GALLERIA RM5C-G60S 11400top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5C-G60S 第11世代Core搭載」の詳細レビューをまとめた。GALLERIA RM5C-G60Sは、最新のRocket Lake世代であるCore i5-11400Fを搭載している。6コア12スレッドとスペックは共通しているが、CPUコアの改善によって大きくパフォーマンスが向上した。高コスパモデルのCore i5シリーズでの性能の底上げは歓迎だ。RTX 3060搭載モデルの価格がやや高めなので税込13万円台で購入できるのは魅力的だろう。

GALLERIA RM5C-G60Sのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-G60S
価格Windows 10 / 139,980円(税込)
CPUCore i5-11400F
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 7.4

>>GALLERIA RM5C-G60Sを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-G60Sのゲーミング性能まとめ

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GeForce GTX 1660 SUPERは、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。フルHD環境なら設定次第で対応することができる。実質後継モデルに当たるグラフィックボードはまだ発売されていないため今でも現役だ。今後GeForce RTX 3050が発売されれば随時切り替わっていくだろう。性能的には同等に収まるはずだ。

Core i5-11400(CPU)

i511400seinou

Core i5-11400は、Intel第11世代の高パフォーマンスモデルだ。6コア12スレッドと従来モデルと同等のスペックながらCPUコアの改良でパフォーマンスが向上している。Core i5-10600Kを超える性能は心強い。動画編集・画像編集などを考えている方にもおすすめだ。その他WEBデザイン・ビジネス用途でも対応しやすい。

総合性能

GALLERIA RM5C-G60S 11400seinou

GALLERIA RM5C-G60S 11400F搭載(以下GALLERIA RM5C-G60S)は非常に優れたCPU性能が特徴のゲーミングPCだ。簡単なゲームプレイから負荷の高い作業までこなせるマルチタスクに適している。ゲームを中心にするにも、作業を中心にするにも扱いやすい性能だと言える。

ただし、Core i5シリーズということもあってゲームでは4K解像度は苦手で適正はない。FF14であっても快適にプレイするのは困難である。4KやWQHDのような高解像度でのゲームプレイには適していない。本領を発揮するのはフルHD環境である。フルHDであればApex Legendsやフォートナイトを快適にプレイできる性能はある。

設定次第では144Hzのような高リフレッシュレートも目指すことができる。ゲームを快適にプレイできれば設定は低くてもよいというゲーマーにおすすめのモデルだ。エントリークラスとしても選びやすいので初心者から上級者まで幅広くおすすめできる。

>>GALLERIA RM5C-G60Sを購入<<

GALLERIA RM5C-G60Sの特徴まとめ

扱いやすいライトなミドルクラスの一台

GALLERIA RM5C-G60Sは、CPUがCore i5-11400からCore i5-11400Fへ変更され、価格を削ることに重きを置いたモデルだ。2022年1月時点で全体的にゲーミングPCの価格は上がっていると考えておく必要がある。GTX 1660 SUPER搭載モデルが13万円台というのは手放しに喜べないが、現在の情勢を考えると他に選択肢がないのが実情だ。

RTX 3050が登場するまでは、この価格帯はGTX 1660 SUPERが鎮座することになるだろう。RTX 3060 Ti搭載モデルの高騰及びRTX 3060搭載モデルの価格の落ち着きからGTX 1660 SUPER搭載モデルは少し厳しい立ち位置にある。それでもまだまだRTX 3060の価格が高いことから、RTX 3060 Tiの次点となるモデルがないことには代わりはない。

GTX 1660 SUPERが復活したことで、ユーザーにとって選択肢は増えた。お得なモデルというわけではなく、消去法で選ばれたようなモデルという印象は今も強い。もう少し安くなればというのが正直なところである。ゲーミングPCの価格は全体的に上がっている中で大きな値上げが適用されていないのは大きい。最低限よりも高い性能で、選びやすいモデルというのは他に少ない。

扱いやすいライトなミドルクラスのゲーミングPCとしては存在をアピールできている。これ以上優れた変化に期待できるわけでも、強力なモデルというわけでもない。それでも、安価なミドルクラスとして見れば、初心者にも選びやすく扱いやすいモデルであるはずだ。この価格帯ではトップクラスのモデルである。

他モデルの価格上昇で相対的に評価を伸ばした

それこそ、流れで言えばRTX 3060搭載モデルと大差のない価格になってもおかしくはない。一定の価格差を保っているのはGTX 1660 SUPER搭載モデルの強みと言える。評価の指標は一新され、旧世代のモデルには厳しくなった。

評価で言えば微減しているものの、高騰や値上げを加味すれば旧基準では大幅な向上だ。現行の指標で微減は実質プラスと捉えて間違いない。扱いやすいというのは、時にデメリットにもなる要素だ。それは単純にオーバースペックにならず、性能を使い切れるということでもある。つまり、性能はそこまで高くないモデルに対して柔らかいニュアンスとしていることが多い。

GTX 1660 SUPER搭載モデルの場合は価格に特徴があることははっきりしている。扱いやすい、選びやすいモデルというのはそのままポジティブに捉えても問題はない。価格が安くてそこそこの性能を持つモデルを扱いやすいと表現している。エントリー向けのゲーミングPCに考えているなら最適な選択肢だ。

実際に性能はそこまで高くないが、高リフレッシュレートに対応できるなど、本格的なゲームプレイも可能だ。設定を下げることで対応力を広げられる。性能不足で泣きを見るようなモデルではない。今尚評価を伸ばしているのは、設定次第で最新のゲームにも対応できる性能があるからだ。他製品の価格が上がっても、性能が低ければ評価を伸ばすことはできない。相対的に評価を伸ばせるモデルには、それなりの強みがあるものだ。

>>GALLERIA RM5C-G60Sを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAMagnate
イメージRM5C-G50Magnate XJ
製品名RM5C-G60SMT
価格139,980円(税込)135,980円(税込)
CPUCore i5-11400FCore i5-11400
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB560H510
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのMagnate MTだ。GALLERIA RM5C-G60Sの比較対象として、常に登場するモデルである。ただ、今回はGALLERIA RM5C-G60Sの方が評価では上回っている。この2製品は非常によく似たモデルで、大体はMagnate MTの方が価格でリードする。今もMagnate MTの方が4,000円安いが、4,000円程度なら構成で覆すことができる。

チップセットがH510とB560ではそれなりの差が生じる。ケースデザインも考慮すればGALLERIA RM5C-G60Sを選ぶことは何もおかしくはない。6,000円以上安ければMagnate MTにも分がある。その差が縮まるほどにGALLERIA RM5C-G60Sに傾いていく。この価格差であるならGALLERIA RM5C-G60Sをおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-G60S)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-G60Sは、Intel第11世代のCore i5-11400Fを搭載したゲーミングPCだ。Core i5-11400からCPUが切り替えられた。Rocket Lake世代になってゲーム適性が向上している。グラフィックボードにはライトミドルクラスのGTX 1660 SUPERを搭載している。Core i5-11400Fとの相性もよくフルHD環境でのゲームプレイに最適だ。

Apex Legendsやフォートナイトなど比較的負荷の軽いタイトルなら余裕を持って対応できる。メモリ16GB、SSD 500GBとドスパラの定番の構成となっている。価格だけを重視するなら比較対象モデルも検討しよう。ケースデザインなど総合的に見ればGALLERIA RM5C-G60Sの方が評価は高そうだ。

価格CPUグラボ
139,980円(税込)Core i5-11400FGTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!