GALLERIA RL5C-G50


当記事では、GALLERIA RL5C-G50の評判とレビューをまとめている。GTX 1650×Core i5-11400H搭載のゲーミングノートPCだ。税込み94,980円という価格設定が魅力的だったが、15,000円の値上げが適用となって109,978円となっている。税込10万円以下とそれ以上では与えるイメージは大きく異なる。残念ながらコストパフォーマンス指標は下がってしまっている。

GALLERIA RL5C-G50のスペック

GALLERIA XL7C-R36

ブランド名GALLERIA
製品名RL5C-G50
液晶サイズ15.6インチ 120Hz
価格Windows 10 / 109,978円(税込)
CPUCore i5-11400H
グラボGeForce GTX 1650 Mobile
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.00kg
バッテリー駆動時間約5.3時間
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 6.6

>>GALLERIA RL5C-G50を購入<<

GALLERIA RL5C-G50のゲーミング性能

GeForce GTX 1650 Mobile(GPU)

gtx1650mobilebenchmark

GeForce GTX 1650 Mobileは、Turing世代のエントリークラスのグラフィックボードだ。過度な期待をしなければ今でも十分通用するモデルだと言える。GTX 1050 Mobileと比べると60%程度ゲーミング性能は上がっているが、基本的には設定を下げてゲームプレイをする必要がある。ゲーム側の要求スペックも上がっているのでそれに合わせてグラフィックス性能も必要だ。

デスクトップ向けのGTX 1650との性能差は10%程度だ。上位モデルのグラフィックボードと比べるとデスクトップ向けモデルとの誤差は大きくない。後継モデルであるAmpere世代のRTX 3050 Mobileがリリースされている。GTX 1650 Mobileよりも20%以上パフォーマンスが向上している。将来性を考えるとRTX 3050 Mobileの方が好ましい。

Core i5-11400H(CPU)

i511400hseinounew

Core i5-11400Hは、Intel第11世代の高コストパフォーマンスモデルだ。Core i5シリーズの中でも上位に位置するCore i5-11400Hでは6コア12スレッドとコア/スレッド共に増えている。下位モデルのCore i5-11300Hと比べて35%程度パフォーマンスが高い。CPUコアの改良などもあって前モデルのCore i7-10750Hと比べると20%も性能が高くなっている。

Core i5シリーズでも動画編や画像編集などの適性も大きく向上していると言える。Core i5-9300Hなど2世代前のモデルからの買い替えなら性能差を体感できるはずだ。クリエイターの方でノートパソコンでもがっつり作業に使いたいと考えている方は必見だ。

>>GALLERIA RL5C-G50を購入<<

GALLERIA RL5C-G50の特徴&注意点

GPUは旧モデルでゲーミング性能は最小に留まる

GALLERIA RL5C-G50は最小限のゲーミング性能を持つに留まる。2022年時点でもこのクラスがあればある程度のゲームプレイは行える。グラフィックスには旧モデルのGTX 1650を搭載している。現行モデルであるRTX 3050に比べるとゲーミング性能は劣る。高リフレッシュレートでゲームを楽しみたいと考えている方は注意しよう。フルHD環境で設定を調整して60fpsを目指すのが妥当だ。

FPSなどそれほど負荷の高くないタイトルなら余裕を持って対応することが可能だ。最新タイトルへの適性はそれほど高くない。CPUには6コア12スレッドの高コスパモデルであるCore i5-11400Hを搭載している。GTX 1650の性能を引き出すには十分だろう。Core i5シリーズでもボトルネックにならない水準まで到達している。クリエイター作業を考えている方も必見だ。

ゲーミングノートPCとしては最安値クラスとなる

税込109,978円という価格はゲーミングノートPCとしては最安値クラスだ。税込99,980円という価格から値上げがされてしまったがゲーミングノートPC全体の価格が上昇していて今でも最安値クラスであることは変わらない。

この価格帯では少し前までは「GALLERIA RL5R-G50T」があった。今は世代交代の流れで購入できなくなっている。GTX 1650×AMD Ryzen 5 4600H搭載で税込み109,980円だ。この価格帯は本当にラインナップが少なく探すのが難しい。海外メーカーでは旧モデルのセールであればこれより安いゲーミングノートPCが販売されている可能性もある。

しかし、常時販売されているわけではなくタイミング次第となる。国内BTOメーカーで常時販売されていてGALLERIA RL5C-G50より安価なモデルを探すのは難しい。12万円前後の予算で新品のゲーミングノートPCを探しているならチェックしておこう。

後継モデルもあり在庫処分的な立ち位置

GALLERIA RL5C-G50は、近い内に購入できなくなるのではないかと予想している。GTX 1650の後継モデルであるRTX 3050を搭載した「GALLERIA RL5C-R35」が販売中だからだ。こちらのモデルも値下げされて119,980円で販売されている。

