GALLERIA GCL2070RGFtop


当記事では、GALLERIA GCL2070RGFの評判とレビューをまとめている。RTX 2070 Mobile×i7-10750H搭載のゲーミングノートPCだ。SteelSeries製ゲーミングキーボード採用で他のモデルとは一線を画する。税抜219,980円という価格は手を出しにくいが所有欲を満たしてくれることは間違いない。

GALLERIA GCL2070RGFのスペック

GALLERIA GCL2070RGF

ブランド名GALLERIA
製品名GCL2070RGF
液晶サイズ15.6インチ 144Hz
価格Windows 10 / 219,980円
CPUCore i7-10750H
グラボGeForce RTX 2070 Mobile
メモリDDR4-2666 16GB
SSD1TB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.30kg
バッテリー駆動時間約5.5時間

>>>GALLERIA GCL2070RGFを購入する<<<

GALLERIA GCL2070RGFのゲーミング性能レビュー

GeForce RTX 2070 Mobile(グラフィックボード)

rtx2070mobileseinou

RTX 2070 Mobileは、ノートタイプ2番目に性能の高いGPUとなっている。デスクトップで言えばGTX 1660 TiとRTX 2060の中間に位置する性能を持つ。ノートタイプで見ればハイエンドクラス、デスクトップPCで見るとミドルクラスである。デスクトップの性能と混合して性能を勘違いしないように注意だ。

GTX 1660 Tiと同等以上の性能があれば、フルHD環境で性能に困ることはない。また、ミドルクラスと言えども排熱や価格などの観点からノートタイプでこれ以上の性能は求めにくい。一つ上にRTX 2080があるだけで、性能と価格の釣り合いは取りづらい。ゲーミングノートを選ぶならRTX 2070 Mobileがベストだ。この性能に納得できなければ、デスクトップPCの導入を検討してほしい。

Core i7-10750H(CPU)

i7-10750hseinou

Core i7-10750Hは、ゲーミング向けCPUとしては定番のCPUだ。第9世代Core i7-9750Hの後継機となっている。前世代と比べて性能は10%も伸びておらず、ほぼ同等という評価だ。RTX 2070 Mobileの性能を支える上で、僅かな伸びでも効果的だである。

ゲーム以外の作業にも対応しやすい。RTX 2070 Mobile搭載モデルにとってはベストに近い性能と言える。同じ第10世代でも、デスクトップ向けとモバイル向けでは性能差が大きく異なる。それはGPUでも同じだ。性能は必要十分程度なので過信してはいけない。

デスクトップ向けのCPUを搭載したゲーミングノートも存在する。しかし、発熱量が大きく、排熱対策のために重量も重くなる。メリットよりもデメリットの方が大きくなるので推奨はしない。そういった特殊なモデルを除けばCore i7-10750Hはトップクラスの性能を持つCPUだ。少なくともRTX 2070 Mobileとバランスの取れる性能なので安心して欲しい。

>>>GALLERIA GCL2070RGFを購入する<<<

GALLERIA GCL2070RGFの特徴&強み

高いゲーム性能と対応力を持つゲーミングノート

GALLERIA GCL2070RGFは、最新のIntel第10世代mobile向けCPUを搭載するゲーミングノートだ。従来のi7-9750Hと比べて性能差は大きくないが、ネックになりやすいノートタイプのCPU性能は少し改善する。RTX 2070 Mobileの性能を引き出す意味でも、第10世代CPU搭載はメリットだ。

前世代のCore i7-9750HではRTX 2060 Mobileを超えるGPUに対してバランスが取れなかった。それがCore i7-10750Hになったことで、RTX 2070 Mobileにマッチする性能となった。性能は微増でも、ゲームへの対応力は大幅に向上したと言える。

GALLERIA GCL2070RGFはゲーミングノートに対するマイナスイメージを払拭するパフォーマンスを持っている。高リフレッシュレートに対応しているモデルが増えている中、その高リフレッシュレートを活かせないモデルも少なくない。それはつまりCPU性能が見合っていないということだ。

搭載された機能をしっかり使い切れるのは当然に見えてそうでもない。ギリギリ144hzに対応できるのではなく、余裕を持って対応できるのは魅力だ。特にCPU性能は少しでも高くなければならない。GALLERIA GCL2070RGFはゲーミングノートとして非常に完成度が高い。ゲーミングノートを選択する際、最も気になる部分は性能だ。

デスクトップと比べると、どうしても性能ワンランク下がってしまう。その下がり幅を抑制しているのは第10世代を搭載したこと、そしてGPUのMAX-Qモデルから通常モデルに変更したことが要因だ。ゲームを快適にプレイできるゲーミングノートとして、非常に優秀な選択肢となる。高性能・高対応力が魅力のALLERIA GCL2070RGFは、2020年最も注目したいゲーミングノートである。

