GALLERIA RL5R-G50Ttop


当記事では、GALLERIA RL5R-G50Tの評判とレビューをまとめている。GTX 1650 Ti×Ryzen 5 4600H搭載のゲーミングノートPCだ。Ryzen 5 4600は、6コア12スレッドとマルチコア性能が高く幅広い用途で通用するCPUで評価が高い。今でも国内で購入できるモデルの中で最も安く、ゲーミングノートPCに革命を起こしたモデルと言っても過言ではない。

GALLERIA RL5R-G50Tのスペック

GALLERIA GR1650TGF-T

ブランド名GALLERIA
製品名RL5R-G50T
液晶サイズ15.6インチ 120Hz
価格Windows 10 / 109,980円(税込)
CPURyzen 5 4600H
グラボGeForce GTX 1650 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約1.90kg
バッテリー駆動時間約7.5時間

>>GALLERIA RL5R-G50Tを購入<<

GALLERIA RL5R-G50Tのゲーミング性能レビュー

GeForce GTX 1650 Ti(GPU)

gtx1650timobileseinou

GeForce GTX 1650 Ti Mobileは、エントリークラスのGTX 1650 Mobileよりも少しだけ高いパフォーマンスを持つグラフィックボードだ。Pascal世代のミドルクラスであるGTX 1060 Mobileに近いパフォーマンスを発揮する。

ゲーミングPC全体で見るとそれほど性能が高いわけではないので、設定調整は必須だと考えておこう。高リフレッシュレートの実現はやや厳しい。あくまでも最低限必要なゲーミング性能を持つに留まる。もっともその最低限というのに惹かれるゲーマーの方も多いはずだ。

Ryzen 5 4600H(CPU)

ryzen54600hseinou

Ryzen 5 4600Hは、第3世代のZen 2アーキテクチャを採用したCPUとなっている。6コア12スレッドとマルチコア性能が高いのが特徴だ。驚きなのはランク的に上位に位置するIntelのCore i7-10875Hに匹敵するマルチコア性能を持つ。ゲーム適性も前世代と比べて高くなった。コストパフォーマンスが高いCPUであることは間違いない。GTX 1650 Tiに合わせるCPUとしてもふさわしい。

>>GALLERIA RL5R-G50Tを購入<<

GALLERIA RL5R-G50Tの特徴&強み

おすすめ度トップクラスのゲーミングノート

GALLERIA RL5R-G50Tの強みはその価格にある。最低限よりも高い性能を有しながら、ゲーミングノート最安値クラスの価格設定だ。価格破壊とも言える圧倒的なコストパフォーマンスでおすすめ度はトップクラスだ。ゲーミングPCの価格が高騰している今、デスクトップPCよりも安価なモデルとして人気を博している。ただし、性能自体はそこまで高くない。120Hzのモニターを活かせるかはゲームタイトル次第だろう。

それでも、現状10万円台のデスクトップPCでGALLERIA RL5R-G50Tと同等のパフォーマンスを発揮できるモデルは少ない。特に、120Hz対応モニターを標準搭載しているという点で優位性がある。デスクトップPCで言えば8万円台と同等であると考えられる。120Hz以上に対応したモニターは25,000円以上するからだ。ゲーミングPC全体のロークラスで頂点に立てそうなモデルだ。

本格的なゲームプレイに向けたエントリークラスとしても優秀だ。ゲームを本格的にプレイできる最低限の性能と、圧倒的な低価格で人気モデルなのも納得だ。一方で、コアなゲーマーにとっては物足りない性能であることは否めない。最新のゲームタイトルをプレイするには推奨環境を満たせない。

既存のゲームをプレイするのに適したモデルだ。フォートナイトやApex Legendsのような人気タイトルへの対応力は高い。特にフォートナイトでは120Hzを活かしたプレイが可能だ。予算を抑えたゲーミングPCなら、まずはGALLERIA RL5R-G50Tをチェックしておきたい。

設定を下げれば対応力増大

GALLERIA RL5R-G50Tの弱点はその性能の低さにある。もちろんゲームを快適にプレイできる最低限の性能は持っている。しかしながら、最新のゲームタイトルの推奨環境には少し届かないものが多い。120Hz対応のモニターを活かせないことも珍しくないだろう。ただし、それはフルHD環境の話だ。最低設定でも120fpsで安定させるのは難しいタイトルはある。

その時に解像度を下げることに抵抗がなければ対応力の高いゲーミングノートとして評価は一変する。画質を犠牲にする代わりに快適なゲームプレイが可能となる。最近のタイトルは画質にもこだわっているので、抵抗があるユーザーも多い。FPSやアクション系のタイトルでは画質よりも快適性を重視するプレイスタイルも少なくない。ジャンルに合わせて環境を変えていけばGALLERIA RL5R-G50Tでも上位を目指せる。

