GCR2070RGF-QC-G


当記事では、GALLERIA GCR2070RGF-QCの評判とレビューをまとめている。2019年10月4日発売の最新ハイスペックゲーミングノートだ。すでに発売から2年近くの月日が流れているが、かなり魅力的なモデルで今でも十分通用する一台だと言える。

発売当時もインテルとの共同設計で生まれたということで注目を集めていた。重くてゴツゴツした一般的なイメージのゲーミングノートとは違い、当該モデルはスタイリッシュなモデルだ。これなら持ち運びも苦にならないだろう。後継モデルが出れば売れ筋ランキング上位にランクインすること間違いなしだ。

GALLERIA GCR2070RGF-QCのスペック

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G

ブランド名GALLERIA
製品名GCR2070RGF-QC
価格Windows 10 / 164,980円(税込)
CPUCore i7-9750H
グラボGeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリDDR4-2666 16GB
SSD1TB NVMe対応
HDD非搭載
液晶サイズ15.6インチ 144Hz
重さ約1.87kg
その他SDカードリーダー(SDXC対応)
USB 3.1 Type A Gen1 x2
Type A Gen2 x1
Type C Gen2 x1
マイク入力 x1
ヘッドフォン出力 x1
HDMI出力
LANポート

>>>GALLERIA GCR2070RGF-QCを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14Apex LegendsFortnite
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA GCR2070RGF-QCのゲーミング性能レビュー

GeForce RTX 2070 MAX-Q(GPU)

rtx2070maxqseinou (2)

RTX 2070 MAX-Qはmobile向けのグラフィックでは非常に優秀な性能を持っている。RTX 2070と比べると性能は抑えられているが性能と実用性のバランスがうまく取れている。GALLERIA GCR2070RGF-QCは、ゲーミングノートに必要となる性能と環境を備えている高品質なゲーミングノートであることは揺るぎない。

弱点だったコストパフォーマンスも大きく改善し、障壁となる問題は全て取り払われたと言えるだろう。高リフレッシュレートに対応した高性能、高機能なモデルはヘビーゲーマーにおすすめだ。後継モデルであるRTX 3070と比べても価格的な優位性が高く選びやすい。現行モデルで言うとRTX 3060 Mobileに近い性能だ。

Core i7-9750H(CPU)

i7-9750hseinou

ゲーミングノートに搭載されるCPUのほぼ最上位モデルで、6コア12スレッドというスペックを持っている。搭載されているグラフィックボードのRTX 2070 MAX-Qとの相性はまずまずだ。後継モデルであるCore i7-10750Hと比べてもそれほど性能差が大きいわけではなく十分通用するモデルだと言える。動画編集やゲーム実況などにも対応できるポテンシャルを持つのは強みだ。ハイパフォーマンスモデルらしく期待できる。

総合性能

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G-seinou

GALLERIA GCR2070RGF-QCは少し古めのゲーミングノートだが、ゲーム性能は現在も通用する。FF14やApex Legendsなどの人気タイトルを144Hzで快適にプレイできる。ただし、より安定させるためには設定を下げる必要がある。設定さえ下げれば最新のタイトルにも対応可能だ。

ノートで本格的なゲームプレイを想定するならGALLERIA GCR2070RGF-QCは強力な選択肢となるはずだ。注意してほしいのは外部接続でモニターを追加した場合、4K環境は構築できても4Kでゲームプレイは性能的に難しい。GALLERIA GCR2070RGF-QCの性能はフルHDに適したものだ。高解像度への対応力は意外と低い。

>>>GALLERIA GCR2070RGF-QCを購入<<<

GALLERIA GCR2070RGF-QCの特徴&強み

過去最安値を更新したお買い得なモデル

GALLERIA GCR2070RGF-QCはこれまでの最安値価格である175,979円を下回る164,980円での展開となった。登場時は税込27万円台だったことを考えれば、10万円以上の値引きが適用されたことになる。値引率だけを見れば最もお買い得なゲーミングノートである。価格が上がるデスクトップに対して、ノートタイプは価格が下がり始めている。GALLERIA GCR2070RGF-QCのように大幅な値引きが適用されるモデルは注目度が高い。

ゲーミングノートは多くのゲーマーにとって憧れである。どこにだって持っていける高性能なパソコンはゲーム以外でも利便性が高い。本格的なゲームに対応したモデルがこの価格で選択できるならお得である。同等の性能と機能を備えたデスクトップPCよりも安い計算になる。特に144Hzに対応したモニターは購入すれば3万円近い価格である。

