GALLERIA RM5C-R36top


当記事では、GALLERIA RM5C-R36のレビューとスペックの解説を行っている。最新のRTX 3060を搭載したゲーミングPCだ。CPUにCore i5-11400を選択することで価格を抑えるはずが価格がt書くおすすめ度は低い。Intel第11世代CPUの搭載でメモリ規格もアップグレードされた。高解像度や高リフレッシュレートにこだわらないのであれば候補に入るだろう。ここ最近は価格の変動が激しくおすすめできない状態が続いている。比較対象モデルを確認しておこう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-11400、R36=RTX 3060ということだ。

GALLERIA RM5C-R36のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-R36
価格Windows 10 / 174,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★☆☆☆☆3.9

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36の各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinou

GeForce RTX 3060は、2021年2月26日に発売されたグラフィックボードだ。RTX 3090・RTX 3080・RTX 3070・RTX 3060 Tiに次いで5番目のAmpere世代のモデルとなっている。前世代のRTX 2060 SUPERと同等のゲーミング性能でフルHD環境への適性が高い。レイトレーシング性能も向上している。Core i5-11400との相性はそこそこといったところだろうか。高リフレッシュレートでのゲームプレイを考えているなら好ましいとは言えない。

Core i5-11400(CPU)

i511400seinou

Core i5-11400は、6コア12スレッドで価格が抑えられた高コスパが魅力のCPUだ。従来モデルよりもCPUコアが改良されパフォーマンスが向上した。Core i7シリーズには及ばないものの動画編集や画像編集でもある程度対応することができる。趣味程度であればおすすめしやすい。ゲーミングPCでは15万円以下のモデルを探すとこのCore i5-11400を搭載したモデルが多いことに気付くはずだ。

総合性能

GALLERIA RM5C-R36seinou

GALLERIA RM5C-R36はCore i5-11400とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。従来よりも性能が向上したCore i5-11400は、ゲームプレイにもよい影響を与える。FF14を最高設定の4KでプレイするにはGPU性能が少し足りない。しかし、CPU性能は要求スペックを満たしている。標準設定程度でなら安定させることができるだろう。

CPU性能の向上はフレームレートの安定に繋がる。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイするには最適な性能だ。Core i5でも本格的なゲームプレイが可能となる。RTX 3060の性能をうまく引き出せるのでコアなゲーマーにも受け入れられやすい。新しくなったGALLERIA RM5C-R36は性能的におすすめしやすいミドルクラスだ。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36の特徴まとめ

価格不安定で様子を見たいモデル

GALLERIA RM5C-R36は9,000円引きから1万円の値上げとなり評価は下がっていた。それに加えてさらに9,000円の値上げが適用で評価は大きく下がることになっている。今回の値上げは、評価が下がったことよりも価格の不安定さが目を引く。例え優れたモデルでも頻繁に価格が上下すると選択するタイミングが難しい。

これからも値下げと値上げを繰り返していくと思われる。GALLERIA RM5C-R36はRTX 3060搭載モデルの中でも特別優れたモデルではない。選択するタイミングを待つメリットもないので別のモデルをチェックしたい。今のRTX 3060はRTX 3060 Tiよりも高価である。性能で上回るモデルよりも価格が高い。この時点でRTX 3060搭載モデルを選択する時期ではないことが分かる。

本来であればCore i5とRTX 3060を搭載したモデルはコストパフォーマンスに特化したモデルである。それが価格の高騰によりコストパフォーマンスが低下し、選択するメリットのないモデルとなった。これはGALLERIA RM5C-R36に限った話ではなく、今のRTX 3060搭載モデルに優れたモデルは数える程度しかない。今やRTX 3060搭載モデルが20万円を超えるものも珍しくないほどだ。

ミドルクラスの王道だったモデルは、価格の上ではハイクラスに並んでしまっている。この価格の乱高下が収まり、適正価格に戻るまではGALLERIA RM5C-R36を始めとしたRTX 3060搭載モデルは避ける方が無難だ。中にはおすすめしやすいモデルはあるものの、この価格帯のモデルをチェックしていたなら比較対象はハイクラスのモデルになる。

徐々に評価は下がっている

GALLERIA RM5C-R36はすでに見てきたとおり評価が下がり続けているモデルとなっている。Intel第11世代のCore i5を搭載しているのだがその強みを活かせていない。Core i5-11400の性能は第10世代のCore i7-10700に匹敵する性能だ。そのポテンシャルの高さから、一時はCore i5がCore i7に取って代わる時代が来ると目されていた。実際にはCore i7やCore i9の性能の高さが突き抜けていて、Core i5の魅力が霞んでしまった。

これと同じ現象が既に起きようとしている。Intel第12世代Core iシリーズの登場である。Core i5-12400はまだ登場していないが、Core i5-11400を簡単に抜き去る優れた性能を有しているのは間違いない。この第12世代の登場により、第11世代搭載モデルは魅力を失いつつある。ただ、Core i7にしても第11世代搭載モデルは値引きで対応している。第12世代よりも価格が安くなれば選択するメリットが出てくるからだ。

Core i7-11700搭載モデルは徐々に価格が落ち、評価を底上げしている動きが見える。そんな中で価格を上げているGALLERIA RM5C-R36は、ここから評価が上がるとは考えにくい。おそらくこのまま転落していくことになるだろう。第12世代の登場でいち早く価格を下げなくてはならないCore i5搭載モデルで値上げしてしまうのは致命的だ。

第10世代の取り扱いが終了した時点で、多くのユーザーはCore i5-11400搭載モデルの値下げに期待したはずだ。Core i5-11400の値下げ額よりも、RTX 3060の値上げ額が上回った形かもしれない。何にしても、GALLERIA RM5C-R36をおすすめできるタイミングは相当長く来ないと思われる。比較対象のモデルをチェックしておいてほしい。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
画像RM5C-G50nextgear-micro
製品名RM5C-R36第11世代TD-S
ケースミニミニ
価格174,980円(税込)169,800円(税込)
CPUCore i5-11400Core i7-10700F
GPURTX 3060RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザボB560B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。価格が逆転してしまったならG-Tune TD-Sを選択することに何のデメリットもない。CPU性能は同等、ただしコア数などの関係でゲーム以外ではCore i7-10700Fに分がある。その他も世代が古いくらいで同等の構成だ。

一番大きな違いは搭載しているGPUだ。G-Tune TD-SはRTX 3060 Tiを搭載している。ハイクラスの中心となるGPUで、型番は似ていても性能は大きく異なる。ゲーム性能では圧倒的な開きがあるため、価格が2万円安くならない限りはG-Tune TD-Sを選ぶ方がいい。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36は、2021年3月末に登場したCPU Core i5-11400を搭載したゲーミングPCだ。従来モデルを踏襲しながらもクロック周波数の引き上げでCPU性能は向上している。メモリ規格がアップグレードされるなどプラスの側面が大きい。その上でミドルクラスのRTX 3060を搭載していてゲーム適性は高い。Core i5-11400とのバランスもよい。

RTX 3060は、ミドルクラスとして人気の高い60番台のグラフィックボードで前世代のRTX 2060 SUPERと同等のゲーミング性能を持っている。レイトレーシングやDLSS性能は大きく向上している。メモリ16GB、SSD 500GBという構成はドスパラでは定番だ。価格が不安定で評価が安定しない。今は比較対象モデルを確認しておくのがよいだろう。

価格CPUグラボ
174,980円(税込)Core i5-11400RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。