解像度を下げることに抵抗があるなら、比較的ライトなゲームタイトル向けのモデルになる。RPGなどは快適性よりも画質を優先する方がゲームを楽しめる。プレイするジャンルが画質を楽しめるものなら設定を下げないのもありだ。しかしながら、フォートナイトのようなバトロワ系と言われるタイトルではゲームの快適性が重要だ。描写速度に差が生じるfpsをできるだけ稼ぎたい。

GALLERIA RL5R-G50Tはジャンルやゲームタイトルによってプレイスタイルを変えられる柔軟なユーザー向けだ。快適にプレイするのか、画質を優先するのか。その優先度の分かるゲームにストイックなゲーマーに適していると言える。安いだけのモデルとは一味違うその対応力は、価格帯最強モデルと言える。

クリエイターにも適したゲーミングノート

ゲーマー・クリエイター・ストリーマーに対応できる最安値のゲーミングノートである。人を選ばないことこそが最大の魅力と言ってもいいかもしれない。オールラウンド性を活かすことも、価格を重視することもできる。高価なモデルであれば当然なことも、価格を抑えたモデルでは唯一のゲーミングノートだ。ゲームをプレイしないユーザーにも選べるゲーミングノートは、一般向けのノートパソコンにも対抗できる。予算が12万円以内であるなら選択しても後悔はない。

GALLERIA RL5R-G50Tのゲーム性能は快適にプレイする最低限である。最高設定+120fpsで安定させるのは難しい。これがゲーム以外の用途になると、Ryzen 5 4600H搭載によるパフォーマンスが発揮される。デスクトップのRyzenはIntelに差をつけているものの、求められる性能をどちらもクリアしている。

一方で、ノート向けのCPUは特にRyzenシリーズの処理性能が伸びている。ゲーム性能はそこまで高くなくても、処理性能はノート向けCPUの中でも優秀だ。性能だけを考えるとクリエイターにも適したゲーミングノートと言える。ゲームの配信や動画のエンコードもCore i5よりもRyzen 5 4600Hの方が優れている。ストリーマーのエントリーモデルとしても選択しやすい。

ゲームに特化したゲーミングノートで終わらないのがGALLERIA RL5R-G50Tの魅力だ。高望みしなければ何にでも使える性能だ。ただ、こういったクリエイティブな用途にはメモリ16GB搭載モデルを選択したい。8GBでも問題はないが、作業においてメモリ容量は非常に重要だ。円滑に作業を進めるためにも保険として16GBある方がよい。カスタマイズではなく選択肢で分かれているのはこういう場合に親切だ。

カスタマイズができないモデル

リニューアルされたGALLERIA RL5R-G50Tは、GALLERIA GR1650TGF-Tから変わらずカスタマイズができない。ただし、それ自体が100%デメリットかと言われると難しい。GALLERIAのゲーミングノートは他ショップのゲーミングノートよりも価格が安い。GALLERIA RL5R-G50Tを見れば一目瞭然だ。その要因は、このカスタマイズ不可である点が大きいのかもしれない。いわゆる完成品と呼ばれるモデルはBTOと違い、不要なコストが掛かりにくい。

BTOで使用されるホワイトボックスのようなパーツを固定して販売すると価格が抑えられるようだ。もちろん、完成品のゲーミングノートは他ショップにも存在している。しかし、GALLERIAシリーズのような突出したコストパフォーマンスを持つモデルはない。カスタマイズできないことはマイナス要素になりやすい。好みの構成に変えられることこそがBTOの強みであり、BTOショップを選ぶ理由にもなるからだ。

一方で、BTOショップを選ぶ最大の理由は価格が安いことにある。その強みを最大限活かしたのがBTOショップの完成品モデルだ。大量ロットで安く仕入れ、そのパーツを余らすリスクがない。さらに、パーツの変更がないので注文時の手間が掛からない。細かいところでは人件費にも影響を与えるだろう。

BTOショップの強みである価格を活かすのは案外カスタマイズ不可の完成品なのである。GALLERIA RL5R-G50Tの人気が高まったのは、あえてカスタマイズできない完成品にしたからだろう。価格を抑えたいモデルにとって、カスタマイズできないことはプラス要素とさえ言える。

>>GALLERIA RL5R-G50Tを購入<<

GALLERIA RL5R-G50Tの本体レビュー

本体正面

GALLERIA GR1650TGF-Tsyoumen
薄型の狭額ベゼルを採用したゲーミングノートPCですっきりした印象を受ける。本体の重さは約1.9kgと2.0kgを切っているのは評価できる。ゲーミングノートPCとしては軽い。それでもノートPC全体で見れば重めなので持ち運びをメインに考えている方は注意してほしい。