デスクトップのミドルクラスを選択するよりも安価に快適なゲームプレイが可能だ。それこそれがGALLERIA GCR2070RGF-QCの魅力であり、持ち味だと言える。一方で、ノートタイプなので当然弱点も健在だ。長時間の使用は排熱と冷却が追いつかず、パフォーマンスが低下する可能性がある。使用する机によってはコーティングが剥がれるかもしれない。

膝上で使用すると低温火傷の危険性もある。長時間の使用を前提とするには向いていない。ここまで価格が抑えられたことで、ライトゲーマーにも選びやすいモデルとなった。今となってはライトゲーマー向けのモデルと言う方が正しく思える。初心者にも優しいゲーミングノートPCだ。

旧型ながら実用性は高い

CPUは3世代前、CPUは1世代前の旧モデルながら、実用性の高さから未だ高い人気を誇っている。Intelとの共同開発で品質にも優れたモデルだ。初心者にも選びやすいゲーミングノートだ。GALLERIA GCR2070RGF-QCの登場時のインパクトは非常に大きかった。長時間の連続使用と負荷の高いゲームタイトルに対応できる性能を持っていたからだ。今でこそ10時間近い連続稼働は標準化しつつあるが、当時のゲーミングノートは連続使用時間は3時間程度が標準的だった。

ビジネスモデルよりも性能が高く、消費電力も高いので仕方のない部分と諦められていた。GALLERIA GCR2070RGF-QCの登場は、その常識を覆すものだった。今でこそ当たり前となったものを、いち早く取り入れていたモデルだ。現行モデルに対して機能面では見劣りしない。性能で敵わない分だけ価格を落とし、ミドルクラスと同等にまでした。

旧型ということが長所であり短所である。旧製品は価格を下げやすい反面、性能では現行モデルに追いつけない。それでも、RTX 2070 MAX-QはRTX 3060 Mobileと同等の性能を持っている。CPUがCore i7-9750Hであること以外、性能でのデメリットはないと考えたい。もっとも、RTX 3060 mobile搭載モデルがより安価で展開されていることが何よりも厳しい現実である。

GALLERIA GCR2070RGF-QCの注意点

GALLERIA GCR2070RGF-QCはインテルと共同開発したゲーミングノートだ。完成品という扱いになるためカスタマイズで構成を変更することができない。それはつまり、この先も構成の変化がないということだ。後継機の登場も期待しにくい。非常に優秀なモデルなだけに残念だ。カスタマイズができないことで、自分の理想を組み上げにくい。選択できるカスタマイズがないので個性も出しにくい。

カスタマイズ不可の完成品は、即ち既製品である。そこにデメリットを感じるならあまりおすすめできない。GALLERIA GCR2070RGF-QCは性能では型落ちだが、機能面では現役だ。Thunderbolt 3対応、144Hz対応モニター、10時間以上対応のバッテリー、NVMe 1TBのSSDを搭載。現行のモデルでも備えていない装備を持っている。ゲーミングPCとしては上等過ぎる構成だ。ゲーム以外の用途も考慮するなら非常におすすめ度の高いモデルである。

クリエイティブな用途にも対応できる性能と機能はクリエイターにも扱いやすい。構成に関するカスタマイズはできなくても、せめて周辺機器を選択できれば評価は違っていたかもしれない。外部接続のストレージやデバイスをカスタマイズで追加できればと思う。もっとも、ドスパラはパーツショップでもある。別途ドスパラで一緒に購入すれば済むことだ。

