laptops_g-series_g15-5515-phantom-grey-white-kb_gallery_1


当記事では、Dell G15 Ryzen™ Edition 【即納】プラチナ(RTX3050Ti搭載)の評判とレビューをまとめている。Ryzen 7 6800H×RTX 3050 Ti Mobile搭載のローエンドクラスのゲーミングノートPCだ。税込16万円台とリーズナブルなので低価格帯のモデルを探している方はぜひ参考にして欲しい。国内BTOメーカーでは実現不可能なレベルに到達している。円安の影響で10,845円高くなったが今でも評価は高い。本体重量が重すぎるというデメリットさえ受け入れられるのであれば検討する価値はある。

Dell G15 Ryzen Editionプラチナ(RTX3050Ti搭載)のスペック

Dell G15 Ryzen Editionsyoumen

ブランド名Dell
製品名Dell G15 Ryzen™ Edition 【即納】
プラチナ(RTX3050Ti搭載)
液晶サイズ15.6インチ 120Hz
価格Windows 11 / 203,000円(税込)
クーポン利用 / 162,400円(税込)
CPURyzen 7 6800H
グラボGeForce RTX 3050 Ti Mobile
メモリDDR5-4800 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.520kg
バッテリー駆動時間非公開
コスパ★★★★★★★★★☆ 8.7

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナを購入<<

Dell G15 Ryzen Edition プラチナのゲーミング性能

Ryzen 7 6800H(CPU)

Core i7-12700H23,029
Ryzen 9 5900HX17,688
Ryzen 9 6900HS17,127
Core i5-12500H17,085
Ryzen 7 6800H17,045
Core i9-11980HK16,954
Core i7-11800H15,631
Ryzen 7 5800H15,559
Ryzen 5 6600H14,392
Core i5-11400H11,961
Core i7-10875H11,739

当該モデルではCPUにRyzen 7 6800Hを搭載している。Zen 3+アーキテクチャを採用したCPUの中で最も人気の高いCPUだ。従来モデルのRyzen 7 5800Hと比べて9%程性能が向上している。マイナーチェンジモデルで飛躍的にパフォーマンスが引き上げられたわけではない。下位モデルのRyzen 5 6600Hとの差は18%となっている。

動画編集や画像編集などの適性が高い。ノート向けモデルとして考えるなら高いパフォーマンスを発揮する。純粋なCPU性能ではCore i5-12500Hと同等だ。Intel第12世代Core iシリーズは性能が高く価格が抑えられていないとRyzen 7 6800Hを選ぶ理由がない。現状ではCore i7-12700Hよりも価格が安く選びやすさがある。ゲームプレイだけを考えるなら十分候補になるのではないかと思う。

GeForce RTX 3050 Ti(GPU)

RTX 3070 Mobile18,646
RTX 3060 Mobile17,197
RTX 2070 Mobile17,075
RTX 2060 Mobile15,883
RTX 3050 Desktop14,734
GTX 1660 Ti Mobile12,476
RTX 3050 Ti Mobile11,843
RTX 3050 Mobile11,185
GTX 1650 Ti Mobile9,129
GTX 1650 Mobile8,544
GTX 1050 Mobile5,350

当該モデルではグラフィックスにAmpere世代のRTX 3050 Tiが搭載されている。ローエンドクラスのグラフィックボードでフルHD環境60fpsでのゲームプレイが基本だ。従来モデルのGTX 1650 Ti Mobileと比べて20%程度パフォーマンスが引き上げられている。

GTX 1660 Tiに匹敵する性能というのは心強い。50番台のグラフィックボードの底上げが行われている形だ。下位モデルのRTX 3050との差は6%程度で、上位モデルのRTX 3060との差は48%程度だ。RTX 3060との性能差は大きいが、価格差も大きいので妥当だと言える。

>>Dell G15 Ryzen Edition プレミアムを購入<<

Dell G15 Ryzen Edition プラチナの特徴&注意点

RTX 3050 Ti搭載モデルで税込16万円台とリーズナブル

Dell G15 Ryzen Edition プラチナは、税込16万円台で購入できる優れたコストパフォーマンスを持つゲーミングノートPCだ。選びやすさだけで言えば間違いなくトップクラスである。競合のBTOメーカーを見ても最安値は18万円前後でこれほど安く購入できるモデルはなさそうだ。それだけ突出したモデルだと言える。

ゲーミングブランドのエイリアンウェアはプレミアム価格だが、このDell G15シリーズは総じてコストパフォーマンスの高いモデルが多い。国内BTOメーカーもなかなか対等には戦えない。もちろん次に紹介しているデメリットもあるが、それでも価格が安いというのは大きなメリットだろう。初期投資を抑えたい方なら選択する価値はある。

