GALLERIA UA9C-R38top


当記事では、GALLERIA UA9C-R38のレビューをしている。RTX 3080搭載の新しいゲーミングPCだ。従来モデルであるRTX 2080 SUPER搭載モデルと同じ価格での販売は素晴らしい。多少割高にしても販売台数は伸ばせる状況でこの決断は評価したい。もっとも30万円近い価格設定は購入ユーザーを限定するだろう。

型番の解説コーナー

GALLERIA UA9C-R38という型番を見てもただの英数字の羅列に見えるだろう。この型番は分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA UA9C-R38」は、U=シリーズ(Ultimate:最上位)、A=ATX(ケース)、9C=Core i9-10900K、R38=RTX 3080ということだ。

GALLERIA UA9C-R38のスペック

GALLERIA UA9C-R80Scase

ブランド名GALLERIA
製品名UA9C-R38
価格Windows 10 / 299,980円
CPUCore i9-10900K
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-2933 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★★★★★ 9.5

>>GALLERIA UA9C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA UA9C-R38のゲーミング性能

GALLERIA UA9C-R38seinou

RTX 3080搭載モデルの中でも、GALLERIA UA9C-R38は現行最候補の性能を誇る組み合わせだ。ドスパラ最強の性能を持つGALLERIA UA9C-R38はどんなゲームも快適にプレイする最上のモデルとなっている。これまで実現するのが難しかった4K+最高設定での60fpsも可能だ。ここでいう4Kの最高設定とは、当然リアルタイムレイトレーシングとDLSSを適用した状態のことだ。

Pascal世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiをもってしても難しかったことが、RTX 3080なら可能になる。これこそが次世代GPUの優れたところだ。リアルタイムレイトレーシングに対応した2世代目にあたるRTX 30シリーズが、最新の技術を用いるのに適したGPUだ。多くのユーザーが求めた真のハイエンドモデルの登場だ。ゲームに関しては一切の不安を払拭し、これからのゲームを大きく変える性能である。

ゲームの進化に追いつくのではなく、あっという間に追い越した。この性能を持って快適にプレイできないゲームは存在しない。この事実だけで選ぶに値するのではないだろうか。4K+最高設定でのゲーム配信というのも意外とすんなり可能になる。ゲーマー、ストリーマーの理想を実現できる。RTX 2080 SUPERの後継機とは思えない突き抜けた性能は時代の最先端に立つ最強のGPUだ。無敵の性能を実際に体験してもらいたい。

>>GALLERIA UA9C-R38を購入<<

GALLERIA UA9C-R38の概要&特徴

高解像度プレイヤー待望のモデル

RTX 3080に合わせるCPUとしてはCore i9-10900Kが最適だ。それでもCPU性能が不足する可能性が高いができる限りハイエンドのCPUを選択したい。GALLERIA UA9C-R38を始めとして多くのRTX 3080搭載モデルにはフラグシップモデルであるCore i9-10900Kが搭載されている。価格は当然高くなり、性能的にはオーバースペックになりやすくなった。この性能はフルHDやWQHDでの使用に適していない。

4K解像度+最高設定+リアルタイムレイトレーシング+DLSSのような、現状考えられる最高の環境を想定したモデルだ。フルHDではCPU性能がよりボトルネックになりやすい。そのため、RTX 2080 Tiなどの性能が下回るGPUに対して思うような性能差が表れない。フルHDで240Hzを超えるような高リフレッシュレートを求めるユーザーはGALLERIA UA9C-R38を選択する恩恵は薄い。

むしろ、新製品の登場で価格を落とした従来モデルの方が狙い目だ。ようやくスペックを気にせず4K解像度でゲームを快適にプレイできる環境が用意された。鮮やかなグラフィックでゲームを楽しみたいユーザーにはもってこいだ。高解像度に対応できるということは、フライトシミュレーターのような複数のモニターを活かせるゲームにも効果的だ。

高い負荷こそ得意フィールド。そう言えるほどこれまでの性能とは一線を画するものがある。ハイエンドモデルはゲームを快適にプレイすることは前提である。その一歩先を見据えられるのがRTX 3080搭載モデルだ。現状、ゲームの負荷はここから大きく変わるようなことはない。

プレイする環境に合わせて性能も合わせる時代だ。4K解像度までならここで打ち止めと言えるほど完成されている。RTX 3080は4Kを超える解像度を示唆するかのような性能である。元々リアルタイムレイトレーシングを実装してから、快適に実現できる性能を持つGPUはなかった。Core i9-10900KとRTX 3080の組み合わせは次の時代の先駆けを担っている。

従来モデルと同じ価格での展開

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA-UA9C-R80ScaseGALLERIA-UA9C-R80Scase
型番UA9C-R38UA9C-R80S
価格299,980円299,980円
CPUCore i9-10900KCore i9-10900K
グラボRTX 3080RTX 2080 SUPER
メモリDDR4-2933 32GBDDR4-2933 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD2TB2TB
電源750W GOLD750W GOLD
チップセットZ490Z490

GALLERIA UA9C-R38の構成はシリーズで統一されている。そのため、この構成自体に目新しさはない。それこそ、RTX 2080 SUPER搭載モデルの後継機であることを再確認できる。せめてCPUクーラーに水冷を採用するなど、最上位モデルらしさがほしかった。GPU以外の箇所は全て同じだ。そう、価格までも同じなのである。

同じドスパラの下位シリーズも、他ショップのモデルでもRTX 3080搭載モデルとRTX 2080 SUPER搭載モデルには明らかな価格差が生じている。それはごく自然なことで、従来モデルが現役である以上差別化は必要だ。また、CPUやGPUにはASK税がある。価格が上乗せされるので、少なくとも1ヶ月はどうしても価格が高くなる。それを従来モデルと同じ価格にまとめたのはドスパラが初ではないだろうか。

圧倒的な性能から支持を得たRTX 3080を搭載したモデルを同じ価格にするというのはかなりの冒険だ。言い方は悪いが、RTX 3080の発売日に登場したモデルは微妙な構成や割高な価格でも飛ぶように売れる。

利益を考えなければならないショップとしては原価にも差のあるRTX 2080 SUPERと同じ価格で展開することにメリットがない。初動のみのことだとしても、なかなか見られるものではない。この挑戦的な試みに、ドスパラに対する期待値は大きく上がった。ゲーミングPCとはかくあるべきという姿を是非とも見せてもらいたいものだ。

>>GALLERIA UA9C-R38を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

製品・価格ともに安定していないRTX 3080搭載モデルは比較を行っていない。初動で様々なRTX 3080搭載モデルが登場した。その中でも、従来モデルと同じ価格で登場したGALLERIA UA9C-R38には驚いた。構成や価格で驚くことはあっても、ショップの試みで驚くことになるとは想像もしていなかった。

これはGALLERIA UA9C-R38が優れているということよりも、ショップとしての力量を見せつけられた。構成・性能・コストパフォーマンスなどの製品を測る指標を超えた箇所でのアピールだ。こんな手法があるのかと。RTX 3080搭載モデルで最も衝撃を受けたのは間違いなくGALLERIA UA9C-R38だ。これからにも十分期待が持てる製品だと言える。

>>GALLERIA UA9C-R38を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA UA9C-R80S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。ハイクラスのモデルならエアフローにも気を使っておきたい。なお、Uシリーズで採用されているこのケースはアルミ製で質感が高いのが魅力だ。

右サイド

GALLERIA UA9C-R80S-right右サイドには吸気口が見える。この新ケースからは両側面に吸気口が設けられる形となった。これによりエアフローが改善して冷却性能の向上に繋がる。

左サイド

GALLERIA UA9C-R80S-left
クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。アルミ製のケースとの相性もばっちりだ。

正面-LED

GALLERIA UA9C-R80S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。まさにゲーマーのことを考えて生まれたケースだと言える。

管理人による総評(GALLERIA UA9C-R38)

GALLERIA UA9C-R80Scase

GALLERIA UA9C-R38は、RTX 3080を搭載した新しいゲーミングPCだ。CPUにもフラグシップモデルのCore i9-10900Kを選択していて高いレベルでのゲームプレイが可能だ。4K解像度でのゲームプレイを考えるならこの組み合わせが最適だ。FULL HD環境だけならオーバースペックとなってしまうので注意しよう。用途に合わせた選択が必要となる。

さらに、RTX 2080 SUPER搭載モデルと同じ価格での販売はドスパラの評価を急上昇させた。原価が違ってもユーザー目線に経った販売戦略となっている。構成も充実している。メモリ32GB・SSD 1TB・HDD 2TBとUシリーズとしては定番の構成だ。このモデルで不自由することなくゲームを堪能できるはずだ。

価格CPUグラボ
299,980円Core i9-10900KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。