カスタマイズできないことは確かにデメリットである。しかし、完成品であるからこそコストカットできる。構成の変更があればそこに変更を加えなければならない。この手間がなく、ストレートに販売できるので人件費や工賃的なものをカットできる。現在の164,980円という価格は、完成品だからこそできたことだ。カスタマイズができないことはデメリットではなく、メリットとも言える。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
製品名GCR2070RGF-QCXL7C-R36
画像GCR2070RGF-QCGALLERIA XL7C-R36
重さ約1.87kg約2.00kg
価格164,980円(税込)159,980円(税込)
モニター15.6インチ15.6インチ
リフレッシュレート144Hz144Hz
CPUCore i7-9750HCore i7-10875H
GPURTX 2070 MAX-QRTX 3060
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2933 16GB
SSD1TB NVMe対応512GB NVMe対応
HDD非搭載非搭載
バッテリーリチウムイオンリチウムイオン
バッテリー駆動時間約10.0時間約5.8時間
特徴Intelとの共同設計高コスパモデル
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
同じドスパラのGALLERIA XL7C-R36はかなり魅力的なゲーミングノートPCだ。価格差は5,000円で最新のGALLERIA XL7C-R36の方が安価だ。本体重量はわずかにGALLERIA GCR2070RGF-QCの方が軽い。すでに見てきたとおりグラフィックス性能は同等だ。一方で、CPU性能には大きな差がある。6コア12スレッドのCore i7-9750Hに対して、8コア16スレッドのCore i7-10875Hを搭載していて勝ち目はない。性能差は40%とかなり開いている形だ。SSD容量こそ差があるものの総合的に見ればGALLERIA XL7C-R36がおすすめだ。

>>>GALLERIA GCR2070RGF-QCを購入<<<

GALLERIA GCR2070RGF-QCの本体レビュー

本体正面

4.5mmの極薄ベゼルが広い画面占有率94.5%を実現し、通常の15.6インチよりも鮮やかに描画されるようになった。同時にデザイン性も高くなり、ビジネス用途でも違和感なく使用することができる。ごついというのはもはや過去のものになった。

本体全般

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Gside

指一本で開閉できる軽さと、傷みやすいヒンジ部分の強化を両立。長く使用することで徐々に開閉の重さが変わっていくのを抑制することができる。

キーボード

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G-keyboard

RGB LEDライトにより発光色を選ぶことが可能だ。もちろんLEDライトを切ることもできるので場所を選ばず使用することができる。メカニカル式と同等の打鍵感と光学式センサーによる超高耐久を両立させたキーボードは、ゲーミングノートの中でもトップクラスの使用感だ。

インターフェイス

GALLERIA GCR2070RGF-QC-Ginterface

  1. USB Type-C 3.1 Gen 2 /Thunderbolt 3 ×1
  2. HDMI出力
  3. LANポート
  4. 電源アダプタ接続口
  5. マルチカードリーダー(SD / SDHC / SDXC)
  6. USB3.1 (Type-A Gen1)×2
  7. ケンジントンロック
  8. USB3.1 (Type-A Gen2) ×1
  9. マイク / イヤホンジャック

旧世代のモデルでもインターフェイスは最新志向だ。Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cが搭載されているので利便性は高い。ゲーミングノートの多くはUSB 2.0を1つは備えているが、GALLERIA GCR2070RGF-QCには採用されていない。この2つの点から、最新のゲーミングノートよりも優れたインターフェイスを有していると言える。非常に扱いやすく、必要なものが揃えられたインターフェイスである。

>>>GALLERIA GCR2070RGF-QCを購入<<<

管理人による総評(GALLERIA GCR2070RGF-QC)

GCR1660TGF-QC-G-2

GALLERIA GCR2070RGF-QCはIntelとドスパラによる共同開発で新しいゲーミングノートの形を生み出したモデルだ。ゲーミングノートとしては非常に薄型でバッテリー持ちも良いので扱いやすい。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応とドスパラらしい圧巻の構成も嬉しいポイントだ。一時価格が高騰していたが今は価格が落ち着き選びやすくなっている。旧モデルでもこれだけ価格が下がれば選びやすいはずだ。

値引き前の価格249,980円だと一般的な同クラスのモデルよりも4~6万円高く、それなら同性能のゲーミングノートと少し性能の高いビジネスモデルの2つを購入する方が経済的だった。GALLERIA GCR2070RGF-QCを選択するくらいであれば用途を分けた2つのノートパソコンで対応したほうが利便性に長けるという評価だったのだ。

今回の価格改定は転機となった。元々スタイリッシュなデザインであることで、ビジネスとゲームの両方の用途でこのGALLERIA GCR2070RGF-QC 1台で対応できるようになった。長時間使用できるバッテリー、ハイクラスのゲーミング性能、コンパクトでスタイリッシュな本体とこれらの3つの要素が一つにまとまったモデルはGALLERIA GCR2070RGF-QC以外になく、複数の用途に対応できる最強のゲーミングPCである。

価格CPUグラボ
164,980円(税込)Core i7-9750HRTX2070 MAX-Q
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB NVMe非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!