G-Tune PM-Atop


当記事では、G-Tune PM-A-1050Tiの評判とレビューをまとめている。GTX 1050 Ti×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCだ。グラフィックボード全体の在庫状況が不安定ということもあってPascal世代のGTX 1050 Tiが復活した。旧世代のモデルにも関わらず価格が下がりきっておらずおすすめ度は低い。素直にGTX 1650搭載モデルを選択するべきだろう。比較対象モデルを確認しておこう。

G-Tune PM-A-1050Tiのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名PM-A-1050Ti
価格・通常時
137,280円(税込)

・セール時
119,900円(税込)
CPURyzen 5 5600X
グラフィックボードGeForce GTX 1050 Ti
メモリDDR4-3200 8GB
SSD256GB NVMe対応
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ・通常時
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 0.7

・セール時
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆-1.1

>>>G-Tune PM-A-1050Tiを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 240HzFortnite 144Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
fortnite
★☆☆☆☆
fortnite
★★☆☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PM-A-1050Tiseinou

G-Tune PM-AはGTX 1050 Ti搭載のロークラスのゲーミングPCだ。性能は非常に低く、ロークラスの中でも低めのローエンドクラスと言える。フルHD環境で快適にプレイできるゲームは限られている。そのため、設定や解像度を下げる必要がある。

旧世代のGTX 1050 Tiでは登場時のゲームタイトルでも厳しいものがある。あえてGTX 1050 Ti搭載モデルを選択するメリットはない。ただ、CPUがRyzen 5 5600Xなので、ゲーム以外の用途への対応力は高い。ゲーミングPCと考えなければ非常に優秀なモデルである。

G-Tune PM-A-1050Tiのゲーミング性能

GeForce GTX 1050 Ti(GPU)

gtx1050tiseinou

GeForce GTX 1050 Tiは、2世代前のエントリークラスのグラフィックボードだ。実質現行モデルとなっているGTX 1650との性能差は大きくおよそ19%の差がある。2021年時点ではかなり厳しいと言える。価格が安いというメリットを享受できないのであれば選択するメリットはない。50番台のグラフィックボードも世代を重ねるごとに性能の底上げが行われている。古いモデルを選ぶ理由が見つからないというのが本音だ。

Ryzen 5 5600X(CPU)

ryzen55600xseinou

Ryzen 5 5600Xは、第4世代Ryzenシリーズの高コスパモデルとなっている。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集などを得意としている。Zen 3アーキテクチャになってシングルスレッド性能が大幅に向上して様々な用途への対応力が増している。ゲーミング性能も引き上げられているが、Intelの最新モデルであるCore i5-11400と比べると見劣りしてしまうのも事実だ。

G-Tune PM-A-1050Tiの特徴&強み

絶対に選んではいけないゲーミングPC

G-Tune PM-A-1050Tiは絶対に選んではいけないゲーミングPCだ。当サイトの指標では評価値1.1を下回りにくいはずだが、G-Tune PM-A-1050Tiはそれを振り切りマイナス評価となっている。これは3世代も前のGPUであるGTX 1050 Tiを採用していながら、全く価格を抑えられていないことが要因だ。

GTX 1050 Tiの登場は2016年10月だ。6年近くも前のGPUを搭載して、13万円台は流石に厳しい。CPUがRyzen 5 5600Xであったとしても、とてもおすすめできる代物ではない。感覚としてはGPUレスのゲーミングPCに近いものがある。G-Tune PM-A-1050TiはゲーミングPCのケースを採用した一般向けPCとしている方がまだ分かりやすい。

GPGPUを用いて動画などの処理を行ったり、複数のディスプレイを接続したりするためのグラフィックボードであった方が納得できる。「ライトゲーマーの方やこれからゲームを始める方におすすめのスタンダードゲーミングPC。」というのがキャッチコピーである。性能の寿命を超えたモデルに対して、これからゲームを始める方におすすめするのは無茶だ。

この性能で快適にできるゲームはどの程度あるだろうか。ゲームライフの始まりどころか、手にした瞬間から終わりのカウントダウンが始まりそうだ。ライトゲーマーは簡単で要求スペックの低いゲームしかしない層を指しているのだろうか。もしもそうだとすると大きな間違いだ。

