GALLERIA XA5R-R37top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA5R-R37」の詳細レビューをまとめている。RTX 3070×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCだ。Ryzen 5 5600Xは第4世代Ryzenシリーズのモデルで期待値の高いCPUとなっている。RTX 3070との相性も良好で評価は高い。一時はドスパラの売れ筋ランキングNo.1に輝いていたが、その後5万円の値上げで評価は急落となっている。比較対象モデルと合わせて選択して欲しい。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA5R-R37という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA5R-R37」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、5R=Ryzen 5 5600X、R37=RTX 3070ということだ。

GALLERIA XA5R-R37のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA5R-R37
価格Windows 10 / 254,980円(税込)
CPURyzen 5 5600X
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆4.2

>>GALLERIA XA5R-R37を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA5R-R37の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、Tensor世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。ゲーミング性能は高くTuring世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiに匹敵するゲーミング性能を持っている。4K解像度でのゲームプレイやWQHD環境での高リフレッシュモニターの活用などを考えている方向けだ。

FULL HD環境だけだと性能をやや持て余してしまうのではないかと思う。非常に性能の高いグラフィックボードなので、CPUも高性能なものを選択しておきたい。Core i7-10700以上が理想だ。Ryzen 5 5600Xがギリギリのところだろう。

AMD Ryzen 5 5600X(CPU)

ryzen55600xseinou

Ryzen 5 5600Xは、第4世代RyzenシリーズのCPUで高い性能を持つ。クロック周波数も引き上げられて総合性能は大幅に引き上げられている。省電力性も高くなり自作ユーザーにも人気が高い。6コア12スレッドとゲームプレイにおいては最低限必要な性能を持っている。ゲーム適正だけを見ると上記テーブルの通りには行かずCore i5-10400と同程度に留まる。特性を理解した上で選択する必要があるだろう。

総合性能

GALLERIA XA5R-R37seinou

GALLERIA XA5R-R37はRyzen 5 5600XとRTX 3070を搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。第4世代のRyzen 5は非常に強力な性能となり、Core i7に劣らないゲーム性能と従来のRyzen 7と同等の処理性能を有する。よりオールラウンド性が増したことで、ゲーム性能にも高い期待ができるようになった。

ただ、少しだけ安定感に欠けることと、得手不得手があるため、グラフではあまり優れたスコアに見えにくい。実際には負荷に強いので高解像度に適したCPUだと言える。FF14を4Kで快適にプレイするだけの性能は十分持ち合わせている。また、フルHDにも強いのでApex Legendsやフォートナイトを144Hzで楽しめる。

最新のタイトルなど、最適化の問題で苦手となるタイトルも処理性能の高さでカバーする形だ。基本的に性能は非常に優秀である。それでも苦手なタイトルはあるので設定を下げることも考慮して選択してほしい。

>>GALLERIA XA5R-R37を購入<<

GALLERIA XA5R-R37の特徴&強み

勢い失速、大幅な評価ダウン

当該モデルは、一時GALLERIAシリーズの人気ランキング1位に輝いたモデルも今では見る影もなくなった。これまでのRyzenシリーズとは異なり、価格を抑えることよりも性能を伸ばすことを意識したのが仇となっている。GALLERIA XA5R-R37は圧倒的なコストパフォーマンスと、最新のRyzenという強みを活かして人気を博したがその面影はない。

その結果、値上げのタイミングも悪くなり、同等の性能を持つCore i7搭載モデルよりも価格が高くなってしまった。優れた性能があっても妥当な価格設定に留まり、評価されにくいモデルが誕生した。価格の高騰は最新のRyzen搭載モデルに致命的なダメージを与えてしまったようだ。1位の栄光も一瞬で終焉を迎え、ずるずると後退した。今ではランキングどころか、おすすめできるモデルにすら数えられない有様だ。

