GALLERIA RM5C-R36Ttop


当記事では、GALLERIA RM5C-R36Tのレビューとスペックの解説を行っている。RTX 3060 Ti×i5-10400F搭載のゲーミングPCだ。前世代であるRTX 2060 SUPER搭載モデルと同等の価格設定は素晴らしい。ゲーミング性能ではワンランクに留まらずツーランク以上引き上げられている。FULL HD環境でのゲームプレイを考えているなら魅力的な選択肢になるだろう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36T」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-10400F、R60T=RTX 3060 Tiということだ。

GALLERIA RM5C-R36Tのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-R36T
価格Windows 10 / 119,980円
(131,978円)

・追記
Windows 10 / 139,980円
(153,978円)

CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆5.4

・追記★★★☆☆☆☆☆☆☆2.6

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

価格の高騰に注意

GALLERIA RM5C-R36Tは、RTX 3060 Ti搭載モデルの有用性を示したモデルだった。当該モデルはCore i5-10400と組み合わせることで税抜11万円台に押し留め、RTX 3060 Ti搭載モデルの評価を上げた価値のある一台だったと言える。RTX 3070とは一線を画する価格設定で存在を強くアピールした。GALLERIA RM5C-R36T以外の多くのモデルではRTX 3070搭載モデルと比べて価格は大きく変わらなかった。

そういう意味では大きな一歩を踏み出した一台だったのだ。その後長らく品切れ状態だったが、再登場という形になった。しかし、2万円も値上げされてしまっている。これはRTX 30シリーズなどグラフィックボードなど各種パーツの供給不足により価格が高騰しているという背景がある。標準的なモデルとして注目していただけに、この値上げはかなり致命的だ。

それでもこのRTX 3060 Tiを登場させたのは長い目で見るとプラスになるかもしれない。先々RTX 3070搭載モデルは確実に入荷待ちになる可能性が高く選択肢がRTX 3090かRTX 2060かという極端な狭まりとなる。それを防ぐためにRTX 3060 Tiを復活させ、衝撃を和らげようとしているのだろう。

RTX 3080が既にその状態なのだから間違いない。ALLERIA RM5C-R36Tの再登場は現時点ではあまり有用なものではない。いくつかの存在価値を示す可能性があるがしばらく先だ。1つ目はRTX 3070がいよいよ入手困難になった時だ。代替品とまではいかなくても次点の性能であるのは有力な候補に挙がる。

2つ目は全ての供給が元に戻った時だ。RTX 3060 Tiが消えたことで税抜10万円台~13万円台は空白地帯になった。RTX 3060の登場で穴はしっかり埋められるはずだ。RTX 3060 Ti搭載モデルの存在により、ユーザーは幅広い性能と価格帯からモデルを選びやすくなる。そうなるまでは率先しておすすめすることはできない。

GALLERIA RM5C-R36Tの各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36Tの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

RTX 3060 Tiは、Tensor世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。テーブルを見るとわかるとおり60番台でも前世代のRTX 2080 SUPERを超えるゲーミング性能を持っている。FULL HD環境やWQHD環境がターゲットとのモデルだ。FULL HD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイもできる。これでRTX 2060 SUPER搭載モデル並みの価格に抑えられているのはさすがだ。NVIDIAとドスパラの努力の結果だと言える。

Core i5-10400F(CPU)

i5-10400seinou

Core i5-10400Fは、Intel第10世代のCPUだ。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことで前世代のCore i5-9400から強化されている。ゲーミング用途で考えるなら最低でもこのモデルを選びたい。低価格帯のモデルを探すとCore i5-10400Fを採用しているケースが多い。ゲームプレイに最低限の性能を持ちつつ価格も抑えられているのがポイントだ。

総合性能

GALLERIA RM5C-R36Tseinou

GALLERIA RM5C-R36Tは最新のミドルクラスのゲーミングPCだ。グラフィックボード性能が高くてGPUとCPUのバランスは少し悪いが、リアルタイムレイトレーシングの適用などを考えると悪くない。GPU性能を活かした用途が増えた今となっては、多少CPU性能が低いこと自体はデメリットになりにくい。

ただ、あくまでもそれはGPU性能を活かすことが目的であって、CPU性能が要求される用途には適していない。FF14を4Kでプレイする場合、GPU性能はクリアできていてもCPU性能が少し足りない。RTX 3060 Tiの性能はWQHDや高リフレッシュレートのフルHDに最適だ。しかし、ここでもCPU性能が少し足を引っ張り、Apex Legendsを最高設定+144Hzで安定させにくい。

最新のタイトルの中には要求されるGPU性能の割に、CPUは比較的ライトなものもある。今後のゲーム事情を考えるとCore i5とRTX 3060 Tiはオーソドックスなミドルクラスとなっていくかもしれない。性能的には扱いやすいので、ワンランク上の環境を構築できるエントリークラスとして見ても悪くないだろう。

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

GALLERIA RM5C-R36Tの特徴まとめ

選びやすいRTX 3060 Ti搭載の最新モデル

GALLERIA RM5C-R36Tの最大の特徴は、価格の安さにある。税抜119,980円は従来のGALLERIA RM5C-R60S(RTX 2060 SUPER搭載)と同じ価格設定だ。構成も搭載されているGPUがRTX 2060 SUPERからRTX 3060 Tiに変更されただけである。つまり、GPUを無償アップグレードしたのと変わりがない。RTX 3060 Tiの性能はRTX 2080 SUPERに近い性能であるため、お得さは大幅に増大したと言える。

