GALLERIA RM5R-R36top


当記事では、GALLERIA RM5R-R36のレビューとスペックの解説を行っている。RTX 3060にRyzen 5 3600を組み合わせた珍しいゲーミングPCだ。最近のドスパラの傾向としてはRyzenシリーズに力を入れているということが見られる。2万円の値上げで評価は下がってしまっているため比較対象モデルと合わせて確認しておこう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5R-R36という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5R-R36」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5R=Ryzen 5 3600、R36=RTX 3060ということだ。

GALLERIA RM5R-R36のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5R-R36
価格Windows 10 / 129,980円(税込)

Windows 10 / 149,980円(税込)

Ryzen 5 3500X 搭載モデル / 139,980円(税込)

CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ・通常時
★★★★★☆☆☆☆☆ 5.3

・値上げ後
★★★☆☆☆☆☆☆☆ 2.7

・Ryzen 5 3500X搭載
★★★☆☆☆☆☆☆☆ 2.4

ゲーミングPC価格高騰に注意

GALLERIA RM5R-R36にも2万円の値上げが適用された。Ryzen 5 3500X搭載モデルは1万円安いが、性能や価格を考えると評価が更に低くなる。当記事ではRyzen 5 3600搭載モデルをメインに扱っていく。RTX 3060は価格高騰後に登場したGPUだ。そのため、値上げの影響をあまり受けていなかった。もしくは登場時点で値上げを適用していたのかもしれない。

どちらにしても、RTX 3060搭載モデルは他製品より少し遅れて値上げされる傾向にある。RTX 3060は次世代のミドルクラスとして注目を集めている。価格を抑えながら実用性の高いGPUで、初心者やライトゲーマーのみならコアなゲーマーにも支持されている。それだけに今回の値上げはミドルクラスとしては致命的である。特に、Ryzen 5と組み合わせて価格を抑えられないのは厳しい。

税込12万円台であることがGALLERIA RM5R-R36の魅力であり持ち味だった。それを失ってしまってことで、現時点では魅力の薄いモデルでしかない。ただし、他ショップでもRTX 3060搭載モデルの値上げは始まっている。もしかすると、他製品も全体的に値上がりしてGALLERIA RM5R-R36の価格が標準となるかもしれない。

そんなネガティブな変化を望むよりも、現時点で優れたモデルを選択したい。比較対象に優れたモデルをピックアップした。RTX 3060搭載モデルを探しているなら候補に入ること間違いなしだ。是非チェックしてもらいたい。GALLERIA RM5R-R36の弱点は価格なのでわかりやすい。高騰が落ち着くか、キャンペーンやセールの対象になるだけで評価を取り戻すだろう。

評価が低いままではなく、時間が解決するものだ。価格の変化は非常に激しく、少しするとまた変わっているかもしれない。税込149,980円ではおすすめできないが、14万円台を切ればおすすめできるようになる。念の為GALLERIA RM5R-R36も定期的にチェックしておきたい。

>>GALLERIA RM5R-R36を購入<<

GALLERIA RM5R-R36の各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-R36の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、2021年2月26日に登場した新しいグラフィックボードだ。Ampere世代の中でも遅れてきた形となっている。初のミドルクラスグラフィックボードとして多くのゲーマーの方を魅了している。定価的にはRTX 2060より安価で、性能的にはRTX 2060 SUPERよりも少しだけ高い。レイトレーシング性能を含めればそれなりにパフォーマンスは向上している。まだまだ登場したばかりということもあって価格は高いが、今後価格が落ち着いてくればより魅力的なモデルとなるだろう。

現在のグラフィックボードの品薄状況を打開する一打になることを期待されている。そのために、マイニング性能を落とし広くゲーマーの手に行き渡るような工夫がされている。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方はぜひチェックしておこう。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600seinou

Ryzen 5 3600は、低価格が特徴の第3世代Ryzenシリーズとなっている。6コア12スレッドとゲーミングPC搭載のCPUとしては最低限に留まる。RTX 3060との相性はかろうじて保たれているレベルだ。

ゲーム実況や動画編集などクリエイター作業を考えている方にもおすすめしやすい。Ryzenシリーズの強みだと言える部分だ。以前までとお歳されていたRyzen 5 3500Xよりもワンランク上の性能が手に入る。

総合性能

GALLERIA RM5R-R36seinou

GALLERIA RM5R-R36は、性能ではなく価格でRTX 3060を活かすことを意識したモデルだ。CPUはRyzen 5 3500XからRyzen 5 3600へアップグレードされた。性能はあまり変わらず、ゲームの対応力も同等だ。ゲーム以外への用途に少し対応しやすくなった程度だろうか。

FF14を4KでプレイするにはCPUとGPUの性能が心許ない。どちらも4K環境を前提とした性能ではない。CPU性能が控えめなのでWQHDを上限に考えたい。フルHDでは高リフレッシュレートを目指せるギリギリの性能だ。

Apex Legendsは設定次第で144Hzを目指せる。フォートナイトは要求スペックが低いので安定して144Hzでゲームプレイが可能だ。本格的なゲームプレイも視野に入るモデルなので、初心者にもおすすめしやすいモデルである。

