GALLERIA XA7C-R36 11700top


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R36第11世代Core搭載」についてレビューを行っている。RTX 3060×i7-11700搭載の新しいゲーミングPCだ。従来のCore i7-10700搭載モデルよりも価格が抑えられていてコストパフォーマンスは高い。純粋なCPU性能が向上しているので選択しない手はないはずだ。

GALLERIA XA7C-R36第11世代Core搭載のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R36 第11世代Core搭載
価格Windows 10 / 169,980円(税込)

・追記
Windows 10 / 184,980円(税込)

CPUCore i7-11700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★★★★★★9.8

・追記
★★★★★★★☆☆☆7.1

価格の高騰に注意

GALLERIA XA7C-R36はCore i7-11700が販売されるとほぼ同時に登場した。その価格設定は従来のCore i7-10700搭載モデルと大きな差がなく、非常にコストパフォーマンスに優れたものだった。ほどなくして、Core i7-10700搭載モデルはラインナップから消えた。これにより、Core i7-11700は従来と同等の価格で展開されると印象付けられた。

しかし、ここにきてGALLERIA XA7C-R36の価格が15,000円値上げされた。登場時点で高騰を加味した価格だと思っていただけに想定外だった。ただ、3万円値上げされたGALLERIA XA7C-R37よりも幾分ましである。税込18万円台に入ると安価なRTX 3070搭載モデルが比較対象になる。2ランク上の性能帯と近い価格になると流石に厳しい。

CPU性能がいくら優れていても、GPU性能が2ランク違っていてはゲーム性能に大きな差が生じる。RTX 3060のよさは価格を抑えられることにある。GALLERIA XA7C-R36にはそのミドルクラスのよさがない。それはつまり、価格に見合った性能も魅力もないということだ。現在のコストパフォーマンスも新製品補正が働いてのものだ。時間が経過するとその補正は薄れ、徐々に評価を落とすことになる。

GALLERIA XA7C-R36の適正価格は税込16万円台前半である。それを超えている間は選択を避けたい。多少割高になっても選ぶ価値のあるモデルではない。そういったモデルは上位モデルと価格に差があるモデルに限られる。上位モデルに並ぶ価格を持つGALLERIA XA7C-R36は価格が落ち着くまでは様子を見るべきだ。

>>GALLERIA XA7C-R36を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R36のゲーミング性能レビュー

GALLERIA XA7C-R36 11700seinou

GALLERIA XA7C-R36第11世代Core搭載(以下GALLERIA XA7C-R36)は、最新のCore i7-11700を搭載したゲーミングPCだ。非常に強力なCPU性能で用途を選ばず快適に動作させることができる。処理性能では従来のCore i7-10700Kを凌駕している。次世代のCore i7-11700は定番として魅力的な性能である。

RTX 3060との組み合わせで高解像度への対応力もまずまずだ。FF14を4Kでプレイすることも可能だ。ただし、最高設定でのプレイはGPU性能が少し物足りない。GALLERIA XA7C-R36はフルHDやWQHDを中心としたゲームプレイに適正がある。Apex Legendsやフォートナイトといった人気タイトルを高リフレッシュレートで本格的にプレイするのに最適だ。高解像度よりも描写の安定を重視するユーザーに適した性能である。

>>GALLERIA XA7C-R36を購入<<

GALLERIA XA7C-R36第11世代Core搭載の特徴

性能のバランスに優れたゲーミングPC

GALLERIA XA7C-R36は、最新のCore i7-11700を搭載しているゲーミングPCだ。CPU性能が伸びたことで用途を選ばない対応力の高さが持ち味となった。ゲームや作業に幅広く対応できるので、ユーザーも選ばない。想定している用途のなかにゲームが含まれていれば、選んで損のないモデルとなる。

高いCPU性能はRTX 3060にとってはオーバースペック気味だが、CPUはゲーム以外の用途でも使用することを考えると強みになる。CPU性能が高い分にはマイナスにならない。むしろ負荷の高い用途に対応しやすいというメリットにもなる。ゲームを中心とするユーザーでも様々な場面でCPUの性能が求められる。ゲームをプレイしながらブラウザを開いたり、アプリケーションを動作させる時はCPUのパフォーマンスが影響する。