ミドルクラスの価格で従来のハイエンドクラスを手にできる。それだけでいかに価格が抑えられているか分かる。ゲーム性能に関して言えば価格からは想像もできないほど高い。その一方で、コストパフォーマンスはそれほど突出しているわけではない。製品の性能と価格は素晴らしいものはある。しかし、RTX 3060 Ti搭載モデルとしては妥当な価格設定であるからだ。

GALLERIA RM5C-R36Tが優れているというよりも、RTX 3060 Tiが優れている。似た構成のモデルは数多くあり、価格もそれらの製品と大して変わらない。ただ少しだけ安いことでリードしているだけだ。注目してもらいたいのは従来と同じ価格であるという点だ。現在のGALLERIAシリーズは少し価格が高めに設定されている。

その中でGALLERIA RM5C-R36Tはかなり優秀な価格設定と言える。他製品に引けを取らないモデルはGALLERIA RM5C-R36Tくらいではないか。そう思えるほどには優秀である。品質重視の傾向にあるGALLERIAシリーズとしては異端な存在でもある。単純な性能や価格だけではない。

そんなモデルが他製品に勝るとも劣らない価格で展開されていることを評価したい。登場したばかりの製品なので、ここからの変化にも期待できる。現時点でも選びやすいモデルとしておすすめできるが、コストパフォーマンスを武器にできるポテンシャルも秘めている。

一部対応力を削ってゲーム性能を維持している

GALLERIA RM5C-R36Tはゲーム性能に特化したモデルである。ゲーミングPCなのだから当然に思うかもしれない。ゲーム以外への対応力を少し削り、ゲーム性能の質を落とさず構成されている。Core i7になるとCPUの処理性能も高まり、様々な用途に対応できる。しかし、価格は高くなり、税抜13万円台にまでなってしまう。ゲーム以外の用途を特に考えていないなら、その価格は無駄になることもある。

Core i5搭載モデルはゲーム以外の用途への対応力をそこそこに、ゲーム性能を大きく落とさずに価格を下げられる。その点で税抜119,980円で展開できているのは、用途をゲームに特化させたからだと言える。選びやすい価格であるのは、上位モデルに比べて用途の幅を狭めていることが要因だ。クリエイティブな作業や配信も可能ではあるが、最適な処理性能とは言えない。

現在のゲーミングPCはゲームのみならず、様々な用途に対応できるようになっている。そのオールラウンド性は、ゲームを中心に考えるユーザーにとっては余分な場合もある。特に価格を抑えたいユーザーにとっては邪魔にもなる。RTX 3060 Tiの性能は非常に高い。それでも現行世代の中ではミドルクラスに該当する。Core i5搭載という選択肢はライトゲーマーや予算を抑えたいユーザーにとっては有用なものだ。

CPUとGPUのバランスをあえて崩すことにより、用途ではなくユーザーの幅を広げた。これまでの税抜119,980円は消去法でゲームに特化したモデルがほとんどだった。最新世代になり、GPUの性能が大幅に向上したことで、消去法ではないゲームを中心としたモデルに仕上がった。グラフィックの質や様々な用途を追わず、ストイックにゲーム性能を求めるならGALLERIA RM5C-R36Tは優秀な選択肢になる。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAG-Tune
イメージRM5C-G50nextgear
製品名RM5C-R36TTD-G
価格139,980円149,980円
CPUCore i5-10400Core i7-10700
GPURTX 3060 TiRTX 3070
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W GOLD
マザーボードB460B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Gだ。GALLERIA RM5C-R36Tの値上げにより、G-Tune TD-Gとの価格差は非常に小さくなった。およそ11,000円でCPU性能、GPU性能、電源容量と規格に大きな差が生じている。この価格差ならG-Tune TD-Gを避ける理由はない。GALLERIA RM5C-R36Tが元の価格に戻れば価格差が広がり、GALLERIA RM5C-R36Tにも選択するメリットが出てくる。

本領を発揮するまではG-Tune TD-Gがおすすめだ。また、RTX 3070が品薄状態になり、G-Tune TD-Gが入荷待ちになったとしてもGALLERIA RM5C-R36Tはおすすめできない。恐らくそのタイミングではRTX 3060が登場している。他にも有力な選択肢があるかもしれないない。GALLERIA RM5C-R36Tの価格が戻るまでは焦った選択を避けるようにしたい。

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36T)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36Tは、RTX 3060 Ti×i5-10400F搭載のゲーミングPCだ。税抜11万円台でハイクラスの性能が手に入るということで評価していたが、2万円の値引きが実施されてコストパフォーマンスが下がってしまっている。グラフィックボードの価格が高騰している今では仕方がないだろう。

RTX 3060 Tiは、Tensor世代の最新グラフィックボードで前世代のRTX 2080 SUPERに匹敵するゲーミング性能を持つ。WQHD環境にも対応できるようになっている。CPUには高コスパが特徴のCore i5-10400Fを採用している。価格を抑えるためのCore i5-10400でも十分ではないようだ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分だと言える。

価格CPUグラボ
139,980円Core i5-10400RTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA RM5C-R36Tを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。