GALLERIA RM5C-G60 10thtop


当記事では、GALLERIA RM5C-G60 B560搭載のレビューとスペックの解説を行っている。GTX 1660×Core i5-10400搭載のゲーミングPCだ。今のところ旧モデルであるGTX 1660を復活させたのはドスパラぐらいだ。比較的価格が抑えられていて選びやすいが、比較対象モデルを確認しておこう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-G60という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-G60」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-10400、G60=GTX 1660ということだ。ただし、5Cだけでは新モデルのCore i5-11400か旧モデルのCore i5-10400かは判断できないので注意しよう。

GALLERIA RM5R-R36のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-G60 B560搭載
価格Windows 10 / 134,979円(税込)
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 3.6

>>GALLERIA RM5C-G60を購入<<

GALLERIA RM5R-R36の各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-G60 B560搭載の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce GTX 1660(GPU)

gtx1660seinou

GeForce GTX 1660は、Turing世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。現行モデルを入れるとロークラスに属する。かつでのハイクラスのGTX 980と同等だ。GTX 1660 SUPERの供給不足によって復活している。主にドスパラでは取り扱いがあるようだ。GTX 1660は、フルHD環境でのゲームプレイが前提となる。基本的には高解像でのゲームプレイ向けとは言えない。

Core i5-10400(CPU)

corei5-10400seinou

Core i5-10400は、Intel第10世代の高コスパCPUとなっている。後継モデルのCore i5-11400との性能差は体感できるほどではなく価格を抑えるために選んでもよい。スペック的には6コア12スレッドと標準以上だ。動画編集や画像編集などの負荷の掛かる作業もある程度対応できる。極端に大きいファイルの取り扱い時などにはもたつきを感じてしまうこともあるだろう。仕事などで本格的にパソコンを使うならCore i7シリーズ以上を選択する方がよい。

総合性能

GALLERIA RM5C-G60 10thseinou

GALLERIA RM5C-G60はCore i5-10400とGTX 1660を搭載したゲーミングPCだ。この組み合わせは完全に一世代前の構成だ。性能も現行のランクで考えるとロークラスがいいところだろう。そのため、性能はあまり高いとは言えない。コストパフォーマンスを重視するユーザー向けだ。当然4K解像度への対応力は低く、WQHDもかなり厳しい。

フルHDを前提としたモデルである。フルHDであれば設定次第で144Hzを実現することもできる。古いながらも実用性は十分だ。最高設定できれいな画質を求めるには適さなくても、ゲーム快適にプレイできればいいならおすすめしやすい。ただ、最新のタイトルの中には推奨環境を満たせないタイトルもある。既存のタイトルを中心に考えているなら後悔しにくいモデルだ。

>>GALLERIA RM5C-G60を購入<<

GALLERIA RM5C-G60 B560搭載の特徴まとめ

値上げの連続で評価暴落

GALLERIA RM5C-G60は、GTX 1660×Core i5-10400搭載のゲーミングPCでその魅力は低価格にある。価格が高騰している今、多少性能に難があっても選びやすい価格というのは貴重だった。値上げ前の109,980円でようやくおすすめできる評価だった。そこから1万円の値上げが適用され、今回の15,000円ほどの値上げと合わせて約25,000円ほど価格が上がってしまった。

ロークラスのモデルは基本的に価格が安いにも関わらず大幅な値上げとなったことで評価は暴落だ。25,000円の値上げはハイクラス以上のモデルでもあまり見られない。そんな値上げを低価格帯と言えるモデルに適用するのは異常であり、致命傷と言えるものだ。GALLERIA RM5C-G60は唯一とも言える魅力を失った。ただ、GTX 1660 SUPERが供給不足な今、他に優れた選択肢がない。そのため、評価は下がっても予算がこの辺りなら候補に入る。

13万円台は様々なモデルが入り乱れる。一時はRTX 3060搭載モデルもあったように、価格が不安定な今は選択するタイミングが難しい。GALLERIA RM5C-G60の値上げも一時のことかもしれない。時間に余裕があるなら少し様子を見るのもありだ。ミドルクラスと言えない性能のモデルを13万円台で選択するのは推奨しにくい。

