GALLERIA UA9C-R80T-Nephritetop


当記事では、GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteのレビューをしている。プロゲーマーのNephrite氏とのコラボモデルのフラグシップモデルだ。オリジナルステッカー同梱となっている。こだわりの電源を採用するなど通常モデルとは一線を画するが価格が高く万人受けするモデルとは言えない。

型番の解説コーナー

GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteという型番を見てもただの英数字の羅列に見えるだろう。この型番は分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA UA9C-R80T-Nephrite」は、U=シリーズ(Ultimate:最上位)、A=ATX(ケース)、9C=Core i9-10900K、R80T=RTX 2080 Tiということだ。Nephriteはコラボモデルということを表す。

GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteのスペック

GALLERIA UA9C-R80T

ブランド名GALLERIA
製品名UA9C-R80T-Nephrite
価格Windows 10 / 426,980円
CPUCore i9-10900K
グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
メモリDDR4-2933 64GB
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源1000W GOLD
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 6.1

>>GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA UA9C-R39のゲーミング性能

GeForce RTX 2080 Ti(グラフィックボード)

rtx2080tiseinou

GeForce RTX 2080 Tiは、Turing世代のフラグシップモデルだ。Ampere世代の最新グラフィックボードが登場するまでは最高峰のグラフィックボードだった。もちろんRTX 30シリーズが登場した今でも高いパフォーマンスを持っていることに変わりはない。4K解像度でのゲーム適性が高くFULL HD環境ならオーバースペックとなる。最低でもWQHD環境以上を基準に考えたい。このクラスになると搭載するCPUに気を使うべきだろう。Core i9-10900Kなら申し分ない。

Core i9-10900K(CPU)

corei9-10900kseinou

Core i9-10900Kは、Intel第10世代の最高峰のCPUだ。10コア20スレッドとマルチコア性能が高く幅広い用途に対応することができる。ゲームプレイだけを考えるならRyzenシリーズを上回っていると考えてよい。もちろん大幅に出遅れていたクリエイター作業にもおすすめしやすい。消費電力が上がっているのはネックとなるが、GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteでは余裕の1000W電源を採用していて万全だ。

総合性能

GALLERIA UA9C-R80T-nephriteseinou

当該モデルで特徴的なのは何と言っても64GBの大容量メモリだ。クリエイター向けのモデルでは一般的でも、標準で64GB搭載のゲーミングPCは珍しい。動画投稿と配信を行うプロゲーマーNephrite氏とのコラボレーションモデルなだけあって、ゲーマーとストリーマーの両方に対応しやすい。高いCPU性能と大容量のメモリは配信や動画編集に役立つ。

前世代の最強GPUはゲームを快適にプレイすることに適している。この2つの特性を持つモデルは数多くあっても、ここまで突き抜けたモデルは他にない。Nephrite氏の特性をよく掴んだモデルである。ただ、Nephrite氏はフォートナイトのプロゲーマーである。グラフを見て分かる通り、誰でも始めやすい要求スペックだ。突き抜け過ぎた性能はオーバースペック必至だ。

フルHD+240Hz以上を想定しての選択なら最善かもしれない。フォートナイト専用のゲーミングPCを考えていない限りは悪い選択肢ではないはずだ。一方で、特徴的な構成から万人受けするモデルではない。割と限定的なユーザーに向けられたモデルである。必要ならという程度でおすすめ度はそこまで高くない。

>>GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteを購入<<

GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteの概要&特徴

特別仕様にどこまで魅力を見いだせるかが鍵

GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteは、その名の通りGALLERIA UA9C-R80Tをネフライト仕様にカスタマイズしたものだ。現在オリジナルのGALLERIA UA9C-R80Tは販売終了となっているので、代替機として見ることも可能だ。が、最新のフラグシップモデルであるRTX 3080搭載のGALLERIA UA9C-R38よりも価格が高いのは致命的だ。GALLERIA UA9C-R38を似た構成にしても4万円以上高くなるのでコストパフォーマンス的にもおすすめしにくい。

GALLERIA UA9C-R80T ネフライト仕様モデルは独自のカスタマイズが適用されている。1つは電源でCORSAIR製の1000W GOLDを採用していて通常モデルでは選択することはできない。ネフライト仕様専用の電源とも言える。もう一つは筐体前部のLEDカラーが標準で緑に設定されている点だ。このLEDカラーは好みで変更できるので特別仕様というわけではない。Nephrite氏のイメージカラーを反映しているだけに過ぎない。

ネフライト仕様モデルにはコラボ限定特典として、オリジナル専用壁紙とオリジナルステッカーが同梱されている。コラボレーションモデルにはよくあるオマケだ。ここでしか手に入らないという意味では、ファンにとってこれ以上ないものなのかもしれない。製品単体で見るとそこまで突出したモデルではない。カスタマイズでも十分追いつくことができる。

簡潔にまとめると、ネフライト仕様モデルは電源とコラボ特典をどこまで重要視するかである。性能は価格に見合っているとは言えず、コストパフォーマンスも並。既存のモデルをなぞるドスパラのコラボレーションモデルにしては冒険したようにも思う。コストパフォーマンス以上の何かを感じ取れるのであれば選択してもよいかもしれない。

