GALLERIA RM5C-G60Ttop


当記事では、GALLERIA RM5C-G60Tのレビューとスペックの解説を行っている。GTX 1660 Ti×Core i5-11400F搭載のゲーミングPCだ。ついにガレリアブランドでも他社製品と戦えるモデルが登場した。GALLERIA DTやGALLERIA RM5C-G60Sなど人気を博したモデルの後継モデルで注目度が高い。今後値引きされることがあれば評価はより引き上げられることになるだろう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-G60Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-G60T」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-11400F、G60T=GTX 1660 Tiということだ。

GALLERIA RM5C-G60Tのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-G60T
価格Windows 10 / 129,980円(税込)
CPUCore i5-11400F
グラフィックボードGeForce GTX 1660 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 7.3

>>GALLERIA RM5C-G60Tを購入<<

GALLERIA RM5C-G60Tの各タイトル対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-G60Tの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce GTX 1660 Ti(GPU)

gtx1660tiseinou202111

GeForce GTX 1660 Tiは、Turing世代のローエンドクラスのグラフィックボードだ。登場時はミドルクラスのモデルとして人気を得ていたが、RTX 30シリーズの登場もあって今ではローエンドクラスと考えるのがしっくりと来る。フルHD環境でならある程度対応することが可能だ。従来モデルのGTX 1060 6GBよりも20%もグラフィックス性能が向上している。

Core i5-11400F(CPU)

corei511400seinou202111

Core i5-11400Fは、Rocket Lake世代の高コスパCPUとなっている。Core i5-10400と比べて40%近くもCPU性能が向上している。6コア12スレッドとスペックは変わっていないが、CPUコアの改良でパフォーマンスが大きく引き上げられた形だ。Core i7-10700を上回る性能は素晴らしい。ゲーミングCPUとしての評価も高い。Core i5シリーズだからといって侮れないレベルまで到達している。

総合性能

GALLERIA RM5C-G60Tseinou

GALLERIA RM5C-G60TはCore i5-11400FとGTX 1660 Tiを搭載したゲーミングPCだ。性能よりも価格に特化したコストパフォーマンス重視モデルだ。フルHDなら設定次第でApex Legendsを144Hzで安定させることもできる。

扱いやすさと選びやすさが特徴で、エントリークラスとしては十分なモデルだ。設定次第で本格的なゲームプレイも可能であるため、意外とおすすめできるユーザー層は広い。一世代前のミドルクラスであり、当時人気を博した性能と同等である。

>>GALLERIA RM5C-G60Tを購入<<

GALLERIA RM5C-G60Tの特徴まとめ

ドスパラの全盛期を思わせるモデル

GALLERIA RM5C-G60Tは、かつてトップクラスの人気を博したGALLERIA DTやその後継機であるGALLERIA RM5C-G60Sを思わせるイチオシのモデルだ。圧倒的なコストパフォーマンスで当時のミドルクラスを支え、価格帯最強だったモデルだ。そのモデルを現在に蘇らせるとこうなるだろうというモデルである。

ただし、当時と比べて全体的にゲーミングPCの性能が上がったことで、評価は以前ほど高くはない。また、より強力なモデルが存在することで価格帯・性能帯で最強モデルとも言えない。それでも、現在のGALLERIAシリーズの中で、数少ないおすすめに値するモデルだ。12万円台でコストパフォーマンスの評価が6.5を上回るモデルは貴重である。今はまだ最強モデルになれなくても、高いポテンシャルを秘めているのは間違いない。

このモデルは値引きやキャンペーンで評価を上げたわけではない。長らくGTX 1660 Ti搭載モデルはGALLERIAシリーズにはなかった。ここまで優れたモデルが突然登場したのだから驚きだ。つまり、値引きで評価を上げたわけではなく、他製品よりも値上げされる可能性が低い。むしろここから値引きの可能性さえある。

もしも、値引きされると、ケース評価の高さも相まってトップクラスのモデルになれるはずだ。コストパフォーマンス重視型のGALLERIAシリーズに、何か変化が起きようとしている。幾つか優れたモデルが散見される状況だ。GALLERIAシリーズの全盛期を思わせるGALLERIA RM5C-G60Tの登場から見ても期待が持てる。

税込12万円前後はドスパラの独壇場!?

これまで、ドスパラは全体的に10万円以下の低価格帯と15万円前後のモデルに非常に強かった。ところが、今は低価格帯のモデルは全滅し、15万円前後のモデルは微妙なモデルが多い。最近になって15万円前後で1台優れたモデルが登場した程度である。ドスパラの強みであり、魅力的だったモデルは次々に消失していった。GALLERIAシリーズに至ってはおすすめできるモデルは数えるほどもない。

ただ、ここに来てミドルクラスを中心に10万円台~13万円台のモデルで、他ショップでは確実に追いつけないモデルが登場し始めている。これまで得意としてきた価格帯ではなく、少しずらした価格帯だ。また、他製品に干渉を受けにくい価格帯でもある。競合が少ない価格帯に圧倒的なモデルを登場させ、その周辺のモデルを圧倒している。

この動きから、得意な価格帯やターゲットを変えたのではないかと思われる。それこそ、GALLERIA RM5C-G60Tはここ最近まで得意とは言えない価格帯のモデルだ。それが一気にトップモデルに追いつくような存在となっている。この違和感もあり、ドスパラに掛かる期待は12万円台前後が本命なのではないかと見ている。GALLERIA RM5C-G60Tは今のGALLERIAシリーズを象徴するようなモデルだ。

しばらく影の薄かったGALLERIAシリーズの復活の切っ掛けになるかもしれない。これからも注目したいモデルである。ただ、比較対象に優れたモデルをピックアップしている。当面はそちらのモデルと比べてどうかということになるだろう。GALLERIA RM5C-G60Tを候補に加えたなら、必ずチェックしておいてほしい。

>>GALLERIA RM5C-G60Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAraytrek
画像RM5C-G50raytrek ZFtop
製品名RM5C-G60TXTM-Ti
ケースミニミニ
価格129,980円(税込)109,980円(税込)
CPUCore i5-11400FCore i5-11400
GPUGTX 1660 TiGTX 1660 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザボB560H510
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのクリエイター向けPCであるraytrek XTM-Tiだ。基本的な性能はGALLERIA RM5C-G60Tと同等である。チップセットが落ちる代わりに価格が2万円値引きされたような形だ。それだけで、2万円も安くなるということは基本的にない。コストパフォーマンスを重視するならraytrek XTM-Tiが圧倒している。

GALLERIA RM5C-G60Tはケースデザインではリードしている。よほどデザイン性を重視しない限りはraytrek XTM-Tiをおすすめする。価格差が1万円を切れば、ケースデザインを重視した選択としてGALLERIA RM5C-G60Tでも悪くない。それまではraytrek XTM-Tiをおすすめする。

>>GALLERIA RM5C-G60Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-G60T)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-G60Tは、GTX 1660 Ti×Core i5-11400F搭載のゲーミングPCだ。ローエンドクラスで税込12万円台という価格設定はドスパラの復権に繋がるかもしれない。ここ数ヶ月はこの価格帯で魅力的なモデルがほとんどなかったため攻める価格帯としては素晴らしい。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方に最適だ。今は比較対象モデルの方が優れているが、今後変化があればその形も変わる可能性がある。メモリ16GB、SSD 512GBという構成は最近では定番だ。

価格CPUグラボ
129,980円 (税込)Core i5-11400FGTX1660Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-G60Tを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。