注意しなければいけないのは価格が抑えられているということは、それだけ性能も控えめであるということだ。高負荷なゲームプレイを想定しているなら、あまりおすすめできない。ゲームタイトルによっては120Hz対応を上手く活かせないかもしれない。初心者にとっては選びやすい価格だが、ゲームに求められる性能とDell G15 Ryzen Edition プラチナが持つ性能をよく理解していなければならない。

価格が特徴のモデルであっても、価格だけで選んではいけない。想定している用途に対応できなければ、どれほど優れたモデルであっても後悔してしまうことになる。価格が安く、性能も控えめなモデルは対応できるかどうかをしっかり見極めなくてはならない。性能に余裕のあるモデルであれば、その辺りが曖昧でも何とかなる。予算に余裕があるのにDell G15 Ryzen Edition プラチナを選択するのはあまりおすすめできない。

予算の上限がこの辺りかつ性能を理解した上での選択ならおすすめだ。Dell G15 Ryzen Edition プラチナにとって、価格は間違いなく最大の魅力である。一方で、その価格が最大の落とし穴となりやすい。繰り返しになるが、決して価格だけで選択してはいけない。ある程度性能を妥協しての選択なら問題はない。Dell G15 Ryzen Edition プラチナで何でもできると思い違いをしてしまうと失敗する。後悔の選択とならないように注意してほしい。

基本的にカスタマイズができず完成品と同等のモデル

Dell G15 Ryzen Editionプラチナは、基本的にはカスタマイズができないモデルとなっている。家電量販店などで販売されているパソコンと同じ完成品という立ち位置だ。CPUやグラフィックスといった主要パーツだけではなくメモリやストレージのカスタマイズにも対応していない。ストレージ容量がそれほど多いモデルではないためクラウドストレージサービスや外付けのHDDで対応する必要がある。

カスタマイズでは保守・サポート、セキュリティソフト、PDFソリューション(Adobeソフトなど)、写真とビデオの編集ソフト(Adobe Photoshopなど)といったソフトの追加できるのみだ。カスタマイズの幅を狭めるのは最近のゲーミングノートPCでは一般的だ。短納期・低価格を実現するための戦略だと考えられる。

価格を抑えたモデルにとって、カスタマイズの有無はそれほど問題ではない。16万円台であることが強みのモデルをカスタマイズで17万円、18万円と価格を上げることはよくない。他の選択肢が出てきてしまうからだ。構成も標準的でこれと言ってカスタマイズが必要となる箇所はない。そもそも、ノートタイプでカスタマイズが必要となる箇所は少ない。

CPUやGPUは変更できないものが当たり前だ。案外、ゲーミングノートPCでは価格が抑えられるカスタマイズ非対応モデルの方が魅力的なのかもしれない。保証などの内部に関わらない箇所は変わらず充実しているので、初心者にも選びやすいとポジティブに考えたい。

本体重量が重く持ち運ぶ機会が多いと厳しい

Dell G15 Ryzen Edition プラチナは非常にコストパフォーマンスに優れたゲーミングノートPCだが、本体重量が約2.520kgと同性能帯のモデルと比べても20%前後重いというデメリットがある。本体が重いということは持ち運びのしやすさを重視している方にとっては大きなデメリットとなってしまう。

当該モデルのサイズ感だとカバンに入れて持ち運ぶのも大変だ。持ち運びがしやすいかどうかの一つの基準が2.0kgとなる。ゲーミングノートPCの場合は一般的なモデルよりも排熱やエアフローのために本体が重くなる傾向にあるので、ある程度は受け入れる必要がある。しかしながら、重さが2.0kg以上になると男の人でも持ち運ぶのが億劫になってしまう水準だ。

重量が増加した理由は、性能と機能を重視したDell G15のこだわりの強さだ。Game Shiftテクノロジーでパフォーマンスを向上させる機能がある。これにより性能は伸びるが、同時に発熱も大きくなる。この熱を抑える機能や機構を構えるために厚みも出ている。また、ゲーミングノートPCの場合は一般向けノートPCと違い、バッテリーも容量が大きくなる。

性能と機能を重視したDell G15シリーズは、その優れた部分の代償に重量が増加している。重いことは確かにデメリットである。しかし、重いからこそ得られたものは大きい。その点を踏まえて、この重さをデメリットとは考えないようにしたい。Dell G15 Ryzen Edition プラチナを選択するユーザーの多くはゲーマーであるはずだ。

