GALLERIA RM5C-R36Ttop


当記事では、GALLERIA RM5C-R36T B560搭載のレビューとスペックの解説を行っている。RTX 3060 Ti×i5-10400F搭載のゲーミングPCだ。ゲーミング性能ではワンランクに留まらずツーランク以上引き上げられている。フルHD環境でのゲームプレイを考えているなら魅力的な選択肢になるだろう。

現状相場からかけ離れた価格設定となっているため近い内に値上げされるはずだ。想定通り値上げが適用となり今は魅力に乏しいモデルに成り下がってしまっている。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36T」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-10400F、R60T=RTX 3060 Tiということだ。

GALLERIA RM5C-R36Tのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-R36T B560搭載
価格Windows 10 / 174,980円(税込)
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★☆☆☆☆5.8

>>GALLERIA RM5C-R36T B560搭載を購入<<

GALLERIA RM5C-R36Tの各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36T B560搭載の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

RTX 3060 Tiは、Tensor世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。テーブルを見るとわかるとおり60番台でも前世代のRTX 2080 SUPERを超えるゲーミング性能を持っている。RTX 3070寄りの高い性能を誇る。フルHD環境やWQHD環境がターゲットとのモデルだ。フルHD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイもできる。これでRTX 2060 SUPER搭載モデル並みの価格に抑えられているのはさすがだ。NVIDIAとドスパラの努力の結果だと言える。

Core i5-10400F(CPU)

corei5-10400seinou

Core i5-10400Fは、Intel第10世代のCPUだ。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことで前世代のCore i5-9400から強化されている。ゲーミング用途で考えるなら最低でもこのモデルを選びたい。後継モデルのCore i5-11400と比べても見劣りしない。動画編集や画像編集などのクリエイター作業でも通用するCPUだ。低価格帯のモデルを探すとCore i5-10400Fを採用しているケースが多い。ゲームプレイに最低限の性能を持ちつつ価格も抑えられているのがポイントだ。

総合性能

GALLERIA RM5C-R36Tseinou

GALLERIA RM5C-R36Tはハイクラスと言える性能を持つゲーミングPCだ。RTX 3060にTiが付くだけでRTX 3070に匹敵するパフォーマンスになる。この圧倒的な性能で、ゲームへの対応力を高めている。GPU性能を活かした用途が増えた今となっては、多少CPU性能が低いこと自体はデメリットになりにくい。

ただ、あくまでもそれはGPU性能を活かすことが目的であって、CPU性能が要求される用途には適していない。FF14を4Kでプレイする場合、GPU性能はクリアできていてもCPU性能が少し足りない。RTX 3060 Tiの性能はWQHDや高リフレッシュレートのフルHDに最適だ。しかし、ここでもCPU性能が少し足を引っ張り、Apex Legendsを最高設定+144Hzで安定させにくい。

最新のタイトルの中には要求されるGPU性能の割に、CPUは比較的ライトなものもある。今後のゲーム事情を考えるとCore i5とRTX 3060 Tiはオーソドックスなミドルクラスとなっていくかもしれない。性能的には扱いやすいので、ワンランク上の環境を構築できるエントリークラスとして見ても悪くないだろう。

>>GALLERIA RM5C-R36T B560搭載を購入<<

GALLERIA RM5C-R36T B560搭載の特徴まとめ

2.5万円の値上げで凡庸なモデルへ

RTX 3060 Ti搭載モデルが復活し、大きなインパクトを残したGALLERIA RM5C-R36Tも当然のように値上げされた。これは、値上げというよりも登場時にキャンペーンが行われたような形だろう。つまり、これまでの価格が特殊でこの価格が正常ということだ。RTX 3060 Ti搭載のトップモデルにまで駆け上がったが、一瞬にして転落した。ただ、これは予想ができたことで予定調和と言える。

理想を言えばRTX 3060搭載モデルを値下げし、RTX 3060 Ti搭載モデルはそのままであればよかった。不可能だとわかりつつも少し残念だ。今回の価格変更はRTX 3060 Ti搭載モデルへの注目度を下げ、人気を低迷させるには十分だ。ハイクラスの新たな選択肢が登場するかとも期待したが、3万円近い上昇はフォローできない。価格が上昇するのは当然だとしても、もう少し抑えられなかったものか。

