G-Tune HM-BJtop


当記事では、G-Tune HM-BJの評判とレビューをまとめている。RTX 3060×Core i7-10700搭載のゲーミングPCだ。JeSU公認PCとして販売されているが、それほど気にしなくてもよい。スペックだけチェックしておけば失敗することはないだろう。

G-Tune HM-BJのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名PM-A
価格Windows 10 / 219,780円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆4.6

>>>G-Tune HM-BJを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HM-BJのゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。従来モデルのRTX 2060 SUPERよりもパフォーマンスは高い。レイトレーシングやDLSSなどの新しい技術も進化している。フルHD環境でのゲーム適正が高く幅広い用途に対応できる。RTX 3060はGPUメモリが12GBと上位モデルに匹敵する容量を誇る。高リフレッシュレートを狙う場合などに有利に働く。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルだ。後継モデルのCore i7-11700が登場したが、価格的な優位性があることから今でも人気は高い。スペックが高く動画編集・画像編集などの用途にも最適だ。4Kファイルなど負荷の掛かる用途でも対応できる。オーバークロックはできないが初心者の方でも扱いやすい性能が人気だ。

総合性能

G-Tune HM-BJseinou

G-Tune HM-BJはCore i7-10700とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。ミドルクラスには珍しくメモリが標準で32GB搭載されている。これにより、ゲームプレイの幅はミドルクラスにしては広い。例えば高解像度でのゲームプレイでは安定しやすい。ゲーム以外の用途への対応力も優秀だ。

気になるゲーム性能はFF14なら4K解像度でもプレイは可能だ。ただし、設定は少し下げる必要があるので4Kを推奨できる性能とは言いにくい。フルHDではApex Legendsやフォートナイトを144Hzで快適にプレイできる。本格的なゲームプレイを目指すならチェックしたいモデルである。最新タイトルを中心にプレイするスタイルにも対応できるのでユーザーを選ばない。

G-Tune HM-BJの特徴&強み

JeSU公認のゲーミングPC

これ自体に意味があるかはわからないが、G-Tune HM-BJはJeSU公認のゲーミングPCとなっている。JeSUはJapan e-Sports Unionの略称だ。公認だから優れている、安心できるというわけではない。JeSU公認になるには、対応するモデルを快適にプレイできることが条件だ。

そのため、公認PCは選択する際に一つの目安になりそうだ。ただ、公認PCになるためのハードルは低いと言わざるを得ない。FPSなどのシューティング系では最低設定で平均120FPS以上、FPSが固定されているタイトルでは平均60FPSとなっている。検証タイトルは、ウイニングイレブン2021・グラブルヴァーサス・ストリートファイターVCE・DoA6・Fortnite・PUBGだ。検証タイトルを見る限りPUBGが障壁になるくらいだ。

144Hzが主流になりつつある今、平均120FPSと敷居が低くなっているのはやや負荷の高いPUBGのせいだろう。PUBGがなければRTX 3060搭載モデルでも240Hzを目指せそうなタイトルばかりだ。以前にあった推奨モデルとは違い、性能には少し余裕をもたせている印象がある。ユーザーが安心して選べる基準としては申し分なさそうだ。

どれを選べばいいか分からない初心者にとっては、一つの基準としておすすめしやすい。今の時代、購入したけどゲームがカクカクでまともにプレイできないというようなことはない。安心して選べるモデルであっても、用途に合わない可能性はある。あくまでも目安に留めておく方がいいかもしれない。

2万円以上の値上げで評価大幅ダウン

優れた標準構成で評価を高めていたG-Tune HM-BJは、2万円以上の値上げで評価を落とした。元々RTX 3060搭載モデルとしては割と高めの価格設定だった。それでも評価を高めていたのは構成と価格のバランス取れていたからだ。そのバランスが崩れた今となっては標準を割るスコアだ。20万円台のモデルとしては落第点となっている。それでも個性はあるので選択に値しないわけではない。キャンペーンや値下げに期待できるうちはチェックしておきたい。

コラボレーションや推奨のモデルと違い、公認のゲーミングPCが値上げするというのは少し違和感がある。G-Tune HM-BJが公認されているのは性能に関わる構成部分だけなのだろうか。だとすると、G-Tune HM-BJの存在価値はほぼなくなる。元々疑問の残るモデルだったが、結局はラインナップの中の一製品という位置付けなのだろう。JeSU公認というだけで、中身や価格に関しては定めがないなら、構成が同じなら何の問題もないということだ。

他製品に真似のできてしまうなら単なるコラボレーションモデルでしかない。他製品の類似モデルをカスタマイズしても、G-Tune HM-BJより安く収めることができそうだ。優れた構成を持っていたとしても、RTX 3060搭載モデルが税込20万円を超えてしまうのは厳しい。ハイクラスの領域に踏み入ってしまうと競合製品に対抗できない。

優れていてもそれはミドルクラスの枠の中での話だ。その枠を超えてしまうと凡庸なモデルになる。20万円を超えるというのは枠を踏み出すに等しい。このまま行けばコストパフォーマンスの評価は徐々に下がり、絶対に選んではいけないモデルになってしまうだろう。価格が下がるまでは選ばない方がいい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>G-Tune HM-BJを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneHP
イメージnextgear-microPavilion Gaming Desktop
製品名HM-BJPavilion TG01
価格219,780円(税込)159,800円(税込)
CPUCore i7-10700Core i7-10700F
GPURTX 3060RTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 32GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載1TB
電源700W BRONZE500W GOLD
チップセットB460H470
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はHPの価格.com限定モデルだ。非常に強力なコストパフォーマンスを持つモデルである。メモリ容量とSSD容量は半減、電源容量も下がる。しかし、HDD搭載、チップセットで上回り、価格は6万円も安い。価格.com限定モデルはカスタマイズこそできないが、6万円もあれば増設で十分上回れる。それでいて性能は価格.com限定モデルの方が高い。

デメリットは出荷に時間が掛かること(納期未定)だが、G-Tune HM-BJも23営業日とかなりの日数を要する。案外価格.com限定モデルを選択することに何のデメリットもないのかもしれない。それでも、出荷日数が分からない価格.com限定モデルは少し時間がかかりそうではある。どうせ待つならより優れた価格.com限定モデルをおすすめする。

管理人による総評(G-Tune HM-BJ)

nextgear-micro

G-Tune HM-BJは、JeSU公認PCとして販売されているゲーミングPCだ。グラフィックボードにはミドルクラスのRTX 3060を搭載していてフルHD環境での適性が高い。CPUには定番のCore i7-10700を搭載している。後継モデルが登場しても価格的な優位性がある。メモリ32GBと大容量なのもポイントだが、その分価格が上がってしまっているのがマイナスだ。上位モデルを狙える価格帯になっているのでゲーム性能を追求するならRTX 3070搭載モデルを選択したい。

価格CPUグラボ
219,780円(税込)Core i7-10700RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!