持ち運ぶことよりも、自宅で使用する率の方が高いはずだ。持ち運びにも対応した自宅据え置きのパソコンだと考えれば、それほど悪いようにも思えない。価格がこれだけ安いのであれば、このくらいのマイナス要素は大した問題ではないはずだ。

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナを購入<<

LEVEL-15FX151-i7-PASXと比較

ブランドDellASUS
イメージDell G15 Ryzen EditionASUS TUF Gaming F15 FX507ZM
型番Dell G15 Ryzen™ Edition
【即納】プラチナ(RTX3050Ti搭載)
TUF Gaming F15 FX507ZE
価格203,000円(税込)
162,400円(税込)
189,800円(税込)
159,800円(税込)
納期最短翌日出荷最短翌日出荷
液晶サイズ15.6インチ 120Hz15.6インチ 144Hz
重量約2.520kg約2.20kg
バッテリー駆動時間非公開約6.8時間
OSWindows 11Windows 11
CPURyzen 7 6800HCore i7-12700H
GPURTX 3050 TiRTX 3050 Ti
メモリDDR5-4800 16GBDDR5-4800 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
ここをチェック!!

同価格帯のASUS製「TUF Gaming F15 FX507ZE」を比較対象としている。価格差は2,600円でTUF Gaming F15 FX507ZEの方が安価だ。いずれのモデルも最短翌日出荷に対応している。TUF Gaming F15 FX507ZEは、15.6インチ144Hz対応ディスプレイを搭載している。本体重量は約2.20kgとDell G15 Ryzen Edition プラチナよりも10%程度軽い設計だ。バッテリー駆動時間は約6.8時間となっている。OSはもちろんWindows 11で共通だ。

TUF Gaming F15 FX507ZEは、CPUにIntel第12世代のCore i7-12700Hを搭載している。14コア20スレッドとDell G15 Ryzen Edition プラチナで採用されているRyzen 7 6800Hよりも35%程度処理性能が高い。動画編集・エンコードなどのクリエイター作業を考えているなら魅力的な選択肢となるだろう。グラフィックス・メモリ・SSDは共通だ。

両者を比較するとCPU性能の高いTUF Gaming F15 FX507ZEが優勢だ。Dell G15 Ryzen Edition プラチナは確かにコスパの高いモデルだが、セール時のTUF Gaming F15 FX507ZEには敵わない。

Dell G15 Ryzen Edition プラチナの本体レビュー

本体正面

Dell G15 Ryzen Editionsyoumen
カラーはファントムグレーを採用している。落ち着いたカラーが高級感を演出している。タッチパッド左のワンポイントのGのロゴがかっこいい。キーボードの上部には大きな吸気口が設けられていて熱対策もばっちりだ。実用性もしっかりと担保されている。

本体天板

Dell G15 Ryzen Editiontenban
横から見るとやや厚みのあるデザインであることがわかる。この点を受け入れられるかどうかが肝となりそうだ。ヒンジ部分にもGのロゴが刻印されている。サイドの排気口から熱が排気される形だ。後方部にも同様に排気口が設けられている。

後方部

Dell G15 Ryzen Editionback
本体後方部の両側にも排気口が設けられている。I/Oパネルは左からUSB Type-C×1、USB 3.2 Gen1×1、HDMI×1、電源端子が配置されている。

本体右側

Dell G15 Ryzen Editionright
本体右側にはUSB 2.0×2が配置されている。その内の一つはPowerShare対応だ。システムの電源が切れていてもスマートフォンなどの充電を行える。

本体左側

Dell G15 Ryzen Editionleft
本体左側にはLANポート及びヘッドホン/マイクロフォン端子が配置されている。左側にもしっかりと排気口が設けられている。

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナを購入<<

管理人による総評(Dell G15 Ryzen Edition プラチナ)

laptops_g-series_g15-5515-phantom-grey-white-kb_gallery_1

Dell G15 Ryzen™ Edition 【即納】プラチナ(RTX3050Ti搭載)は、RTX 3050 Ti搭載モデルの中で最も安価なモデルの一つとなっている。税込16万円台でこの性能が手に入るのは素晴らしい。基本的にはいつでもセールが適用となっているため定価はないものだと考えてよい。

CPUにはハイクラスのRyzen 7 6800Hを搭載していてゲームプレイだけではなく動画編集などのクリエイター作業にも対応可能だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。本体重量が重いというデメリットがあるものの少しでも安いモデルを手に入れたい方なら候補に入れる価値がある。

価格CPUグラボ
162,400円(税込)7 6800HRTX3050Ti
メモリSSDHDD
16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya