G-Tune P5-KKtop


当記事では、G-Tune P5-KKの評判とレビューをまとめている。価格.com限定モデルだ。通常のラインナップにあるG-Tune P5よりも価格面や構成面で優遇されているのが魅力だ。GTX 1650 Mobile×i7-10750H搭載のエントリークラスのゲーミングノートPCとなっている。

G-Tune P5-KKの強み&弱み

(+)通常ラインナップよりお得な価格.com限定モデル
(+)手頃な価格でエントリークラスに最適
(-)ゲーミング性能は控え目

G-Tune P5-KKのスペック

G-Tune P5syoumen

ブランド名G-Tune
製品名P5-KK
価格Windows 10 / 129,800円
(税抜118,000円)
CPUCore i7-10750H
グラボGeForce GTX 1650 Mobile
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD1TB
液晶サイズ15.6インチ(IPSパネル)
重さ約2.13kg
バッテリー駆動時間約10.0時間
コスパ

>>>G-Tune P5-KKを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14Apex LegendsFortnite
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune P5-KKのゲーミング性能レビュー

GeForce GTX 1650 Mobile(GPU)

GTX 1650 mobile-seinou

GeForce GTX 1650 Mobileは、Turing世代のエントリークラスのグラフィックボードだ。前世代のGeForce GTX 1050 Ti Mobileから大幅にパフォーマンスが向上している。デスクトップ向けのGTX 1650と同等のゲーミング性能を持つ。60fpsでのゲームプレイを考えている方向けだ。高設定には対応できないことがあるので初心者向けだと考えておこう。

Core i7-10750H(CPU)

i7-10750hseinou

Core i7-10750Hは、ゲーミングPC搭載のCPUとしては定番だ。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高くCPUのボトルネックを発生させにくい。前世代のCore i7-9750Hから大幅にパフォーマンスが向上したわけではないが、順当な進化を遂げている。ここを基準にCPUを選ぶとよいだろう。

総合性能

G-Tune P5-KKtaiou

G-Tune P5-KKは、CPU性能の高いゲーミングノートだ。GPU性能はやや控えめなGTX 1650 Mobileを搭載している。性能のバランスはあまりよくないが、設定次第で既存のゲームを快適にプレイすることができる。FF14であれば標準設定で60fpsは維持できる。Apex Legendsでは少し高めの設定でも60fpsが可能だ。フォートナイトのように要求スペックが低くなると最高設定でも安定する。

ゲームの負荷に合わせて設定を下げれば特に不満のない性能と言える。一方で、ディスプレイは60Hz対応の標準的なものだ。高リフレッシュレートや高解像度には対応していない。本格的なゲームプレイや負荷の高いゲームプレイを想定しているならこのモデルはおすすめしない。初心者向けのエントリーモデルとして見ておきたい。

また、CPU性能が優れていることで、ゲーム以外の用途にも扱いやすい。Core i7-10750Hの性能であれば動画の編集や配信にもある程度適正がある。こちらも本格的に始めるのは難しいので性能はよく理解しておきたい。デスクトップで言えばCore i5-10400とGTX 1050 Ti程度の性能だ。ゲームを快適にプレイできれば画質などにあまりこだわりはないというユーザーにおすすめしたいゲーミングノートである。

>>>G-Tune P5-KKを購入<<<

G-Tune P5-KKの特徴と注意点

価格が手頃で選びやすいゲーミングノート

G-Tune P5-KKは、価格.com限定モデルとなっている。GTX 1650×i7-10750H搭載で性能ははっきり言って控えめだ。最新のタイトルでは解像度を下げなくては安定しないものも出てくるだろう。一方で、GTX 1650 Mobileを搭載していることでマルチモニター環境の構築が可能だ。作業用として見るとゲーミングノートの弱点も強みとして活きる。ゲーミングPCのエントリークラス、本格的な作業向けのノートパソコンのどちらでも有用だ。

それでも評価しているのは、税込129,800円でゲームをプレイできる環境が揃えられるのはメリットだからだ。ディスプレイが標準搭載しているノートの魅力は追加で周辺機器にお金を掛けなくてもよいというところにある。性能を考えるとデスクトップに比べて少し割高でも、携帯性に長けているので選びやすい。

この価格帯では珍しくデュアルストレージを採用しているのもポイントが高い。NVMe対応SSD 512GBにHDD 1TBは利便性を向上させる。頻繁にアクセスするゲームやアプリケーションをSSDに保存することで起動や読み込みのストレスが軽減する。動画などの容量が大きく読み込み頻度の低いファイルはHDDに保存する形だ。目的とファイルによって分けることで管理がしやすくなる。

