laptops_g-series_g15-5515-phantom-grey-white-kb_gallery_1


当記事では、New Dell G15 Ryzen™ Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)の評判とレビューをまとめている。Ryzen 7 6800H×RTX 3060 Mobile搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCだ。税込16万円台とRTX 3060 Mobile搭載モデルとして最安値クラスとなっている。価格.com限定モデルは通常モデルよりも1,000円程度安い設定だs.

性能的にも十分で価格を重視したい方におすすめだ。一方で、本体重量が2.5kgを超えていて非常に重く持ち運びに適しているとは言い難い。この点を受け入れられるかどうかがポイントとなりそうだ。Dell G15 Ryzen Editionのラインナップ的には最上位モデルとなる。

該当モデル
dellg15kakakulineup

Dell G15 Ryzen Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)のスペック

Dell G15 Ryzen Editionsyoumen

ブランド名Dell
製品名New Dell G15 Ryzen™ Edition
【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)
液晶サイズ15.6インチ 120Hz
価格162,300円(税込)
CPURyzen 7 6800H
グラボGeForce RTX 3060 Mobile
メモリDDR5-4800 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.52kg
バッテリー駆動時間非公開
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0 Over!!

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナ(RTX3060搭載)を購入<<

Dell G15 Ryzen Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)のゲーミング性能

Ryzen 7 6800H(CPU)

Core i7-12700H23,029
Ryzen 9 5900HX17,688
Ryzen 9 6900HS17,127
Core i5-12500H17,085
Ryzen 7 6800H17,045
Core i9-11980HK16,954
Core i7-11800H15,631
Ryzen 7 5800H15,559
Ryzen 5 6600H14,392
Core i5-11400H11,961
Core i7-10875H11,739

当該モデルではZen 3+アーキテクチャを採用したハイパフォーマンスモデルであるRyzen 7 6800Hを搭載している。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイター作業にも適している。ノートパソコンで動画編集・画像編集・WEBデザインなどの作業を行いたいと考えている方は必見だ。

従来モデルのRyzen 7 5800Hと比べて10%程度パフォーマンスが高い。競合モデルのCore i7-12700Hと比べると25%以上性能が劣るもののその分価格に反映されているので選択肢として悪くない。ゲーミング性能についてはRyzen 7 5800Hよりもわずかに高くなっている。Intel製CPUと比べるとゲーム適性は少し低いが、RTX 3060 Mobileに合わせるCPUとして不足はない。

GeForce RTX 3060 Mobile(GPU)

RTX 3080 Mobile24,337
RX 6800M20,848
RTX 3070 Ti Mobile20,748
RTX 3060 Desktop20,322
RTX 3070 Mobile18,646
RTX 2080 Mobile18,618
RTX 3060 Mobile17,197
RTX 2070 Mobile17,075
RTX 2060 Mobile15,883
GTX 1660 Ti Mobile12,476
RTX 3050 Ti Mobile11,843
GTX 1650 Ti Mobile9,129

New Dell G15 Ryzen™ Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)のグラフィックスには製品面通りRTX 3060 Mobileが搭載されている。Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードで人気が高い。従来モデルのRTX 2060 Mobileと比べて8%程度ゲーミング性能が向上していてRTX 2070 Mobileと同等の性能を持つ。

GTX 1660 Ti Mobileと比べると35%以上もパフォーマンスが高い。RTX 3060 Mobileの性能があればタイトル次第では120Hzモニターを活かすことができる。レイトレーシング性能についても底上げが行われている。ただし、デスクトップ向けモデルのRTX 3060との差は18%とやや大きい。同じ型番でも全く別の製品だと認識しておく必要がある。

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナ(RTX3060搭載)を購入<<

Dell G15 Ryzen Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)の特徴&注意点

RTX 3060 Mobile搭載の最安値クラスを担う

New Dell G15 Ryzen™ Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)は、RTX 3060 Mobile搭載モデルで最安値クラスの一台となっている。価格.com限定モデルは通常ラインナップよりも安く162,300円という価格設定となっている。クーポンがなくてもこのお得さは評価できる。RTX 3060 MobileならフルHD環境で60fps以上で安定させることが可能だ。タイトルや設定によっては120fpsで安定させられることもできる。

Dell G15 Ryzen プラチナで採用されているモニターは120Hzに対応していて、性能を活かした装備を持っていると言える。このRTX 3060 mobileは性能と価格のバランスがよいことから、ゲーミングノートPCの中では最も人気のあるGPUだ。コストパフォーマンスや扱いやすさを重視するならおすすめだ。

CPUにも妥協はみられず、第4世代RyzenシリーズのハイクラスであるRyzen 7 6800Hを搭載している。RTX 3060 Mobileとの組み合わせなら文句はない。Zen 3+アーキテクチャを採用したこのCPUは従来モデルのRyzen 7 5800Hと比べてゲーム適性がわずかながら引き上げられている。8コア16スレッドとスペックが高く動画編集・画像編集などの作業にも対応できる。ノートパソコンとしてはトップクラスのパフォーマンスを発揮する。ゲーム以外の用途も想定しているなら非常に優秀な性能である。