現時点でRTX 3060 Ti搭載モデルを選択する理由はなくなった。上位のCore i7やRyzen 7搭載モデルだけではなく、Core i5やRyzen 5搭載モデルでもだ。RTX 3070搭載モデルに手が届きそうな価格はRTX 3060 Ti搭載モデルの弱点だ。

この弱点をいかに乗り越えられるかでモデルの評価は変わってくる。上位モデルと同等の価格になると地雷モデルと言えてしまう。もう少し特性を活かせる価格に収まれば評価は違っていたはずだ。RTX 3060 TiはRTX 3070より安いことが強みだ。そしてCore i5を搭載するなら、価格で勝負できなくてはならない。それができない以上、GALLERIA RM5C-R36Tの選択は見送るべきだ。

競合モデルの引き立て役になっている

GALLERIA RM5C-R36Tは一時的に価格帯最強のゲーミングPCにまでなった。これからが期待されていたわけではない。おそらく価格は上がると考えていた。しかし、その期間はあまりにも短かった。一気に値上げされたことで価格帯にぽっかり穴が空いた。17万円台では凡庸なモデルとして注目もされなくなりつつある。

そんな中、GALLERIA RM5C-R36Tがいる17万円台に強力なモデルが登場した。これにより、GALLERIA RM5C-R36Tは最強モデルから引き立て役に回ることになっている。しかも、ドスパラではない製品に対しての引き立て役だ。これはGALLERIA RM5C-R36Tにとって屈辱でしかない。そのモデルは比較対象に登場するのでチェックしておいてほしい。

もしもGALLERIA RM5C-R36Tを候補に加えていたなら、比較となるモデルは気に入るはずだ。17万円台最強のモデルとして君臨しているので、予算内なら誰にでもおすすめできる。一方のGALLERIA RM5C-R36Tはここから逆転するだけの力は残っているのだろうか。

これまでの傾向から、GALLERIAのRシリーズは変動こそ大きいものの、よい方向ヘはなかなか進まない印象がある。もしも、14万円台に返り咲けるのなら、その時は再評価されていくはずだ。少なくとも、この価格帯でGALLERIA RM5C-R36Tにできることは引き立て役くらいだ。今は避けるべきモデルである。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIADell
イメージRM5C-G50XPSplatinumplus
製品名RM5C-R36TXPS プラチナプラス
価格149,980円(税込)214,980円(税込)
171,984円(税込)
CPUCore i5-10400Core i7-11700
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載1TB
電源650W BRONZE500W
マザーボードB560H470
公式公式公式
比較対象はDELLのRTX 3060 Ti搭載モデルXPS デスクトップ プラチナプラスだ。ほぼ常時キャンペーンが適用されているので、キャンペーンありきの比較である。CPU性能では圧倒的な差をつけ、ストレージ容量とメモリ規格でも上回る。そして価格は3,000円ほど安い。キャンペーンありきとは言え、これほど強力なモデルと並んでしまっては厳しい。

GALLERIA RM5C-R36Tの主張は電源くらいだ。確かにXPS デスクトップ プラチナプラスは電源が弱点である。しかし、パーツ交換で性能を大きく伸ばさない限りデメリットにはならない。少なくとも、構成的には最低限の容量がある。電源に不満があったとしても、別途電源を購入して交換してでも選びたい。それだけXPS デスクトップ プラチナプラスはおすすめのモデルだ。

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36T B560搭載)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36T B560搭載は、RTX 3060 Ti×i5-10400F搭載のゲーミングPCだ。登場時はありえない価格設定で話題をかっさらったが、2.5万円の大幅値上げが適用となり評価は急降下となってしまっている。性能自体は高くゲームプレイで困る場面は少ないはずだ。

RTX 3060 Tiは、Tensor世代の最新グラフィックボードで前世代のRTX 2080 SUPERに匹敵するゲーミング性能を持つ。WQHD環境にも対応できるようになっている。CPUには低価格が特徴のCore i5-10400Fを採用している。ゲームプレイにおいてCore i5-11400との性能差を体感することは難しい。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分だと言える。

価格CPUグラボ
174,980円(税込)Core i5-10400RTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36Tを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。