これはジャンルを問わず、パソコン全体に言えることだ。2つのストレージが搭載されているだけで快適性は高まる。G-Tune P5-KKの特徴はこの選びやすい価格と容量に余裕のあるストレージだ。デスクトップでもノートでも、最近のゲーミングPCはSSDのみのシングルストレージが多い。G-Tune P5-KKは性能は低くても、ゲーム以外への対応力がなかなか優秀だ。

幅広い用途に対応するためにストレージ構成が考えられているのかもしれない。ゲームをメインに考えていないなら悪くないモデルだ。作業を中心にしつつ、たまにゲームをプレイするというスタイルに適している。作業で高い効率を生み出せるCPUと快適性を維持しやすいストレージ構成は長所としたい。

控えめな性能でバッテリー駆動時間が長い

G-Tune P5-KKは最大10時間と割と長めである。持ち運びを考えている方にとっては魅力的に感じるだろう。ゲーミングノートは一部のハイスペックモデルを除き、バッテリー駆動時間が短いことが多い中で10時間というのはポイントが高い。なお、この数値はJEITA測定法2.0という実用面を考慮しない測定法が用いられている。

実際にゲームをプレイすると6時間程度持つかどうかと考えた方がよい。それでも6時間持つのはゲーミングノートでは長い部類に入る。公称が5時間を下回るモデルも珍しくないのだから優秀である。これはGPU性能が控えめであることがプラスに影響している。性能が高くなればなるほど消費電力は高くなる。GTX 1650 mobile搭載であることのメリットとも言える。

注意点としては電源を接続していない状態ではバッテリーセーブが働き、パフォーマンスが大きく下がる。設定で解除できるが、6時間の連続使用を実現するためにはバッテリーセーブが必須だ。電源接続時は性能に合わせた設定で、非接続時は少しゲームの設定を下げることをおすすめする。カクついてまともに遊べないと感じるゲームも多いはずだ。

もっとも、電源を確保できない場所で6時間もゲームをプレイするようなことはないと思う。バッテリー駆動時間の長さはゲームプレイ時ではなく、仕事や作業に使用する際に重要になる。長距離の移動時から仕事終了までの間、充電なしで使用できるのは大きい。G-Tune P5-KKはゲームオンリーのゲーミングノートではなく、作業やビジネスを兼用したモデルに近い。ゲーム以外の用途に適していることは前述の通りだ。

ノートパソコンを持ち歩く要因としてはビジネスと作業が圧倒的だ。特に電源を確保しづらい環境はゲーム用途でないことが多い。様々なことに対応できるモデルだからこそバッテリー駆動時間は重要になる。このように、性能が控えめなゲーミングノートにも選択するメリットがある。ゲームを中心とせずゲーミングノートを選ぶならG-Tune P5-KKは適しているかもしれない。プレイするタイトルの負荷がそこまで高くないのであればおすすめできるモデルだ。

少し重さが気になる2.1kg

G-Tune P5-KKはスタイリッシュであるが軽くはない。最近のゲーミングノートはスタイリッシュな薄く軽いモデルが主流なので弱みとなってしまう。G-Tune P5-KKの2.1kgという重さはゲーミングノートでは標準的だが、高性能なモデルでも2kgを切るようになっているのでどちらかと言えば弱点である。

長時間持ち運ぶことになると2kgはなかなか侮れない重さである。これだけ薄くスタイリッシュに仕上げて2kgになったのは、やはりゲーミングPCなのだと痛感する。G-Tune P5-KKの用途としてはゲームと作業の両立だ。ビジネスモデルの代用と見ているならやはり重さは気になるところだ。また、ベースモデルとなるG-Tune P5と比べてHDDが追加されている分だけ0.1kgほど重くなっている。

ゲーミングノートはGPUを搭載していることで、ファンや冷却機構などでどうしても重量が増す。性能が控えめと言っても一般向けのモデルに比べて総合的な性能は高いのだ。その性能を支える機構やパーツの分だけ重くなってしまう。この重さは持ち運び時間の長さに比例して厳しいものとなる。車やスーツケースを用いての移動であればあまり気にならない。

どういった手段を用いるかで重さのデメリットの度合いは変わってくる。自宅での使用がメインなのであれば全くデメリットにならない。多少の振動では本体がずれなくなるので、自宅使用では重さがメリットになる。パソコンの重量は使用スタイルにより両極端なものだ。

