GALLERIA RM5R-67XTtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-67XT 3600搭載」の詳細レビューをまとめた。Radeon RX 6700 XT×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。RX 6700 XTはハイクラスのグラフィックボードでRTX 3060 Tiと同等のゲーミング性能を持っている。フルHD環境でなら高リフレッシュでのゲームプレイにも対応可能だ。一時ドスパラの売れ筋ランキングNo.1にランクインしていたので、気になっている方は多いと思うが評価が高いモデルというわけではない。

GALLERIA RM5R-67XTのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5R-67XT 3600搭載
価格Windows 10 / 179,980円(税込)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードRadeon RX 6700 XT
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1.1

>>GALLERIA RM5R-67XTを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-67XT 3600搭載の性能一覧

Radeon RX 6700 XT(GPU)

rx6700xtseinou

Radeon RX 6700 XTは、AMD製のハイクラスグラフィックボードだ。従来モデルのRadeon RX 5700 XTよりもゲーミング性能が向上している。GeForce RTX 3060 Tiと同等のゲーミング性能を持っているが、安定感ではNVIDIA製グラフィックボードに劣ることもある。基本的にはフルHD環境でのゲームプレイに最適だ。ゲームプレイ時の安定感はタイトル次第ということで判断が難しい。レイトレーシング性能についてもNVIDA製モデルよりも遅れを取っている。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600seinou

Ryzen 5 3600は、第3世代RyzenシリーズのミドルクラスのCPUとなっている。Zen 2アーキテクチャを搭載した高コスパモデルだ。価格が下っているためゲーミングPCに搭載されることが多くなっている。6コア12スレッドとマルチスレッド性能は高い。Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5 5600Xに比べると性能差は大きい。動画編集や画像編集などにも対応できるが、より負荷の掛かる場面での使用を考えているならRyzen 5 5600Xの方が優勢だろう。

総合性能

GALLERIA RM5R-67XTseinou

GALLERIA RM5R-67XTはRyzen 5 3600とRX 6700 XTを搭載したゲーミングPCだ。ライトミドルに適したCPUとハイクラスのGPUはバランスがよくない。総合的なゲーム性能は高いものの、クセも強い性能と考えておきたい。

CPU性能がそこまで高くないので4K環境はあまり得意ではない。ただ、全くプレイできないということもない。高解像度への対応力は最低限ある。高い設定でグラフィックの美しさを楽しむのは難しいのでメリットは薄いか。フルHDであれば多くのタイトルを144Hz以上で楽しめる。

GALLERIA RM5R-67XTの魅力はフルHDにあると言える。高解像度をあまり想定していないなら扱いやすさが出てくる。幅広い対応力はあっても実用性は低い。フルHDを中心にした用途をおすすめする。

>>GALLERIA RM5R-67XTを購入<<

GALLERIA RM5R-67XT 3600搭載の特徴まとめ

人気モデルの凋落は突然に…

GALLERIA RM5R-67XTは、Radeon RX 6700 XT×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCとなっている。ある日突然GALLERIAの人気ランキング1位となったモデルだ。それまであまり注目を集めていなかったモデルが、何の変化もなく1位に登場した。このランキングには懐疑的だったが、その後は順当に滑り落ちて圏外になった。

新基準の指標を採用したことにより、コストパフォーマンスの評価は大きく下落している。それもそのはず、今はRTX 3060 Tiが台頭しており、中途半端な性能と価格のGALLERIA RM5R-67XTには厳しい状況だ。RX 6700 XTの性能はRTX 3060 TiとRTX 3060の中間程度だ。当然価格もその辺りでなくてはならない。しかし、GALLERIA RM5R-67XTはCore i7-11700とRTX 3060 Ti搭載したモデル並みだ。

CPUにRyzen 5 3600を採用しているため、対抗となるRTX 3060 Ti搭載モデル(Core i7-11700Fとの組み合わせ)にはかなりの差をつけられている。流石に価格を削る構成を採用して価格で負けるとGALLERIA RM5R-67XTは厳しい。GALLERIAシリーズはAMD製品を搭載したモデルにあまり力を入れていないように感じる。もう少し特性を活かしたモデルになれば、人気モデルになっても違和感はなかっただろう。

