GALLERIA GXTtop


ドスパラの高コスパモデル「GALLERIA GXT」のレビューをまとめた。オシャレなケースデザインを採用しつつ各パーツを強化したゲーミングPCとなっている。高級感のあるデザインは秀逸だ。

かつて存在していたGAMEMASTER(ゲームマスター)ブランドが今回華々しく復活したということだ。。ただし、以前はあったゲームの動作保証やログインサポートは排除され「GALLERIA XT」の上位モデルとして登場したようだ。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA GXTは、ゲームに対して高い適正を持つミドルクラスのゲーミングPCだ。最新のゲームでも快適にプレイ出来る性能が魅力となっている。性能面に関してはミドルクラスで最高峰だ。高リフレッシュレートにも対応しやすい上位のCPUであるCore i7-9700KFを搭載しているのは大きい。ゲーミングマスターの名に恥じない性能と構成を持つモデルである。フルHD環境であれば最高設定でプレイ出来るゲームも多い。WQHD以上の高解像度には対応しにくいので注意が必要だ。

GALLERIA GXTのスペック

galleria gxfimg

ブランド名GALLERIA
製品名GXT
価格Windows 10 / 129,980円
CPUCore i7-9700KF
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットZ390
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0 Over!!

>>>>>GALLERIA GXTを購入する<<<<<

GALLERIA GXTのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GeForce GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスで人気の高いグラフィックボードだ。GTX 1660 Tiに近い性能で、GTX 1660に近い価格のミドルクラスの新鋭。最近少しずつ価格が下がってきたグラフィックボード。登場時は価格が下がらず、GTX 1660 Tiと同じ価格で少し性能が低い微妙なモデルだった。今ではミドルクラスを代表するグラフィックボードになり、高い人気を誇っている。

Core i7-9700KF(CPU)

i7-9700K

Core i7-9700KFは、CPU内蔵GPU機能を持たないi7-9700Kと考えておこう。Core i7-9700Kと比べて価格的優位が無いことが要因だろう。性能はi7-9700Kと同等である。そのため、ゲームに関しては特に問題は無い。本来ならもっと普及していてもおかしくないCPUだ。

通常CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルは価格が抑えられるのだが、現在のところ各BTOメーカーでの価格は抑えられておらず搭載しているモデルはほとんど無い。GALLERIA GXTが例外だと言える。価格もうまく落ちていて評価したい。

総合性能

GALLERIA GXTseinou

ミドルクラスにしては性能がしっかりしている。そのため、グラフのバランスが崩れているように見える。CPU性能は高ければ高いほど高リフレッシュレートへの対応力が増すのでマイナスにならない。

むしろ、グラフィックボードの性能はもう少しあても良さそうだ。グラフィックボードの性能が足りないと取るよりも、全体的に充実した構成を持っていると取るべきだろう。ミドルクラスの中では随一の構成と言える。

>>>>>GALLERIA GXTを購入する<<<<<

GALLERIA GXTの概要&特徴

ミドルクラス最強モデル爆誕

ミドルクラスの常識を覆すモデル「GALLERIA GXT」が登場した。価格を抑え、性能を高めるという理想を追求するにはミドルクラスが最適だ。その分、ストレージやチップセットが削られる。そうすることで高いコストパフォーマンスを持つモデルとなる。

しかし、GALLERIA GXTはストレージやチップセットを削っていない。そして、ドスパラでは最上位モデルにしか無かったNVMe対応SSD 1TBを搭載している。それでいて価格は以前のGALLERIA XTと同じである。チップセットはZ390を搭載。i7-9700KF搭載なのでオーバークロックにも対応している。長らくG-Tune TD-Gに奪われていた最強の座に、ドスパラモデルが返り咲いた。

ゲームマスターシリーズは非常に影が薄く、登場時はGALLERIAシリーズの劣化版のようなモデルだった。現在、キャンペーンが停滞しているGALLERIAシリーズはコストパフォーマンスを落としている。満を持して、GALLERIAシリーズと同じ価格帯になったゲームマスターシリーズがメインラインナップに並んだ。

圧倒的なコストパフォーマンスを持って再登場したゲームマスターは、GALLERIAに取って代わるモデルになるかもしれない。同じ価格帯で、過去に最強の座にあったGALLERIA XTよりも優れている。それはストレージ構成やチップセットの差だ。

ここまでくるとGALLERIA XTだけではない。上位モデルのGALLERIA ZTの上位互換でもある。デザイン性の高いケースと相まって、その存在感はまさにトップクラスを象徴するかのようである。

人気ランキング入りが確実か!?

