GALLERIA RM5R-R36top


当記事では、GALLERIA RM5R-R36 3600搭載のレビューとスペックの解説を行っている。GeForce RTX 3060にRyzen 5 3600を組み合わせた珍しいゲーミングPCだ。最近のドスパラの傾向としてはRyzenシリーズに力を入れているということが見られる。15,000円の値上げが適用となり評価は下降している。比較対象モデルがずば抜けたコスパを誇っているので、必ず確認しておこう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5R-R36という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5R-R36」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5R=Ryzen 5 3600、R36=RTX 3060ということだ。

GALLERIA RM5R-R36のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5R-R36
価格Windows 10 / 165,980円(税込)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4.1

>>GALLERIA RM5R-R36を購入<<

GALLERIA RM5R-R36の各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-R36の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、2021年2月26日に登場した新しいグラフィックボードだ。Ampere世代の中でも遅れてきた形となっている。初のミドルクラスグラフィックボードとして多くのゲーマーの方を魅了している。定価的にはRTX 2060より安価で、性能的にはRTX 2060 SUPERよりも少しだけ高い。レイトレーシング性能を含めればそれなりにパフォーマンスは向上している。まだまだ登場したばかりということもあって価格は高いが、今後価格が落ち着いてくればより魅力的なモデルとなるだろう。

現在のグラフィックボードの品薄状況を打開する一打になることを期待されている。そのために、マイニング性能を落とし広くゲーマーの手に行き渡るような工夫がされている。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方はぜひチェックしておこう。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600seinou

Ryzen 5 3600は、低価格が特徴の第3世代Ryzenシリーズとなっている。6コア12スレッドとゲーミングPC搭載のCPUとしては最低限に留まる。RTX 3060との相性はかろうじて保たれているレベルだ。

ゲーム実況や動画編集などクリエイター作業を考えている方にもおすすめしやすい。Ryzenシリーズの強みだと言える部分だ。以前までとお歳されていたRyzen 5 3500Xよりもワンランク上の性能が手に入る。

総合性能

GALLERIA RM5R-R36seinou

GALLERIA RM5R-R36はミドルクラスの標準的なモデルを目指したモデルだ。Ryzen 5 3600とRTX 3060を搭載し、扱いやすさとコストパフォーマンスの両立が期待できる。

FF14を4KでプレイするにはCPUとGPUの性能が心許ない。どちらも4K環境を前提とした性能ではない。CPU性能が控えめなのでWQHDを上限に考えたい。フルHDでは高リフレッシュレートを目指せるギリギリの性能だ。

Apex Legendsは設定次第で144Hzを目指せる。フォートナイトは要求スペックが低いので安定して144Hzでゲームプレイが可能だ。本格的なゲームプレイも視野に入るモデルなので、初心者にもおすすめしやすいモデルである。

>>GALLERIA RM5R-R36を購入<<

GALLERIA RM5R-R36の特徴まとめ

値上げで致命的でおすすめしにくくなったモデル

GALLERIA RM5R-R36は、RTX 3060とRyzen 5 3600を搭載したモデルだ。組み合わせ的に、性能よりも価格を重視したモデルである。それこそ、コストパフォーマンスが全てと言えるモデルだと言える。ところが、GALLERIA RM5R-R36は価格が高く評価がイマイチだ。元々14万円台で販売されていたモデルが細かく値上げされ、ついに16万円台に突入したからだ。

この価格設定は、価格を抑えることを目的としたモデルとしては高すぎる。ドスパラのRyzen搭載モデルは価格で僅かながら優遇されてきた。それもIntelの第10世代が存在している間までだった。第10世代搭載モデルがラインナップから消えた時点から、第11世代に価格を合わせるようになった。最新のCPUと旧世代のCPUの価格差がなくなり、現時点では逆転してしまっている。

