G-Tune HM-BJtop


当記事では、G-Tune HM-BJの評判とレビューをまとめている。RTX 3060×Core i7-10700搭載のゲーミングPCだ。JeSU公認PCとして販売されているが、それほど気にしなくてもよい。スペックだけチェックしておけば失敗することはないだろう。

G-Tune HM-BJのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名PM-A
価格Windows 10 / 197,780円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.1

>>>G-Tune HM-BJを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HM-BJのゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。従来モデルのRTX 2060 SUPERよりもパフォーマンスは高い。レイトレーシングやDLSSなどの新しい技術も進化している。フルHD環境でのゲーム適正が高く幅広い用途に対応できる。RTX 3060はGPUメモリが12GBと上位モデルに匹敵する容量を誇る。高リフレッシュレートを狙う場合などに有利に働く。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルだ。後継モデルのCore i7-11700が登場したが、価格的な優位性があることから今でも人気は高い。スペックが高く動画編集・画像編集などの用途にも最適だ。4Kファイルなど負荷の掛かる用途でも対応できる。オーバークロックはできないが初心者の方でも扱いやすい性能が人気だ。

総合性能

G-Tune HM-BJseinou

G-Tune HM-BJはCore i7-10700とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。ミドルクラスには珍しくメモリが標準で32GB搭載されている。これにより、ゲームプレイの幅はミドルクラスにしては広い。例えば高解像度でのゲームプレイでは安定しやすい。ゲーム以外の用途への対応力も優秀だ。

気になるゲーム性能はFF14なら4K解像度でもプレイは可能だ。ただし、設定は少し下げる必要があるので4Kを推奨できる性能とは言いにくい。フルHDではApex Legendsやフォートナイトを144Hzで快適にプレイできる。本格的なゲームプレイを目指すならチェックしたいモデルである。最新タイトルを中心にプレイするスタイルにも対応できるのでユーザーを選ばない。

G-Tune HM-BJの特徴&強み

JeSU公認のゲーミングPC

これ自体に意味があるかはわからないが、G-Tune HM-BJはJeSU公認のゲーミングPCとなっている。JeSUはJapan e-Sports Unionの略称だ。公認だから優れている、安心できるというわけではないが、純粋にG-Tune HM-BJが優れたモデルだから評価したい。これだけしっかりしたミドルクラスのゲーミングPCは少ない。JeSU公認になるには、対応するモデルを快適にプレイできることが条件だ。

そのため、公認PCは選択する際に一つの目安になりそうだ。ただ、公認PCになるためのハードルは低いと言わざるを得ない。FPSなどのシューティング系では最低設定で平均120FPS以上、FPSが固定されているタイトルでは平均60FPSとなっている。検証タイトルは、ウイニングイレブン2021・グラブルヴァーサス・ストリートファイターVCE・DoA6・Fortnite・PUBGだ。検証タイトルを見る限りPUBGが障壁になるくらいだ。

144Hzが主流になりつつある今、平均120FPSと敷居が低くなっているのはやや負荷の高いPUBGのせいだろう。PUBGがなければRTX 3060搭載モデルでも240Hzを目指せそうなタイトルばかりだ。以前にあった推奨モデルとは違い、性能には少し余裕をもたせている印象がある。ユーザーが安心して選べる基準としては申し分なさそうだ。

どれを選べばいいか分からない初心者にとっては、一つの基準としておすすめしやすい。今の時代、購入したけどゲームがカクカクでまともにプレイできないというようなことはない。安心して選べるモデルであっても、用途に合わない可能性はある。あくまでも目安に留めておく方がいいかもしれない。

ミドルクラス最強モデルの弱点は価格

G-Tune HM-BJはRTX 3060を搭載したミドルクラスで最強のゲーミングPCである。メモリ32GBを搭載していて希少性が高い。上位モデルであるRTX 3070以上のGPUを搭載したモデルでは32GBのメモリは標準であることは珍しくないが、RTX 3060に32GBはかなりの重装備だ。ゲーム以外の用途も視野に入れたモデルである。多くのユーザーが必要としないせいか、32GB搭載モデルは異彩を放つ。

結果的に最強のモデルに君臨したが、G-Tune HM-BJには明確な弱点がある。それは価格だ。RTX 3060搭載モデルも徐々に税込20万円に近づいている。G-Tune HM-BJは優れた構成を持つのでまだ納得できる部分はある。しかし、RTX 3070搭載モデルと同等の価格帯になるのは厳しい。どれだけ優れた構成を持っていても、ワンランク上のGPU搭載モデルと比べると見劣りする。特にRTX 3060とRTX 3070は数字の上では1つしか違うが、間にRTX 3060 Tiがある。

そのRTX 3060 Tiと比べても性能差は圧倒的離れている。性能で差をつけられるモデルと価格まで同じであればそれは弱点となる。今の価格ではおすすめするのは難しい。値引きに期待することもできない。G-Tune HM-BJが評価されるには、RTX 3060の価格がもっと高騰する以外にない。他製品の価格が上がり、G-Tune HM-BJの価格が維持できれば評価は一変する。自力でトップモデルになるには状況が悪すぎる。RTX 3060搭載最強モデルはなかなか難しい立ち位置にあるモデルとなった。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>G-Tune HM-BJを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneGALLERIA
イメージnextgear-microGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名HM-BJXA5R-R37
価格197,780円(税込)204,980円(税込)
CPUCore i7-10700Ryzen 5 5600X
GPURTX 3060RTX 3070
メモリDDR4-2666 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE650W BRONZE
チップセットB460B550
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのGALLERIA XA5R-R37だ。非常に近い価格帯でRTX 3070を搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。CPU性能はG-Tune HM-BJが上回る。しかし、ゲーム性能は圧倒的にGALLERIA XA5R-R37が優れている。メモリ容量32GBあっても、ゲーム性能での太刀打ちは難しい。

一方で、ゲーム以外の性能はどうだろうか。用途によってはメモリ32GBが活きてG-Tune HM-BJが上回りそうだが、基本的にはRyzen 5 5600Xの処理性能がリードするだろう。こうなるとG-Tune HM-BJの主張は価格が7,000円安いことでしかない。上位モデルと価格差をしっかりつけられなければ苦しい展開となりそうだ。今はGALLERIA XA5R-R37をおすすめしたい。

管理人による総評(G-Tune HM-BJ)

nextgear-micro

G-Tune HM-BJは、JeSU公認PCとして販売されているゲーミングPCだ。グラフィックボードにはミドルクラスのRTX 3060を搭載していてフルHD環境での適性が高い。CPUには定番のCore i7-10700を搭載している。後継モデルが登場しても価格的な優位性がある。メモリ32GBと大容量なのもポイントだが、その分価格が上がってしまっているのがマイナスだ。上位モデルを狙える価格帯になっているのでゲーム性能を追求するならRTX 3070搭載モデルを選択したい。

価格CPUグラボ
197,780円(税込)Core i7-10700RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!