GALLERIA GR2060RGF-Ttop


当記事では、GALLERIA GR2060RGF-Tの評判とレビューをまとめている。RTX 2060×Ryzen 7 4800Hを搭載したゲーミングノートPCだ。CPU性能が高いのが特徴で、グラフィックボードの性能を引き出しやすくボトルネックの解消に貢献してくれる。ドスパラのゲーミングノートPCで最も売れているモデルの一つで注目度も高い。

GALLERIA GR2060RGF-Tのスペック

GALLERIA GR1650TGF-T

ブランド名GALLERIA
製品名GR2060RGF-T
液晶サイズ15.6インチ 120Hz
価格Windows 10 / 129,778円
(税抜117,980円)
CPURyzen 7 4800H
グラボGeForce RTX 2060
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約1.90kg
バッテリー駆動時間約8.8時間

>>GALLERIA GR2060RGF-Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF14Apex LegendsFortnite
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA GR2060RGF-Tのゲーミング性能レビュー

GeForce RTX 2060(GPU)

GALLERIA GCR2060RGF-E-rtx2060mobile

RTX 2060 Mobileは、Turing世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。ゲーミングノート向けのグラフィックボードとしては標準的で価格と性能のバランスがよい。同じミドルクラスで搭載モデルの多いGTX 1660 Ti Mobileよりもワンランク上の性能を持っている。

FULL HD環境において快適なゲーム環境を作りたいという方は必見だ。長く使えるという点でもGTX 1660 Tiよりも優位性がある。レイトレーシングやDLSSにも対応しているが、性能が高いわけではなくこれらの機能はおまけ程度に考えておこう。

Ryzen 7 4800H(CPU)

ryzen74800hseinou

Ryzen 7 4800Hは、第3世代Ryzenシリーズ(4000番台でも世代的には第3世代になる)のハイクラスCPUとなっている。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く、デスクトップ向けのモデルと比べても引けを取らない。

同じ8コア16スレッドのCore i7-10875Hよりも総合性能は高いが、ゲーミング性能だけを見るとCore i7-10875Hに軍配が上がる。それでも十分な性能を持ち前世代のRyzen 7 3750Hから大幅にゲーミング性能が向上した。RTX 2060に合わせるCPUとしてバランスも良好だ。

総合性能

GALLERIA GR2060RGF-Ttaiou

GALLERIA GR2060RGF-TはRyzen 7 4800Hを搭載したゲーミングノートだ。設定次第で120Hzを活かしたゲームプレイが可能である。また、少しだけ余裕を持たせた要求スペックに設定しているため、多少不安定でもよければ標準設定程度で目指せる。FF14の場合は標準以下を推奨する。Apex Legendsは場面によって負荷を感じやすいので最高設定は避けた方がよい。

フォートナイトは最高設定でも安定して120fpsは出せる。ただ、より安定させるために高設定以下にした方がいいかもしれない。GALLERIA GR2060RGF-Tは非常に高いCPU処理性能が魅力である。ゲームではそれほど高いスコアを出していないが、CPU性能そのものは非常に高い。数値の上ではRyzen 7 3700Xを超える処理性能を有している。

ゲームだけを目的として選択するには惜しいモデルだ。GALLERIA GR2060RGF-TはRyzen 7 4800Hを搭載していることが何よりの強みだ。CPUの処理性能の高さを活かした用途を想定したい。配信、エンコード、負荷の高いアプリケーションなどがそれにあたる。

>>GALLERIA GR2060RGF-Tを購入<<

GALLERIA GR2060RGF-Tの特徴&強み

ドスパラおすすめゲームノートNo.1に輝く

dospararankingunote
GALLERIA GR2060RGF-Tは、2021年1月時点でドスパラの売れ筋ランキングNo.1のゲーミングノートPCだ。長らくGTX 1650 Ti×Ryzen 5 4600H搭載の「GALLERIA GR1650TGF-T」が一位だったが、今回GALLERIA GR2060RGF-Tがその座を奪還した形となっている。

