gtunexm-btop


当記事では、G-Tune XM-Bの評判とレビューをまとめている。BTOパソコン市場の価格が高騰している中において価格がそれほど上がっていないお得なモデルだ。このままの価格に落ち着くことはないと思われる。

G-Tune XM-Bのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名XM-B
価格Windows 10 / 197,780円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源700W GOLD
マザーボードAMD B460
コスパ★★★★★★★★★☆8.7

価格の変化に注意

G-Tune XM-Bは非常に優秀なゲーミングPCだ。Core i7とRTX 3070を組み合わせたモデルは税込20万円以上が相場になった。G-Tune XM-Bのように税込20万円を下回るモデルはそう多くない。デュアルストレージ採用のモデルともなれば数える程度だろう。G-Tune XM-Bに特徴は構成を削らずに価格を抑えているところにある。

NVMe対応SSD 512GBとHDD 2TBのデュアルストレージ。そして700W GOLDの余裕のある電源が特徴だ。ただ、充実させているだけではなく、無駄もしっかり省いている。例えばチップセットにB460を採用している点だ。Core i7-10700に対してデメリットになりにくく価格の安いB460を採用している。構成を削らず、無駄を省いたことでこの価格を実現しているのである。

さらに驚くことに、G-Tune XM-Bは登場から値上げが適用されていない。それどころか値下げされたモデルだ。コストパフォーマンスが大きく伸びているのも納得である。しかし、同時にそれは値上げを予感させるものでもある。現在RTX 3070搭載モデルで税込20万円を下回っているモデルは珍しい。4月以降は明らかに多くのモデルが値上げされた。

G-Tune XM-Bが税込197,780円になったのは今年2月だ。元々税込21万円を超えたモデルが値下げで19万円台に落ち着いた。そこから値上げの影響を受けていないのは異常である。おそらく、近いうちに値上げされてしまうだろう。G-Tune XM-Bを選択するなら価格が上がる前をおすすめしたい。

あまり時間はないと予想されるのでできるだけ急いで選択してほしい。他製品の動向を考えると、2万円程度の値上げと見ておきたい。少しの時間差で2万円変わるのは厳しい。G-Tune XM-Bが評価されているのは間違いなく他製品より安いからだ。そのアドバンテージを失うと微妙なモデルになる。少し後に購入予定なら、予定を早めておくことを推奨する。

>>G-Tune XM-Bを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune XM-Bの性能まとめ

G-Tune XM-Bseinou

G-Tune XM-BはCore i7-10700とRTX 3070を組み合わせたゲーミングPCだ。その性能はWQHDや4Kのような高解像度を前提としている。FF14のようなスペックなら、最高設定で4K環境を快適に楽しむことができる。画質を重視したプレイスタイルだけではなく、本格的なゲームプレイも可能だ。Apex LegendsをフルHDで144Hzでプレイするのは容易だ。

このスペックなら240Hzを超えるゲーミングモニターでも対応できる。大会を目指したり、勝ちを目指すプロ志向なスタイルにも合わせられる。性能にはかなりの余裕があるので、今後登場してくる最新のタイトルでも安心だ。

GPU性能は非常に高く、リアルタイムレイトレーシングを前提としている。ただ、4Kで実現するには設定を少し下げなくてはならない。フルHDやWQHDで適用する方が適している。性能に関しては現状トップクラスだ。フルHDに限ればプレイできない環境は存在しないのではないだろうか。

>>G-Tune XM-Bを購入<<

G-Tune XM-Bの特徴&強み

この状況で値下げされたモデル

G-Tune XM-Bは、価格が税抜199,800円から179,800円へ値下げされた。現在、ゲーミングPCを始め、BTOパソコン全般でパーツの供給不足が生じている。そのため、パソコン全体の価格が値上げされている。価格帯問わず10%程度の値上げで、一部のモデルは入荷待ちとなっている。そんな状況の中で価格を下げたG-Tune XM-Bはおすすめ度が高い。

コストパフォーマンスの評価はいまいちかもしれない。しかし、全体的に値上げされたことで、コストパフォーマンスの平均値は大きく下がった。5.0を上回るモデルの方が少なくなり、G-Tune XM-Bは再評価され始めた。今の状況なら税抜179,800円は非常に安価と言える。Core i7-10700とRTX 3080搭載でデュアルストレージを採用したモデルの多くは税抜18万円台以上である。

