GALLERIA XA7C-R37top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA7C-R37」の詳細レビューをまとめている。価格調整が入り5,000円の値上げが敢行されてしまった。RTX 30シリーズ全般における在庫状況が影響しているのだろう。各BTOメーカーで値上げが行われているが、その中でも比較的抑えられている方だ。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7C-R37という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7C-R37」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7C=Core i7-10700、R37=RTX 3070ということだ。

GALLERIA XA7C-R37のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R37
価格Windows 10 / 196,878円
(税抜178,980円)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆3.0

>>GALLERIA XA7C-R37を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R37の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、アンペア(Ampere)世代のグラフィックボードだ。RTX 2080 Tiに近くRTX 2080 SUPERよりも高い性能を持つ。FULL HD環境でのゲームプレイだけだと宝の持ち腐れになってしまう。基本的には4KやWQHDなど高解像度でのゲームプレイに最適だ。

RTX 30シリーズになって性能が大幅に引き上げられてCPUとのバランスを考えるのが難しくなったのも事実だ。最低でもCore i7-10700、できればCore i7-10700K以上を選択したい。もっともグラフィックボード性能が高ければある程度ゲームプレイに余裕が生まれる。

Intel Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUだ。ゲーム用CPUとしても非常に人気が高い。ハイパースレッディングに対応したことでゲームプレイだけではなく、ゲーム実況・動画編集・画像編集などマルチに通用するモデルだと言える。Ryzenシリーズと比べても十分戦えるモデルとなっている。RTX 3070に合わせるCPUとして最低でもこのクラスを選択しよう。

総合性能

GALLERIA XA7C-R37seinou

GALLERIA XA7C-R37は、非常に優れたCPU性能とGPU性能を持つ次世代のハイクラスゲーミングPCだ。RTX 3070は従来のRTX 2080 Tiに近い性能がある。FF14程度の負荷なら4K解像度でも快適にプレイすることができる。もちろん、負荷次第ではそれ以外のタイトルにも対応可能だ。

フルHDなら240Hz、WQHDなら144Hzを標準にできるほど性能が高い。Apex Legendsであれば240Hzを目指すことも容易である。性能に関する不安はなく、本格的なゲームプレイを目指すユーザーに適している。これから登場するゲームにも対応しやすく、長く使用するために必要な性能とも言える。

4Kを避ければリアルタイムレイトレーシングを適用しても快適性は損なわれにくい。その場合は高リフレッシュレートを実現しにくくなるのでプレイスタイル次第だ。今後、多くのゲーマーにとって理想的な性能となるであろうモデルである。

>>GALLERIA XA7C-R37を購入<<

GALLERIA XA7C-R37の特徴&強み

価格の引き上げで評価大幅ダウン

GALLERIA XA7C-R37の度重なる値上げで評価がダウンとなっている。もちろんこれはドスパラが悪いわけではなくRTX 3070が高騰していることが要因だ。RTX 3070は徐々に品薄状態が明確になってきている。中国が旧正月(中国歴を使っている国や地域のお正月のことで休日になる)に入ったことやマイニング需要拡大などが要因だ。旧正月は搭載モデルの多くは売り切れ状態か値上げが行われている状況だ。

GALLERIA XA7C-R37の登場時の価格は税抜174,980円だったので今はそれ以上の価格ということになる。その後徐々に価格は下がり、税抜169,980円にまで下がった。それが一転して登場時を超える価格となってしまった。ドスパラだけが値上げを行っているわけではない。旧正月の影響などもあって供給が安定せず高値になっているのだろう。これはドスパラ以外のBTOメーカーでも該当する。

また、一部のショップではカスタマイズでHDDやSSDを選択する際に価格が割高になっていた。もしかするとグラフィックボード以外のパーツも高騰している可能性がある。評価は大きく下落したものの、こればかりは仕方がない。むしろこんな状態になってもRTX 3070搭載モデルの販売が続いていることに感謝したい。

ただ、それと今選択すべきかという話は別である。多少割高でも選択するのであればGALLERIA XA7C-R37はおすすめしにくい。Core i7-10700とRTX 3070を組み合わせたモデルは税抜14万円台まで来ていた。今では平均して税抜17万円台前後に収まりつつある。この割高な状態でなら、コストパフォーマンスの評価は重要な指標になる。8.0と9.0の差なら、どちらを選んでも標準的なモデルよりはお得という数値だ。