ドスパラはBTOメーカーあるいはゲーミングPCブランドでもトップクラスの企業なので、このドスパラで売れ筋ということは全メーカーの中でも売れ筋と考えてよいだろう。ゲーミングノートPC選びで迷ったらこの一位のモデルをベンチマークにすることをおすすめする。基準があればぐっと選びやすくなるはずだ。

人気No.1モデルである理由はコストパフォーマンスの高さにある。圧倒的な処理性能を誇るCPU・必要十分なGPU・汎用性の高い16GBのメモリ・抑えられた価格と1位にふさわしい実力を持つ。構成に無駄がなく、選びやすい価格であることが評価を高めている。特に価格に関しては驚異的だ。税抜117,980円はゲーミングノートの中でも安価な部類だ。

RTX 2060 mobile搭載モデル内では最安値クラスだ。Ryzen 7 4800Hとの組み合わせは、オールラウンド性を高めている。ゲームや作業など、用途を選ばない対応力で他のゲーミングノートを圧倒する。Ryzen 7 4800Hのゲーム性能はそこまで突出していないが、CPU処理性能はかなり強力である。デスクトップのRyzen 7に劣らないパフォーマンスは実用性が高い。仕事も趣味もこれ一台で完結できる。

理論上動画のエンコードではCore i7-10700を上回る速度だ。ゲーミングノートの弱点は主にCPU性能にあった。GPUはデスクトップに近づいたことで、GTX 10シリーズから末尾Mが消えた。一方で、CPU性能に関しては明確な差があり、ノート最上位がデスクトップの標準以下の性能だった。Ryzen 7 4800Hはその常識を打ち壊し、デスクトップのハイクラスレベルの性能にまで引き上げた。

人気ランキング1位になるのも納得の総合力を秘めている。用途によっては同価格帯のデスクトップPCよりも優れたパフォーマンスを持っている。メインPCとして扱える性能に、選びやすい価格というコンビネーションで他の追随を許さない。ゲーミングノートに革命を起こしたとも言えるモデルだ。

RTX 2060搭載モデルとして安価でコスパが高い

RTX 2060搭載モデルとして税抜11万円台というのは驚くしかない。他社メーカーのゲーミングノートパソコンを見るとわかるが、相場よりもかなり安価だということがわかる。その上でCPUにもハイクラスのRyzen 7 4800Hを搭載していてゲーミング適正が高い。メモリ容量16GB、SSD 512GBと構成も充実していて割安感がある。

CPUや構成を落として価格を下げているわけではないことは理解しておこう。ドスパラらしい太っ腹のモデルだと言える。これで利益が出ているのか不思議だ。コストパフォーマンスの高いモデルを探しているならばっちりはまるのではないかと思う。

主流のスタイリッシュなデザイン

狭額ベゼル採用でモニターサイズの割に本体はコンパクトである。ディスプレイの視認性はそのままで、サイズが小さくなるというのはメリットでしかない。ノートパソコンとしての携帯性を保持し、性能を高めた完成度の高いモデルと言える。サイズ感はノートタイプのパソコン選びで重視されやすい。自宅以外での使用を考えているならこれだけで選択の理由になる得る。

厚さ20.5mmはゲーミングノートとしてはかなり薄い。これだけの性能を持ったモデルはゲーミングノートらしい無骨なデザインも珍しくない。デザインに強いこだわりを感じる。サイズが小さく薄いため、重量も比較的軽い。GALLERIA GR2060RGF-Tは1.9kgで、ゲーミングノートの中では軽めだ。自宅で据え置き使用を思わせるモデルの多いゲーミングノートに比べて、携帯性を損なわれていない。

スタイリッシュな薄型ゲーミングノートの先駆けとも言えるGALLERIAノートはひと味違う。Ryzenシリーズは省電力も特性のCPUだ。消費電力が小さいということは発熱も抑えられる。内部のエアフローへの対応も容易なことが軽量化に繋がっているのだろう。また、意外にもこれだけ性能が高くてもバッテリー駆動時間は長めの8.8時間である。スタイリッシュでありながら実用性は高い。

