GALLERIA UA9R-R80Ttop


当記事では、GALLERIA UA9R-R80Tのレビューをしている。ガレリアシリーズの中でも最上級モデル「Uシリーズ」のゲーミングPCだ。構成的にも圧倒的でこれ以上にない仕上がりとなっている。ドスパラのメインラインナップで最も高価でなかなか手を出せないのが難点だ。

型番の解説コーナー

GALLERIA UA9R-R80Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見えるだろう。しかし、分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA UA9R-R80T」は、U=シリーズ(Ultimate:最上位)、A=ATX(ケース)、9R=Ryzen 9 3900X、R80T=RTX 2080 Tiということだ。

GALLERIA UA9R-R80Tのスペック

GALLERIA UA9C-R80Scase

ブランド名GALLERIA
製品名UA9R-R80T
価格Windows 10 / 359,980円
CPURyzen 9 3900X
グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe Gen4 1TB
HDD2TB
電源750W GOLD
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 6.4

>>GALLERIA UA9R-R80Tを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA UA9R-R80Tのゲーミング性能

GeForce RTX 2080 Ti(GPU)

rtx2080tisougou

当該モデルで採用されているGeForce RTX 2080 Tiは、現行のグラフィックボードで最も性能が高い。RTX 2080 SUPERよりワンランク以上性能が上がりゲーム適性は大きく向上する。4K解像度などこだわりのゲーム環境を構築したいヘビーユーザー向けだ。

FULL HD環境でしかゲームをしないと考えている方ならオーバースペックとなる。RTX 2080 Tiに合わせるCPUは当然性能が高くてはならない。高すぎる性能をうまく引き出せなくなってしまうからだ。Ryzen 9 3900Xとの相性は良好だと言える。

Ryzen 9 3900X(CPU)

ryzen93900xseinounew

Ryzen 9 3900Xは、第3世代Ryzenシリーズの中でも高い性能を持つCPUだ。12コア24スレッドとマルチコア性能の高さが特徴となっている。競合のIntel製フラグシップモデルであるCore i9-10900Kをも上回る。ゲームプレイにおいてこのマルチコア性能を活かすのは難しいが、一定のゲーム適性は持っている。ゲームプレイ+αで考えている方は必見だ。

総合性能

GALLERIA UA9R-R80Tseinou

Ryzen 9 3900X搭載のハイエンドゲーミングPCだ。本来グラフはCPU、GPU、メモリの順に段々になることでバランスを示す。通常であればCPU性能が最も高くなるのだが、ゲーム性能はそれほど高くない。そのためこの指標では並びが逆転してしまっている。ハイエンドモデルにのみ起こる非常に珍しい現象である。それと同時にゲーム性能の不安定さも表している。

Ryzen 9 3900Xの性能はゲーム以外でこそ真価を発揮するCPUだ。GPU性能がゲームへの影響力が大きいと言っても、同価格帯のゲーミングPCとの差を感じてしまう。それでも既存のゲームの推奨環境は十分に満たしている。多少不安定な性能であってもトップクラスのハイエンドモデルだ。マイナス部分を一般的なゲームプレイで感じることはほとんどない。また、4K解像度での安定感は他のハイエンドモデルと遜色がない。高解像度でのゲームプレイを想定しているのであれば選んで後悔するような性能ではない。

ただ、X4のようなCPU性能が求められるゲームは苦手だ。ゲームに関しては得手不得手がはっきり存在しているので、ハイエンドの中でも扱いづらさがある。ゲーミングPCとしてはワンランク落ちると見ておいた方がいいかもしれない。CPU性能自体は圧倒的であるため、その性能を活かせるようになれば無敵だ。RTX 2080 Tiの性能を引き出せてはいるので性能不足に陥るということも考えにくい。高リフレッシュレートでの安定感が備わればゲームでも十分に通用していただろう。

>>GALLERIA UA9R-R80Tを購入<<

GALLERIA UA9R-R80Tの概要&特徴

総合性能の高さが魅力の高価なゲーミングPC

GALLERIA UA9R-R80TのGPU性能はゲーム用途で現行最強でCPU性能はゲーム以外でトップクラスの性能を誇る。その総合的な性能の高さが最大の魅力だ。Ryzen 9 3900Xはゲーム用途で上手く性能を発揮できない。最強のGPUを搭載していても、ゲーム性能では優位性を築くことはできない。

ゲームに限って言えばRyzen 9 3900Xは下位のRyzen 7 3700Xと同等である。Ryzen 9 3900Xの性能を引き出せるのはゲーム以外の用途である。配信や動画編集など、CPU性能が重要な場面で真価を発揮する。その性能はどちらかと言えばクリエイター向けと言える。クリエイターに最適でありながらゲームにも適正を持っている。それがRyzen 9 3900Xだ。

そして、RTX 2080 Tiを搭載することでRyzen搭載モデルのゲーム性能を極限にまで高めた。Ryzen搭載のゲーミングPCでは最強クラスと言えるだろう。どんな用途でもトップクラスの水準で対応できる総合性能は価格に見合ったものだ。GALLERIA UA9R-R80Tを選択するなら、ゲームに限らず幅広い用途を想定しておきたい。

ゲームを中心に考えるならIntel Core iシリーズ搭載モデルに軍配が上がる。RyzenにはRyzenの、Core iシリーズにはCore iシリーズのよさと特徴がある。自分に合ったCPUを選択するべきだ。何を選べばいいか分からない場合は、何にでも対応できるRyzenシリーズを選んでおけば間違いはない。

そういった意味ではGALLERIA UA9R-R80Tは初心者から上級者まで誰にでも選びやすいモデルだ。もっとも、価格は選びにくいのでほとんどのユーザーが敬遠するだろう。性能は選びやすくても価格は選びにくい。このアンバランスさも相まって人気モデルとなることは難しい。よさが分かり、予算が合うユーザーにのみ選ばれる限定的なニーズに応えるモデルである。

Ryzen搭載ゲーミングPCの最強モデルではない

当該モデルはRyzen搭載モデルの中でも最強モデルというわけではない。税抜359,980円という圧倒的な価格から、最強モデルと勘違いしてしまいそうだ。この価格設定は性能ももちろんあるが、一番は最新のフルタワーケース採用という部分が大きい。税抜30万円オーバーならRyzen 9 3950Xのような、Ryzen最上位モデルを選択できる価格だ。はっきり言ってコストパフォーマンスは高くない。

この価格帯ではあまりコストパフォーマンスは意味を成さないが、それにしても微妙なところだ。ケースに掛かるコストの大きさが価格に反映されているうちは微妙なモデルである。Ryzenシリーズは消費電力が控えめで、発熱量も少ない。フルタワーケースを採用するメリットはあまり大きくない。むしろ価格が高くなるというデメリットの方が目立っている。

価格が高い=性能が高いではないことを証明するモデルだ。この価格帯であればRyzen搭載最強モデルであってもおかしくない。その位置にいないということがそのままGALLERIA UA9R-R80Tの評価だ。総合力の高さは魅力であっても、このモデルでなければ実現できないわけでもない。GALLERIAのフルタワーでなければ困る場合を除いて別の製品を選択した方がいいだろう。同等の性能でも安価に存在している。

そもそもRyzenシリーズはその性能の高さよりも、価格によるコストパフォーマンスのよさが選ばれる理由でもある。その特性をGALLERIA UA9R-R80Tは活かしきれていない。いくらコストパフォーマンスの重要性が下がる価格帯と言えども、割高な製品を推奨することはできない。

最強モデル並みの価格で、最強から外れる性能とコストパフォーマンスを持つモデル。それがGALLERIA UA9R-R80Tの評価だ。性能だけを見れば優秀でも、モデル全体を見ると優秀とは言えない。別の製品の検討を推奨したい。

>>GALLERIA UA9R-R80Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA-UA9C-R80ScaseGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名UA9R-R80TZA9R-R80T
価格359,980円289,980円
CPURyzen 9 3900XRyzen 9 3900X
GPURTX 2080 TiRTX 2080 Ti
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB Gen4NVMe 1TB Gen4
HDD2TB非搭載
電源750W GOLD750W GOLD
マザーボードX570X570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
同じGALLERIAシリーズの下位モデルGALLERIA ZA9R-R80Tとの比較だ。メモリ倍増、HDD 2TBの違いで7万円の価格差がついている。GALLERIA ZA9R-R80Tの構成をGALLERIA UA9R-R80Tと同じカスタマイズすると313,180円だ。少し割高に設定されているカスタマイズをしても46,000円の価格差が生じている。

もしかすると表記されていない構成部分に差があるかもしれない。それでも、材質の違いだけのケースに4万円以上も出すということである。最新のケースにそれだけの価値があるかは疑問だ。従来よりもデザイン性は優れていても、ケースによる恩恵にそこまでの差はないだろう。

この価格差が2万円程度であれば上位のケースを選択するメリットもあったかもしれない。流石に4万円以上となれば避けた方が賢明だ。性能から見てもGALLERIA UA9R-R80Tの方が妥当な価格設定と言える。

>>GALLERIA UA9R-R80Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA UA9C-R80S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。RTX 2080 SUPER×Core i9-10900K搭載モデルならエアフローにも気を使っておきたい。なお、Uシリーズで採用されているこのケースはアルミ製で質感が高いのが魅力だ。

右サイド

GALLERIA UA9C-R80S-right右サイドには吸気口が見える。この新ケースからは両側面に吸気口が設けられる形となった。これによりエアフローが改善して冷却性能の向上に繋がる。

左サイド

GALLERIA UA9C-R80S-left
クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。アルミ製のケースとの相性もばっちりだ。

正面-LED

GALLERIA UA9C-R80S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。まさにゲーマーのことを考えて生まれたケースだと言える。

管理人による総評(GALLERIA UA9R-R80T)

GALLERIA UA9C-R80Scase

GALLERIA UA9R-R80Tは、税抜359,980円の高価なゲーミングPCだ。ドスパラのガレリアシリーズの中でも最も価格が高い。それもそのはずでガレリアブランドの最上級シリーズのUシリーズとなっている。さらに、グラフィックボードにはフラグシップモデルのRTX 2080 Tiを採用。コストパフォーマンスが高いわけではないが、ゲーミングPCとしてはトップクラスのモデルで間違いない。

4K解像度でのゲームプレイやWQHD環境で高リフレッシュレートを実現したいと考えているヘビーユーザーの方は必見だ。Ryzen 9 3900Xは、ゲーミング性能がずば抜けて高いわけではない。このCPUを活かすには動画編集や動画配信などゲーム+αで考える必要がある。

価格CPUグラボ
359,980円Ryzen 9 3900XRTX2080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。