GALLERIA XA7C-R26top


当記事では、GALLERIA XA7C-R26のレビューをしている。RTX 2060搭載モデルが復活した。半導体不足による影響を緩和する目的がある。ドスパラがいち早くRTX 2060搭載モデルの販売を開始している。価格がうまく抑えられていてコストパフォーマンス指標以上に評価は高い。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7C-R26という型番を見てもただの英数字の羅列に見えるかもしれない。実はこの型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7C-R26」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7C=Core i7-10700、R26=RTX 2060ということだ。

GALLERIA XA7C-R26のスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R26
価格Windows 10 / 159,980円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 2060
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 5.8

>>GALLERIA XA7C-R26を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R26のゲーミング性能

GeForce RTX 2060(GPU)

rtx2060seinounew

GeForce RTX 2060は、一世代前のTuring世代のグラフィックボードだ。ミドルクラスのグラフィックボードでフルHD環境でのゲームプレイに適している。2021年5月時点でもラインナップの多いGTX 1660 SUPERよりもワンランク高い性能を手に入れることが可能だ。レイトレーシング機能も搭載されているがレイトレーシングを使うには性能的にはやや物足りない。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、Intel第10世代の高パフォーマンスモデルだ。後継モデルのCore i7-11700が登場しているが、価格的に有意なCore i7-10700は今でも選ばれている。性能差がそれほど大きくないこともあって不足はない。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集にも対応できる。ゲーム実況などCPU負荷の高い作業にもおすすめだ。

総合性能

GALLERIA XA7C-R26seinou

GALLERIA XA7C-R26はミドルクラスの性能を持つゲーミングPCだ。RTX 2060はGTX 1660 SUPERよりも高い性能が持ち味だ。また、リアルタイムレイトレーシングにも適正を持っている最低限のGPUでもある。基本的にはフルHDでのゲームプレイとなる。WQHDや4Kのような高解像度はあまり得意ではない。そのため、FF14のようなタイトルであっても高解像度でのゲームプレイは対応しにくい。フルHD+高リフレッシュレートでのゲームプレイを想定しておきたい。Apex Legendsやフォートナイトのように、高リフレッシュレートの恩恵が高いタイトルに適したモデルだ。フォートナイトであれば設定を下げれば240Hzを目指すこともできる。本格的なゲームプレイには見ておきたい性能だ。

>>GALLERIA XA7C-R26を購入<<

GALLERIA XA7C-R26の概要&特徴

RTX 2060の復活で新たな選択肢が生まれた

GALLERIA XA7C-R26は、RTX 2060×Core i7-10700を搭載したゲーミングPCだ。GPUもCPUも旧モデルだが価格が抑えられている分選びやすい。価格の高騰と供給不足により、前世代のRTX 2060搭載モデルが復活した。後継モデルであるRTX 3060と比べると性能差はあるが、価格がGTX 1660 SUPER搭載モデルに近くなったことで、選びやすいモデルとして注目を集めている。

ミドルクラスのモデルを探しているユーザーからするとRTX 2060搭載モデルの存在はありがたい。高騰の影響を受けておらず、販売終了前の価格設定で展開されているのも大きい。GTX 1660 SUPERでは少し物足りないと思っているユーザーは少なくない。そういったワンランク上を目指す本格的なゲーマーに向けたモデルとしてGALLERIA XA7C-R26は支持を得ている。ただ、先々価格の変更を受ける可能性もあるのでその点は注意したい。

今は再生産が決定したことで在庫採用し、搭載モデルを販売しているに過ぎない。在庫がなくなり生産を待つ形になると他のGPUと同じ扱いになるだろう。結局は価格の高騰に繋がってしまうのが不安要素だ。他製品同様、GALLERIA XA7C-R26も価格の変化や入荷待ちになる前に選択しておきたい。ラインナップが減少し続け、選択肢も狭まる中、新しい選択肢が登場したのはありがたい。

GTX 1660 SUPERよりも性能の高いRTX 2060なのは状況的にも非常によかった。RTX 30シリーズの価格の高騰により、予算が15万円前後のユーザーにとっては選べるモデルがなかった。Core i7搭載モデルになればGTX 1660 SUPERと組み合わせる程度だ。RTX 2060ならCore i7と組み合わせても15万円台に収まる。ここから一気に主力となれる存在だ。