Core i搭載モデルと違い、Ryzen搭載モデルは何故か価格が下がりにくい。それこそキャンペーンでも展開されない限りはお得になりにくくなった。Ryzenシリーズに力を入れていたはずのドスパラが、その製品に魅力がなくなっている。価格だけが上がり続け、いつの間にか25万円台に突入している。

少し前まで22万円台で踏みとどまり、評価はギリギリながらも選択するメリットがあった。今や強みや特徴もなく、選んではいけないモデルに近づいている。RTX 3080搭載モデルが視野に入る価格だ。GALLERIA XA5R-R37を候補に加えていたなら、今は選択のときではない。他に優れたモデルはあるのでそちらをおすすめしたい。

構成によるマイナスの連続

GALLERIA XA5R-R37の評価を下げているのはRyzen 5 5600Xだけではない。RTX 3070もまた、今が最も悪いタイミングである。RTX 3070と2つ下のRTX 3060は最高値を更新する勢いである。RTX 3070搭載モデルの価格に至ってはRTX 3080搭載モデルに迫る勢いだ。そんな中でRyzen搭載モデルが優れたモデルを輩出するのは難しい。奇しくも、今最もタイミングの悪いCPUとGPUが組み合わさった結果、おすすめできないモデルが誕生してしまった。

このモデルがだめでも同じドスパラの製品の中に強力なモデルは存在している。そのため、GALLERIA XA5R-R37を候補に加えていたなら、比較対象もチェックしてほしい。圧倒的なコストパフォーマンスでゲーマーを魅了しているモデルをピックアップした。ゲームをプレイするユーザーなら必ず気に入るはずだ。比較対象のモデルを選択する際は念の為GALLERIA XA5R-R37もチェックしておこう。

大きな変化の可能性は限りなく低いが、キャンペーン対象に選ばれやすいのはRyzen搭載モデルである。薄い確率ながら、変化する可能性がないわけではない。もしもキャンペーンが適用されると大幅な評価上昇が見込める。お得なモデルを選択するためにも、目を通すだけでもしておきたい。

強力なモデルになっていたなら、みすみす逃すのは後悔に繋がる。少しの時間で後悔をなくせるのでチェックは必須だ。価格の高騰が収まり始めるとGALLERIA XA5R-R37は化ける可能性がある。CPUとGPUの持ち味と特徴をしっかり活かすことができれば、まだまだトップ返り咲きもありえる。そうなるまでは比較対象のモデルをおすすめする。

>>GALLERIA XA5R-R37を購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIAraytrek
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)raytrek ZFtop
製品名XA5R-R37XF
価格254,980円(税込)215,980円(税込)
CPURyzen 5 5600XCore i7-11700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE750W GOLD
チップセットB550H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのraytrek XFだ。CPU性能・メモリ容量・電源・チップセットで上回りながら、価格は4万円ほど安い。SSDの容量は半減しているが、性能面ではリードしているモデルだ。価格が少し高くてもおすすめしたいモデルが、4万円近く安いのだから選ばない手はない。

クリエイター向けPCなので、ゲーム以外の用途にも対応できる。光学ドライブとマルチカードリーダーの両方を搭載している。メモリ容量も作業のために32GB標準搭載だ。この価格帯・性能帯ではraytrek XFが最強だ。20万円程度の予算がある場合は必ずチェックしてほしい。現行最強のモデルでもあるので、誰にでもおすすめできる。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA5R-R37)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA5R-R37は、RTX 3070×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCとなっている。第4世代のRyzen 5 5600Xを搭載しているのが特徴だ。ゲーミング性能は飛躍的に向上している。AMDが好きな方は気になるところだろう。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応と構成は他のガレリアシリーズと共通だ。充実していて初めてのモデルとしても選びやすいだろう。2回の値上げで合計5万円も高くなってしまった。今購入するのは得策とは言えない。後悔しないためにも比較対象モデルをチェックしておこう。

価格CPUグラボ
254,980円(税込)Ryzen 5 5600XRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA5R-R37を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。