充実した装備と機能が秀逸の一台

GALLERIA GCL2070RGFは充実装備と機能が魅力のゲーミングノートPCとなっている。ゲーミングノートはモニターとキーボードが一体化している。簡単に交換することができないこれらのデバイスは重要なポイントだ。GALLERIA GCL2070RGFのモニターは144hzに対応、キーボードはRGBに対応したSteelSeries製が搭載されている。144Hzモニターについてはすでに見たきたとおりCPU性能の底上げが行われ対応力が向上している。

また、ゲームプレイにおいてはキーボードがコントローラーとなることが多く、SteelSeries製のキーボードを搭載しているのは心強い。ただ、構造上メカニカル方式のような本格的なゲーミングキーボードに寄せることはできない。あくまでもノートタイプのゲーミングキーボードだ。

打鍵感やレスポンスが少し向上している程度に見ておきたい。実際に使用した感じでは、操作性に不満はなかった。多少好みの差が出るかもしれないので評価は難しい。ただ、標準的なノートパソコンに比べると断然タッチも優れている。ゲーミングノートという名は伊達ではない。

機能面ではWi-Fi 6に対応しているのが強みだ。最新の無線規格で高速無線接続が可能となる。ゲームでの遅延も感じにくいのが特徴だ。LANポートはあっても、ノートタイプはやはり無線での使用が多くなる。高速であることにデメリットはない。一方で、ゲームでの遅延は感じにくいだけで、体感できてしまうゲームタイトルもある。特に海外にサーバーを置くゲームではpingが高くなる傾向にある。

また、有線と比べて安定性はまだ少し低い。最新の規格になったことで改善はされているが、有線と同等というのは厳しい。ただ、有線とはっきり比べられるくらいにはなっているので、次世代のゲーミングノートの機能としては十分だ。ゲームタイトルによっては有線とほぼ同じものもある。いずれは有線接続にメリットがなくなるかもしれない。

デメリットは価格と重量、価格は値下げに期待

これまでのGALLERIAノートは登場しばらくして価格が大きく下がっていた。GALLERIA GCL2070RGFも例外ではなく価格が下る可能性が高い。最新のCPUを搭載しているので、下がるまで時間は掛かってしまうかもしれない。

GALLERIA GCL2070RGFは、充実した構成と優秀な性能を持ち価格に見合ったモデルだが、待つのも選択肢の一つだということだ。期待値としては1万円~2万円だろう。GALLERIA ノートの人気モデルGALLERIA GCR2070RGF-QCの存在がある以上、それ以上の値引きは期待しにくい。このまま選んでも損をするようなモデルではないので選んでしまっても問題はない。少しでもお得に高性能なモデルを選択したいなら、少し様子を見るべきだ。

もう一つのデメリットが重さだ。15.6インチの狭額ベゼル採用のスタイリッシュなゲーミングノートとしては重量2.3kgとやや重いのが難点だ。このくらいの重さになると、持ち運びを想定するのに適していない。特に女性の方にとってはかなり厳しくなる。あまり持ち運ぶことを考えていなかったり、車での持ち運びを想定していたりするなら気にならない。

そうでなければ別の製品を検討した方がよいだろう。自宅に据え置き使用するの適して部分もあるが、それだとノートの利点はほとんどない。価格は改定される可能性が高い。しかし、重さに関してはどうすることもできない。GALLERIA GCL2070RGFのデメリットはこの重さである。

重さ2.3kgくらいなら問題ないと考えてしまうかもしれない。実際に使用してみると億劫になる重さだ。短距離の移動は我慢できても、距離が長くなればなるほど煩わしくなる。持ち運ぶためのカバンも限定されてくる。自宅メインでの使用、いざという時に持ち運べる程度に考えたい。

持ち運びに適さないのは重さだけではない。バッテリーは5.5時間の使用可能とある。これはバッテリーセーブ機能を用いた際の連続稼働時間だ。バッテリーセーブ機能を使用すると、性能が大幅に抑えられるのでゲームプレイは難しくなる。ゲームをプレイする際はコンセントのある場所以外では難しい。これらのデメリットだけは必ず頭に入れておいてほしい。

>>>GALLERIA GCL2070RGFを購入する<<<

GALLERIA GCL2070RGFの本体レビュー

本体正面

GALLERIA GCL2070RGF-syoumen狭額縁デザインで視認性の高いモニターを採用している。ゲームに没頭するには最適だ。SteelSeries製のゲーミングキーボードを採用し使い勝手も上々だ。キーボードLEDのカラーはソフトウェアから自由にコントロールすることができる。