Dell G15 Ryzen Edition プラチナはGPUの性能よりもCPUの性能に優れたモデルだ。最新のゲームを最高設定でプレイするには適していない。設定を下げて安定させるプレイスタイル、動画投稿や配信を行うのに適したモデルと言える。用途の幅が拾いことが持ち味なので、ゲームだけに留めるのは惜しい。

処理性能に優れたCPU、コストパフォーマンスに優れたGPUの組み合わせは強力だ。ゲームを中心にするが、これから他のことにも興味を持つかもしれない。そんな初心者~中級者までには強くおすすめできる。初めてのゲーミングノートPCであるなら、汎用性の高さは強みになる。

G15 Ryzen Editionの最上位モデルとなる

ブランドDellDellDellDell
イメージDell G15 Ryzen EditionDell G15 Ryzen EditionDell G15 Ryzen EditionDell G15 Ryzen Edition
型番G15 Ryzen Edition
【価格.com限定・即納】
プラチナ(RTX3060搭載)
G15 Ryzen Edition
【即納】プラチナ(RTX3050Ti搭載)
G15 Ryzen Edition
プラチナ(RTX 3050)
G15 Ryzen Edition
プレミアム
価格162,300円(税込)184,980円(税込)
147,984円(税込)
179,979円(税込)
143,983円(税込)
159,980円(税込)
127,984円(税込)
納期最短翌日出荷最短翌日出荷最短2週間最短2週間
液晶サイズ15.6インチ 120Hz15.6インチ 120Hz15.6インチ 120Hz15.6インチ 120Hz
重量約2.52kg約2.52kg約2.52kg約2.52kg
バッテリー駆動時間非公開非公開非公開非公開
CPURyzen 7 6800HRyzen 7 6800HRyzen 7 6800HRyzen 5 6600H
GPURTX 3060RTX 3050 TiRTX 3050RTX 3050
メモリDDR5-4800 16GBDDR5-4800 16GBDDR5-4800 16GBDDR5-4800 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載非搭載
レビュー当ページ準備中準備中レビュー

当該モデルは、Dell G15 Ryzen Editionのラインナップの中で最上位モデルとなっている。その他RTX 3050 Ti及びRTX 3050搭載モデルがある。下位モデルのRTX 3050 Tiとの価格差は14,316円、RTX 3050との価格差は18,317円~となっている。

価格から見るとRTX 3050 Tiが最もコストパフォーマンスに優れていそうだ。しかしながら、Dell G15 Ryzen Edition プラチナの価格は比較的安価であるのも否定できない。クーポンを利用してなくても16万円台にあるなら、あえて下位モデルを選択する必要もない。RTX 3060 MobileとRTX 3050 Ti Mobileとの間には価格差以上の性能差があると考えてよい。

ゲーミングノートPCに採用されるGPU性能はお世辞にも高いとは言えない。そのためより高いグラフィックボードを選択する方が結果的によいこともある。僅かな差が大きく影響することも十分ある。少しでも優れたGPUを搭載しているモデルをおすすめしたくもなるというものだ。ゲームを快適にプレイする。これがゲームをプレイすることを前提にしたモデルに求められるものだ。

性能を抑えた価格の安いモデルはこの辺りの判断が難しい。快適の基準は人それぞれだ。その中でも、ミドルクラスに届かないモデルは性能を熟知していなければ選択しにくい。価格の安いモデルは当然性能も低い。その低い性能を理解した上で、想定した用途に対応できるかを判断しなくてはならない。

そういった意味では、安価なモデルほど上級者向けの傾向が強くなる。性能のギリギリを攻めるよりも少し余裕を持ったモデルを選ぶべきだ。これはゲーミングPCの選び方の基本だと言える。予算を抑えて下位モデルを選択するのも悪くないが、まずはRTX 3060 Mobile搭載のNew Dell G15 Ryzen™ Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)を検討してほしい。

本体重量が重く持ち運びには適していない

New Dell G15 Ryzen™ Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)は価格が抑えられていてコストパフォーマンスの高いゲーミングノートPCだ。大きなメリットを持つ反面、本体重量が約2.52kgとかなり重いのがデメリットとなる。このデメリットは人によってはデメリットでなく、用途によっても影響は異なってくる。そのため、コストパフォーマンスに優れるというメリットに比べて小さなデメリットと言える。

そもそも、ゲーミングノートPCは一般的なノートPCと比べて、携帯性はどうしても劣ってしまうものだ。お洒落なカフェで使用するにも、デザインが奇抜過ぎて変に注目を集めてしまう。性能が高いことからファンの音もそれなりに目立つ。宿泊先や帰省先などでの使用くらいだろうか。基本的には自宅で据え置いて使うことになるはずだ。

その理由に電源を確保しなくてはならないということが挙げられる。ゲーミングノートPCは電源を接続していない状態ではエコモードになる。もちろん解除は可能だが、バッテリーの消費が跳ね上がる。連続したゲームプレイは電源と接続した状態で行わなければ厳しい。前述のデザインとバッテリーが足かせとなり、その上にやや重い本体が合わさる。こうなることで、ちょっとパソコンを持って出歩くというのは非常に厳しくなる