動画の撮影・編集・エンコードもCPUの性能が重要だ。ゲームに関係するものにもCPUの性能は求められる。幅広い用途に対応するという点で見れば、非常にバランスの取れたモデルである。今やゲーミングPCはゲームをプレイするためだけのパソコンではなくなった。より高性能なパソコンを表す言葉になりつつある。

GALLERIA XA7C-R36はCore i7-11700搭載になり評価を大幅に伸ばした誰にでも選びやすいゲーミングPCだ。用途もユーザーも選ばな万能な性能は次世代のミドルクラスの特徴になるかもしれない。ゲームに特化し過ぎていない性能は、ライトゲーマーやファミリー向けにもおすすめだ。

新モデルながらコスパが高く今後に期待できる

BTOパソコンは現在も価格の高騰が続いている。GALLERIA XA7C-R36もまた最新モデルとして登場しながら、価格の高騰の影響を受けている。しかしながら、従来のGALLERIA XA7C-R36よりも価格が抑えられているので評価は非常に高い。従来のモデルは税込174,000円程度だったので十分通用するモデルだ。

評価のピークはまだ先にある。今なお続く価格の高騰はしばらく後に必ず収まる。その時、GALLERIA XA7C-R36の価格も一気に下がるだろう。RTX 3060搭載モデルの魅力はコストパフォーマンスにある。価格が高騰している今でもこれだけ高い評価を得ているモデルだ。価格が下がればコストパフォーマンスという魅力が最大限活かされる。今後も大きく期待できるモデルだ。

RTX 3060搭載モデルを代表するモデルに駆け上がるかもしれない。問題は選択の時期だ。今選択するよりも、価格が落ち着いてからの方が確実にお得だ。ただ、いつこの高騰が終わるかはっきりしたことがわからない。2ヶ月以上待つことになるなら、少し価格が高くても選択するメリットはある。価格を取るか、時間を取るかの選択である。

もしも、1ヶ月以上後に購入予定なら少し待って見るのもいい。そろそろ購入予定なら、待たずに選択してしまっても損をすることはない。今後に期待できるモデルと言っても、今選択することがマイナスになるようなこともない。現段階ではいつ選んでも失敗することのないモデルとも言える。ミドルクラスのゲーミングPCを探しているなら候補に入れておいてもよさそうだ。

>>GALLERIA XA7C-R36を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear
製品名XA7C-R36第11世代TD-G
価格184,980円(税込)186,780円(税込)
CPUCore i7-11700Core i7-10700
GPURTX 3060RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載2TB
電源650W BRONZE700W GOLD
チップセットH570B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Gだ。CPU・メモリ規格・チップセットでGALLERIA XA7C-R36がリードしている。一方でG-Tune TD-GはGPU性能が2ランク高く、電源でも優れている。この2製品の価格差は2,000円ほどしかない。コストパフォーマンスはもちろん、ゲーム性能でもG-Tune TD-Gが圧倒している。

最新のCPUを搭載していても、GPU性能が2ランク下がると流石に追いつくことはできない。GALLERIA XA7C-R36はG-Tune TD-Gに対して20,000円以上安くなければ選択するメリットがない。RTX 3060搭載モデルの相場から遠く離れたGALLERIA XA7C-R36はしばらく様子見が必須となりそうだ。

>>GALLERIA XA7C-R36を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R36)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7C-R36は、RTX 3060×i7-11700搭載のゲーミングPCだ。最新のIntel第11世代CPuを搭載しているのが特徴となっている。従来のCore i7-10700よりも高いCPU性能を持ち配信や動画編集などの負荷の掛かる用途で威力を発揮する。RTX 3060はミドルクラスのグラフィックボードなので、ややオーバースペック気味だがCPU性能が高いこと自体はデメリットにならない。

特にゲームプレイ以外の用途でパソコンを使うことが多い方なら積極的に選ぶべきだと言える。メモリ16GB、SSD 512GBという構成はドスパラでは定番だ。必要十分な構成であとは好みでカスタマイズを検討するとよいだろう。値上げされてしまった今は比較対象モデルをチェックするべきだ。

価格CPUグラボ
184,980円 (税込)i7-11700RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7C-R36を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya