GALLERIA UA9C-R39top


当記事では、GALLERIA UA9C-R39のレビューをしている。Ampere世代のフラグシップモデルであるRTX 3090を搭載したゲーミングPCだ。驚きの価格設定だが、性能を考えると納得できるのかもしれない。フラグシップモデルじゃないと我慢できないというこだわりのあるゲーマーの方はチェックして欲しい。自慢したくなるモデルであることは間違いない。CPUも最新のCore i9-12900Kにアップグレードされて最高峰のゲーム体験を得られる。なお、RTX 3090の上にRTX 3090 Tiや下にRTX 3080 Tiがあって立場が危うい。これだけの予算があるのであれば色々なモデルをみておくとよいだろう。

型番の解説コーナー

GALLERIA UA9C-R39という型番を見てもただの英数字の羅列に見えるだろう。この型番は分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA UA9C-R39」は、U=シリーズ(Ultimate:最上位)、A=ATX(ケース)、9C=Core i9-10900K、R39=RTX 3090ということだ。

GALLERIA UA9C-R39のスペック

GALLERIA UA9C-R80Scase

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA UA9C-R39
価格509,980円(税込)
CPUCore i9-12900K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3090
メモリDDR5-4800 32GB
SSDNVMe 1TB Gen4
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆ 4.9
おすすめ度Dランク

>>GALLERIA UA9C-R39を購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA UA9C-R39seinou

GALLERIA UA9C-R39はCore i9-12900KとRTX 3090を搭載した最強の性能を有するモデルだ。最新最強のCore i9-12900Kに、ゲーム以外でもトップクラスの性能を誇るRTX 3090の組み合わせだ。4Kでも240Hzを目指せそうな性能である。FF14、Apex Legends、フォートナイトのような人気タイトルなら、環境を選ばず快適にプレイできる。むしろこれらのゲームをメインとするにはオーバースペック過ぎる。性能的に人を選ぶモデルである。

GALLERIA UA9C-R39のゲーミング性能

Core i9-12900K(CPU)

i9-12900kseinou

Core i9-12900Kは、Alder Lake世代におけるフラグシップモデルだ。16コア24スレッドと従来モデルのCore i9-11900Kの8コア16スレッドから大幅にスペックを引き上げた。8コア16スレッドでは厳しいという判断だろう。競合のフラグシップモデルであるRyzen 9 5950Xを上回る高いCPU性能を誇る。性能差は4%程度だ。Core i9-11900Kと比べると90%近くも性能が向上している。動画編集やゲーム実況などCPU負荷の高い用途もお手の物だ。ゲーミングCPUとしての評価も高く妥協をせずにゲームを楽しめる。

GeForce RTX 3090(GPU)

rtx3090seinounew

GeForce RTX 3090は、現行最強のグラフィックボードとなっている。下位モデルのRTX 3080 Tiよりも1%程度ゲーミング性能が高い。その高すぎる性能はかつてのTITANシリーズの同等の立ち位置でゲーム以外での使用も視野に入る。動画編集・ゲーム開発などだ。ゲームプレイなら4K解像度で高リフレッシュレートを実現することができる。フルHD環境など一般的な用途だけでは明らかにオーバースペックだ。

>>GALLERIA UA9C-R39を購入<<

GALLERIA UA9C-R39の概要&特徴

RTX 3080 Ti登場以降は影が薄い

RTX 3090はGALLERIA UA9C-R39の登場時点で最強のGPUだった。RTX 3080 Tiが発売されてやや存在感が薄れてしまっている。価格に対して性能は高くなく、コストパフォーマンスは疑問視されていた。それでも、RTX 3080の次がRTX 3090だったことから、多少高くても評価されていたのだ。それから時間が経ち、RTX 3080の上位モデルとしてRTX 3080 12GB、RTX 3080 Tiと登場し、さらにRTX 3090よりも性能の高いRTX 3090 Tiさえも登場した。

元々RTX 3090は従来のTITAN的な立ち位置であり、ゲームに最適なGPUというわけではなかったと言える。マイニングなどに適した作業用GPUというのが大方の評価である。そのため、RTX 3080 Tiはゲーム性能だけならRTX 3090に並び立っている。RTX 3090 Tiが登場するまではRTX 3080 TiがゲーミングGPU最強だった。

もっとも、RTX 3090 Tiは価格が半端じゃなく高価であるため、ゲーミング最強であっても、あまり選ばれているようには見えない。コストパフォーマンスを少しでも意識するなら、ゲームにはRTX 3080 Tiが最良の選択に思える。こういった具合に、ゲーマーからの注目度は徐々に薄れ、影の薄いGPUとなっていった。

新たに登場したGPUがマイニングを規制したことで、需要がはっきりと分かれた。ゲーマーにはRTX 3080 Tiが選ばれるようになり、RTX 3090搭載モデルは取り扱いショップと枠を大きく減らした。価格の高さも相まって、GALLERIA UA9C-R39は優秀な性能ながら選ばれにくいモデルとなった。

