーズの高コスパモデルとなっている。6コア12スレッドとマルチスレッド性能がそこそこ高い。価格が下がりきっていることを考えると評価は高くなっている。GTX 1660との相性は良好だ。

オフィスソフトの使用やクリエイター向けソフトウェアの使用などに適している。今は後継モデルのRyzen 5 5600Xが登場しているが、価格が高いためなかなか購入しづらいのが現状だ。価格を取るならRyzen 5 3600は悪くない選択だ。

総合性能(ゲームプレイ)

G-Tune EM-A-KKseinou

G-Tune EM-A-KKはRyzen 5 3600とGTX 1660を搭載したゲーミングPCだ。性能はロークラスかライトミドルと言ったところで、フルHDを中心としたプレイスタイルを想定している。性能的にWQHD以上での安定は期待しにくいので注意してほしい。フルHDであれば設定次第で快適にプレイできるタイトルも多い。

最新のタイトルでも安定させられるので最低限よりも少し余裕のある性能である。Apex Legendsやフォートナイトを144Hzでプレイすることは可能なので、本格的なプレイスタイルにも対応はできる。しかしながら、性能に余裕があるわけではないので、メインの用途としては考えたくない。高リフレッシュレートにもある程度対応できる程度に考えておくほうがよさそうだ。

>>>G-Tune EM-A-KKを購入<<<

G-Tune EM-A-KKの強み&特徴

値引きも状況は変わらない

G-Tune EM-A-KKは、GTX 1660 SUPERの不足により、GTX 1660へダウングレードされた悲しいモデルだ。その後5,000円の値引きが適用されたものの、根本的な評価の改善には至っていない。G-Tune EM-A-KKの問題点は性能と価格だ。RTX 2060やGTX 1660 SUPER搭載モデルと同等の価格でありながら、GTX 1660搭載に落ち着いているのはマイナスだ。コストパフォーマンスは非常に低い。

本来のGTX 1660はGTX 1660 SUPERよりも安価で性能が低い。しかし、今のGTX 1660はGTX 1660 SUPERよりも高価で性能が低いという最悪なモデルだ。特にG-Tune製品はその傾向が強い。他ショップでもGTX 1660 SUPERの不足が見て取れるが、GTX 1660の価格はG-Tuneほど高くない。GPU性能に見合ったモデルとして展開されている。

ただし、GTX 1660搭載モデルは主力として扱われているわけではなく、あくまでも代用品である。そのため、価格設定はよくできていても、GTX 1660搭載モデルで高い評価を得ているモデルはほとんどない。現在、GTX 1660 SUPERに続き、GTX 1650の在庫も厳しいようだ。

GTX 1660はGTX 1660 SUPERとGTX 1650の代用品としてこれから主流になるかもしれない。G-Tune EM-A-KKはGTX 1660としては今ひとつだが、今後の市場の動向次第では一気に化ける可能性はある。今はおすすめできないモデルが相対的に評価を高めることは珍しくない。評価が改善され、おすすめできる日までは様子見を推奨する。

GTX 1650の代用モデルになることを期待

GTX 1660はGTX 1660 SUPERの品薄をカバーするために再登場したGPUだ。前述の通り、GTX 1650も在庫不足でGTX 1660搭載モデルがロークラスのメインになりつつある。GTX 1660の評価が低いのはGTX 1660 SUPERの代用として展開されているからだ。もしも、GTX 1650の代用モデルとなることができれば評価は一変しそうだ。どちらにしても、価格を下げることは必須である。

上位モデルの代用品では性能で届かない。その上に価格にまでアドバンテージがないとなれば選択するメリットはない。その点で言えばGTX 1650の代用モデルとなった方がメリットは多い。価格的なアドバンテージは築けなくても性能で優れる。価格と性能で落ちる上位モデルよりも、性能だけでも上回る下位モデルの代わりの方が恩恵がある。今の状態ではどちらについても中途半端になりやすい。

しかし、上位モデルも下位モデルも品薄であるなら、GTX 1660しか選択肢がないという価格帯が出てくる。価格が抑えられたGTX 1660搭載モデルが登場すれば人気は出るはずだ。そのポジションに最も近いのはG-Tune EM-A-KKだ。通常ラインナップでは難しい価格設定で評価を高めやすい。

今はまだGTX 1660 SUPERの代用ということで上手く価格を抑えられていない。GTX 1650の代用ともなれば多少価格によい影響が出てくるはずだ。価格を抑えやすいというコラボレーションモデルならではのモデルになれる可能性がある。選択するとすればGTX 1660搭載最強クラスの評価へ変貌してからだ。それまでは別のモデルをおすすめしたい。

>>>G-Tune EM-A-KKを購入<<<

比較対象モデルの紹介

ブランド名G-TuneLightning
イメージnextgear-microLightning AH5
製品名EM-A-KKAJ5
価格129,800円(税込)112,979円(税込)
CPURyzen 5 3600Ryzen 5 3500
GPUGTX 1660GTX 1660
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE550W BRONZE
チップセットB450A520
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はドスパラの一般向けPCであるLightning AJ5だ。ロークラスの性能であればゲーミングPCである必要はない。同等の性能でコストパフォーマンスに優れたモデルは幾つか存在している。性能はRyzen 5 3600を搭載しているG-Tune EM-A-KKの方が高い。

しかし、Lightning AJ5の方が17,000円ほど安い。この性能帯では1万円以上の値引きの方が選択する恩恵が大きい。GTX 1660を活かすくらいならRyzen 5 3500でも十分だ。現時点ではLightning AJ5の方がおすすめしやすい。G-Tune EM-A-KKが価格で並べるくらいになるまではLightning AJ5をおすすめする。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
NEXTGEAR-MICRO im610BA3-SPで採用されているケースはミニタワーとなっている。HDMIが前面に搭載された不思議なI/Oパネルを採用。高いデザインも魅力的。

関連記事:G-Tuneミニタワーケースのレビュー・考察

管理人による総評(G-Tune EM-A-KK)

nextgear-micro

G-Tune EM-A-KKは、GTX 1660×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。価格.com限定モデルということもあって優遇されている。しかし、コストパフォーマンスはそれほど高くなく5,000円の値引きでは足りない。ゲーミング性能自体はロークラスで設定調整をすればゲームを楽しめる。GTX 1650搭載モデルになる時代が来れば評価は高くなるだろう。現時点では比較対象モデルの方が優秀だ。

価格CPUグラボ
129,800円(税込)(税込)Ryzen 5 3600GTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!