ライトゲーマーであってもエルデンリングのような最新ゲームをプレイする。ライトゲーマーというのはプレイスタイルであって、プレイするタイトルを限定するようなことはない。何にしても、ここまで性能の低いモデルを2022年の今、あえて選択するメリットは何一つない。

自作よりもBTOの方が安い時代が続いているが、GTX 1050 Ti搭載モデルに関しては自作の方が安価に仕上げられそうだ。価格が10万円を切って初めて評価され始める組み合わせだ。絶対に選んではいけない。

セールでもおすすめできない

G-Tune PM-A-1050Tiには17,380円の値引きが適用され、119,900円で展開されている。残念ながら、それでもおすすめすることはできない。Ryzen 5 5600Xの性能はCore i5-12400よりも低い、GTX 1050 Tiの性能はGTX 1650よりも低い。

一方で、Core i5-12400とGTX 1650搭載モデルよりも価格は高い。致命的なのは構成だ。メモリ容量8GB、NVMe対応SSD 256GBはいくらなんでもあんまりだ。それこそ、GTX 1050 Ti搭載モデルが現役だった頃でも少数派なはずだ。今はロークラスでも16GBが標準である。価格をとにかく抑えたいモデルでもなければ、こんな構成を見かけることはない。

おまけに、価格を抑えられていないとなれば何の魅力もない。ただ単に構成を削っただけだ。Ryzen 5 5600XとGTX 1050 Tiの組み合わせで定価119,900円、構成を削って109,980円、セールで89,980円ならわからなくはない。評価云々ではなく、そもそも性能的に扱いにくい。プレイするゲームを限定していたとしても、あえてG-Tune PM-A-1050Tiを選ぶ意味がない。

他に優れたモデルはいくらでもある。せめてメモリが16GB、SSD容量が500GBあれば、フォローできる部分もあった。この基本とも言える構成が削られていることが最大のマイナス要素だ。これにより、GTX 1650搭載モデルに完全に敵わなくなった。

G-Tune PM-A-1050Tiに求められるのはセールだけではなく、構成のアップグレードだ。このモデルは一体誰のどんな用途に向けてのモデルなのだろうか。せめて性能が低く、構成が乏しい分だけ価格に反映してほしい。そうなれば、ある程度のマイナスも受け入れられる特徴となる。せめてGTX 1650搭載モデルの相場よりも安くならなければ、今更選択する意味はない。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>G-Tune PM-A-1050Tiを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランドG-TuneMagnate
画像nextgear-microMagnate XJ
製品名PM-A 1050TiMH i5-12400
ケースミニミニ
価格・通常時
137,280円(税込)

・セール時
119,900円(税込)
114,980円(税込)
CPURyzen 5 5600XCore i5-12400
GPUGTX 1050 TiGTX 1650
メモリDDR4-3200 8GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE450W BRONZENZE
マザボB450H610
公式公式公式
詳細当ページレビュー
比較対象はドスパラのMagnate MHだ。CPU性能・GPU性能・メモリ容量・SSD容量という基本的な部分で圧倒している。電源容量は僅かに下がるが、使用する分には問題とならない。G-Tune PM-A-1050Tiは少なくとも、このMagnate MHよりも2万円程度安くなる必要がある。

GTX 1050 Ti搭載モデルには当然メリットだけではなくメリットもある。しかし、このG-Tune PM-A-1050Tiにはメリットが一切なく、大きなデメリットしか残らない。G-Tune製品の中だけで見れば安価かもしれないが、他製品に目を向けると、とても安いとは言えないモデルである。G-Tune PM-A-1050Tiを候補に入れている場合は比較対象のMagnate MHを強く推奨したい。

管理人による総評(G-Tune PM-A-1050Ti)

nextgear-micro

G-Tune PM-A-1050Tiは、旧モデルであるGTX 1050 Tiを搭載したゲーミングPCだ。昨今のグラフィックボードの供給が不安定な状況が続き復活したということになる。やはりゲーミング性能は高くなく積極的におすすめすることはできない。また、CPUのアップグレードなどで価格が大幅に引き上げられたこともマイナスだ。さすがにGTX 1050 Ti搭載モデルで13万円台は厳しい。セール時でも候補にはならないだろう。比較対象モデルを確認しておこう。

価格CPUグラボ
119,900円(税込)Ryzen 5 5600XGTX1050Ti
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya