GALLERIA RM5C-R36-10thtop


当記事では、GALLERIA RM5C-R36第10世代のレビューとスペックの解説を行っている。RTX 3060×Core i5-10400搭載のゲーミングPCだ。旧モデルのCPUを搭載することで価格を抑えていたが、1万円の値上げが適用となってしまっている。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R26」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-10400、R36=RTX 3060ということだ。

GALLERIA RM5C-R36第10世代のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-R36第10世代
価格Windows 10 / 159,980円(税込)
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆ 5.1

>>GALLERIA RM5C-R36第10世代を購入<<

GALLERIA RM5C-R36第10世代の各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36第10世代の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代のミドルクラスグラフィックボードだ。従来モデルのRTX 2060 SUPERよりもゲーミング性能は高い。フルHD環境でのゲームプレイを得意としている。タイトル次第ではWQHD環境以上にも対応可能だ。GPUメモリ容量が12GBとRTX 3080よりも多いのは心強い。高解像度でのゲームプレイ時などに威力を発揮する。レイトレーシング性能は大幅に向上している。

Core i5-10400(CPU)

corei5-10400seinou

Core i5-10400は、Intel第10世代のCPUとなっている。6コア12スレッドとマルチスレッド性能は高めだ。動画編集や画像編集などでも極端にストレスを感じることはないはずだ。Ryzen 5 3600よりはパフォーマンスは高いが、最新のRyzen 5 5600Xと比べると見劣りしてしまう。それでも価格的な優位さがあるため今でも搭載されることが多い。

総合性能

GALLERIA RM5C-R36-10thseinou

GALLERIA RM5C-R36はCore i5-10400とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。旧世代のCore i5-10400はRTX 3060に対してベストなCPUとは言えない。それでも、性能が不足してパフォーマンスが発揮できないというほどではない。コストパフォーマンスを重視するなら悪くない組み合わせだ。

RTX 3060の性能は4Kのような高解像度に適したGPUではない。フルHDでのゲームプレイが基本だ。その点からもCore i5-10400はまずまずの相性だ。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイすることが可能だ。本格的なゲームプレイを視野に入れているならおすすめだ。ゲーム以外の用途をあまりメインに考えていないなら扱いやすいはずだ。

>>GALLERIA RM5C-R36第10世代を購入<<

GALLERIA RM5C-R36第10世代の特徴まとめ

値上げ後も変わらずスタンダードなミドルクラス

GALLERIA RM5C-R36は1万円の値上げが適用された。評価は当然落ちたが、標準的なスコアである。ゲーミングPCで最も人気の価格帯は15万円台ということもあってその枠組みに収まるGALLERIA RM5C-R36は意外と注目度が高い。現在のゲーミングPC全体の標準とも言えるのでGALLERIA RM5C-R36を基準に選択したい。基準となるモデルである一方で、選択肢としてはそれほど優秀ではない。

もともと149,980円だったモデルが1万円の値上げで評価を僅かながら落としている。標準よりも高い位置から標準に落ちたモデルである。本来であればもっと上を目指せるモデルだ。今が最も高値で販売されているとも言えるのでおすすめしにくい。ドスパラ製品は価格の変化が激しい、その分だけ値下げされる可能性も高い。

もしもGALLERIA RM5C-R36を選択するなら価格が下がってからの方がいい。15万円台には強力な製品があり、どうしても比較対象に比べて見劣りしてしまう。GALLERIA RM5C-R36は価格を抑えてこそのミドルクラスだ。価格と性能と構成で負けてしまうと何の魅力もない。せめて価格でリードできれば性能も構成も妥当になる。

14万円台に突入するまでは様子を見つつ、別のモデルを検討しておく方がいい。スタンダードであることが現在のGALLERIA RM5C-R36の主張できるところだ。そのまま選ぶより、他製品と比べるためのモデルとして見ておきたい。もう少し評価が高まれば安心しておすすめできるモデルになる。

平凡で扱いやすいモデル

GALLERIA RM5C-R36は選択するにはこれと言った強みがない。性能・構成・価格とどれを取ってもほどほどだ。魅力がないように思えるかもしれないが、性能がほどほどであるのは扱いやすいにつながる。プレイするゲームタイトルが決まっているなら無駄にならない性能というのは重要だ。必要な性能よりも大きく上回る性能はオーバースペックとなり無駄になる。そして、高性能である分だけ価格も高くなる。

高価なモデルはよいモデルと考えて選択するよりもその分コストを抑えた方が経済的にも好ましい。ライトなゲームプレイを考えているならGALLERIA RM5C-R36は無駄のない優れた性能と言える。ただし、価格を度外視した考え方であるため、コストパフォーマンスに優れた選択にはならない。あくまでもGALLERIA RM5C-R36の性能は扱いやすいというだけだ。

コスパ重視で選びたいなら避けるべきだろう。その他GALLERIA RM5C-R36を避けるべきときがあるとすれば同価格帯により優れた性能を持つモデルがある場合だ。GALLERIA RM5C-R36より価格が高いモデルが性能も高いのは当然だ。同じ価格帯であるなら性能は高い方がよく、構成も充実している方がいい。

ミドルクラスのゲーミングPCの中で、GALLERIA RM5C-R36はトップに立てるモデルではない。前述の通り、この価格帯でより優れたモデルを探すための基準として見ておく方がいいだろう。現時点でGALLERIA RM5C-R36を候補に加えているなら、比較対象のモデルをチェックしてほしい。それでもGALLERIA RM5C-R36を選ぶなら、扱いやすいモデルなのでそれほど悪いことではない。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAHP
画像RM5C-G50Pavilion Gaming Desktop
製品名RM5C-R36第10世代Pavilion TG01
ケースミニミニ
価格159,980円(税込)159,800円(税込)
CPUCore i5-10400Core i7-10700F
GPURTX 3060RTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE500W GOLD
マザボB560H470
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はHPの価格.com限定モデルだ。CPU・GPU・メモリ規格・HDD・チップセットで上回りながら同じ価格帯である。唯一電源容量だけは落ちるが、大した問題ではない。CPUとGPU性能的にハイクラスのモデルだ。ワンランク上のモデルが同じ価格帯であることがGALLERIA RM5C-R36にとって最も厳しい現実だ。

価格.com限定モデルの弱点は出荷に1ヶ月以上掛かることだ。GALLERIA RM5C-R36が最短翌日出荷なのでその差は歴然である。待てるなら価格.com限定モデルが圧倒的だが、待てないならGALLERIA RM5C-R36も悪くない。時間に余裕があるかないかで選択肢は変わる。基本的には価格.com限定モデルがおすすめである。

>>GALLERIA RM5C-R36第10世代を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36第10世代は、RTX 3060×Core i5-10400搭載のゲーミングPCだ。税込み15万円台という価格設定は多くのユーザーにとって魅力的だろう。標準的なモデルでコストパフォーマンスに優れているというわけではない。ゲーミング性能自体はミドルクラスの鉄板とも言えフルHD環境に適している。タイトルや設定次第では高解像度にも対応可能だ。Ampere世代のグラフィックボードということでレイトレーシング性能も高く将来性は高い。

価格CPUグラボ
159,980円(税込)Core i5-10400RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36第10世代を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。