価格の高さが弱点となる

GALLERIA UA9C-R39は50万円を超えるモデルだ。これだけ高価な時点で、選択できる人を選ぶモデルである。いかに優れたモデルであっても、価格が高くなればなるほど人気は下がっていく。30万円を超えると一気に選ばれにくくなり、40万円を超えると予算の関係で本当に選ばれにくくなる。50万円ともなると当然需要が下がる。

その上、ゲームに適したモデルとは言えない。RTX 3090搭載モデルはゲーミングPCとしては少し弱い。何をメインとするか、他にどんな用途を考えているかで評価が変わりそうだ。前述のように、ゲームをプレイするならRTX 3080 Ti搭載モデルの方がいい。マイニングやGPUを作業に使用するというのであればRTX 3090は適している。

しかし、そういった用途を考えずゲームをプレイするだけであるならRTX 3080 Ti搭載モデルをおすすめしたい。同等の性能で10万円近く安いモデルもある。GALLERIA UA9C-R39が高価な理由はRTX 3090を搭載していることだけが理由ではない。GALLERIA UシリーズはGALLERIAの最上位であり、フルタワーを採用したモデルである。

ケースに掛かるコストがそのまま上乗せされているような形だ。ただし、今のGALLERIAはやや価格設定が高めなので、ケースが通常のミドルクラスでもそれなりに高い。ゲーミングPCとしての性能が気になっていると思うので比較対象にはRTX 3080 Ti搭載モデルをピックアップした。用途に合わせた選択をおすすめしたい。

>>GALLERIA UA9C-R39を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA-UA9C-R80ScaseLEVEL-R959-LC117-UAX
製品名GALLERIA UA9C-R39LEVEL-R769-LC129K-WAX
ケースミドルミドル
価格509,980円(税込)408,980 円(税込)
CPUCore i9-12900K(水冷)Core i9-12900K(水冷)
GPURTX 3090RTX 3080 Ti
メモリDDR5-4800 32GBDDR4-3200 32GB
SSD1TB Gen4 NVMeNVMe 1TB
HDD2TB非搭載
電源850W GOLD850W GOLD
マザボZ690Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R769-LC129K-WAXだ。GPUがRTX 3080 Tiに下がり、メモリ規格がDDR4-3200に下がるなど構成は圧倒的にGALLERIA UA9C-R39に分がある。しかしながら、価格は10万円ほど安いにも関わらずほぼ同等と言えるゲーム性能を持っている。

10万円も安ければ構成を十分に補うことができる。ゲームを中心とするならGALLERIA UA9C-R39を選択するメリットはそれほど大きくない。一方で、ゲームよりも作業用として考えるならRTX 3090の方が適している。購入するパソコンでゲームを中心にしつつ、作業も考えるならRTX 3090の方がいいとは思う。

ただし、その作業にRTX 3090が必要なのかを確かめてほしい。ある程度の用途ならRTX 3080 Tiでも対応できるはずだ。その点も考慮して吟味して欲しい。ゲーマーならLEVEL-R769-LC129K-WAXを、そうでないならGALLERIA UA9C-R39がよさそうだ。

>>GALLERIA UA9C-R39を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA UA9C-R80S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。ハイクラスのモデルならエアフローにも気を使っておきたい。なお、Uシリーズで採用されているこのケースはアルミ製で質感が高いのが魅力だ。

右サイド

GALLERIA UA9C-R80S-right右サイドには吸気口が見える。この新ケースからは両側面に吸気口が設けられる形となった。これによりエアフローが改善して冷却性能の向上に繋がる。

左サイド

GALLERIA UA9C-R80S-left
クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。アルミ製のケースとの相性もばっちりだ。

正面-LED

GALLERIA UA9C-R80S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。まさにゲーマーのことを考えて生まれたケースだと言える。

管理人による総評(GALLERIA UA9C-R39)

GALLERIA UA9C-R80Scase

GALLERIA UA9C-R39は、Ampere世代のフラグシップモデルであるRTX 3090を搭載したゲーミングPCだ。RTX 3090は、性能が高すぎてゲーム用途で最適とは言えない。RTX 3080 Tiの登場によってやや立場を失っている。4K解像度あるいはそれ以上の解像度でのゲームプレイを想定している方が対象だ。Intel第12世代のCPUが登場したことでRTX 3090とのバランスも取りやすくなった。

税抜50万円という価格からも一般ユーザー向けではないことがわかる。これだけ高価なモデルを気軽におすすめすることはできない。今後価格が下がったとしてもそのときにはRTX 3080搭載モデルの価格も下がり立場が変わることはない。ゲームだけを目的とするなら避けた方が無難だ。

価格CPUグラボ
509,980円(税込)Core i9-12900KRTX3090
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB2TB

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya