GALLERIA RM5R-R36Ttop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-R36T」の詳細レビューをまとめた。RTX 3060 TiにRyzen 5 3600を合わせた異色のゲーミングPCだ。価格が上がってしまいIntel製CPU搭載モデルに比べるとやや中途半端となってしまっている。比較対象モデルを確認しておくとよい。

GALLERIA RM5R-R36Tのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5R-R36T 3600搭載
価格Windows 10 / 179,980円(税込)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4.4

>>GALLERIA RM5R-R36Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-R36Tのゲーミング性能まとめ

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tinew

GeForce RTX 3060 Tiは、Ampere世代における人気のグラフィックボードの一つだ。お得感のあるモデルで長らく品切れ状態が続いていたがついに復活した。上位モデルであるRTX 3070に近い性能を持ちより安く購入できるという点で人気がある。RTX 3060とは同じ60番台でもターゲットとするところは全く異なる。WQHD環境以上にも対応できるポテンシャルの高さが特徴だ。フルHD環境なら高リフレッシュレートモニターを活かすことができる。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600seinou

Ryzen 5 3600は、第3世代Ryzenシリーズの中におけるミドルクラスのモデルだ。6コア12スレッドとこの価格帯としては高いスペックを誇る。動画編集・画像編集・WEBデザインなどの用途にも適している。極端に負荷の掛かる作業をメインに考えているならRyzen 7 3700X以上を選択した方がベターだ。ゲームプレイにおいては必要最低限の性能となる。過度な期待はしない方がよい。

総合性能

GALLERIA RM5R-R36Tseinou

GALLERIA RM5R-R36Tは、Ryzen 5 3600とRTX 3060 Tiを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。GPU性能に特化しているため、快適なゲームプレイが可能である。その一方で、CPU性能はGPU性能に対して控えめである。高解像度でのゲームプレイなど、CPU負荷の高い場面ではパフォーマンスが安定しにくい。

フルHDならApex Legendsやフォートナイトを144Hzを超えるリフレッシュレートで安定させるられる。GALLERIA RM5R-R36Tは主にフルHDで高リフレッシュレートを適用してプレイするのに適している。一部のゲームタイトルではWQHD+高リフレッシュレートも可能ではある。GPU性能を活かした用途に適したゲーミングPCだ。

>>GALLERIA RM5R-R36Tを購入<<

GALLERIA RM5R-R36Tの特徴まとめ

値上げで評価ダウン、微妙なモデルへ

GALLERIA RM5R-R36Tについてはこれからどの程度価格が下がるのか期待だったが値上げ実施で評価を大きく下げている。一時はRyzenに力を入れていると確信するほどだったドスパラのRyzen搭載モデルも今や見る影もない。徐々に価格が上がり、遂に179,980円になってしまった。価格を抑えることが最大の特徴であるRyzen 5 3600を搭載していても価格を抑えきれていない。

一時は人気モデルになりそうな雰囲気があった。RTX 3060 Ti搭載モデルの数が少ないことから価格的におすすめしやすかったと言える。しかし、価格が高まるにつれておすすめしにくくなり、今回の値上げでおすすめモデルからは外れた形だ。Ryzen 5 3600とRTX 3060 Tiは性能的にアンバランスな組み合わせだ。そのアンバランスを埋めるのは価格しかない。

そこに強みがない以上おすすめできない。RTX 3060 Ti搭載モデルへの注目度が高まる今こそ、GALLERIA RM5R-R36Tが本気を出すタイミングである。GALLERIAシリーズはここ数ヶ月値上げが続いている。ハイクラスの代表格であったRTX 3070搭載モデルは25万円にまでなっている。

そういう意味ではGALLERIA RM5R-R36Tの価格はシリーズ内ではまだ抑えられている方だ。市場全体の相場に合わせた価格設定ができればまだチャンスはある。少なくとも、15万円台に踏みとどまらなければおすすめはできない。それまでは様子を見たい。価格が大幅に下がる可能性も僅かながら残っている。今は選択の時ではない。

価格が下がっても人を選ぶことになる

GALLERIA RM5R-R36Tで搭載されているCPUはRyzen 5 3600である。前述の通り、価格を抑えるために採用しているのであって、RTX 3060 Tiと性能のバランスは取れていない。ゲームを中心とするユーザーにとってはあまりメリットのあるモデルとは言えない。Ryzen7やCore i7搭載モデルと比べて大幅に価格が安くなければ避けるべきモデルだ。

もし価格が15万円台を下回ったとしても、おすすめできるかは微妙なところである。CPUはライトなミドルクラス・ロークラス、GPUはハイクラスだ。この組み合わせはなかなか扱いづらい。Core i5-11400であればまだ性能を活かしやすい。現状、GALLERIA RM5R-R36Tを選択するメリットはない。特に、RTX 3070の価格が高騰したおかげでRTX 3060 Ti搭載モデルに優秀なモデルが登場している。

ハイクラスの熾烈な競争が開始されようとしている状況では、GALLERIA RM5R-R36Tを選ぶ理由がない。比較対象には非常に強力なRTX 3060 Ti搭載モデルをピックアップしている。ハイクラスの性能帯やこの価格帯でゲーミングPCを探しているユーザー必見だ。今最も熱いゲーミングPCでもあるので、是非チェックしておいてほしい。

強力なゲーム性能でゲームを快適にプレイできる。本格的なゲームプレイも可能なので人を選びにくい。予算が合うなら誰にでもおすすめできる。そんなモデルがGALLERIA RM5R-R36Tより安い価格帯にある。この強力な比較対象の存在が、相対的にGALLERIA RM5R-R36Tの評価を落としているとも言える。

>>GALLERIA RM5R-R36Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAG-Tune
画像RM5C-G50nextgear-micro
製品名RM5R-R36THM-B-KK
ケースミニタワーミニタワー
価格179,980円(税込)169,800円(税込)
CPURyzen 5 3600Core i7-10700F
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザボA520B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は価格.comとG-TuneのコラボレーションモデルG-Tune HM-B-KKだ。CPU性能と電源とチップセットで上回り、価格は1万円も安い。非常に強力なモデルで、GALLERIA RM5R-R36Tを圧倒している。サポートにも優れたG-Tune製品なので初心者にも安心して選んでもらえるモデルだ。

作業の処理性能・ゲーム性能・コストパフォーマンスと何を取ってもG-Tune HM-B-KKが上だ。GALLERIA RM5R-R36Tをチェックしていたなら、G-Tune HM-B-KKも気に入るはずだ。価格を抑えやすいコラボレーションモデルの特性を上手く活かしたモデルである。

>>GALLERIA RM5R-R36Tを購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-R36T)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-R36Tは、RTX 3060 Ti×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。待望のRTX 3060 Ti搭載モデルが復活した。RTX 3070に近いゲーミング性能を持ちコスパの高さから評価されていたグラフィックボードだ。当該モデルではミドルクラスのRyzen 5 3600を搭載している。6コア12スレッドと必要十分な性能を持つ。GPUとCPUのバランスはあまりよいとは言えない。

価格を抑えるという意味では意味のある構成だと言える。フルHD環境+αでのゲームプレイに対応することが可能だ。タイトルによっては高解像度にも対応できる。値上げが適用となり魅力がない状態になった。基本的には比較対象モデルを確認しておこう。

価格CPUグラボ
179,980円(税込)Ryzen 5 3600RTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!