GALLERIA RM5R-G60Stop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-G60S GTX1660Super Windows 11 搭載」の詳細レビューを書いている。Ryzen 5 3500×GTX 1660 SUPER搭載モデルが復活した。およそ1.5万円の価格アップとなり評価を下げている。Core i5-12400搭載モデルとそれほど価格が変わらず厳しい状況が続いている。基本的に評価が高いモデルではないので比較対象モデルを確認しておくとよい。

GALLERIA RM5R-G60Sのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5R-G60S 3500搭載
価格144,980円(税込)
CPURyzen 5 3500
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 1.5

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-G60Sseinou

GALLERIA RM5R-G60S 3500搭載はRyzen 5 3500とGTX 1660 SUPERを搭載したゲーミングPCだ。比較的控えめな性能であるため、本格的なゲームプレイを想定したモデルではなく、エントリー向けのモデルだ。前CPUは前世代のロークラス、GPUは前世代のミドルクラスとなっている。やや性能は控えめながら、Apex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルでは設定を下げれば144Hzの高リフレッシュレートに対応可能だ。

GALLERIA RM5R-G60Sのゲーミング性能まとめ

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen53500seinou20220205

Ryzen 5 3500は、第3世代Ryzenシリーズのエントリークラスだ。2020年2月に発売されたモデルで非常に息が長い。税込10万円前後のゲーミングPCに搭載されていることが多く最低限必要なゲーミング性能を誇る。6コア6スレッドとスペックは控えめだ。ゲーム実況などを考えている方は避けた方がよい。動画編集・WEBデザインなどのクリエイター作業向きとは言えない。価格を抑えつつ最低限のゲーミング性能を持つCPUという認識が正しいのではないかと思う。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GALLERIA RM5R-G60Sで採用されているのはローエンドクラスのGTX 1660 SUPERだ。Turing世代のグラフィックボードで、2年以上前にリリースされたモデルだ。現行モデルのAmpere世代におけるエントリークラスであるRTX 3050よりも性能は劣ってしまう。フルHD環境で設定を調整すればある程度のゲームプレイに対応できる。ミドルクラスのグラフィックボードがついにエントリークラスまで落ちてしまった。時間の流れは残酷だ。

GALLERIA RM5R-G60Sの特徴まとめ

15,000円の値上げで評価は厳しい

GALLERIA RM5R-G60S 3500搭載はここに来て1.5万円の値上げが適用となり評価が下がっている。ようやく価格が下がり始め、Ryzen 5 3500搭載モデルの強みが活かされたところだった。価格こそが魅力のモデルにとって、15,000円の値上げは致命的だ。Ryzen 5 3500とGTX 1660 SUPERの組み合わせは、性能よりも価格を抑えることを強みとしている。

特にRyzen 5 3500はゲームをメインとするには少し性能が低い。快適にゲームをプレイすることを目的としておらず、まずは予算内で優れたGPUを搭載したモデルを選びたいという要望に応えるモデルだ。129,980円だったからこそ許されていたようなモデルである。

10%を超える値上げは、上位モデルの価格帯に近づいてしまい、評価を著しく低下させてしまうことになる。Ryzen 5 3500搭載モデルにとって価格は生命線だ。その理由として競合モデルであるIntel Core i5-12400搭載モデルの存在がある。Core i5-12400はRyzen 5 3500の性能より2倍以上優れている。ゲーム性能でもそれは変わらない。

そんなCore i5-12400搭載モデルがRyzen 5 3500搭載モデルとほぼ同じ価格で展開されている。それほどまでにRyzenシリーズは厳しい状況にある。Core i5-12400に対抗できるのはRyzen 7 5700Gだろうか。それほど優れたCPUが同じ価格帯にあっては勝負にならない。だからこそ価格を抑えなければならない。

今回の値上げでCore i5-12400搭載モデルも値上げされているが、価格差が広がったわけではないので、Core i5-12400搭載モデルを選んだ方がお得に感じられるはずだ。GALLERIA RM5R-G60Sにとっては苦しい状況が続くのではないかと思う。

理想は11万円台での販売だ

GALLERIA RM5R-G60S 3500搭載は今回の値上げで窮地に陥っているが、そもそも値上げ前から苦しい状況だった。129,980円はゲーミングPCで言えば安価でも、性能を考慮するともう一歩足りていなかったというのが当サイトの評価だ。Ryzen 5 3500の性能を伸ばし、上位CPUとの差を覆すことは不可能である。優れたCPUに対抗する手段は価格を抑える以外にない。

たとえ、価格差と性能差に釣り合いが取れていなくても、安価であることはそれだけでアドバンテージとなる。ダブルスコアのCPUと1万円の差だったとしても、安価なRyzen 5 3500搭載モデルが選ばれる可能性がある。同じ価格帯であれば100%選ばれないのだから、それだけでも十分と言える。

円安の影響を受けての値上げなので回避することは難しかったかもしれない。それでも、GALLERIA RM5R-G60Sが目指すべきは119,980円だ。そこまで来てようやく選択肢に入れてもおかしくなくなる。ゲーム性能も重要だが、まずは価格を抑えた選びやすさを重視してほしい。それでこそ性能を犠牲にしたモデルとしての存在感が出てくる。

今のままでは性能が低くて価格は高いという最悪な条件が揃いつつある。理想のモデルとなるには高いハードルを超えなくてはならない。ただ、2世代落ちとも言えるモデルを選択するには、それ相応のメリットが必要だ。そのメリットは価格でしかない。

旧世代のモデルを選ぶメリットは現行世代にないお得な価格設定だ。今のところGALLERIA RM5R-G60Sにはそれがない。大きな変化がなければ、絶対に選んではいけないゲーミングPCになるほど評価が暴落している。今は選択をおすすめすることはない。

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAFRONTIER
イメージRM5C-G50FRGAH470FWS7
製品名RM5R-G60S 3500搭載FRGAH670/KD1/NTK 価格.com限定
価格144,980円(税込)150,800円(税込)
CPURyzen 5 3500Core i5-12400F
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3050
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE600W BRONZE
マザーボードA520H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はフロンティアと価格.comのコラボレーションモデルだ。この価格.com限定モデルは、価格と在庫が少し揺れ動くので表記通りではないかもしれない。しかしながら、15万円台である限りは比較対象として十分だ。CPU性能はダブルスコアを付けているCore i5-12400F、GPU性能は最新かつワンランク上のRTX 3050を搭載している。

メモリ規格も上がり、電源容量と規格もアップする。また、チップセットも優れていて完全に上位互換だ。全面的に価格.com限定モデルが優れている。GALLERIA RM5R-G60Sを候補に入れているなら、価格.com限定モデルをおすすめしたい。

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-G60S)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-G60S 3500搭載は、Ryzen 5 3500×GTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCだ。グラフィックスはローエンドクラスのGTX 1660 SUPERを搭載している。CPUにRyzen 5 3500を搭載することで価格を抑えている。ゲーミング性能はやや低めなのでその点だけは理解しておく必要がある。

ゲームプレイに必要最低限の性能で妥協すればある程度対応することができる。フルHD環境×設定調整が前提だ。CPU性能が低いためゲーム実況・動画編集などの作業を行いたい方は注意しよう。値上げが適用となりCore i5-12400搭載モデルとそれほど価格が変わらない状況になってしまった。性能だけではなく価格でも勝負できないなら勝ち目はない。比較対象モデルを確認しておくべきだ。

価格CPUグラボ
144,980円(税込)Ryzen 5 3500GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya