GALLERIA RM5C-G60S 11400top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5C-G60S 第11世代Core搭載」の詳細レビューをまとめた。GALLERIA RM5C-G60Sは、最新のRocket Lake世代であるCore i5-11400を搭載している。6コア12スレッドとスペックは共通しているが、CPUコアの改善によって大きくパフォーマンスが向上した。高コスパモデルのCore i5シリーズでの性能の底上げは歓迎だ。

GALLERIA RM5C-G60Sのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-G60S
価格Windows 10 / 129,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★★★★★☆☆ 7.5

>>GALLERIA RM5C-G60Sを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-G60Sのゲーミング性能まとめ

GALLERIA RM5C-G60S 11400seinou

GALLERIA RM5C-G60S 第11世代Core搭載(以下GALLERIA RM5C-G60S)は非常に優れたCPU性能が特徴のゲーミングPCだ。簡単なゲームプレイから負荷の高い作業までこなせるマルチタスクに適している。ゲームを中心にするにも、作業を中心にするにも扱いやすい性能だと言える。

ただし、Core i5シリーズということもあってゲームでは4K解像度は苦手で適正はない。FF14であっても快適にプレイするのは困難である。4KやWQHDのような高解像度でのゲームプレイには適していない。本領を発揮するのはフルHD環境である。フルHDであればApex Legendsやフォートナイトを快適にプレイできる性能はある。

設定次第では144Hzのような高リフレッシュレートも目指すことができる。ゲームを快適にプレイできれば設定は低くてもよいというゲーマーにおすすめのモデルだ。エントリークラスとしても選びやすいので初心者から上級者まで幅広くおすすめできる。

>>GALLERIA RM5C-G60Sを購入<<

GALLERIA RM5C-G60Sの特徴まとめ

ライトミドルを支える強力なモデル

GALLERIA RM5C-G60Sは、GTX 1660 SUPER×Core i5-11400搭載の最新モデルだ。上位モデルであるRTX 3060がミドルクラスの中心となったことで、GTX 1660 SUPERはロークラスに近いライトミドルという位置付けとなる。性能面では負けてしまっても価格が抑えられたGALLERIA RM5C-G60Sは選択肢として十分存在感を出せる状況だ。従来のGALLERIA RM5C-G60Sと比べても価格が安くCPU性能が高いのでお得なモデルと言える。

現在、BTOパソコンは価格の高騰で選びにくい状況が続いている。GALLERIA RM5C-G60Sは高騰の影響が小さいモデルだ。税込で129,980円で収まるならおすすめできる。ただ、GTX 1660 SUPERの性能は、これからのゲームへの対応力が少し低い。既存のタイトルであれば144Hzを目指すことができても、最新作に関しては絶対とは言えない。既に高リフレッシュレートで安定させるのが難しいタイトルも存在している。

ある程度プレイするタイトルが決まっているならデメリットはない。もしも、幅広く様々なジャンルのタイトルをプレイするというなら性能に不満を抱くこともありそうだ。GALLERIA RM5C-G60Sを運用する上で、設定は常に標準以下に落とす必要がある。

このことに納得できれば、最新作でもある程度快適にプレイできる環境にも慣れるはずだ。解像度を下げることに抵抗がなければ、目立った弱点のないモデルと言える。性能の高さよりもコストパフォーマンスの高さを優先するなら間違いなくおすすめのモデルだ。選びやすいことがGALLERIA RM5C-G60Sの最大の特徴である。

CPU性能の向上で用途の幅は意外と広がった

GALLERIA RM5C-G60Sで搭載されるCPUはCore i5-10400からCore i5-11400へと変更された。従来のCore i5-10400と比べて性能が大きく向上している。大体Core i5-10600Kと同等と言ったところだろうか。Core i5シリーズは価格を抑えられる反面、性能は当然低くなる。ゲームを中心とする場合はGPUとのバランスも考えなくてはならない。Core i5-10600Kと同等の性能にまで上がったということは、GPUとの組み合わせの幅も増える。

CPU性能の向上でゲーム以外への対応力も増した。GALLERIA RM5C-G60Sはライトなミドルクラスだが、その性能はマルチタスクをこなせる優秀なものである。ゲームのみを考えると従来のGALLERIA RM5C-G60Sと大して変わりはない。ゲーム以外の用途も考慮するなら従来よりも圧倒的に優れたモデルと言える。

GALLERIA RM5C-G60Sは向上したCPU性能をうまく扱えてこそ価値のあるモデルだ。今やゲーミングPCはゲームだけに留まらない汎用性がある。配信・動画投稿などゲームに関連した用途も様々だ。それらに対応するためにはCPU性能が必要になる。Core i5-11400ならそれらの用途にも対応しやすい。

Core i5-11400搭載になったことでゲーミングPCに求められる要素を幅広くカバーできるようになった。これまでのライトなミドルクラスと異なり、性能がそこそこで価格が安いだけではない。初心者以外のユーザーにも選ぶメリットのあるライトミドルクラスのゲーミングPCだ。

>>GALLERIA RM5C-G60Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAMagnate
イメージRM5C-G50Magnate XJ
製品名RM5C-G60SMT
価格129,980円(税込)102,278円(税込)
CPUCore i5-10400Core i5-10400
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe500GB M.2
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB560H410
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのMagnate MTだ。ゲーミングPCではなく一般向けPCである。Magnate MTは従来のGALLERIA RM5C-G60Sの強力なライバルと言えるモデルだ。そしてそれは今も続いている。CPU性能、メモリ規格、チップセットでGALLERIA RM5C-G60Sが上回り、価格でMagnate MTがリードしている。

Magnate MTは価格だけのリードだが、価格差は27,000円と大きく開いている。流石にここまで価格差があるならMagnate MTを選択するメリットも大きい。多少の性能や構成のマイナスも納得できる。ゲームを中心とするならCPU性能の差はあまり気にしなくてもいい。用途がゲームを中心とするなら悪くない選択肢だ。気になるのはCore i5-11400を搭載したMagnate MTの後継機が登場するかどうかだ。

元々Magnate MTはGALLERIA RM5C-G60Sの上位互換とも言えるモデルだ。価格でリードするMagnate MTがどこまで突き進めるか楽しみだ。性能を重視するならGALLERIA RM5C-G60Sと言いたいとこだが、27,000円の価格差を飲み込めるかどうか。予算内ならおすすめしたいモデルである。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-G60S)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-G60Sは、最新のCore i5-11400を搭載したゲーミングPCだ。Core i5-10400からCPUが切り替えられた。Rocket Lake世代になってゲーム適性が向上している。グラフィックボードにはライトミドルクラスのGTX 1660 SUPERを搭載。Core i5-11400との相性もよくフルHD環境でのゲームプレイに最適だ。Apex Legendsやフォートナイトなどでも対応できる。メモリ16GB、SSD 512GBとドスパラの定番の構成となっている。

価格CPUグラボ
129,980円(税込)Core i5-11400GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!