少し高めの価格設定だったG-Tune XM-Bが一気に注目のモデルとなった。RTX 3070は品薄状態に陥っている現状を考えると売り切れになるのは時間の問題かもしれない。高騰が続くゲーミングPCの中で比較的標準的なポジションにあるG-Tune XM-Bを候補に挙げるユーザーも少なくない。Core i7-10700とRTX 3070の組み合わせは値上げ前なら税抜14万円台で販売されていた。

当時ならG-Tune XM-Bは今ほど注目されることはなかっただろう。あまり大きな値上げを行わないG-Tuneの特徴が活きた。キャンペーンにも期待できモデルなのでポテンシャルは高い。もしかするとRTX 3070搭載最強クラスのモデルになるかもしれない。しかし、ここから値上げされる可能性も十分考えられる。値上げするなら元の価格に戻るのが自然だろうか。価格には常に注意したい。

環境を選ばない万能性が魅力

G-Tune XM-Bの特徴は、優れた性能と抑えられた価格である。中でも、HDD 2TBとNVMe対応SSD 512GBのデュアルストレージを採用しているのはポイントが高い。価格を抑えたモデルの多くはSSDのみのシングルストレージ採用であることが多い。実用性の高い構成であることがG-Tune XM-Bの評価を高めている。

Core i7-10700の性能があれば、ゲーム以外の作業もスームズに行える。動画の編集を行うと、元ファイルを複数保管することになる。動画ファイルは無圧縮では非常に容量が大きい。動画の編集作業にはストレージ容量も重要である。そういった作業に標準構成で対応できるのは強みだ。

もちろんメインはゲームである。フルHDから4Kまで幅広く対応できるRTX 3070を搭載していることこそが、G-Tune XM-Bを選択する理由になる。最新のタイトルでもフルHDなら高リフレッシュレートで安定させることが可能だ。ゲーミングPCに求められる要素の多くを持つ完成度の高さも魅力的だ。ゲームや作業の環境を選ばず、

何にでも幅広く対応できるオールラウンド性は次世代のハイクラスならではだ。優秀な性能は、実用性の高い構成、選びやすい価格という3つの要素は環境だけでなく人も選ばない。標準的な性能からワンランク上を目指すゲーマーにおすすめしたい性能だ。キャンペーン期間中のG-Tune XM-Bはこれ以上ないくらい評価を高めた。

しかし、G-TuneにはG-Tune XM-Bの上をいくモデルがある。比較に登場する当サイトとG-Tuneによるコラボレーションモデルだ。キャンペーン後のG-Tune XM-Bをベースにしたかのような価格と構成は上位互換と言える。G-Tune XM-Bが気に入った、気に入ったけどキャンペーンが終わっていた。そんなユーザーに向けた製品を下記の比較でチェックしてほしい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>G-Tune XM-Bを購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneGALLERIA
イメージnextgearGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名XM-BXA7C-R37
税込価格197,780円(税込)219,980円(税込)
CPUCore i7-10700Core i7-10700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源700W GOLD650W BRONZE
チップセットB460H570
公式公式公式
比較対象はドスパラのGALLERIA XA7C-R37だ。ゲーミングPCの定番とも言えるGALLERIAシリーズとの比較である。GALLERIA XA7C-R37はメモリ規格とチップセットでリードする。G-Tune XM-BはHDDと電源で優れて2万円安い。総合的な評価は間違いなくG-Tune XM-Bが上だが、GALLERIA XA7C-R37は時代も価格も先取りするようなモデルだ。

これまでも他製品より一足はやく値上げを適用している。つまり、GALLERIA XA7C-R37の価格は未来のG-Tune XM-Bの価格となるかもしれない。ただ、同等の価格であってもG-Tune XM-Bの方が評価は上回る。25,000円以上の値上げが適用されない限りはG-Tune XM-Bに分がある。

ただし、20,000円の値上げが適用された時点で比較対象はGALLERIA XA7C-R37ではなくなるだろう。G-Tune XM-Bよりおすすめできる他の強力な製品が比較対象となる可能性もある。選択の際は価格に十分注意してほしい。

管理人による総評(G-Tune XM-B)

nextgear-micro

G-Tune XM-Bは、RTX 3070×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。定価が2万円引き下げられたことは追い風だ。パソコンの価格が高騰している中で逆を行っているモデルは貴重だと言える。ゲーミング性能は高く4K解像度にも対応することができる。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も抜群だ。電源ユニットもハイパフォーマンスモデルを支えるのに十分な700W GOLDを採用している。

価格CPUグラボ
197,780円(税込)Core i7-10700RTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!