現時点で10,000円の価格差がある状態だ。旧モデルであるGTX 1650を搭載しているGALLERIA RL5C-G50については今は在庫処分的な立ち位置で価格が抑えられているのだろう。さすがにこの価格帯で長期間に渡って販売することはないはずだ。購入検討中の方は急いだ方がよいかもしれない。

>>GALLERIA RL5C-G50を購入<<

Dell G15 プレミアムと比較

ブランドGALLERIADell
イメージGALLERIA XL7C-R36New Dell G15
型番RL5C-G50G15 プレミアム
(120Hz・GTX1650搭載)
価格109,978円(税込)119,979円(税込)
88,793円(税込)
送料3,300円(税込)価格に含む
液晶サイズ15.6インチ 120Hz15.6インチ 120Hz
重量約2.00kg約2.409kg
バッテリー駆動時間約5.3時間非公開
CPUCore i5-11400HCore i5-10500H
GPUGTX 1650GTX 1650
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2933 8GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
ここをチェック!!

ゲーミングノートPCの最安値モデルであるDell「Dell G15 プレミアム」と比較していく。17%OFFクーポンを利用することで送料・税込88,793円で購入できる。価格差は送料を含めて24,185円だ。GALLERIA RL5C-G50の値上げで価格差が開いてしまった。液晶サイズはどちらも15.6インチ、120Hz対応モニターを搭載している。本体重量はGALLERIA RL5C-G50の方が20%程度軽い。Dell G15 プレミアムのバッテリー駆動時間は非公開だ。

CPUを比較するとDell G15 プレミアムでは旧世代のCore i5-10500Hを搭載している。どちらも6コア12スレッドというスペックだが、新しいアーキテクチャ・CPUコアのおかげでCore i5-11400Hの方が30%程度パフォーマンスが高い。GPUはどちらもGTX 1650を搭載している。メモリはGALLERIA RL5C-G50では上位規格のDDR4-3200を搭載していてさらに容量も倍の16GBだ。ストレージはどちらも512GB NVMeを搭載している。CPU性能及び構成ではGALLERIA RL5C-G50が大きく上回る。

価格差が24,000円もあることを考えるとGALLERIA RL5C-G50の立場が苦しい。最新のCPUやガレリアブランドに魅力を感じる方向けだと言える。いずれのモデルも在庫処分的な立場のため売り切れには注意しよう。

GALLERIA RL5C-G50の本体レビュー

本体正面

GALLERIA XL7C-R36-syoumenゲーミングノートPCには見えないすっきりとデザインが印象的だ。15,6インチの狭額縁デザインで視認性が高い。本体自体も薄く持ち運びも問題ない。カフェで仕事をすることもできるだろう。

キーボード

GALLERIA XL7C-R36-keyboardキーボードは日本語配列キーボードを搭載している。違和感なく使用できるはずだ。キーボードはコストの掛かる部分だが、ここは惜しまずに投資をした形だ。これまでのキーボードは英語配列に近くかなり癖が強かった。おそらくユーザーからも意見があったのではないかと思う。そこをしっかりと押さえてくるのはドスパラのすごさだ。

本体天板

GALLERIA XL7C-R36-tenban天板にはシルバーでGALLERIAのロゴが入っている。派手すぎないデザインが秀逸だ。背面には電源端子、USB 3.1 Gen2 Type-C、LANポート、HDMI端子が配置されている。すっきりまとまっていて使い勝手がよい。なお、USB Type-CはPower Deliveryに対応していないため充電はできない。

本体右側

GALLERIA XL7C-R36-right本体右側は盛りだくさんだ。カードリーダー、USB 3.0 Gen1 Type-A×2、排気口・が配置されている。比較的I/Oパネルは充実している。

本体左側

GALLERIA XL7C-R36-left本体左側には排気口・USB 2.0、ヘッドホン出力・マイク入力が配置されている。

ACアダプター

GALLERIA XL7C-R36-batteryACアダプターは、一般的なものが採用されている。持ち運ぶにはやや躊躇ってしまうかもしれない。USB Power Deliveryに対応していないのはデメリットだ。

>>GALLERIA RL5C-G50を購入<<

管理人による総評(GALLERIA RL5C-G50)

GALLERIA XL7C-R36

GALLERIA RL5C-G50は、GTX 1650×Core i5-11400H搭載のゲーミングノートPCだ。国内BTOメーカーとしては最安値クラスとなっている。最新のIntel第11世代のCore i5-11400Hを搭載しているのは高ポイントだ。6コア12スレッドマルチスレッド性能が高く従来モデルのCore i7-10750Hを超えるパフォーマンスを発揮する。

ゲームプレイだけではなく動画編集や画像編集などにも対応しやすい。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。15,000円の値上げによって評価を下げてしまっている。比較対象モデルも合わせて確認しておくとよい。

価格CPUグラボ
109,978円(税込)i5-11400HGTX1650
メモリSSDHDD
16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!