携帯性に優れるGALLERIA GR2060RGF-Tはゲーミングノートを感じさせないデザインが特徴だ。対応力に長けたオールラウンド性が魅力なGALLERIA GR2060RGF-Tはゲーム目的以外での選択も多い。持ち運びを前提としていることもあり、あまり派手さはない。それだけに、カフェや出先での使用にも悪目立ちしない。

落ち着いたデザインは場所を選ばず使用できる。スタイリッシュ、携帯性に長ける、派手さがないとこれらの要素を全て持ち合わせたモデルはゲーミングノートというカテゴリにはほとんど存在していない。場所を選ばないデザインはマルチな用途に対応するモデルでは重要だ。

コストカットで無駄を徹底的に排除

GALLERIA GR2060RGF-Tの価格が安い理由として装備を削っていることが挙げられる。もちろんしっかりとコスト面を考えた上でのコストカットだ。例えば、対応リフレッシュレートは主流の144Hzではなく120Hzである。24Hzの差は流石体感できない程度のものなのでデメリットとは言えない。しかし、実用性を損なわない程度に機能が削られている。キーボードも流行りのLED対応でも、シングルRGBのみの対応だ。

カラーバリエーションは多くてもグラデーションなどを再現することはできない。ただ、キーボードの発光を充実させても実用面でのメリットはない。暗い場所でも使いやすいシングルRGBで十分だ。このように、あまり影響を与えない部分の無駄をしっかり排除している。一方で、Wi-Fiは6に対応しており、使用感に影響のある部分に妥協は見られない。

キーボードがメンブレンなのは少し残念である。ここをメカニカルにすると恐らく価格は跳ね上がるので仕方がない。価格を抑えつつ実用性を低下させないというテーマから見るとキーボードは分岐点だ。ノートパソコンはメンブレン方式でもメカニカル方式でもデスクトップとは異なる打鍵感になる。キーボードが固定されている以上、強くこだわって価格を上げるよりも低価格路線を貫く方がユーザーは嬉しいはずだ。

価格が中途半端になるのを避けた結果がGALLERIA GR2060RGF-Tの評価に繋がっているように思う。USB-Type Cがデータオンリーであること、WEBカメラがHD画質であることも無駄を省いた結果だ。USB-Type Cは常時給電できるタイプなどあるが、バッテリーが独立しているノートタイプでは危険だ。残りバッテリーを他のデバイスに分け与えるだけで、本体のバッテリーを削ることになる。

これは賛否分かれるかもしれない要素でもある。WEBカメラは高解像度・高画質が求められる場面はほとんどない。配信するにしても、WEB通話するしても、HD画質であれば必要十分と言える。何より、機能は大きく制限されず、性能も優秀でありながら価格を抑える。これを実現したGALLERIA GR2060RGF-Tをただただ評価したい。

>>GALLERIA GR2060RGF-Tを購入<<

GALLERIA GR2060RGF-Tの本体レビュー

本体正面

GALLERIA GR1650TGF-TsyoumenGALLERIA GR2060RGF-Tは、狭額ベゼルを採用したモデルとなっている。デザイン性が高く最新モデルらしい一台だ。本体重量約1.9kgはこの性能帯のゲーミングノートPCとしては最軽量クラスだと言える。ある程度持ち運びを考えている方でも選びやすいはずだ。ただし、これはあくまでもゲーミングノートPCという括りにおいては軽いということでノートPC全体だと重い部類に入る。

本体天板

GALLERIA GR1650TGF-Ttenban天板にはシルバーのGALLERIAロゴが映える。シンプルなデザインでビジネスモデルとしても通用するモデルだと言える。高級感があって高評価だ。

本体右側

GALLERIA GR1650TGF-Tright本体右側にはカードリーダーとUSB 3.2 Gen1×2が配置されている。非常にシンプルだ。ゲーミングマウスの利用も行いやすい。

本体左側

GALLERIA GR1650TGF-Tleft本体左側にはLAN端子、USB 3.0×1、ヘッドフォン端子が配置されている。全体的にI/Oパネルが充実していて使い勝手も良好だ。

