G-Tune PM-A-1050Ti


当記事では、G-Tune PM-B-1660Tiの評判とレビューをまとめている。GTX 1660 Ti×Core i7-10700F搭載のゲーミングPCだ。旧世代のグラフィックボードが復活して半導体不足の影響を小さくしようと試みている。ただし、このモデルについては今は価格が高すぎて手を出さない方がよい。比較対象モデルならGPU性能が大幅にアップしながら価格が抑えられているのでおすすめだ。

G-Tune PM-B-1660Tiのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名PM-B-1660Ti
価格Windows 10 / 175,780円(税込)
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce GTX 1660 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1.3

>>>G-Tune PM-B-1660Tiを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PM-B-1660Tiのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 Ti(GPU)

gtx1660tiseinou

GeForce GTX 1660 Tiは、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。最新のAmpere世代の60番台が登場したことで性能的にはロークラス寄りだと考えておこう。フルHD環境でのゲームプレイを前提としつつタイトルによって設定を落とす必要がある。将来性の観点からもやや苦しい立場にあることは間違いない。コストを抑えたい方向けだが、G-Tune PM-B-1660Tiについては上位モデルの並の価格設定だ。GTX 1660 Ti搭載のメリットを活かしきれていないように思う。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、Intel第10世代で人気を博したCPUだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く旧モデルでありながら高いレベルにまとまっている。動画編集・画像編集・WEBデザインなどやや負荷の高い作業にも対応することが可能だ。Ryzen 7 3700Xと比べても見劣りしないが、現行のRyzen 7 5800Xと比べるとやや物足りなさがある。もっともゲームプレイなら圧倒していることは変わらない。

総合性能

G-Tune PM-Bseinou

G-Tune PM-BはGTX 1660 Tiを採用したミドルクラスのゲーミングPCだ。ただし、比較的ライトな性能なので、ロークラス寄りのミドルクラスである。現行のミドルクラスに比べると性能に少し不安がある。フォートナイトやApex Legendsを144Hzでプレイできるだけの性能はある。

安定を求めると標準設定程度にまで下げることをおすすめする。4KやWQHDなどの高解像度には対応できない。設定を最低にすれば古いゲームタイトルならプレイできるかもしれない。ただし、設定を下げて画質を抑えてまで高解像度でプレイするメリットはない。

G-Tune PM-B-1660Tiの特徴&強み

評価上昇も絶対に選んではいけないモデル

G-Tune PM-Bは絶対に選んではいけないモデルである。最近G-Tuneは到底おすすめできないモデルを数多く投入している。当該モデル自体リニューアルされて評価自体はアップしたが、絶対に選んではいけないモデルからの脱却はできなかった。GTX 1660 TiはGTX 1660 SUPERと同等の性能である。つまり、RTX 3060よりも明らかに性能が低い。税込17万円台はなかなか厳しい価格設定に思える。

CPUのCore i7-10700F・GPUのGTX 1660 Ti・チップセットのB460はすべて前世代のものだ。特に、CPUはCPU内蔵GPU機能をカットした廉価版のようなCPUを採用している。チップセットにしても、機能よりもコストカット重視だ。構成からして価格を抑えることを目的としたモデルだ。その価格が抑えられていなければ魅力も何もない。それがG-Tune PM-Bの評価である。従来よりはマシ程度で、おすすめできるわけではない。

ただ、構成からしてもポテンシャルは秘めている。キャンペーンや値引きにより評価をまだまだ上昇させる伸びしろはある。その点だけは従来モデルよりも大きく進化した部分だ。しかし、G-Tune PM-Bの値引きを待たず、別のモデルを選択すれば解決しそうなことでもある。ミドルクラスのラインナップはそれほど充実しているわけではない。

それでも17万円台なら様々な選択肢がある。予算がこのあたりならG-Tune PM-B以外にも目を向けたい。ワンランク上の性能から、充実した構成を持つモデルまで幅広いモデルがある。この17万円台は人気の価格帯なので他ショップも力を入れている。急いで選択せずに他の候補も見ておくべきだ。

化ける可能性はあるが待つ価値はない

G-Tune PM-Bは前述の通りおすすめできないモデルである。キャンペーンや値引きに期待できる上に、大きく化ける可能性も秘めている。しかしながら、それを待つほどの価値はない。ここから大幅な値引きがきても、ミドルクラスの標準的な価格に落ち着くくらいだろう。それなら予算に合わせて優れたモデルを選択すべきだ。17万円台のモデルを選択しようとしているなら、GTX 1660 Ti搭載モデルが不適切なだけだ。

17万円台ならGTX 1660 Tiのようなライトなミドルクラスではなく、本格的なゲームプレイに対応できるミドルクラスも選択できる。あえて前世代のミドルクラスを選択するメリットはない。この価格帯はRTX 3060搭載モデルが選択肢に入る。ミドルクラスとして今最も人気のあるGPUだ。本格的なゲームプレイには最低限持っておきたい性能だ。長く使用するには性能の高さも重要になる。

そういう状況を踏まえると今割高な旧世代のモデルを選択する必要はない。G-Tune PM-Bは大きく化ける可能性はある。ただ、それはコストパフォーマンスや価格の話で、性能が変わることはないだろう。もしも、G-Tune PM-Bの価格が13万円台にまで下がればおすすめできる。今の問題はRTX 3060の価格帯にあることだ。適正価格にまで下がればおすすめできる。

ゲーミングPCは上位モデルとの価格差がそのまま評価に直結する部分もある。上位モデルと同じ価格帯にあれば、それだけでおすすめすることはできない。G-Tune PM-Bは適正価格にまで下がらなければ避けて通るべきだ。比較対象により強力なモデルをピックアップしているのでチェックしてみてほしい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>G-Tune PM-B-1660Tiを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneG-Tune
イメージnextgear-micronextgear-micro
製品名PM-B-1660TiTD-S
価格175,780円(税込)164,780円(税込)
CPUCore i7-10700FCore i7-10700
GPUGTX 1660 TiRTX 3060
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
チップセットB460B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。基本的な構成は同じである。しかし、GPUは3ランクほどアップするRTX 3060を搭載し、価格は1万円以上安い。明らかに性能の高いモデルが安く選択できる。これ以上の説明は不要だろう。

G-Tune PM-Bを候補に入れているなら、G-Tune TD-Sを選んでほしい。この2製品を比べてG-Tune PM-Bは価格が高く性能が低い。いいところは何もない。キャンペーンで大きく価格を下げる可能性はあるが、この価格帯からは外れるので比較の意味もない。予算が17万円前後ならG-Tune TD-Sがおすすめだ。

管理人による総評(G-Tune PM-B-1660Ti)

nextgear-micro

G-Tune PM-B-1660Tiは、GTX 1660 Ti×Core i7-10700F搭載のゲーミングPCとなっている。ミドルクラスのグラフィックボードを搭載していてフルHD環境でのゲームプレイに適している。場合によっては設定を下げる必要があることを理解しておこう。コストパフォーマンスについては悲惨だ。税込み17万円台というのは厳しい。上位モデルを購入できる価格帯に突入してしまっている。セール&キャンペーンを待つか比較対象モデルを購入するのか判断しよう。

価格CPUグラボ
175,780円(税込)Core i7-10700FGTX1660Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!