少なくとも徒歩でかばんに入れるというのは難しい。車や自転車などの乗り物は必須である。こういった特徴から、大学での使用にもそれほど適しているとは言えない。ビジネス、作業を外出先で行うなら、それ専用のモデルを検討した方がいいくらいだ。幸いにもDell G15 Ryzen Edition プラチナは価格の安いモデルだ。

別途安価なビジネスノートPCを持っても損はしないように思う。もちろん、持ち運びに負荷を感じないのであればDell G15 Ryzen Edition プラチナを使用することは問題ではない。ただ、思っているよりも重いかもしれないということだけは覚えておいてほしい。

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナ(RTX3060搭載)を購入<<

GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載と比較

ブランドDellGALLERIA
イメージDell G15 Ryzen EditionGALLERIA XL7C-R36
型番G15 Ryzen™ Edition【価格.com限定・即納】
プラチナ(RTX3060搭載)
XL7R-R36
5800H搭載
価格162,300円(税込)182,980円(税込)
納期最短翌日出荷最短翌日出荷
液晶サイズ15.6インチ 120Hz15.6インチ 144Hz
重量約2.52kg約2.10kg
バッテリー駆動時間非公開約6.3時間
CPURyzen 7 6800HRyzen 7 5800H
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR5-4800 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

競合モデルとなるドスパラの「GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載」と比較していく。どちらも優れたモデルで比較対象にふさわしいと言える。価格差は20,680円でG15 Ryzen Editionプラチナの方が安く購入できる。納期はどちらも同じだ。液晶サイズは15.6インチで共通だが、リフレッシュレートが少しだけ異なる。

GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載は144Hz対応モニターを採用していてワンランク上のゲーム体験を得られる。もっともRTX 3060 Mobileの性能を考えると120Hzでも十分かもしれない。本体重量はGALLERIA XL7R-R36 5800H搭載の方が20%近くも軽くて優位性がある。持ち運ぶ機会が多いならGALLERIA XL7R-R36 5800H搭載を候補に入れてもよいだろう。

CPUについては最新のRyzen 7 6800Hを搭載しているG15 Ryzen Editionプラチナが優勢だ。およそ10%程度の性能差がある。価格が安くより高性能なモデルを購入できるという点でG15 Ryzen Editionプラチナは魅力的な選択肢と言える。メモリ規格もZen 3+に合わせてDDR5-4800が選択されている。重さが気にならないなら候補に入れてもよいだろう。

Dell G15 Ryzen Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ(RTX3060搭載)の本体レビュー

本体正面

Dell G15 Ryzen Editionsyoumen
カラーはファントムグレーを採用している。落ち着いたカラーが高級感を演出している。タッチパッド左のワンポイントのGのロゴがかっこいい。キーボードの上部には大きな吸気口が設けられていて熱対策もばっちりだ。実用性もしっかりと担保されている。

本体天板

Dell G15 Ryzen Editiontenban
横から見るとやや厚みのあるデザインであることがわかる。この点を受け入れられるかどうかが肝となりそうだ。ヒンジ部分にもGのロゴが刻印されている。サイドの排気口から熱が排気される形だ。後方部にも同様に排気口が設けられている。

後方部

Dell G15 Ryzen Editionback
本体後方部の両側にも排気口が設けられている。I/Oパネルは左からUSB Type-C×1、USB 3.2 Gen1×1、HDMI×1、電源端子が配置されている。

本体右側

Dell G15 Ryzen Editionright
本体右側にはUSB 2.0×2が配置されている。その内の一つはPowerShare対応だ。システムの電源が切れていてもスマートフォンなどの充電を行える。

本体左側

Dell G15 Ryzen Editionleft
本体左側にはLANポート及びヘッドホン/マイクロフォン端子が配置されている。左側にもしっかりと排気口が設けられている。

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナ(RTX3060搭載)を購入<<

管理人による総評(Dell G15 Ryzen Edition 【価格.com限定・即納】プラチナ)

laptops_g-series_g15-5515-phantom-grey-white-kb_gallery_1

当該モデルは、Ryzen 7 5800H×RTX 3060 Mobile搭載のゲーミングノートPCだ。税込162,300円という価格はRTX 3060 Mobile搭載モデルとして最安値クラスとなっている。価格.com限定モデルで少しだけ優遇されているのがポイントだ。15.6インチ120Hz対応モニターを搭載している。フルHD環境で高リフレッシュレートを目指すこともできる。

CPUには第4世代Ryzenシリーズ(Zen 3+)のRyzen 7 6800Hを搭載していてCPU性能も高い。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイ以外の用途にも対応可能だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分だと言える。本体重量が約2.52kgと重いことがデメリットでそれさえ受け入れられるのであれば選択する価値がある。

価格CPUグラボ
162,300円(税込)7 6800HRTX3060
メモリSSDHDD
DDR5 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya