GALLERIA GCL2060RGF5top


当記事では、GALLERIA GCL2060RGF5の評判とレビューをまとめている。税抜12万円台とリーズナブルな価格が特徴のゲーミングノートPCだ。CPUにCore i5-10300Hを採用することで価格を引き下げることに成功している。CPU性能がボトルネックとなってしまう可能性は否定できないが、性能面での特性を理解しておけば問題はないだろう。

GALLERIA GCL2060RGF5のスペック

GALLERIA GCL2060RGF5top

ブランド名GALLERIA
製品名GCL2060RGF5
液晶サイズ15.6インチ 144Hz
価格Windows 10 / 109,980円
CPUCore i5-10300H
グラボGeForce RTX 2060 Mobile
メモリDDR4-2666 16GB
SSD500GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.10kg
バッテリー駆動時間約3.9時間

>>GALLERIA GCL2060RGF5を購入<<

GALLERIA GCL2060RGF5のゲーミング性能レビュー

GeForce RTX 2060 Mobile(グラフィックボード)

ryzen2060seinou

GeForce RTX 2060 Mobileは、現行のノート向けグラフィックボードの中で標準的な性能を持つモデルだ。デスクトップ向けのGTX 1660 SUPERとGTX 1660の中間の性能を持っている。144Hzモニターを活かし、ゲームの推奨環境を満たせる性能である。ゲーミングノートの中では優秀なGPUであるRTX 2060 Mobileは扱いやすさで人気だ。

Core i5-10300Hを搭載することで価格的な優位性が出ている。価格、性能、熱がほどほどで、様々な場面でそれぞれが負担になりにくいのが特徴だ。選びやすい価格・扱いやすい性能でゲーミングノートの中心的なGPUだ。当該モデルについてはCPU性能に不安がある。そのため、高リフレッシュレートでのゲームプレイの際は設定を落としたほうが安定する。

Core i5-10300H(CPU)

i5-10300hseinou

Core i5-10300Hは、i5-9300Hの後継機にあたるCPUだ。性能は従来同様あまり高くない。世代が変わっても飛躍的にパフォーマンスが向上したわけではない。ゲーム用途で考えると最低基準となるモデルだと言える。ゲームプレイではCPU負荷によって最低設定も視野に入れる必要がある。特に、高リフレッシュレートでのゲームプレイでは、できるだけCPU負荷を下げる設定を推奨する。

少し古めのゲームなら推奨環境を満たせても、最新のゲームでは推奨環境に届かない。必要環境は満たせるので標準設定以下でのプレイが必須だ。最高設定を想定しているならCore i5-10300Hは避けるべきだ。性能よりも価格を抑えることに適したCPUである。その特性を理解した上で選択してほしい。ゲーム以外の用途では非常に優秀な性能である。

>>GALLERIA GCL2060RGF5を購入<<

GALLERIA GCL2060RGF5の特徴&強み

2万円の値引きで破格のゲーミングノート

GALLERIA GCL2060RGF5は、2万円の値引きが適用となり税抜109,980円に価格改定された。129,980円でも選択する価値の高いモデルだった。その価格から2万円も引かれたことで一気に評価を高めた。この変化については驚きを隠せない。ゲーミングノートの最安値モデルは税抜89,980円で、多くの安価なモデルは99,980円である。

RTX 2060 Mobile搭載モデルが安価なモデル(GALLERIA GCL1650TGF etc.)と1万円しか変わらない。ただ安いだけではなく、ゲームを快適にプレイするための装備が整っている。驚嘆すべきは144Hzに対応していることだ。高リフレッシュレート対応モデルが普及しているとは言え、この価格での実現はGALLERIA GCL2060RGF5くらいだろう。ゲームを快適にプレイできる性能・最安値クラスと近い価格・充実した装備と言うことなしだ。

コストパフォーマンスはトップクラスだと断言できる。ゲーミングノートはデスクトップよりも性能が低く価格が高いという常識を打ち壊すモデルだ。もしも自分がゲーミングノートを購入するとすれば、間違いなくGALLERIA GCL2060RGF5だ。

Core i5-10300Hの性能は高いわけではない。ゲーミングノートの弱点はCPUにある。129,980円だった時は妥協しての選択だった。それでも、2万円も価格が下がった今なら、その弱点を持ってしても選ぶ価値のあるモデルだ。価格という最大の強みを持ったGALLERIA GCL2060RGF5を避ける理由は見当たらない。予算を抑えたいユーザーにとって心強いモデルである。

やや本体が重いものの価格を考えるとかなり完成度が高い

当該モデルはどれかがずば抜けているというよりは全体的に平均以上で総合力の高いゲーミングノートだ。例えば、144Hzに対応した15.6インチディスプレイを搭載している。狭額ベゼル採用でコンパクトで持ち運びしやすい。ゲーミングノートとは思えないスタイリッシュな見た目とは裏腹に、非常に優秀な性能を有している。その上、価格まで安いとくれば完璧なモデルではないだろうか。