もしも今選ぶなら5.0に少しでも近いモデルや超えるモデルを探したい。それもなるべく早いうちにだ。それこそ1ヶ月後には消去法でも選べなくなるかもしれない。RTX 3080は既に品切れ状態だ。RTX 3070搭載モデルは消えたRTX 3080の穴を埋めるかのように同じ価格にまで上昇していくはずだ。まだ購入を検討していないならともかく、既に検討している段階なら急いだ方がいい。

ゲーミング性能を考慮すれば許容範囲となる

GALLERIA XA7C-R37はRTX 30シリーズを基準に考えると非常に高価なモデルとなってしまった。しかし、RTX 20シリーズから考えると、この価格はまだ許容範囲と言える。RTX 3070の性能はRTX 2080 SUPERと同等だ。RTX 2080 SUPER搭載モデルの価格は大体税抜19万円前後だった。性能から見るとRTX 3070搭載モデルはまだ価格が抑えられている方だ。コストパフォーマンスを度外視するなら選択肢に入る。

この考え方は品薄状態でのみ適用できるものだ。割高で低コストパフォーマンスという事実は変わらない。現在の評価値はRTX 30シリーズに最適化されているので低くなっている。基準を性能に切り替えて考えれば絶対に選んではいけないモデルというわけではない。特にこういう情勢であるなら間違った選択とは言えないだろう。こう言ってしまうと身も蓋もない話だが、価格は購入時だけの問題だ。

購入した後は価格が持つ影響力は一切ない。一方で性能は購入後からずっと付いて回る。選べる状態ならお得なモデルを探すべきだとは思う。しかし、今はそういった状況ではないので価格よりも性能を重視するという考え方は合理的に思える。価格が落ち着くまで待って購入するのと、高くても今購入するのは重視される部分が異なる。時間か金額のどちらを重視するかだ。

2021年2月下旬にはRTX 3060が登場する。そちらは流石に新製品だけあって即品切れになるとは考えにくい。RTX 3060搭載モデルを候補に加えるのも一つだ。性能では及ばないながら、RTX 3070搭載モデルを探しているユーザーにとっては扱いにくいものではない。現状からするとコストパフォーマンスに優れたモデルになるはずだ。価格と性能次第では人気モデルになることは間違いないので、今すぐ選択しないなら登場を待ってみもよさそうだ。

>>GALLERIA XA7C-R37を購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear
製品名XA7C-R37TD-G
価格178,980円149,980円
CPUCore i7-10700Core i7-10700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W GOLD
チップセットH470B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Gだ。こちらはまだ価格の影響を受けておらず、在庫もある。RTX 3070搭載モデルのほとんどが値上げしている中、価格を据え置いているレアなモデルだ。これから一気に人気が集中すると予想される。流石に3万円近い価格差があるのでG-Tune TD-Gをおすすめする。ただ、他のメーカーの動向を見ている限りそう遠くない日に確実に品切れ状態になる。

フロンティアのセールモデルでさえ大幅な値上げを行っている今、税抜14万円台は唯一とも言える。RTX 3070搭載モデルを探しているユーザーが一気に集まる可能性が高い。候補に加えた時点で品切れになっているかもしれないので注意してもらいたい。幸運にも在庫があった場合、即購入してもいいくらいだ。少し前までは対抗製品の存在で影が薄くなり始めていたが、情勢が変わったことで人気が加速した。今最もおすすめしたいお得なモデルである。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R37)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7C-R37は、RTX 3070搭載モデルのベンチマークとなるべき存在だ。RTX 3070の供給不足が続き価格が引き上げられている。コストパフォーマンスは最高の状態から落ちてしまっているのが現状だ。タイミングを見計らっての購入をおすすめしたい。価格が落ち着くにはもう少し時間が掛かりそうだ。

グラフィックボードにはRTX 3070を搭載していてゲーミング性能も優秀だ。4K解像度でのゲームプレイにも対応することができる。レイトレーシングやDLSSなどの新しい機能を堪能できる余裕がある。CPU性能も高めで幅広い用途に対応することが可能だ。比較対象モデルと合わせて選択して欲しい。

価格CPUグラボ
178,980円Core i7-10700RTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA XA7C-R37を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya