GALLERIA RM5C-R36top


当記事では、GALLERIA RM5C-R36 第11世代Core搭載のレビューとスペックの解説を行っている。ミドルクラスで人気の高いRTX 3060を搭載したゲーミングPCだ。CPUにCore i5-11400を選択することで価格が抑えれていて評価を伸びしている。164,980円→149,980円の値下げは評価に与えるインパクトが大きい。税込15万円前後の予算を持っている方は要チェックだ。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-11400、R36=RTX 3060ということだ。

GALLERIA RM5C-R36のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-R36 第11世代Core搭載
価格Windows 10 / 149,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 7.4

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36 第11世代Core搭載の各タイトル対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36 第11世代Core搭載の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinou

GeForce RTX 3060は、2021年2月26日に発売されたグラフィックボードだ。RTX 3090・RTX 3080・RTX 3070・RTX 3060 Tiに次いで5番目のAmpere世代のモデルとなっている。前世代のRTX 2060 SUPERと同等のゲーミング性能でフルHD環境への適性が高い。レイトレーシング性能も向上している。Core i5-11400との相性はそこそこといったところだろうか。高リフレッシュレートでのゲームプレイを考えているなら好ましいとは言えない。

Core i5-11400(CPU)

i511400seinou

Core i5-11400は、6コア12スレッドで価格が抑えられた高コスパが魅力のCPUだ。従来モデルよりもCPUコアが改良されパフォーマンスが向上した。Core i7シリーズには及ばないものの動画編集や画像編集でもある程度対応することができる。趣味程度であればおすすめしやすい。ゲーミングPCでは15万円以下のモデルを探すとこのCore i5-11400を搭載したモデルが多いことに気付くはずだ。

総合性能

GALLERIA RM5C-R36seinou

GALLERIA RM5C-R36 第11世代Core搭載はCore i5-11400とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。従来よりも性能が向上したCore i5-11400は、ゲームプレイにもよい影響を与える。FF14を最高設定の4KでプレイするにはGPU性能が少し足りない。しかし、CPU性能は要求スペックを満たしている。標準設定程度でなら安定させることができるだろう。

CPU性能の向上はフレームレートの安定に繋がる。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイするには最適な性能だ。Core i5でも本格的なゲームプレイが可能となる。RTX 3060の性能をうまく引き出せるのでコアなゲーマーにも受け入れられやすい。新しくなったGALLERIA RM5C-R36は性能的におすすめしやすいミドルクラスだ。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36 第11世代Core搭載の特徴まとめ

大幅な値引きで評価急上昇

GALLERIA RM5C-R36 第11世代Core搭載は、RTX 3060×Core i5-11400搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。1.5万円の値引きが適用となり評価急上昇中となっている。様々なキャンペーンでじわじわと評価を高めていたが、ある一定の価格からはなかなか抜け出せず、値上げとキャンペーンで揺れ動いていた。

今回の値下げももしかすると単なるキャンペーンなのかもしれない。いずれにしても、Core i5とRTX 3060の組み合わせで15万円を切ったのは大きい。ドスパラはキャンペーンで下がった価格まで、もう一度下がる傾向がある。一度ここまで下がってしまえば、この価格を基準に評価できる。価格が戻ってしまっても、狙い目となる価格が分かっていれば様子を見ることもできる。

GALLERIA RM5C-R36の価格は乱高下が激しく、それでもGALLERIAシリーズの中では抑えられている方だった。第12世代が上手く定着したこともあり、第11世代を搭載したモデルは価格の調整がやりやすくなったのだろうか。それとも、第11世代のモデルもある程度絞って、世代交代を考えているのだろうか。

第11世代と第12世代の性能差を考えるとまだ世代交代は早そうなのでそれは考えにくい。何にしても、ユーザーにとっては値引きされることはマイナスにはならない。扱いやすいモデルが選びやすい価格で登場することは歓迎したい。他製品にもよい影響が出る可能性があるからだ。