ドスパラのメインラインナップでGALLERIA XTと置き換わって登場したGALLERIA GXT。このまま行けばランキングもそっくりそのまま入れ替わるだろう。気になるのは、人気を推したいモデルをすぐにランキング入りさせることの多いドスパラがそれをしていないことだ。

一時的にGALLERIA XTの代わりとして並べているだけなのだろうか。全く同じ構成でチップセットがB365になった5,000円安いモデルとしてGALLERIA XTが復活するかもしれない。少なくとも、この構成である以上は同価格帯最強モデルである。

LightningシリーズがゲーミングPCのメインラインナップに加わっている今、ゲームマスターシリーズが入ってきてもおかしくはない。この置き換えは一時的とは考えにくい。この後多少の変化はあっても、ゲームマスターシリーズが何らかの形でラインナップに居座り続けるのではないかと考えている。

最近のGALLERIAシリーズは勢いが無い。人気も少し影を落としていた。その中で、ゲームマスターシリーズのパワーアップ、メインラインナップ追加は活性化にも繋がる。面白みに欠ける状態だったドスパラが、新しい楽しみを打ち出してくれた。現在にも、今後にも期待せざるを得ない。

>>>>>GALLERIA GXTを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIANEXTGEAR-MICRO
製品名GXTXTTD-G
イメージgalleria gxfimggalleriaxgim620
価格129,980円129,980円129,800円
CPUi7-9700KFi7-9700i7-9700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPERGTX 1660 Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GBDDR4-2400 16GB
SSD1NVMe 1TB512GB NVMe256GB NVMe
(512GB NVMe)
SSD2非搭載非搭載250GB SATA
HDD非搭載1TB1TB
電源650W BRONZE650W BRONZE500W BRONZE
マザーボードZ390 B365B360
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
ここをチェック!!

比較対象は、当サイトとG-Tuneによるコラボレーションモデルでミドルクラス前最強モデルG-Tune TD-Gだ。CPUはGALLERIA GXTが上、グラフィックボードはG-Tune TD-Gが上である。また、構成で上回るGALLRRTIA GXTに対して、ストレージに力を入れているG-Tune TD-Gは評価の上では互角である。

ただ、性能が求められるゲーミングPCでは、後から追加しにくい性能が優れている方が上だと考えている。グラフィックボードの性能はG-Tune TD-GのGTX 1660 Tiが確かに上である。しかし、実質同等というのが現状だ。対して、CPUに関してはオーバークロックの有無、性能、確実にi7-9700KFの方が高い。この点でGALLRRTIA GXTがG-Tune TD-Gよりも評価が高い。つまり、最強モデルである。もしもG-Tune TD-Gが5,000円以上安くなっていれば、どちらも魅力的な製品となってただろう。

比較対象はミドルクラスの王者G-Tune TD-Gだ。当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルあるG-Tune TD-GはGALLERIA XTに対抗するために生み出されたモデルである。そして2020年、ようやく対抗製品であるGALLERIA XTを超えた。ミドルクラスにとって重要な性能、構成、コストパフォーマンスの要素で上回った。

G-Tune TD-Gは2020年も停滞せずに大きな進化を遂げている。ミドルクラスでは唯一とも言えるトリプルストレージを採用。キャンペーン期間中は総ストレージ容量も優秀だ。この性能帯、価格帯ではG-Tune TD-Gが圧倒的なリードでトップモデルに立っている。お得に優秀な製品を選択したいユーザーにおすすめだ。

なお、参考までにGALLERIA XTとの比較もしておこう。まず、ケースデザインが異なる。好みの問題はあるかもしれないが、GALLERIA GXTで採用されているケースの方がかっこいい。価格が同じにも関わらずCPUはワンランク上のCore i7-9700KFを搭載。SSDについてもNVMe対応1TBと倍増だ。HDDが非搭載となったものの十分な容量があるため問題にはならない。チップセットもB365を採用していてコストダウンを図っている。

>>>>>GALLERIA GXTを購入する<<<<<

GALLERIA GXTのPCケースレビュー

本体正面

GALLERIA GXF-syoumen
シンプルなデザインだが、ワンポイントの金色のガレリアのロゴが映える。サイドにはクリアガラスを採用しているため中を魅せる演出となっている。特別光らせるパーツを採用しているわけではないが、高級感があって高評価だ。一般的にBTOメーカーで採用されているものよりもデザイン性が高い。価格が同等なら選択肢として悪くないはずだ。

本体左内部

GALLERIA GXF-rightinside (2)
左の内部の写真だ。CPUクーラーが真ん中に位置している。右側には吸気のためのファンが見える。グラフィックボードは左下にコンパクトに収まっていてすっきりした印象を受ける。

本体右側

GALLERIA GXF-right
右側の手前にはエッジがありデザイン性が高められている。シンプルながらも存在感のあるケースデザインだ。

本体右内部

GALLERIA GXF-leftinside
配線がうまくまとめられている。大型の吸気ファン×2基搭載で高性能なGALLERIA GXFの排熱対策もばっちりだ。後ろ側から空気を排出する。

本体底面

GALLERIA GXF-soko
底面も吸気口になっている。なかなか本体を横向きにする機会はないかもしれないが、メッシュパネルを取り外せば掃除も容易だ。見えない部分にもこだわっているのは素晴らしい。

I/Oパネル

GALLERIA GXF-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。上から電源、USB 3.0端子×4とよく考えられている。ヘッドフォン・マイク端子もあって使い勝手が良い。ヘッドセットなどを気軽に使用できる。

管理人による総評(GALLERIA GXT)

galleria gxfimg

ミドルクラス最強の座を手にした。突如現れた彗星のような存在だ。グラフィックボードにはGTX 1660 SUPERを搭載、CPUにはCore i7-9700KFを搭載してパフォーマンスが高い。GALLERIA XTと同じ価格となっていることから完全な上位互換モデルだ。このクラスのゲーミングPCを探している方は必ずチェックして欲しい。

価格CPUグラボ
129,980円Core i7-9700KFGTX1660 SUPER
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くなっている。全国にリアル店舗を構えている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る