G-Tune XN-ZJtop


当記事では、G-Tune XN-ZJの評判とレビューをまとめている。JeSU公認PCのゲーミングPCだ。グラフィックボードにはハイクラスのRTX 3080を搭載していて高いレベルでのゲームプレイができる。少しでもよいゲーム環境を作りたいと考えている方におすすめだ。2万円程度価格が上がってしまったが、今でもコストパフォーマンスにも優れている。

G-Tune XN-ZJのスペック

G-Tune XN-ZJ(JeSU公認PC)

ブランド名G-Tune
製品名XN-ZJ(JeSU公認PC)
価格Windows 10 / 329,780円(税込)
CPUCore i7-11700K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ590
コスパ★★★★★★★★★★9.6

>>G-Tune XN-ZJを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune XN-ZJのゲーミング性能

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

GeForce RTX 3080は、Ampere世代のハイクラスグラフィックボードだ。ゲーミング性能は高く従来のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを凌駕する。4K解像度でのゲームプレイや高リフレッシュレートでのゲームプレイを考えている方におすすめだ。フルHD環境でのゲームプレイの場合はオーバースペックとなってしまうためどのようなゲーム環境を作りたいのかを基準に考えるとよいだろう。合わせるCPUもCore i7以上の高性能なものを選択しておきたい。

Core i7-11700K(CPU)

i711700k-seinou

Core i7-11700Kは、Intel第11世代の高パフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドと従来モデルのスペックを踏襲しつつもCPUコアの改良で性能の底上げが行われている。従来モデルのCore i7-10700Kと比べて15%前後のパフォーマンス向上が見込める。動画編集・画像編集・WEBデザインなどあらゆる用途で通用するCPUだ。性能不足になることが考えづらいほど高い性能を持っている。オーバークロックに対応しているのも心強い。

総合性能

G-Tune XN-ZJseinou

G-Tune XN-ZJはハイエンドクラスのゲーミングPCだ。その性能はハイエンドクラスの中でもトップクラスとなっている。4K解像度でのゲームプレイを前提としたようなスペックだ。そのため、一般的なゲームプレイで留めるにはオーバースペックだ。G-Tune XN-ZJはどんなタイトルでも4Kでプレイできる。

WQHDで144Hzを目指すことも、フルHDで240Hzを目指すことも可能だ。この性能で快適にプレイできないタイトルはない。この先もそんなタイトルが登場するとは考えにくい。長くゲームをプレイしたいユーザーにとってはメリットの大きいモデルだ。ゲームジャンルを選ばず、幅広いタイトルをプレイするコアなゲーマーにおすすめの最強のゲーミングPCだ。

>>G-Tune XN-ZJを購入<<

G-Tune XN-ZJの特徴

JeSU公認のハイエンドモデル

G-Tune XN-ZJは、RTX 3080×Core i7-11700K搭載のゲーミングPCだ。JeSU(Japan e-Sports Union)公認となっている。JeSUがピックアップしたゲームタイトルを快適にプレイできるモデルとされている。しかしながら、これだけの性能があれば当然である。JeSU公認であることによって特別な何かを生じさせるわけではない。強いて言えばG-Tune XN-ZJが誕生したことがJeSUのメリットだろうか。

日本にはe-sportsの土壌がなく、何とか形にしようとしている風には見えるが、JeSUの管理体制や杜撰な対応から悪い話題にしかその名が挙がらない。例えばももち選手の賞金490万円減額問題(ねとらぼ, 2019)や消費者庁による意向とJeSUの認識の相違など様々な問題(Yahooニュース, 2020)が過去にあった。

風評被害を受けるモデルとなりそうなのが気になる。公認モデルとして登場したG-Tune XN-ZJが今ひとつ人気モデルになれないのは、JeSUへの認知度の低さもあるだろう。もっとJeSUが認知されるようになればG-Tune XN-ZJの評価も人気も高まるはずだ。