人気ランキング1位だったモデルがここまで評価を落とすのは非常に稀有な例である。ただし、1位になったこと自体が不自然だったので、順当な変化なのかもしれない。もう少し選びやすさがあれば、1位とまではいかなくても3位の枠に入ることはできたはずだ。

適正価格は15万円台となる

GALLERIA RM5R-67XTは、GALLERIAの下位シリーズのRシリーズに属する。本来はミニタワーケース採用で安価なCPUを採用し、チップセットや構成を削ることで価格を抑えている。ところが、今のGALLERIA RM5R-67XTを始め、下位シリーズの価格を抑えきれていない。これが評価を下げる要因だ。

GALLERIAのRシリーズは価格を抑えた選びやすが特徴だ。RTX 3060 Ti搭載で価格は抑えにくくても、低価格帯のCPUであるRyzen 5 3600を搭載している。せめて15万円台を目指さなければ厳しい。Core i7-10700とRTX 3060 Tiを搭載したモデルが16万円台だ。これを下回らなければ勝負にならない。一世代前のRyzen 5と現行のRadeon RX 6700 XTを搭載している。これ自体はAMDファンにとっては魅力的に映ってもおかしくない。

ある程度価格が高くなっても、それを覆せるだけの魅力は持ち合わせている。今は少し高いで留まらない価格設定が厳しい。適正価格は15万円台だが、それが遠い。GALLERIAシリーズは同じドスパラの他シリーズと比べても価格が少し高めだ。コストパフォーマンスを求めるならraytrekシリーズに期待するべきか。

少しでも15万円台に近づくために、本来であればダウングレードなどに期待したいところだ。しかし、GALLERIA RM5R-67XTは既に削りきった状態である。これ以上のダウングレードは価格をいくら下げても評価を大幅に下げてしまうだろう。キャンペーンの頻度も下がっていることを考えても、これ以上はもう期待できないのかもしれない。

>>GALLERIA RM5R-67XTを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAraytrek
イメージRM5C-G50-300x300raytrek ZFtop
製品名RM5R-67XTXV-Ti
価格179,980円(税込)179,980円(税込)
CPURyzen 5 3600Core i7-11700F
GPURX 6700 XTRTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE650W BRONZE
チップセットA520H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのクリエイター向けPC のraytrek XV-Tiだ。17万円台になるとraytrek XV-Tiが出てくる。価格帯、そして性能帯で最強クラスのモデルだ。GALLERIA RM5R-67XTは、raytrek XV-Tiを比較対象にしてしまってはいけない。15万円台を目指したいのは競合するモデルが少ない価格帯だからというのもある。

少なくとも17万円台、16万円台には強力なモデルが存在する。GALLERIA RM5R-67XTが候補に残るには15万円台が必須である。もっとも、その価格帯にも強力なモデルが登場し始めているので、未来はないのかもしれない。ハイクラスのモデルを探しているならraytrek XV-Tiをチェックしてほしい。総合的な性能、構成でリードする上位互換と言えるモデルだ。

管理人による総評(GALLERIA RM5R-67XT)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-67XT 3600搭載は、Radeon RX 6700 XT×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。今は価格も上がり評価は急落中となっている。低価格が魅力のGALLERIA Rシリーズの中では価格が抑えきれていないのが致命的だ。当該モデルは突然ドスパラのランキングNo.1になり、正直どうして一位になったのか理由がわからなかった。あまりランキングは気にしない方がよいかもしれない。

ゲーミング性能自体は十分だ。グラフィックボードにはハイクラスのRadeon RX 6700 XTを搭載していてフルHD環境なら余裕がある。一部高解像度にも対応することが可能だ。CPUにはミドルクラスのRyzen 5 3600を搭載している。GPUとCPUのバランスはそれほどよくはない。安定感を求めるなら比較対象モデルをチェックしておこう。

価格CPUグラボ
179,980円(税込)Ryzen 5 3600RX6700XT
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!