G-Tune HM-A-Ltop


当記事では、G-Tune HM-A-Lの評判とレビューをまとめている。RTX 3060×Ryzen 5 5600X搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。フルHD環境でのゲームプレイに適している。コストパフォーマンスは伸び悩んでいる。想定よりもRyzen 5 5600X搭載モデルの価格が落ちていないのがネックだ。現時点ではセール&キャンペーン待ちがよいだろう。

G-Tune HM-A-Lのスペック

G-Tune HM-A-L

ブランド名G-Tune
製品名HM-A-L
価格Windows 10 / 181,280円(税込)
CPURyzen 5 5600X
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 3.8

>>>G-Tune HM-A-Lを購入<<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HM-A-Lのゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew202112

G-Tune HM-A-Lで搭載されているRTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。フルHD環境でのゲームプレイに適している。従来モデルのRTX 2060と比べて20%近くもゲーミング性能が向上している。その上位モデルであるRTX 2060 SUPERとの差は5%程度だ。従来モデルのRTX 2070に近い性能を持ち、フルHD環境でのゲームプレイを考えている方に最適だ。タイトルによっては高リフレッシュレートでのゲームプレイを実現することもできる。第2世代になってレイトレーシング性能は向上しているが、それほど性能的に余裕があるわけではない。レイトレーシング性能を中心に考えるならRTX 3070以上のモデルを選択するとよい。

Ryzen 5 5600X(CPU)

ryzen55600xseinou202201

当該モデルでは第4世代RyzenシリーズのRyzen 5 5600Xを搭載している。6コア12スレッドと従来モデルのRyzen 5 3600Xと同等のスペックながらアーキテクチャの改良などによって28%もパフォーマンスが向上している。Intel Core i0900Kに近い性能を持つ。Intel第12世代のCore i5-12400には遅れをとっている。価格差を考えると今後値引きがないと厳しいかもしれない。CPU性能自体は高く動画編集・画像編集などにも対応可能だ。ゲーミングCPUとしての評価はIntel第11世代Core i5シリーズにも劣ってしまう。

総合性能

G-Tune HM-A-Lseinou

G-Tune HM-A-LはRyzen 5 5600XとRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。Ryzen 5 5600Xのゲーム性能はまずまずで、ゲームによって得手不得手がある。グラフで見ると標準的に見えて、設定次第ではApex Legendsを144Hzで快適にプレイすることができる。

また、CPUの処理性能は非常に優れているため、ゲーム以外の用途への対応力が高い。ゲーム以外の用途も想定しているなら、Ryzen 5 5600Xは扱いやすいCPUである。言い換えれば、ゲームを中心とするなら少し物足りなさがあるということでもある。

>>>G-Tune HM-A-Lを購入<<<

G-Tune HM-A-Lの特徴&強み

コストパフォーマンス以上に期待値は大きい

最近のG-Tune製品はキャンペーンありきの価格設定で、なかなかおすすめできる製品が少ない。G-Tune HM-A-Lもその類でありながら、通常価格が比較的抑えられたモデルだ。そのため、セール対象となった時に大きく化ける可能性が高い。注意したいのは、傾向として価格を抑えたモデルは値引き額も控えめであるということだ。そして、相場より高いほど値引き額が大きくなっているように見える。

もちろん例外も多くあるが、値引きしてようやく他ショップの通常モデルと同等の価格になることも珍しくない。G-Tune HM-A-Lはまだ大きな値引きが適用されていないモデルだ。掛かる期待は大きい。もしも、値引き額が小さくても16万円台にまで下がればミドルクラスとして有用な選択肢になる。何にしても、今のままではおすすめすることはできない。

価格が下がった時に、他製品と比べて優れているかが重要なモデルだ。Ryzen 5 5600XとRTX 3060の組み合わせで18万円では少し価格の高さが際立つ。ゲームを中心とする場合、比較対象はCore i5-11400とRTX 3060搭載モデルになる。ゲーム以外も加味するとCore i7-11700搭載モデルだろうか。どちらにしても、16万円台にまで下がらなければなかなか厳しい。