型破りなコラボモデルとして評価できる

GALLERIA UA9C-R80Tネフライト仕様モデルは、コラボモデルの中ではオリジナル要素が取り入れられたモデルだ。注意点としてBTOショップが展開するコラボモデルのほとんどは、既存製品の型番を変えて特典をつけただけのものに過ぎない。ネフライト仕様モデルもGALLERIA UA9C-R80Tのカスタマイズモデルでしかない。特別お得なモデルというわけではない。それはRTX 3080が登場したことでより顕著になった。

Nephrite氏の熱狂的なファンだとしても躊躇うレベルだろう。ネフライト仕様モデルは他にも様々なモデルがある。しかし、独自の要素を持つのはGALLERIA UA9C-R80T ネフライト仕様モデルだけだ。他のモデルは全て既存の製品に特典をつけただけのモデルだ。細かく言えば、OSのカスタマイズにWindows 10 Proが選択できるようになっていることくらいだろうか。

プロゲーマー仕様モデルとは名ばかりのカスタマイズモデルでしかない。ここがコラボモデルの限界なのだろう。もう少し面白みや、プロゲーマー独自の要素があってもよさそうなものだ。それでも、フロントLEDを標準で緑にしたり、限定的でも電源に変化をつけたりと頑張っている。多くのコラボレーションモデルは型番が違うだけだ。

このコラボモデルはあくまでもプロゲーマー仕様であって、実際に使用しているわけではない。その環境を推奨しているわけでもないのでコラボレーションモデルはプロモーションモデルでしかない。個人的に、コラボレーションモデルは独自の要素がなければ選択の意味は薄いと感じている。もちろん、これまでゲーミングPCに興味のなかった人へのアピールにはなる。そういったユーザーが迷わないためにも必要なものだとも思っている。

ゲーミングPCというものを知っているユーザーにとっては無意味なものでしかない。これは少しもったいないと考えている。何か一つ変化があるだけで価値は大きく変わる。そういう意味ではGALLERIA UA9C-R80T ネフライト仕様モデルはコラボモデルの限界を超えたと言えるかもしれない。これがGALLERIA UA9C-R80Tと同じ、カスタマイズで並べるモデルであれば一切触れることはなかった。特殊な電源、小さなことでもLEDカラーを変更。

この2つがオリジナル要素となっている。本来選べないパーツが選択されていることで、既存の製品と似て非なるものだ。構成や価格、コストパフォーマンス的におすすめしにくくても、選び意味のあるモデルだ。あまりおすすめはしていないが、評価の低い製品とは違う。人を選ぶだけで十分通用するモデルだ。既存のコラボモデルの枠から抜け出し、可能性を見出したモデルだ。ドスパラのコラボモデルへの期待は少しだけ大きくなった。

>>GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

特殊なモデル過ぎて比較対象が存在しない。ベースとなったGALLERIA UA9C-R80T は既に販売が終了している。RTX 3080と比べようにも、双方カスタマイズをして構成を合わせなければ価格が合わない。非常に難しい比較になるので割愛。税抜30万円を超えると、比較するのが難しい。既存の製品であっても、構成が少しでも違えば特徴も違ってくる。

コラボレーションモデルであればなおさらだ。ベースモデルのあるカスタマイズモデルは比較できない。GALLERIA UA9C-R80T ネフライト仕様モデルに予算が合う時点で大体のモデルは選択できる。このモデルを候補に加えた時点で、選択の適正は非常に高いと言えるのではないだろうか。

>>GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA UA9C-R80S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。ハイクラスのモデルならエアフローにも気を使っておきたい。なお、Uシリーズで採用されているこのケースはアルミ製で質感が高いのが魅力だ。

右サイド

GALLERIA UA9C-R80S-right右サイドには吸気口が見える。この新ケースからは両側面に吸気口が設けられる形となった。これによりエアフローが改善して冷却性能の向上に繋がる。

左サイド

GALLERIA UA9C-R80S-left
クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。アルミ製のケースとの相性もばっちりだ。

正面-LED

GALLERIA UA9C-R80S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。まさにゲーマーのことを考えて生まれたケースだと言える。

管理人による総評(GALLERIA UA9C-R80T-Nephrite)

GALLERIA UA9C-R80T

GALLERIA UA9C-R80T-Nephriteは、プロゲーマーであるネフライト氏とのコラボモデルだ。このモデルに関しては価格が税抜40万円オーバーとかなり高額なので誰にでもおすすめできるというわけではない。特徴的なのはメモリ容量が64GBと大容量なことだ。CPU性能の高さも相まって動画配信や動画編集における強みとなる。

また、コラボモデルでしか選べないCORSAIR製1000W GOLD電源を採用しているのもポイントだ。性能が高い分土台にもしっかりとお金が掛けられている。ゲーミング性能も高く4K解像度にも対応することができる。高解像度でのゲームプレイを考えている方は必見だ。ただし、最新のAmpere世代のRTX 3080搭載モデルよりも価格が高いのは悩ましい。

価格CPUグラボ
426,800円Core i9-10900KRTX2080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 64GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。