G-Tune HM-A-KKtop


当記事では、G-Tune HM-A-KKの評判とレビューをまとめている。RTX 3060×Ryzen 5 3600搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。価格.comとマウスコンピューターのコラボレーションモデルで通常価格よりお得だ。さらに、特別にマカフィーリブセーフが同梱となっている。セキュリティソフトを別途用意する必要がなく安心して使用できるだろう。

G-Tune HM-A-KKのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名HM-A-KK
価格Windows 10 / 139,800円(税込)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★★☆☆☆6.9

>>>G-Tune HM-A-KKを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HM-A-KKのゲーミング性能

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。RTX 2060 SUPERの後継モデルということになる。ゲーミング性能は大きく変わらないが、GPUメモリ容量が12GBと大容量になったり、レイトレーシング性能が向上したりと魅力的だ。価格を抑えたいゲーマーの方はぜひチェックしておきたい。フルHD環境でのゲームプレイがメインターゲットなる。その上でタイトルによってはGPUメモリ容量を活かした高解像度あるいは高リフレッシュレートでのゲームプレイも可能だ。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600seinou

Ryzen 5 3600は、第3世代Ryzenシリーズの中でコスパの高さからユーザーから支持が厚かったCPUとなっている。6コア12スレッドというスペックで最低限必要なCPU性能を持つ。第4世代Ryzenシリーズよりも安価で予算を抑えたい方は必見だ。今はゲーミングPC価格が高騰していてあえて旧モデルを選ぶというのも悪くない状況だ。動画編集や画像編集などにも対応できる。高解像度などの取り扱いは得意ではなく、負荷の掛かる用途ではRyzen 7シリーズが好ましい。

総合性能

G-Tune HM-A-KKseinou

G-Tune HM-A-KKは価格を抑えたミドルクラスのゲーミングPCだ。そのため性能はあまり高くない。Ryzen 5 3600の控えめな性能はゲームで真価を発揮しにくい。ゲーム以外では上位CPUに迫る性能がある。作業をメインとするなら扱いやすいCPUだ。それでも、人気タイトルを快適にプレイできるだけの性能は有している。

ただし、4KやWQHD環境はあまり得意ではない。フルHDでのゲームプレイであれば問題はなさそうだ。負荷の高いタイトルでは設定を下げることも視野に入れたい。Apex Legendsやフォートナイトは144Hzでプレイできる。それ以上のリフレッシュレートを想定するなら標準程度にまで設定を下げれば対応できる。性能よりも価格を重視するなら満足度の高いモデルと言える。

>>>G-Tune HM-A-KKを購入<<<

G-Tune HM-A-KKの特徴&注意点

価格据え置きで人気急上昇

G-Tune HM-A-KKは、価格.comとG-TuneによるコラボレーションモデルでRTX 3060×Ryzen 5 3600を搭載したミドルクラスのゲーミングPCとなっている。G-Tuneのコラボレーションモデルは一度リリースされるとその後あまり変化しない。それは同等製品の相場が変わっても同じことだ。現在RTX 3060搭載モデルの価格は値上がりしている。Ryzen 7との組み合わせでも20万円前後だ。

多くのRTX 3060搭載モデルの価格が不安定な今、価格の変わらないG-Tune HM-A-KKは貴重だ。もう少し他製品の価格が上がればRTX 3060搭載最強モデルになれるかもしれない。ミドルクラスのゲーミングPCには選びやすさは重要だ。性能だけでなく、価格も標準的であるのがミドルクラスだ。初心者から上級者まで幅広い層に選ばれる。最も人気と需要のある価格帯と性能帯がミドルクラスである。

販売台数だけで言えばハイクラスよりも人気がある。そのバランスの取れた性能と高いコストパフォーマンスが持ち味だ。G-Tune HM-A-KKはそれらの求められる要素を満たしている。価格が高騰している今だからこそ、人気が急上昇したのだろう。性能面ではRyzen 5 3600を搭載していることもよい影響を与えている。価格を抑えるためにRyzen 5 3500を採用していると評価はここまで高くならなかっただろう。