RTX 3060搭載モデルはRTX 3060 Tiが高騰した瞬間から激戦区になった。これまであまり力を入れていなかったショップも続々と力を入れだしている。これからラインナップは拡充されていくことだろう。今のままで厳しい状況である。この先対抗していくには、値引きだけではなく価格の改定も必要となりそうだ。G-Tune HM-A-Lの行く末が少し楽しみだ。

現時点では様子見推奨となる

前述の通り、値引きに掛かる期待は非常に大きいモデルである。ただし、値引きが適用されてもG-Tune HM-A-Lがトップモデルになることはない。それは、Ryzen 5 5600Xの性能がそこまで優れているわけではないからだ。どちらかというとコストパフォーマンスに長けたCPUである。本来であれば前世代のZen 2アーキテクチャ採用のRyzen 7シリーズに匹敵し、価格は従来のRyzen 5と同等になるのが理想だった。

しかし、実際には従来のRyzen 7と同等の性能と価格を持つCPUに落ち着き始めた。リネームとまでは言わないが、ポジションも価格も同じであるのは少し頼りない。比較対象がCore i7-11700であればまだ戦うこともできた。実際のゲーム性能ではCore i5-11400が比較対象となりそうだ。Ryzen 5 5600Xが想定された価格で展開されていれば、今のゲーミングPC事情は変わっていたはずだ。

もっと言えば第4世代のRyzenシリーズが筋書き通り展開されていれば、低価格帯に優れたモデルが誕生していただろう。結局、Ryzen 5 3500やRyzen 5 3600の後継機は登場しないまま第5世代を待つ状態だ。値引きに掛かる期待は非常に大きいモデルであっても、性能面ではやはり厳しい。

Core i7-11700とRTX 3060搭載モデルの価格が下がり始めている。このままでは、値引きしても性能で上回るモデルよりも割高になる可能性がある。値引きされても、一度比較対象を始め、近い性能のモデルをチェックしてみることをおすすめしたい。

>>>G-Tune HM-A-Lを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneLEVEL∞
イメージnextgear-microLEVEL-C056-117F-RBXsyoumen
製品名HM-A-LLEVEL-C056-117F-RBX
価格181,280円(税込)167,480円(税込)
CPURyzen 5 5600XCore i7-11700F
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源700W BR700W BRONZE
マザーボードB550B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-C056-117F-RBXだ。G-Tune HM-A-Lと比べ性能は高く、価格は14,000円ほど安い。G-Tune HM-A-Lは値引きでこのモデルを下回らなければならない。それも、それなりの価格差をつけてなくては評価で上回れない。理想は1万円であるが、現実的には5,000円以上と言ったところか。

LEVEL-C056-117F-RBXの強みは性能や価格だけではない。コンパクトケースを採用した省スペースも強力な武器だ。本来マイナス要素になる排熱性能の低下は、この性能帯ではそれほど足を引っ張らない。拡張性の乏しさも外部接続で対応できるので弱みとはならない。この性能帯ではコンパクトケースはメリットの方が大きいかもしれない。

G-Tune HM-A-Lにとってはかなりの強敵である。もしも、G-Tune HM-A-Lが15万円台に突入すれば、RTX 3060搭載最強クラスになる。今G-Tune HM-A-Lに期待できるのは値引きだけだ。その内容次第では化けるので期待値だけは高い。今選ぶならLEVEL-C056-117F-RBX をおすすめする。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

管理人による総評(G-Tune HM-A-L)

nextgear-micro

G-Tune HM-A-Lは、RTX 3060×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCだ。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。Intel第12世代Core iシリーズが登場するまでは圧倒的な地位を築いていたが今はCore i5-12400が登場して優位性を失っている。ミドルクラスのモデルとしてはやや価格が高くコストパフォーマンスは低い。今後セールなどで大幅に価格が下がらない限り選ぶ理由は見つからない。

価格CPUグラボ
181,280円(税込)5 5600XRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!