GALLERIA RM5C-R36top


当記事では、GALLERIA RM5C-R36のレビューとスペックの解説を行っている。最新のRTX 3060を搭載したゲーミングPCだ。CPUにCore i5-11400を選択することで価格を抑えている。Intel第11世代CPUの搭載でメモリ規格もアップグレードされた。高解像度や高リフレッシュレートにこだわらないのであれば選択肢にいれてもよい。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-11400、R36=RTX 3060ということだ。

GALLERIA RM5C-R36のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-R36
価格145,979円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★☆☆8.0

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36の各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36の性能まとめ

GALLERIA RM5C-R36seinou

GALLERIA RM5C-R36はCore i5-11400とRTX 3060を搭載した最新のミドルクラスのゲーミングPCだ。従来よりも性能が向上したCore i5-11400は、ゲームプレイにもよい影響を与える。FF14を最高設定の4KでプレイするにはGPU性能が少し足りない。しかし、CPU性能は要求スペックを満たしている。標準設定程度でなら安定させることができるだろう。

CPU性能の向上はフレームレートの安定に繋がる。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイするには最適な性能だ。Core i5でも本格的なゲームプレイが可能となる。RTX 3060の性能をうまく引き出せるのでコアなゲーマーにも受け入れられやすい。新しくなったGALLERIA RM5C-R36は性能的におすすめしやすいミドルクラスだ。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36の特徴まとめ

リニューアルで評価向上も今後に不安

GALLERIA RM5C-R36は、CPUがCore i5-10400から最新のCore i5-11400搭載へリニューアルされた。これにより第11世代搭載CPUの恩恵を受けることができる。チップセットはB560に換装され、それに伴いメモリ規格にはDDR4-3200が採用された。CPUが変わったことで構成もプラスの影響を受けた。

価格も少しだけ高くなっている。評価は上がったものの、この高い評価は一時的なものになる可能性がある。登場間もない最新モデルは登場時の価格で最適化されるので評価が高くなりやすい。少し時間が経つとCore i5-11400とRTX 3060搭載モデルのラインナップは増えてくるだろう。そのタイミングで評価は最初の最適化を受けることになる。

価格に変化がなければ評価は徐々に下がっていく仕組みだ。GALLERIA RM5C-R36の価格は2021年4月時点で税込145,979円である。ドスパラのリニューアルモデルなどは税込xx9,980円というように、従来の税抜表記と合わせる形で価格を設定している。

ところが、GALLERIA RM5C-R36は非常に中途半端な価格だ。つまり、GALLERIA RM5C-R36はここから再度価格の変更が行われるはずだ。値上げとなるか、値引きとなるかで今後の評価は大きく変わるだろう。最新のCore i5-11400搭載としてリニューアルされ、評価は従来よりも伸びた。その一方で、価格や評価が今後どうなっていくのか分からない不安要素を残している。

順当に価格が下がればRTX 3060搭載モデルを代表する製品になれる。価格が下がり切らなければ凡庸な製品として埋もれていくことになる。今選択する分には何の問題もない。ただ、価格が表記より高くなっていないかだけ注意してほしい。

価格が下がれば狙い目となってくる

GALLERIA RM5C-R36は前述のように不安要素を残している。ただ、もしも価格が下がり税込13万円台に突入するようなことになれば一気に狙い目のモデルになる。現在税込13万円台には主力となれる製品が存在していない。厳密に言えば強力なモデルはあったが、GALLERIA RM5C-R36に対抗できるほどの製品ではない。

特に今は価格の高騰で税込15万円以下のモデルは不安定な状態だ。この空白地帯にうまく収まれば価格帯最強のモデルとして長く君臨できるはずだ。1万円引きは期待できなくても6,000円引きくらいは期待できる。コストパフォーマンスを維持するのではなく、伸ばすことができればRTX 3060搭載最強のモデルにもなる。

今のGALLERIA RM5C-R36ほど両極端のモデルもない。今後に不安と期待が入り混じっている状態だ。ただし、これまでの傾向や現在の市場の状況から見て好転する可能性の方が少し低いように感じる。価格は下がっても税込13万円台に届かないかもしれない。そうなればよいという程度で、期待し過ぎな部分も否めない。

現在のRTX 3060搭載モデルの価格は高くなりすぎだ。Core i5-11400の性能であればCore i7には届かなくても十分選択に値する。RTX 3060とのベストな組み合わせはCore i5-11400と言ってもいい。GALLERIA RM5C-R36は不安定な価格に一石を投じるモデルになれるポテンシャルがある。価格の推移には注目しておきたい。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAPavilion Gaming
画像RM5C-G50Pavilion Gaming Desktop
製品名RM5C-R36Desktop TG01
価格.com限定
ケースミニミニ
価格145,979円(税込)132,800円(税込)
CPUCore i5-11400Core i7-10700F
GPURTX 3060RTX 2060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載2TB
電源650W BRONZE500W GOLD
マザボB560H470
公式公式公式
レビュー当ページ詳細
比較対象はHPのPavilion Gaming Desktop TG01価格.com限定モデルだ。税込13万円台で最も優れたモデルである。GALLERIA RM5C-R36はこの価格.com限定モデルに対抗できる製品にならなくてはならない。CPU性能では劣っていても、GPU性能で上回る。価格差は13,000円ほど開いている。構成と価格でリードする価格.com限定モデルに対抗するにはまずは価格で並ばなければ話にならない。

今はGPUを重視するならGALLERIA RM5C-R36、総合的な評価を重視するなら価格.com限定モデルだ。まだ少しGALLERIA RM5C-R36にとって分が悪い。ただし、価格.com限定モデルは出荷日が未定である。製品では劣っていても納期では確実にGALLERIA RM5C-R36だ。現実的に選択するならGALLERIA RM5C-R36だろう。

それでも、評価でも上回る可能性があるので、そのタイミングを待ちたい気もする。選択して後悔するものではないので、今選択するとしてもGALLERIA RM5C-R36だ。もう少し待てば評価でも上回れるかもしれない。逆に引き離される可能性もあるので今のうちに選んでおく方が無難だろうか。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36は、2021年3月末に登場したばかりの新しいCPUを搭載したゲーミングPCだ。従来モデルを踏襲しながらもクロック周波数の引き上げでCPU性能は向上している。メモリ規格がアップグレードされるなどプラスの側面が大きい。その上で2021年2月に発売されたRTX 3060も搭載していて新しいものづくしだ。Core i5-11400とのバランスもよい。

RTX 3060は、ミドルクラスとして人気の高い60番台のグラフィックボードで前世代のRTX 2060 SUPERと同等のゲーミング性能を持っている。メモリ16GB、SSD 512GBという構成はドスパラでは定番だ。ストレージなど必要に応じてカスタマイズを検討しよう。

価格CPUグラボ
145,979円(税込)Core i5-10400FRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。