RTX 2060搭載モデルで最も評価の高い一台

GALLERIA XA7C-R26はRTX 2060搭載モデル史上最も高い評価を受けたモデルの一つだ。少なくとも、このタイミングで再度登場したRTX 2060搭載モデルは同等の評価を受けている。今の状況では他に選択肢はないかもしれない。しかし、GALLERIA XA7C-R26は優秀なモデルである。消去法でなく、おすすめしたいモデルだ。

RTX 2060は登場時あまり評価されていなかったGPUだ。そんなGPUが最も人気を爆発させたのが、販売終了からしばらく経った今である。現役時代はあまり支持されていなかったGPUは、高騰が続く市場の救世主になる勢いだ。RTX 2060 SUPER・GTX 1660 SUPERなどの登場で中途半端さが際立っていた過去がある。リアルタイムレイトレーシングを用いたゲームプレイにも適正はほとんどなく、特徴と言う特徴がなかったのjだ。

GALLERIA XA7C-R26は当時から存在したモデルのリニューアルモデルである。今はCore i7と組み合わせると税込17万円台を超えるモデルが多い。RTX 2060はCPUとのバランスだけではなく、価格とのバランスが取りやすいGPUだ。価格を抑えつつ性能を重視するにはもってこいだ。RTX 30シリーズの価格が大きく上昇したことで、選択肢が極端なものとなった。そんな現状の中ではGTX 1660 SUPERとRTX 3060の中間に位置する。

少しでも高い性能を選択したいという要望に応えられるモデルだ。予算的に初心者にも選びやすいことが何よりの強みである。過去、RTX 2060搭載モデルでここまで高く評価され、歓迎されたモデルは存在しない。強いて言えば販売終了間際の投げ売りセールモデルくらいだろう。今は価格と性能の両方で支持されている。

>>GALLERIA XA7C-R26を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
画像GALLERIA XA7C-R70S (2)RM5C-G50
製品名XA7C-R26RM5C-R36
ケースミドルミニ
価格159,980円(税込)159,980円(税込)
CPUCore i7-10700Core i5-11400
GPURTX 2060RTX 3060
メモリDDR4-2933 16GBDDR4-320016GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザボH570B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALLERIA RM5C-R36だ。ゲーム性能はGALLERIA RM5C-R36の方が高く、価格は同等である。一方で、GALLERIA XA7C-R26はCPU性能が高く、用途を選びにくい汎用性の高さが主張だ。ゲーム性能はRTX 3060の方が高いものの、フルHDであればRTX 2060でも対応できる。CPU性能を取るか、GPU性能を取るか。

用途がゲームだけならGALLERIA RM5C-R36の方が適正は高い。ゲーム以外に配信や動画撮影が加わるとGALLERIA XA7C-R26に分がある。評価の上でも同等なのでCPUかGPUのどちらを優先するかだ。現状、どちらにも秀でた部分があるので優先度の高いものを選択しておきたい。

>>GALLERIA XA7C-R26を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA ZA7C-R80S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-right本体サイドには吸気口が見える。右側はシンプルだ。ガンメタリックの本体によって質感の高さが伺える。これだけキレイだと傷がついたら悲しくなってしまうだろう。

左サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-leftクリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

背面パネル

GALLERIA ZA7C-R80Sback背面パネルはオーソドックスなものだ。背面にはUSB2.0 x2、USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) 、USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)が配置されている。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R26)

GALLERIA XA7C-R70S

GALLERIA XA7C-R26は、RTX 2060×i7-10700搭載のゲーミングPCとなっている。GPU・CPU共に一世代前のモデルを採用している。グラフィックボードの供給不足によって旧モデルであるRTX 2060が復刻した。CPUにはIntel第10世代のCore i7-10700を搭載している。ゲーミングCPUとして人気が高く最新のCore i7-11700と比べても見劣りしない水準だ。コスパ指標以上に評価の高いモデルだと考えてよい。メモリ16GB、SSD 512GBと厚生も充実している。

価格CPUグラボ
159,980円(税込)Core i7-10700RTX2060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!