本体背面

GALLERIA GR1650TGF-Toku本体背面にはMini Display Port×1、HDMI Port×1、USB 3.2 Gen 2(Type-C)×1、電源端子が配置されている。マルチモニター環境の構築も容易だ。

キーボード

GALLERIA GR1650TGF-Tkeyboardキーボードはオーソドックスなメンブレンキーボードを採用している。ゲーミングキーボードとしてはデスクトップ向けモデルよりは劣るものの十分納得できる範囲だ。意外と打鍵感もよくタイピングが心地よい。

GALLERIA GR1650TGF-Tkeyboard2RGB対応で魅せるモデルとなっている。専用のソフトウェアでカラーを自由に変更することができる。もちろんカラー自体をOFFにすることができる。

I/Oパネル

スタイリッシュで薄型コンパクトなモデルとしてはまずまずのインターフェイスを備えている。装備は標準的なもので、薄型としては充実しているようにも思う。Mini DisplayPort 2つ、HDMI 1つの映像出力3つ構成は少し珍しい。

最大3つの外部ディスプレイと接続できるのはユーザーによっては強みになる。USBポートの数がType C合わせて5つ搭載は滅多に見かけない。最も使用頻度の高いUSBが充実しているのは、そのまま利便性の高さと言える。インターフェイスに不満はない。

詳細

  • USB
  • USB3.2 Gen2 (Type-C 背面1)
    USB3.2 Gen1 (Type-A 右側面2)
    USB2.0 左側面1

  • LANポート左側面×1
  • ディスプレイ
  • HDMI 左側面×1
    Mini DisplayPort 1.2 / 1.4 背面2

  • サウンド
  • ヘッドホン出力 左側面×1
    マイク入力 左側面×1

  • カードリーダー
  • カードリーダー 右側面×1

>>GALLERIA GR2060RGF-Tを購入<<

LEVEL-15FXR21-i7-ROXXと比較

ブランドGALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA GR1650TGF-TLEVEL-15FXR21-i7-ROXX
型番GR1650TGF-TLEVEL-15FXR21-i7-ROXX
液晶サイズ15.6インチ 120Hz15.6インチ 120Hz
重量約1.9kg約2.26kg
バッテリー駆動時間約8.8時間約4.0時間
価格117,980円140,980円
CPURyzen 7 4800HCore i7-10750H
GPURTX 2060RTX 2060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe対応500GB NVMe対応
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
ここをチェック!!

ほぼ同じスペックを持つ「LEVEL-15FXR21-i7-ROXX」と比較している。価格差は23,000円といかにGALLERIA GR2060RGF-Tの価格が抑えられているのかということがわかる。本体重量でもバッテリー駆動時間でもGALLERIA GR2060RGF-Tが上回っている。

CPUについては同じクラスのIntel Core i7-10750Hを搭載しているLEVEL-15FXR21-i7-ROXXがやや有利だと言えるかもしれない。それでもRyzenシリーズも第3世代になってその差は縮まっている。Ryzen 7 3750Hとは全く別物のCPUだと考えてよい。何よりも20,000円超の価格差を考えるとやはりGALLERIA GR2060RGF-Tがおすすめだ。

管理人による総評(GALLERIA GR2060RGF-T)

GALLERIA GR1650TGF-T

GALLERIA GR2060RGF-Tは、RTX 2060×Ryzen 7 4800H搭載のゲーミングノートPCだ。ドスパラの中でもイチオシモデルということもあってレビューを読みたいというゲーマーの方も多いはずだ。すでに見てきたとおりコストパフォーマンスの高いモデルで人気があるのも頷ける。他社メーカーと比べてもこれだけの価格で販売しているところはない。

CPUにRyzen 7 4800Hを搭載しているのも魅力的だ。ゲーミング性能ではIntel製CPUに劣ることがあるものの動画編集など総合性能で見れば十分健闘している。RTX 2060とのバランスもよく初心者の方にもおすすめだ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。マルチに活躍するゲーミングノートPCであることは間違いない。

価格CPUグラボ
117,980円Ryzen 7 4800HRTX2060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB NVMe非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。