本体天板

GALLERIA GR1650TGF-Ttenban

天板にはGALLERIAのロゴが映える。本体自体も薄めでゲーミングノートPCだからといって極端に分厚いということはない。ここ数年でゲーミングノートのサイズがコンパクトになってきていてゲーマーの方からしたらメリットが大きい。

本体右側

GALLERIA GR1650TGF-Tright本体右側にはカードリーダーとUSB 3.2 Gen1×2が配置されている。非常にシンプルだ。

本体左側

GALLERIA GR1650TGF-Tleft本体左側にはLAN端子・USB 3.0・マイク/イヤフォンジャックが配置されている。

本体背面

GALLERIA GR1650TGF-Toku
本体背面にはMini Display Port・HDMI Port・USB 3.2 Gen 2(Type-C)・電源端子が配置されている。うまくまとまっているように思う。本体自体もゲーミングノートとしては薄い。

キーボード

GALLERIA GR1650TGF-Tkeyboard
キーボードはオーソドックスなメンブレンキーボードを採用している。ゲーミングキーボードとしては劣るものの価格を抑えるために妥協すべき部分だろう。

GALLERIA GR1650TGF-Tkeyboard2

RGB LEDで光らせることが可能だ。コントロールパネルから変更することができる。

I/Oパネル

インターフェイスはUSBが充実している。USB Type-Cは充電やディスプレイには対応しておらず、データのみとなっている。背面のディスプレイ接続のMiniDisplayPortは1.2と1.4がある。基本的に1.4の方が優れているが、使用感に大きな違いはない。

最新のモデルとして見ると、従来とあまり変わらない構成だ。必要なものは全て揃っているという印象だ。ここにThunderbolt 3があれば、低価格であるメリットにもなったかもしれない。ゲーミングノートではなかなか実現しにくい機能なだけに、最新モデルにはそういったものを期待したい。

詳細

  • USB
  • USB3.2 Gen2 (Type-C 背面1)
    USB3.2 Gen1 (Type-A 右側面2)
    USB2.0 左側面1

  • LANポート左側面×1
  • ディスプレイ
  • HDMI 左側面×1
    Mini DisplayPort 1.2 / 1.4 背面2

  • サウンド
  • ヘッドホン出力 左側面×1
    マイク入力 左側面×1

  • カードリーダー
  • カードリーダー 右側面×1

>>GALLERIA RL5R-G50Tを購入<<

Dell G15 Ryzen Editionと比較

ブランドGALLERIADell
イメージGALLERIA GCL1650TGFNew Dell G15 Ryzen Edition
型番RL5R-G50TG15 Ryzen Edition
出荷最短翌日出荷12-15営業日
液晶サイズ15.6インチ 120Hz15.6インチ 120Hz
重量約1.9kg約2.4kg
バッテリー駆動時間約7.5時間非公開
価格109,980円(税込)142,980円(税込)
118,674円(税込)
CPURyzen 5 4600HRyzen 5 5600H
GPUGTX 1650 TiRTX 3050
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応512GB NVMe対応
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
ここをチェック!!

+10,000円で最新のゲーミングノートPCを購入できる。CPUにはRyzen 5 5600Hを搭載していて、グラフィックスにはRTX 3050を搭載している。GALLERIA RL5R-G50Tよりもワンランク高いゲーミング性能を手に入れることが可能だ。DEll G15は、Dellが販売するゲーミングノートPCで高いコストパフォーマンスを誇る。出荷まで最短でも12営業日とドスパラに比べるとかなり長くなっている。また、本体重量は約2.4kgとやや重いというデメリットもある。持ち運びがメインならGALLERIA RL5R-G50Tの方が好ましい。

管理人による総評(GALLERIA RL5R-G50T)

GALLERIA GR1650TGF-T

GALLERIA RL5R-G50Tは、GTX 1650 Ti×Ryzen 5 4600H搭載のゲーミングノートPCだ。Ryzen 5 4600Hは、AMDが誇る高コスパCPUだ。6コア12スレッドと競合のIntel Core i5-10300Hよりも総合性能が高い。ゲーミング性能ではやや劣るものの総合的に見れば十分戦える。

GTX 1650 Ti Mobileは、GTX 1650 Mobileよりも少し性能が伸びたグラフィックボードだ。エントリークラスながらやや性能面に余裕が生まれている。メモリ8GB、SSD 512GB NVMe対応と最低限に留められている。ゲームプレイがメインというよりもクリエイター作業をメインに考えている方に最適だろう。

もちろん価格的な優位性がある(税込10万円台のゲーミングノートは希少)ためカジュアルにゲームを楽しみたい方向けにもおすすめだ。ガレリアブランドのゲーミングノートPCがこれだけ安くユーザーに提供できるというのは企業努力の結果だろう。

価格CPUグラボ
109,980円(税込)Ryzen 5 4600HGTX1650Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB NVMe非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!