>>GALLERIA RM5R-R36を購入<<

GALLERIA RM5R-R36の特徴まとめ

必要十分なRTX 3060搭載モデル

GALLERIA RM5R-R36のRTX 3060とRyzen 5 3600搭載は、他ショップでは見かけない組み合わせだ。RTX 3060の足を引っ張らないギリギリを攻めたモデルだ。BTOパソコンの高騰が続く中、価格を抑えることは何よりのアピールになる。この情勢で税込12万円台に抑えられるということは、将来的に税込12万円をを下回る可能性が高い。その点でまだGALLERIA RM5R-R36の本領は発揮されていないと言える。

そのため、コストパフォーマンスの評価もあまりよくない。価格が落ち着けばコストパフォーマンスを重視したモデルとして評価を伸ばすはずだ。これからが楽しみなモデルである。RTX 3060搭載モデルとして必要十分な性能を持っている。ただし、それは最低限に近いのであまり高望みはできない。例えばCore i7やRyzen 7搭載モデルに比べて対応力が低い。高リフレッシュレートの実現には設定を下げることが前提になる。

最新のタイトルでは標準設定以下を想定しておかなくてはならない。当然高解像度への対応は難しい。フルHDを基本とし、高設定を重視しないユーザーに向けたモデルと言える。一見するとデメリットが多いように見える。しかし、この特性は長く続くミドルクラスの持つ特性だ。これまでのミドルクラスと違うのは、ゲームでもVRや高解像度などが一般的になりつつある。

要求されるスペックの高い用途が増えたことで、これまでのミドルクラスより求められる幅が広い。これからのゲームはRTX 3060の性能を持ってしても快適でないゲームも登場してくる。GALLERIA RM5R-R36は、これからのことを考えると必要十分という評価が妥当だ。性能を求めて選択するのではなく、価格を重視した選択にしたい。

今後の価格調整で評価アップの可能性あり

GALLERIA RM5R-R36の税込129,980円という価格設定は期待できる。GTX 1660 SUPERを搭載した下位モデルのGALLERIA RM5R-G60Sは値上げの影響で一時的に税込11万円台中盤に値上げされた。性能の差と価格の差を考えればGALLERIA RM5R-R36の方が優れたモデルだと言える。GTX 1660 SUPERよりも2ランク以上性能の高いRTX 3060搭載モデルが同等の価格だ。

それだけでGALLERIA RM5R-R36を選択する理由としては十分である。そして、このまま行けばGTX 1660 SUPER搭載モデルより少し高い程度に落ち着くはずだ。GTX 1660 SUPERは$229、RTX 3060は$329で価格差は$100だ。少なくとも、この$100よりも価格差は小さくなるはずだ。

それはGALLERIA RM5R-R36が登場した時点の価格から予想できる。コストパフォーマンスで大化けするポテンシャルがあるのでこれからに期待できるモデルとして注目している。ドスパラはRyzen搭載モデルに力を入れ始めた。RTX 3060搭載モデルが税込11万円台に突入すれば評価は一気に向上する。

そうなればRTX 3060はRTX 2060の後継機だけではなく、GTX 1660 SUPERの後継機としても捉えられる。GTX 16シリーズとRTX 20シリーズの中ではGTX 1660 SUPERは最も人気が高い。その人気モデルに置き換えられる位置にあるのは大きい。もっと言えば今のGTX 1660 SUPER搭載モデルと同等の価格にまで下がる可能性さえ秘めている。

もしもそこまで価格が落ちたならミドルクラスに革命を起こすと言っても過言ではない。GALLERIA RM5R-R36に期待するのは、まさにそんな存在になることだ。性能は必要十分でも、価格は突出したポテンシャルがある。Ryzen 5とRTX 3060を組み合わせたモデルの代表的なモデルになれる。これからに期待する理由には十分だ。

似ているゲーミングPCとの比較

比較対象はG-TuneのG-Tune HM-Aだ。GALLERIA RM5R-R36と比べてCPU性能が非常に高く、電源容量とチップセットでも上回る。それでいて価格は4,000円ほど高くなるだけだ。Ryzen 5 3600からRyzen 7 3700Xへのアップグレードだけ見ても4,000円ならデメリットはない。チップセットの拡張性の高さとCPU性能の向上があって4,000円なら是が非でも選択しておきたい。

注意点としてはG-Tune HM-Aが圧倒的に優れているわけではない。どちらかというとGALLERIA RM5R-R36の価格が高くなりすぎているだけだ。今すぐ選ぶならG-Tune HM-Aだ。しかし、少し時間に余裕があるならもう少し優れた製品の登場を待ってみるのもいいかもしれない。

>>GALLERIA RM5R-R36を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5R-R36)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-R36は、RTX 3060×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。正直Ryzen 5 3600と合わせたモデルが登場するとは思わなかった。CPUとGPUのバランスもやや取れていないかもしれない。フルHD環境なら難なく対応することができる。負荷が掛かるとややパフォーマンスが落ちてしまう可能性があるのでご自身の用途に合わせて選択する必要がある。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は十分だ。2万円の値上げが適用となってコストパフォーマンスは下がってしまった。評価が高くないためこのモデルにこだわる必要はないかもしれない。

価格CPUグラボ
149,980円 (税込)Ryzen 5 3600RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5R-R36を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。