Core i5とGTX 1660の組み合わせに期待するのはゲーム性能ではない。価格が抑えられていることが前提での選択である。そのよさが取り戻されるまで様子を見る方がいい。GALLERIAシリーズは一度下がった価格にまで下がる傾向にある。それまでは別のモデルをチェックしておこう。

キャンペーンと対抗モデルに注意

GALLERIA RM5C-G60は値上げしたことで評価を落としたが、このまま終わるようなモデルではない。ドスパラはキャンペーンで評価を一変するモデルが多い。GALLERIA RM5C-G60も例外ではなく、ここから大きく化ける可能性は十分にある。ただ、ドスパラのキャンペーンは大々的に発表されない。ある日突然価格が下がる。その意味では、今回の値上げはキャンペーンが終了しただけとも取れる。

仮にそうであったとしても、一度下がったという事実は残る。また同じ価格にまで下がる確率は高い。注意したいのは対抗モデルの存在だ。いくら価格が下がっても、同じ価格帯に優れたモデルが存在していては意味がない。今のGTX 1660搭載モデルは全てGTX 1660 SUPER搭載モデルの代替製品である。GTX 1660 SUPERが復活するとGTX 1660の存在意義は失われる。GALLERIA RM5C-G60が安くなり、お得になったとしてもGTX 1660 SUPER搭載モデル次第だ。

GALLERIA RM5C-G60を選択するときはキャンペーンを待つこと、他製品に注意しておくことが必要だ。もちろん、どのモデルにでも言えることではある。ただ、GTX 1660が再登場した経緯から、GTX 1660 SUPERの存在にだけは目を光らせておきたい。少しでもお得に、優秀なモデルを選べるように注意しておくに越したことはない。比較対象により優れたモデルをピックアップしているのでチェックしておいてほしい。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA RM5C-G60SGALLERIA RM5C-G60S
製品名RM5C-G60 B560搭載RM5C-G60S
価格134,979 円(税込)139,980円(税込)
CPUi5-10400Core i5-11400
GPUGTX 1660GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB560B560
公式公式公式
比較対象は同じドスパラのGALLERIA RM5R-G60Sだ。実はコラボレーションモデルや推奨モデルではGTX 1660 SUPER搭載モデルが現存している。通常ラインナップにはないため見つけにくいのが難点だ。CPU・GPU・メモリ規格が上回るGALLERIA RM5C-G60Sは5,000円ほど高いだけだ。これで5,000円なら間違いなくGALLERIA RM5C-G60Sをおすすめする。

ただ、GALLERIA RM5C-G60が5,000円安いことは注目しておきたい。GTX 1660搭載モデルが存在する限り、GTX 1660 SUPERの方が安くなることはない。そのため、少しでも価格を抑えたい場合はGTX 1660搭載のGALLERIA RM5C-G60も選択肢になり得る。もちろん、このままの構成差が生じていると厳しい。

この価格差もGPUではなく、CPUの価格差とも取れる。本格的にラインナップに再登場した時、GALLERIA RM5C-G60はどういった変化を遂げるのだろうか。また、GALLERIA RM5C-G60Sは安定して販売されるかどうか分からない。選択できるうちはGALLERIA RM5C-G60Sをおすすめする。

>>GALLERIA RM5C-G60を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-G60 B560搭載)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-G60 B560搭載は、GTX 1660×Core i5-10400搭載のゲーミングPCだ。性能的にはローエンドクラス相当ということになる。つまり、フルHD環境が基準であとはタイトルごとに設定調整を行うということだ。2021年時点でもある程度通用するモデルだと言える。CPUには高コスパのCore i5-10400を搭載している。性能面の問題はないとしても価格設定が厳しくおすすめしにくい。この性能帯で税込み13万円は厳しいと言わざるを得ない。比較対象モデルを合わせて確認しておこう。

価格CPUグラボ
134,979円 (税込)Core i5-10400GTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-G60 B560搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。