本体天板

GALLERIA GCL2070RGF-logo天板の中心にGALLERIAのロゴが映える。やはり本体の厚さが目立つ。重厚感があるのはメリットだが、持ち運びを考えるならデメリットとなってしまう。持ち運びをメインに考えている方は要注意だ。

本体右側面

GALLERIA GCL2070RGF-right本体右側面にはUSB3.2 Gen1 Type-A ×2、SDカードリーダーが配置されている。

本体左側面

GALLERIA GCL2070RGF-left左側面にはLANポート、HDMI2.0 x1、USB3.2 Gen2 Type-C x1、USB3.2 Gen2 Type-A×1、miniDP1.2 x1、マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1が配置されている。ディスプレイ用ポートも多く複数モニターを構築も容易だ。USB 3.2 Gen2の数が多いのも嬉しい。

本体背面

GALLERIA GCL2070RGF-haimen本体背面には排気口が二つ設けられている。背面には最近のモデルに多い各種I/Oパネルはない。全て左右の側面にまとめられている。

本体裏面

GALLERIA GCL2070RGF-uramen本体裏面には吸気口がある。かなり大きな吸気口で試行錯誤の結果が見られる。やはりRTX 2070 Mobileクラスになると排熱対策は簡単ではない。

I/Oパネル

USBポートは全てUSB3.2に対応している。機能面では必要十分な構成だ。特に不足していて困るものはない。USB 3.2 Gen2 Type-Cはデータのみの使用となる。その点は気をつけてほしい。ゲーミングノートクラスになるとPower Deliveryなどの機能は採用しにくい。

詳細

  • USB
  • USB3.2 Gen1 (Type-A 右側面×2)
    USB3.2 Gen2 (Type-A 左側面×1)
    USB3.2 Gen2 (Type-C 左側面×1)

  • LANポート左側面×1
  • ディスプレイ
  • HDMI 左側面×1
    Mini DisplayPort左側面×2

  • サウンド
  • ヘッドホン出力 左側面×1
    マイク入力 左側面×1

  • カードリーダー
  • カードリーダー 右側面×1

>>>GALLERIA GCL2070RGFを購入する<<<

似ているゲーミングノートPCと比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
画像GALLERIA GCR2070RNF-EGCR1660TGF-QC-G
製品名GCL2070RGFGCR2070RGF-QC
価格219,980円186,280円
モニター15.6インチ15.6インチ
リフレッシュレート144Hz144Hz
CPUi7-10750Hi7-9750H
GPURTX 2070RTX 2070 MAX-Q
メモリ16GB16GB
SSD1TB NVMe対応1TB NVMe対応
HDD非搭載非搭載
重さ約2.30kg約1.87kg
バッテリー駆動時間約5.5時間約10.0時間
補足SteelSeries製キーボード
Wi-Fi 6
狭額縁モニター
Intelとの共同設計モデル
Wi-Fi 6
狭額縁モニター
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

同じドスパラのGALLERIA GCR2070RGF-QCと比較していく。このモデルの特徴はとにかく本体が軽く持ち運びがしやすいというところだ。Intelとの共同設計モデルでユーザーの要望に応えてくれる。GALLERIA GCL2070RGFの弱みをカバーしたモデルということになる。

グラフィックボードはRTX 2070 Mobileよりも少し性能が劣るRTX 2070 MAX-Qを採用している。RTX 2070 MAX-Qは、コンパクトな本体で省電力性も高い。重さ約1.87kgと20%も軽量化されている。バッテリー駆動時間も約10.0時間と倍近い。持ち運びを考えるなら最適なモデルだろう。

デメリットとしては前世代のCore i7-9750Hを搭載していることだ。パフォーマンス面ではやはりCore i7-10750Hに劣ってしまう。体感できるかどうかは難しいが、ポテンシャルの高さという点で優位性がある。また、グラフィックス性能もやや劣る。これらの点について納得できるなら価格も安く選択するメリットが大きい。

管理人による総評(GALLERIA GCL2070RGF)

GALLERIA GCL2070RGF

GALLERIA GCL2070RGFは、RTX 2070 Moble×i7-10750Hを搭載した最新のゲーミングノートPCだ。税抜219,980円とやや価格は高めになっている。144Hzの高リフレッシュレート対応モニターを搭載していたり、SteelSeries製のゲーミングキーボードを搭載していたりとコストが掛かっていることがわかる。メモリ16GB、SSD 1TBと充実の構成が嬉しい。一方で、重量が2.3kgと重くバッテリー駆動時間が約5.5時間と短いというデメリットがある。これらのデメリットについてはしっかり理解した上で選択して欲しい。

価格CPUグラボ
219,980円Core i7-10750HRTX2070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB NVMe非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る