何の公認モデルなのかを知らなければ選ばれにくい。ゲーム推奨モデルでも、そのゲームタイトルが人気でなければ選択肢に入りにくいようなものだ。モデル自体は悪くない。そもそも、このモデルはG-TuneがG-Tune XN-Zをカスタマイズしたもので、JeSUは関わっていない可能性もある。その点で見るとよくできている。

少なくともベースモデルをカスタマイズするよりもお得だ。公認モデルという名のコラボレーションモデルのようなものだろうか。RTX 3080の性能を引き出しやすい構成だ。もう少し価格が安ければトップモデルになれていたかもしれない。

公認である強みは全くない

公認モデルには多くのゲーム推奨モデルのように、このゲームを快適にプレイできるという基準があるわけではない。JeSUのスペック検証環境は実際のプレイヤーの環境とは異なるように思える。これではあまりゲーマーにとって参考にはならずゲーム推奨や格モデルのベンチマークの方が信用しやすくベースにしやすい。

ゲームの推奨モデルはそのゲームをどの程度快適にプレイできるかの目安が記載されている。しかし、公認モデルにはそれがない。ピックアップされたゲームにのみ焦点をあて、独自の検証レギュレーションによる審査でしかない。これで快適にプレイできるかどうか判断できるのだろうか。G-Tune XN-ZJは公認モデルとして選択するよりも、一つのハイエンドクラスのモデルとして選択したい。

公認ということを忘れることができれば、それなりに優秀なモデルとして議論の余地もない。公認モデルとして見ると、公認であるメリットを探してしまう。また、表記されているスペックに疑問を持ってしまう。例えばPUBGだが、他の公認PCよりもスペックの高いモデルでも表記されているfpsで安定させることができない。

方法に少し疑問が残る。JeSUの情報を一切入れなければ非常に優秀なモデルだっただけに残念である。現在は他に優秀なモデルが登場したのでG-Tune XN-ZJはおすすめしていない。公認モデルもキャンペーン対象になることがあるなら期待できる。ただ、今の所大きな変化はないようなのでキャンペーンを待つほどではない。

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。

似ているモデルとの比較

ブランドG-TuneG-Tune
イメージnextgearnextgear
製品名XN-ZJTD-P
ケースミドルミドル
価格307,780円(税込)311,080円(税込)
CPUCore i7-11700K(水冷)Core i9-11900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-2666 32GB
SSD1NVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源800W TITANIUM800W TITANIUM
マザボZ590Z590
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。同じG-Tune XN-Zをベースにしているのか、基本的な構成はよく似ている。G-Tune TD-PはCPU性能が3ランクほどアップし、SSD容量が半減し、価格が18,000円ほど安い。SSDの容量を倍増させるのに掛かる費用が8,690円なので、構成をあわせても1万円近く安いことになる。

その上で性能も高いのだからG-Tune TD-Pをおすすめしたい。G-Tune XN-ZJに特別な何かがあったとしても、性能に大きな差が生じているのでG-Tune TD-Pの方が無難である。仮にG-Tune XN-ZJの価格が4万円引きになったとしたら、選択するメリットが出てくる。キャンペーン対象に選ばれるかもしれないので、時々チェックしておくといいかもしれない。

管理人による総評(G-Tune XN-ZJ)

nextgear

G-Tune XN-ZJは、Japan e-Sports Union公認のゲーミングPCだ。この組織には賛否両論あるが、ゲーミングPC自体は非常に優れたものとなっている。コストパフォーマンスは最高クラスだ。グラフィックスにはRTX 3080を、CPUにはCore i7-11700Kを搭載している。4K解像度にも対応できる高いゲーミング性能を持つ。メモリ32GB、SSD 1TBと圧倒的な構成が光る。ゲームプレイだけではなくクリエイター作業にもおすすめだ。

価格CPUグラボ
329,780円(税込)Core i7-11700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

参考外部サイト一覧

その他あなたにおすすめの記事はこちら!