一方でやや重いというのがデメリットだ。スタイリッシュでも重さは2.3kgあるので軽量なモデルとは言えない。見た目にそぐわないという意味では性能も重さも期待を裏切るかもしれない。スタイリッシュな見た目・優秀な性能・圧倒的なコストパフォーマンス・驚きの低価格とそれぞれを単独で見ると強力な要素を持ち合わせている。

全てがトップクラスというわけではなくても、この価格帯・性能帯でトップモデルであることは間違いない。ゲーミングノートの第一候補に入ってもおかしくないモデルだ。ドスパラのゲーミングノートランキング圏外なのも意外だ。1位にCore i7-10750HとRTX 2060 Mobile搭載モデルが入っているので、下位モデルを入れないという忖度のようなものがあるのかもしれない。

GALLERIA GCL2060RGF5は、売れ筋ランキング1位とまではいかなくても3位までには確実に入れるモデルだ。99,980円のモデルを選択するくらいなら、1万円多く出してでもGALLERIA GCL2060RGF5を選択してほしい。1万円では到底手に入らない環境を手にすることができる。圧倒的に優れたゲーム環境を構築できる完成度の高さは、本来この価格帯では得られないものだ。

以前からドスパラのゲーミングノートは割と大幅な値下げを行うことが多い印象がある。値下げ前でも適正価格と言えるだけに、値引きで一気に化ける。値下げされたモデルは例外なく人気モデルになっている。値下げの基準は分からない。人気モデルの価格を優先して下げているだけではないように思う。今力を入れている製品の表れなのだろうか。

持ち運びしにくいバッテリー持ちの悪さ

バッテリー駆動時間は最長3.9時間とかなり短い。ゲーミングノートは消費電力の高さから、バッテリー駆動時間が一般向けのノートパソコンの半分以下になることも珍しくない。ゲームを起動しなければ10時間持つモデルでもゲームをメインに起動すれば5時間以下になる。その場合でもバッテリー駆動時間は最長10時間と表記される。

では、GALLERIA GCL2060RGF5はゲームをプレイするともっと短くなるということなのだろうか。もしも、ゲームをプレイしていなければ7時間持つというのであれば、最長7時間という記載になっていたはずだ。そう考えると、バッテリーの持ちは悪いのだと予想するに容易い。

ゲームをプレイしていて3.9時間にしても、プレイせずに3.9時間にしても、外出先での使用は不便だ。コンセントの確保ができる場所でなければ使用することは難しい。重くてバッテリー持ちが悪いというのは大きなデメリットだ。常時電源のある場所で使用するというならバッテリー持ちのデメリットは軽減される。しかし、ノートパソコンのメリットはどこでも使用できるというところにある。

また、ゲーミングノートは電源を接続していない場合省エネモードに切り替わる。パフォーマンスを大きく落としてバッテリー駆動を優先する仕組みだ。これは設定で変更可能である。常時フルパフォーマンスにすると1時間も持たなくなることもある。ゲームプレイ時は電源を確保した状態で行わなければ性能を活かすことは不可能だ。バッテリーの評価が低いのはGALLERIA GCL2060RGF5だからではない。ゲーミングノートのバッテリーは総じて低い。

今でこそゲーミングノートでも10時間駆動のモデルもある。しかし、それも電源を確保しなければパフォーマンスを落とす省エネ設定での時間だ。外出先で簡単な作業を行う程度であれば問題はなくても、ゲームとなれば話は別だ。ゲームを快適にプレイできる場所は電源を確保できる場所に限定される。いつでもどこでも快適にゲームができると考えない方がよい。

高性能であれば消費電力も高くなる。モバイルバッテリーで充電できる上限を超えてしまうことも珍しくない。ゲーミングノートになればなおさらだ。仕事や作業のために持ち運び、趣味やゲームは自宅で行うユーザーに適している。どこへでも持ち運んで楽しむのではなく、作業用と趣味用のパソコンを一つで収めるためのゲーミングノートだ。

帰省やホテルへの宿泊時のように電源の確保が容易な場所では活用できる。普段は自宅でも、出先でいつもの環境を構築できるのはメリットと言える。省スペースなゲーミングPCとしての運用をメインに、持ち運びにも対応できるなら悪くはない。ただし、持ち運びと言っても2.3kgは持ってみると重い。徒歩での移動時間が長いならあまり適していない。

このバッテリーという弱点はゲーミングノート特有のもので、GALLERIA GCL2060RGF5の弱点とは言いにくい。留意してもらいたいという意味での注意点だ。バッテリーが気になるのであれば、ゲーミングノートは避けるべきだ。