ミドルクラスは価格が安いだけでは人気は出ない。価格は安く、性能は高く。この理想に近いほど評価が上がる。ハイクラス以上になると必然的に性能は高くなる。CPUの組み合わせの幅の広いミドルクラスは個性が出やすい。性能か価格かの選択を迫られる。G-Tune HM-A-KKは価格も安く、性能も高いのでおすすめしやすい。ある意味で、ゲーミングPCの理想を体現したモデルだ。

キャンペーンにも期待できる

G-Tune HM-A-KKはコラボレーションモデルの中で、キャンペーンに期待しやすいモデルだ。これまでも定期的に1万円引きのキャンペーンが適用されてきた。税込12万円台でRTX 3060搭載モデルが選択できるなら、価格の高騰以前並である。それだけで選択する理由になる。13万円台の今でも価格的には歴代最安値クラスだ。その上に値引きのキャンペーンが適用されると、ミドルクラス最強モデルと言っても過言ではないだろう。

高性能なCPUを期待するなら、Ryzen 5 3600では少し物足りないかもしれない。しかし、ゲーム性能ではそこまで大きなマイナスにならない。むしろ価格面でのアドバンテージが性能面のマイナスを上回る。予算を抑える、コストパフォーマンスを重視する、安くて高性能なモデルを探しているならG-Tune HM-A-KKだ。他ショップでは15万円を有に超える構成を13万円台で選択できる。タイミング次第では12万円台だ。

今ではロークラスですらギリギリの価格帯でミドルクラスの王道のモデルを選べるのは素晴らしい。G-Tune HM-A-KKは今最も注目したいゲーミングPCである。弱点のない価格帯、性能帯最強とも言えるモデルだ。価格.comのランキングでも1位になったその実力は多くのゲーマーが認めているはずだ。

今ゲーミングPCを探すなら、まずはG-Tune HM-A-KKからチェックしてほしい。予算が15~16万円ほどなら十分候補に入る。20万円くらいの予算があるなら流石にハイクラスがいい。ミドルクラスを探しているならG-Tune HM-A-KKがおすすめだ。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ゲーマーの声を反映して生まれたケースだ。最近の流行として光学ドライブが非搭載となっているのが特徴となっている。必要ならオプションで追加可能だ。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>G-Tune HM-A-KKを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneGALLERIA
イメージnextgear-microRM5C-G50
製品名HM-A-KKRM5R-R36
価格139,800円(税込)154,980円(税込)
CPURyzen 5 3600Ryzen 5 3600
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE650W BRONZE
チップセットB450A520
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのGALLERIA RM5R-R36だ。構成はほぼ同じながら、G-Tune HM-A-KKの方が電源容量とチップセットと価格に優れている。特に、価格は15,000円ほど安いのでGALLERIA RM5R-R36の上位互換と言える存在だ。GALLERIA RM5R-R36が高いわけではない。

むしろRTX 3060搭載モデルとしては相場より少し安いくらいだ。G-Tune HM-A-KKが異常なだけで、GALLERIA RM5R-R36も悪くない。ただ、G-Tune HM-A-KKが存在する以上は、G-Tune HM-A-KKをおすすめする。現状、他のRTX 3060搭載モデルは比較対象にもならない。より優れたモデルが登場するまではG-Tune HM-A-KK以外に選択肢はない。

管理人による総評(G-Tune HM-A-KK)

nextgear-micro

G-Tune HM-A-KKは、価格.com限定モデルとして販売されているゲーミングPCだ。5,000円の値引きが適用となりRTX 3060搭載の最安値クラスになっている。グラフィックボードにはRTX 3060を、CPUにはRyzen 5 3600を搭載している。意外とこの性能帯の価格は高く税込み13万円台は評価できる。ミドルクラスのモデルとして性能面に不足はない。メモリ16GB、SSD 512GBという構成も十分だろう。比較対象モデルと比べると価格の安さが際立つ。

価格CPUグラボ
139,800円(税込)Core i7-10700RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!