ただし、すでに他製品の中にはCore i5とRTX 3060の組み合わせで15万円を切るモデルもある。少し出遅れながらも、GALLERIAというブランドを優先したいユーザーもいるだろう。他製品を追い抜くことはできなくても、並ぶことができたのは非常に大きい。これからにも期待できるモデルである。

選択は早めをおすすめしたい

前述の通り、おそらく今回の値下げはキャンペーンによるものだ。現在のドスパラはキャンペーンを表記しなくなっているので、価格の変化は大体がキャンペーンだ。価格が抑えられ、評価が高まっている状態で選択できることができるに越したことはない。購入予定であるなら、この価格のうちに選択してほしい。次にこの価格になるのはいつになるか分からない。

ただ、15万円を切るミドルクラスは他にいくつかある。比較対象には同等の性能を持つモデルをピックアップしている。価格が安いうちに選択できなかった場合は、そちらも検討してほしい。GALLERIA RM5C-R36 第11世代Core搭載はいつもおすすめできるモデルではない。対して、比較対象のモデルは常に価格が安定しているので選びやすい。

タイミングによってはGALLERIA RM5C-R36よりも圧倒的に選びやすいモデルになるだろう。GALLERIA RM5C-R36を候補に加えているなら、なるべく早く選択する方がいい。そして、タイミングを逃したら比較対象のモデルをチェックしてほしい。他ショップの動向から見ても、ここから大幅な値下げは期待しにくい。

数ヶ月先になれば値下げはあるかもしれないが、RTX 3050が存在する以上ここが底値と考えても不思議ではない。これ以上の値下げにはあまり期待はしない方がいい。そういった意味でも選択は早めをおすすめする。他製品であれば14万円台は珍しくなくても、GALLERIA RM5C-R36が14万円台に落ち着くのはしばらく先になる。キャンペーンでも何でも、価格が下がっている今が大きなチャンスと言える。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
画像RM5C-G50nextgear-micro
製品名RM5C-R36第11世代TD-B
ケースミニミニ
価格149,980円(税込)149,800円(税込)
CPUCore i5-11400Core i5-11400F
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザボB560B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Bだ。基本的にこの2製品は同等の評価である。CPUがCore i5-11400とCore i5-11400Fであること、ストレージ構成と電源容量が異なることが違いとして挙げられる。しかし、これらは同等の範囲である。細かく言えばマザーボードのメーカーや仕様が違う程度で、評価の上では同等のモデルだ。

NVMe 500GBか、NVMe 256GB + HDD 1TBかの違いで選ぶくらいがちょうどいい。HDD 1TBがあることで、動画などのアクセス時にしか読み込みが発生しないファイルを保存しやすい。逆に、読み込みが頻発するようなファイルはSSDに保存したい。どちらのファイルをメインにするかで選択肢は変わりそうだ。

ゲームを多く保存するならGALLERIA RM5C-R36、配信や動画投稿を行うならG-Tune TD-Bだろうか。特徴があると言っても大きな差ではないので、同じ価格帯であるなら好みで選んでもいい。ただ、GALLERIA RM5C-R36の価格が上がったらG-Tune TD-Bを強くおすすめしたい。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36は、Intel第11世代のCore i5-11400を搭載したゲーミングPCだ。キャンペーン価格が適用となったためか15,000円安くなって評価急上昇中のモデルとなっている。従来モデルを踏襲しながらもクロック周波数の引き上げでCPU性能は向上している。メモリ規格がアップグレードされるなどプラスの側面が大きい。

その上でミドルクラスのRTX 3060を搭載していてゲーム適性は高い。Core i5-11400とのバランスもよい。RTX 3060は、ミドルクラスとして人気の高い60番台のグラフィックボードで前世代のRTX 2060 SUPERと同等のゲーミング性能を持っている。レイトレーシングやDLSS性能は大きく向上している。メモリ16GB、SSD 500GBという構成はドスパラでは定番だ。

価格CPUグラボ
149,980円(税込)Core i5-11400RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。