G-GEAR GA7A-B181T

当記事では、G-GEAR GA7A-B181/Tの評判とレビューをまとめている。キャンペーン対象のお得な一台だ。Ryzen 7 2700を搭載しているのもこのモデルの特徴だと言える。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)
fortnite
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

フルHD環境で標準設定を基準にすれば多くのゲームを快適にプレイすることができるだろう。ゲーミングPCとしては旧型であり、高望みはできない。キャンペーン中にGTX 1660へアップグレードされてもフルHD+標準設定が基本となる。

G-GEAR GA7A-B181/Tのスペック

ブランド名G-GEAR
製品名GA7A-B181/T
価格Windows 10 / 124,800円
(送料・税込136,944円)

キャンペーン時 114,800円
(送料・税込126,144円)

1万円値引き+GTX1660Tiカスタム
123,800円
(送料・税込135,864円)
CPURyzen 7 2700
GPUGeForce GTX1060 3GB
GTX 1660
メモリDDR4-2666 16GB
SSD240GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ・通常時
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0.2

・キャンペーン時
★★★★☆☆☆☆☆☆4.1

G-GEAR GA7A-B181/Tの特徴まとめ

バランスの良い構成を持つRyzen7 2700搭載モデル

当該モデルは、Ryzen 7 2700を搭載したゲーミングPCだ。グラフィックボードにはGTX 1660を搭載しFULL HD環境で高いパフォーマンスを発揮する。ミドルクラスのゲーミングPCとなっている。

登場時はコスパが高くおすすめだったが、今はそれほどおすすめというわけではない。比較対象に強力なモデルが表れた。それでもゲーム以外の対応力も高くオールラウンドなパソコンとしての一面も持っている。

ストレージはオーソドックスなデュアルストレージとなっている。一方、メモリは大容量の16GB搭載されている。これにより、メモリ消費の激しいゲームであったりアプリケーションにも対応しやすい。ミドルクラスの枠に収まらない性能で最新のゲームも安心してプレイすることが出来るだろう。

値下げ幅が小さくコストパフォーマンスは伸びない

前世代となるRyzen 7 2700を搭載している。しかし、値引きはキャンペーンによる1万円引きでこれまでと変わりない。そのキャンペーン内容もGTX 1660 TiからGTX 1660に下がったことも評価が上がらない要因の一つだ。

このモデルはRyzenの第三世代搭載になってこそ本領を発揮するため、現在のRyzen 7 2700を搭載しているモデルは選択を避けたほうが良いだろう。旧モデルならもう少しキャンペーンを強くして欲しい。

この価格、この性能でメモリ16GBは前世代では考えにくいモデルだ。Ryzen 7 2700の後継機であるRyzen 7 3700搭載で実現すればかなりおすすめしやすいモデルとなるだろう。更新が少し遅れているように感じるものの、期待して待つのも悪くない。

ただ、第三世代のRyzenは性能に対しての価格は安いが、これまでと違い製品自体の価格は高くなっている。同価格帯での展開は厳しいかもしれないことを留意しておきたい。

>>>G-GEAR GA7A-B181/Tを購入する<<<

似ているモデルとの比較

ブランドG-GEARNEXTGEAR-MICRO
画像G-GEAR GA7A-B180Tim620
製品名GA7A-B181/Tam560SA2
ケースミドルミニ
価格124,800円
(114,800円)
124,800円
CPURyzen7 2700Ryzen 7 3700 X
GPUGTX1060 3GB
(GTX1660)
GTX 1660 Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2400 16GB
SSD240GBM.2 512GB
(SATA)
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザボB450B450
公式公式公式
ここがポイント!!

同価格帯の新製品「NEXTGEAR-MICRO am560SA2」が比較対象になる。CPU性能は大幅にアップし、グラフィックボードの性能もアップ。ストレージ容量では劣るものの、総合評価ではam560SA2のほうが上だ。

G-GEAR GA7A-B181/Tの後継機が登場すれば分からない。しかし現在の状態であっても、1万円高くてもam560SA2が性能面で大きなアドバンテージがあり選びやすい。

特に現在のG-tuneはRyzen搭載モデルが非常に安価でコストパフォーマンスも優れている。intel製品は割高になっている分、際立って良く見えるam560SA2は今最も注目したいゲーミングPCの一つでもある。

管理人による総評

G-GEAR GA7A-B181/Tは、割引キャンペーンを開始した旧モデルだ。GTX 1060 3GBからGTX 1660への無償アップグレード+10,000円の値引きが実施されている。頭脳に当たるCPUにはRyzen 7 2700を採用。8コア16スレッドと高いマルチスレッド性能を持っている。ゲームプレイだけにはとどまらない一台だ。

ストレージはSSD 240GB、HDD 1TBと可もなく不可もなくといったところ。ストレージが控え目な分価格が抑えられているのは嬉しい。メモリが標準で16GBというのも嬉しい。数年先には16GBが基準となってくる可能性がある。比較対象モデルとしっかり比較して検討して欲しい。

>>>G-GEAR GA7A-B181/Tを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

TSUKUMO(ツクモ)の評判と特徴解説

G-GEAR GA7A-B181/Tを販売しているBTOメーカーの評判を解説。老舗のBTOメーカーということで昔からのファンも多くいるのが特徴だ。ツクモの経営破綻によって今はヤマダ電機グループになり販路が拡大された。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る