CPU性能で優れるCore i5-11400搭載モデルの方が1万円安い。この異常な価格設定は何かが起こる予兆かもしれない。そうでなければ、同じGALLERIAシリーズの中で上位互換の存在を許すことになる。現在、GALLERIA RM5R-R36は他ショップの製品と比べても特別魅力的な要素がない。

価格に特化した構成のはずが価格が高い。もしも候補に入っているなら、評価が上がるまでは様子を見ることをおすすめする。この構成からしても、14万円台に突入してどうかというところだ。理想を言えば13万円台だが、同じシリーズのGTX 1660搭載モデルがその価格帯なので難しいだろう。

競合モデルに対してアドバンテージがない

GALLERIA RM5R-R36は16万円台にまで価格が高騰した。これにより、比較対象のモデルはハイクラスのゲーミングPCになっている。RTX 3060搭載モデルはRTX 3060 Ti搭載モデルよりも価格が高くなりつつある。それだけRTX 3060は価格が不安定な状況が続いているということだ。RTX 3070の不安定も相まって、この価格帯の主役はRTX 3060 Tiである。

比較対象にもRTX 3060 Ti搭載モデルがピックアップしている。構成が優れているわけではないので、この競合モデルに対してアドバンテージがないのが痛い。現在のGALLERIA RM5R-R36は避けるべきモデルだ。RTX 3060搭載モデルは、全体的に価格が高騰している。Core i7やRyzen 7と組み合わせたモデルが20万円を突破していることからも分かるはずだ。

ミドルクラス以下のモデルには価格に見合った製品が少ない。選択には慎重にならざるを得ない。価格より性能や構成を重視できるハイエンドクラスと違い、予算ありきの選択となるミドルクラスは価格が重要だ。ただ、GALLERIA RM5R-R36をチェックするためにこのページに来たのは運がいい。同じ価格帯に強力なモデルが存在するため、そちらを確認してほしい。

圧倒的な評価で今最も熱いゲーミングPCを紹介している。この価格帯、性能帯で探していたなら必ず気に入るはずだ。しかしながら、GALLERIA RM5R-R36も化ける可能性自体はある。待つほどの価値はないものの、購入時には一応確認しておきたい。その上で比較対象のモデルが優れているなら、そちらを選ぶくらいでいい。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
画像RM5C-G50nextgear-micro
製品名RM5R-R36HM-B-KK
ケースミニミニ
価格165,980円(税込)169,800円(税込)
CPURyzen 5 3600Core i7-10700F
GPURTX 3060RTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザボA520B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は価格.comとG-TuneのコラボレーションモデルG-Tune HM-B-KKだ。価格は4,000円高いが、CPU・GPU・電源ユニット・チップセットに優れる。特にCPUとGPUの性能が大幅に向上するため、ゲームへの対応力や作業の処理速度で圧倒している。構成から見てもG-Tune HM-B-KKをおすすめしたい。コラボレーションモデルということもあってキャンペーンモデルに近い特性がある。

それが、この圧倒的なコストパフォーマンスを生み出している。いつでも選べるお得なモデルがG-Tune HM-B-KKだ。この価格帯及び性能帯では最強クラスのモデルとなっている。選んで後悔することのない優れたモデルであるG-Tune HM-B-KKをおすすめしたい。

>>GALLERIA RM5R-R36を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5R-R36)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-R36は、RTX 3060×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。正直Ryzen 5 3600と合わせたモデルが登場するとは思わなかった。CPUとGPUのバランスもやや取れていないかもしれないが、極端にパフォーマンスが低下してしまうということはなくフルHD環境なら難なく対応することができる。

負荷が掛かるとややパフォーマンスが落ちてしまう可能性があるのでご自身の用途に合わせて選択する必要がある。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は十分だ。このクラスなら平均的だと言える。15,000円の値上げ適用となり評価は下がってしまった。価格の動向は確認しておこう。

価格CPUグラボ
165,980円 (税込)Ryzen 5 3600RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5R-R36を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。