自宅据え置きで使用することを前提にノートパソコンを購入するユーザーはそこまで多くないはずだ。確かに重さは排熱面などを含めてパフォーマンスにおいてメリットにもなるが、多くの場合はやはりデメリットである。その点だけは注意してもらいたい。

>>>G-Tune P5-KKを購入<<<

G-Tune P5-KKの本体レビュー

正面

gtune_p5syoumen
ナローベゼルを採用しているためすっきりとした印象を与えてくれる。視認性が高くPC作業に集中しやすい。従来モデルより一回り小さくなったのは高評価だ。15.6インチノートとしてコンパクトだが重さは2.0kgオーバーとやや重さを感じてしまうかもしれない。

キーボード

gtune_p5keyboard
キーボードにはLEDバックライトを搭載。設定アプリケーションの活用で色を変更することが可能だ。暗い部屋でもキーの視認性が高い。タッチパッドも従来モデルより30%広くなったのも後押ししている。

右側

gtune_p5right
本体の右側にはUSB 3.1×1、USB 3.0 Type-A×1、カードリーダー、ネットワーク端子が配置されている。

左側

gtune_p5left
本体の左側にはUSB2.0×1、USB3.0 Type-A×1、ヘッドホン出力・マイク入力が配置されている。

背面

gtune_p5haimen
天板にはGTUNEのロゴが映える。背面にはHDMI、Mini Displayが装備されていてる。ネットワーク端子が背面から右側に移設された。複数モニターにも対応していて利便性が高い。

I/Oパネル

インターフェイスは標準的なもので特別なものはない。最近のモデルとしてはディスプレイ出力が少ない程度だろうか。USB 3.1 Type-Cがディスプレイの対応非対応の記載がない。もしかすると使えるかもしれない程度に見ておきたい。

基本的なものは一通り揃っているので使用に際して不安や不満に思うことはないはずだ。無難で実直なのは扱いやすい。オーディオは出力と入力が分かれている。4極タイプのヘッドセットを使用する際は3極への変換アダプターが必要になる。使用しているヘッドセットのタイプを考えて、注文後は別途購入しておきたい。

  • USB
  • USB 2.0 x1 (左側面1)
    USB 3.0 x2 (Type-A 右側面1、左側面1 )
    USB 3.1 x1 (Type-C 右側面1)

  • ディスプレイ
  • HDMI 背面1
    Mini DisplayPort背面1

  • LANポート 背面1
  • サウンド
  • ヘッドホン出力 左側面1
    マイク入力 左側面1

通常ラインナップのG-Tune P5との比較

ブランド名G-TuneG-Tune
製品名P5-KKP5
画像G-Tune P5syoumenG-Tune P5syoumen
サイズ(幅)359.5mm×
(高さ)238.0mm×
(厚さ)22.8mm
(幅)359.5mm×
(高さ)238.0mm×
(厚さ)22.8mm
重さ約2.13kg約2.02kg
価格118,000円119,800円
モニター15.6インチ(IPS)15.6インチ(IPS)
リフレッシュレート60Hz60Hz
CPUi7-10750Hi7-10750H
GPUGTX1650GTX1650
メモリ16GB16GB
SSD512GB NVMe対応256GB NVMe対応
HDD1TB非搭載
バッテリーリチウムポリマーリチウムポリマー
バッテリー駆動時間約10.0時間約10.0時間
公式公式公式
ここをチェック!!

通常ラインナップでG-Tune P5-KKのベースとなっているG-Tune P5とスペックを比較していく。当然ベースなので基本的な構成は共通している。重さがG-Tune P5-KKの方が0.11kg重いのはHDDが搭載されている分だ。スペック的にはそのHDDが追加されていることとSSD容量が倍増していることが異なる点だ。価格差は1,800円で構成に優れたG-Tune P5-KKの方が安い。いかにコストパフォーマンスに優れたモデルなのかということがわかるだろう。

>>>G-Tune P5-KKを購入<<<

管理人による総評(G-Tune P5-KK)

G-Tune P5syoumen

G-Tune P5-KKは、GTX 1650 Mobile×i7-10750H搭載のゲーミングノートPCだ。価格.com限定モデルとして販売されている。ベースのG-Tune P5と比べても価格が安くその上でストレージ容量が多いことからどちらがお得かは一目瞭然だ。ゲーミング性能は控え目だが、設定を調整することで60fpsでのゲームプレイも可能だ。CPU性能がクリエイター作業にも最適だと言える。

価格CPUグラボ
118,000円Core i7-10750HGTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを知りたい方はぜひ参考にして欲しい。できればランキング上位のモデルを選択すると後悔はなくなるだろう。

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tune P5を販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。