GALLERIA RM5C-R36Ttop


当記事では、GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載のレビューとスペックの解説を行っている。ここ数ヶ月見かけなかったRTX 3060 Ti搭載モデルが突然の復活を果たした。

しかも価格高騰前の価格設定でコストパフォーマンスが高い。おそらく近い内に値上げされてしまうのではないかと予想している。その後1万円の値上げが2回続いて評価が下がっている。他のモデルの動向をチェックしつつ購入を検討しよう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36T」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-11400、R60T=RTX 3060 Tiということだ。

GALLERIA RM5C-R36Tのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-R36T 第11世代Core搭載
価格Windows 10 / 179,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★★★★★☆☆7.9

>>GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載を購入<<

GALLERIA RM5C-R36Tの各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tinew

GeForce RTX 3060 Tiは、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。人気の高いRTX 3070に近い性能を持っていて価格が抑えられているということから人気を博していたが、昨今のグラフィックボードの供給不足で長らく品薄が続いていた。突然の復活は喜ばしい。しかも、価格高騰の影響を受けずに販売されているのは驚きだ。フルHD環境でのゲームプレイをメインにしつつ高解像度にも対応できるポテンシャルの高さは多くのゲーマーを魅了してくれる。RTX 2080 SUPERに匹敵する性能は素晴らしい。

Core i5-11400(CPU)

i511400seinou

Core i5-11400は、Intel第11世代の高コスパモデルとなっている。低価格帯での人気が高い。スペック的には6コア12スレッドと平均以上のスペックを誇る。CPUコアの改良で従来モデルよりもパフォーマンスが向上している。動画編集・画像編集・WEBデザイン・DTMなどCPU負荷の掛かる作業においてもパフォーマンスを発揮できる。もちろんゲームプレイにおいても必要十分だ。

総合性能

GALLERIA RM5C-R36Tseinou

GALLERIA RM5C-R36Tは非常に強力な性能を持つハイクラスのゲーミングPCだ。Core i5-11400のCPU性能があればRTX 3060 Tiともある程度バランスが取れる。これにより、高解像度の安定感も高く、ゲームプレイで支障をきたすことは少なくなった。高解像度への対応力の高さからFF14を4Kで快適にプレイできる。

もちろん、FF14以外のゲームタイトルでも対応しやすいが、この性能で最も求められるのはフルHDでの性能だ。Apex Legendsなら240Hz、フォートナイトなら360Hzも目指せる。本格的なゲームプレイを想定しているなら、手にしておきたい性能を持つモデルである。

>>GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載を購入<<

GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載の特徴まとめ

値上げが続き徐々に評価が下落

GALLERIA RM5C-R36Tは、税込159,980円と驚きの価格設定で復活したゲーミングPCだ。それから10日ほどで1万円の値上げが適用されたが、この時点ではまだ最高評価だった。そして、今回1週間ほどでさらに1万円の値上げが適用されている。これにより評価は急降下し、コストパフォーマンスという強みを失いつつある。

Core i5-11400とRTX 3060 Tiの組み合わせは、性能的にCore i7-10700とRTX 3070に近いものがある。前世代のハイクラスに匹敵する廉価版という位置付けだ。その視点で見ると選択するメリットはある。しかし、実際には廉価版というように、少し物足りないものがある。ハイクラスの性能を求めるならRTX 3070以上のGPUを搭載したモデルをおすすめしたい。

RTX 3060 Tiはミドルクラスでは物足りないユーザーに向けた準ハイクラスのようなモデルだ。場面によってはRTX 3070に迫るものの、総合的に見るとやはり届かない。それはCPUに採用されているCore i5-11400にも言える。ゲーム性能ではCore i7-10700に匹敵する場面もある。しかし、負荷の高い場面やゲーム意外ではCore i7-10700に分がある。

結果としてCore i7-10700とRTX 3070搭載モデルよりも3万円ほど安いが、価格相応という評価である。今後も値上げが続くようなら、著しく評価を下げることになる。GALLERIA RM5C-R36Tの価格的なリミットは185,980円だ。これを超えると上位モデルを選択した方がお得という評価になる。ドスパラにはRTX 3070搭載モデルに強力なモデルがある。何よりもそれが大きく影響している。

RTX 3070搭載モデルの動向に注意

GALLERIA RM5C-R36Tに搭載されているRTX 3060 TiはRTX 3070より価格が安いという前提があって初めて評価されるグラフィックボードだ。この価格がRTX 3070に近づくほど、RTX 3060 Tiにとっては苦しい展開ということだ。過去にドスパラは上位モデルが下位モデルより安くなるという現象が頻繁に起こっていた。これはショップが力を入れているモデルとそうでないモデルの差が価格になって現れた形だ。

現在はそういったことは少ないながら、下位モデルと並んだり、価格差がほとんどなくなったりというようなことは確認されている。GALLERIA RM5C-R36Tは同じGALLERIAシリーズのRTX 3070搭載モデルの動向に影響を受けやすい。ドスパラがRTX 3060 Ti搭載モデルに力を入れない限りは苦しい状況が続きそうだ。第11世代のCPU搭載モデルは特に苦しい。

第10世代搭載モデルに対して価格で差をつけられているため、どうしても見劣りしてしまう部分がある。Core i5搭載モデルはCore i7搭載モデルに対して2万円以上の価格差をつけている。そのため、まだCore i5-11400搭載のGALLERIA RM5C-R36Tは選択肢に入りやすい。それでも、Core i7-10700とRTX 3070を搭載したモデルが少しでも価格を下げればそれまでだ。

上位モデルに対して3万円の差をつけているうちはセーフティでも、3万円を切ると評価の上では同等になる。25,000円程度の差なら比較対象となる。最近の値上げと、上位モデルの値下げ傾向により一気に逆転される可能性もある。GALLERIA RM5C-R36Tを選択する際は、比較対象にピックアップしているので上位モデルの価格もチェックしておきたい。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージRM5C-G50GALLERIA XA7R-R37T
製品名RM5C-R36T 第11世代Core搭載XA7C-R37 第10世代Core搭載
価格179,980円(税込)209,980円(税込)
CPUCore i5-11400Core i7-10700
GPURTX 3060 TiRTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザーボードB560H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラの上位モデルGALLERIA XA7C-R37だ。CPUとGPU性能が向上し、SSD容量が倍増、チップセットが向上して3万円アップだ。現在の価格差なら比較対象として適切とは言えない。しかし、この価格差が少しでも縮まれば比較対象となる。

GALLERIA RM5C-R36Tは立て続けに値上げされ、GALLERIA XA7C-R37は値下げされている。この価格差を維持できるかは微妙なところだ。予算内に収まるならGALLERIA XA7C-R37の方が上だ。GALLERIA RM5C-R36Tを選択するなら必ずGALLERIA XA7C-R37の価格もチェックしてほしい。

>>GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36T 11400)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載は、RTX 3060 Ti×Core i5-11400搭載のゲーミングPCだ。希少性の高いRTX 3060 Tiを搭載して突如復活した。注目度の高いモデルだと言える。ゲーミング性能は高くフルHD環境なら高リフレッシュレートにも対応しやすい。WQHD環境以上にも対応できるポテンシャルを持つ。

1万円の値上げが2回続いて最高評価は消滅している。今でも平均以上の評価を得ているものの上位モデルの動向をチェックしつつ購入を検討する必要がある。ミドルエンド~ハイクラスのゲーミングPCを探している方は要チェックだ。

価格CPUグラボ
179,980円(税込)Core i5-11400RTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。