>>GALLERIA GCL2060RGF5を購入<<

GALLERIA GCL2060RGF5の本体レビュー

本体正面

GALLERIA GCL2060RGF5-syoumen薄型の狭額ベゼルを採用したことでスタイリッシュな印象を与えてくれる。この狭額縁デザインのおかげで15.6インチモニターの中でも一回りコンパクトになっている。黒色の基調としていてかっこいい。カフェなどで使用しても違和感はないだろう。

本体天板

GALLERIA GCL2060RGF5-haimen天板はシンプルだ。ガレリアのロゴもなくオシャレに見える。あえてロゴを入れないのも戦略の一つなのだろうか。

キーボード

GALLERIA GCL2060RGF5-keyboardキーボードは一般的なメンブレンキーボードを採用している。日本語入力対応で使い勝手は良い。ゲーミングキーボードとして考えると特別優秀なわけではない。RGB LEDのコントロールで自由なカラーを選択することが可能だ。

本体右側面

GALLERIA GCL2060RGF5-right本体右側面にはSDカードリーダー、USB3.2 gen1 Type-A x2を配置している。

本体左側面

GALLERIA GCL2060RGF5-left左側面にはLANポート、USB2.0 x1、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1が配置されている。

本体背面

GALLERIA GCL2060RGF5back本体背面にはUSB3.2 gen1 Type-C x1、HDMI×1、miniDP×2が配置されている。ディスプレイ用端子が豊富なのは新しいモデルらしくて評価に値する。複数モニターでのPC作業やゲームプレイを考えている方には嬉しいだろう。

I/Oパネル

スタイリッシュなケースながら、充実した装備を搭載している。MiniDisplayportは2つ、HDMIが1つあるので、最大3枚の外部モニターを接続できる。USB3.2 Gen1 Type-Cは充電に対応していないので注意したい。最新のCPUの恩恵か、充実したインターフェイスは利便性が高い。

詳細

  • USB
  • USB3.2 Gen1 (Type-C 背面×1)
    USB3.2 Gen1 (Type-A 右側面×2)
    USB2.0 左側面×1

  • LANポート背面×1
  • ディスプレイ
  • HDMI 背面×1
    Mini DisplayPort背面×2

  • サウンド
  • ヘッドホン出力 左側面×1
    マイク入力 左側面×1

  • カードリーダー
  • カードリーダー 右側面×1

>>GALLERIA GCL2060RGF5を購入<<

似ているゲーミングノートPCと比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
画像GALLERIA GCL2060RGF5topGCL2060RGF-T
製品名GCL2060RGF5GCL2060RGF-T
納期翌日出荷翌日出荷
価格109,980円139,980円
モニター15.6インチ15.6インチ
リフレッシュレート144Hz144Hz
CPUi5-10300Hi7-10750H
GPURTX2060RTX2060
メモリ16GB16GB
SSD500GB NVMe対応512GB NVMe対応
HDD非搭載非搭載
重さ約2.10kg約1.85kg
バッテリー駆動時間約3.9時間約3.8時間
備考Wi-Fi 6
RGB対応キーボード
Wi-Fi 6
RGB対応キーボード
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

GALLERIA GCL2060RGF-Tと比較していく。両モデルとも2万円の値引きが適用となっている。両者の大きな違いはCPUだ。GALLERIA GCL2060RGF-Tでは上位のCore i7-10750H($395)を搭載している。価格差は30,000円と大きい。Core i5-10300Hの価格が$250であることを考えるとGALLERIA GCL2060RGF-Tは割高でコストパフォーマンスは低い。単体価格だけなら価格差は大きくても20,000円だ。

それでもCPU性能が上がると排熱に気を使う必要があるなどCPU以外でのコストが掛かってしまう。本体の重量も約1.85kgと10%も軽量化されている。そう考えると妥当な価格設定なのかもしれない。ゲームプレイを考えるとGALLERIA GCL2060RGF-Tの方が将来性も高くおすすめだ。やはりCore i5-10300H搭載ということはデメリットだと言える。

管理人による総評(GALLERIA GCL2060RGF5)

GALLERIA GCL2060RGF5top

RTX 2060 Mobile×i5-10300H搭載のゲーミングノートPCだ。ゲーミングノート向けCPUとして定番のCore i7-10750Hではなくワンランク落としたCore i5-10300Hを搭載している。そのおかげもあって価格を下げることに成功している。税抜10万円台というのは素晴らしい。

ゲーミングノートにおいてはドスパラが他のメーカーを圧倒している。同じ予算で考えるならCore i7-10750H×GTX 1650 TiよりもCore i5-10300H×RTX 2060 Mobileの方がゲーム適正は高い。何を取るかで評価は大きく変わることになる興味深いゲーミングノートPCだと言える。

価格CPUグラボ
109,980円Core i5-10300HRTX2060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB NVMe非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。