GALLERIA XA7C-R37-10thtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA7C-R37第10世代」の詳細レビューをまとめている。1世代前のCPUであるCore i7-10700を搭載したゲーミングPCだ。最新モデルは「GALLERIA XA7C-R37第11世代」をチェックして欲しい。価格差は1万円で古いモデルの方が少しだけ安く設定されている。ただし、これだけの価格差なら最新モデルを選ぶ方がよいだろう。合わせて比較対象モデルを確認して欲しい。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7C-R37第10世代という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7C-R37」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7C=Core i7-10700、R370=RTX 3070ということだ。

GALLERIA XA7C-R37第10世代のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R37第10世代
価格Windows 10 / 239,980円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★★☆☆☆☆5.6

>>GALLERIA XA7C-R37を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R37第10世代のゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinounew

GeForce RTX 3070は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードだ。人気の高い70番台のモデルは最新世代でも健在だ。Turing世代のRTX 2070 SUPERの後継モデルということになる。フラグシップモデルだったRTX 2080 Tiよりも高いゲーミング性能を持ち高解像度でのゲームプレイにも対応できる。レイトレーシング性能も大きく向上していてこだわりのあるゲーマーの方にもおすすめだ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、Comet Lake世代の人気CPUだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高い。動画編集・画像編集・3D CADなどクリエイター作業にも適していることから性能の高さがわかるだろう。最新世代のCore i7-11700に比べると性能は劣るが、8コア16スレッドとコア/スレッドは変わらず高い性能を期待できる。価格が抑えられている分だけ選びやすい。

総合性能

GALLERIA XA7C-R37-10thseinou

GALLERIA XA7C-R37は、Core i7-10700とRTX 3070を組み合わせていてオーソドックスなハイクラスのゲーミングPCだ。第11世代が登場した今でも第10世代のCore i7-10700はハイクラス前後の性能帯で支持されている。価格と性能のバランスが素晴らしく、コストパフォーマンスが評価されているからだ。

RTX 3070の性能に対してボトルネックになりにくい。FF14以外のタイトルも4Kで快適にプレイできる対応力がある。Apex LegendsやフォートナイトのようなフルHDを主流のタイトルでは144Hzを前提にできる。この扱いやすいパフォーマンスこそが魅力である。

>>GALLERIA XA7C-R37を購入<<

GALLERIA XA7C-R37第10世代の特徴&強み

連続した値上げで微妙なモデルへ

GALLERIA XA7C-R37は、一時RTX 3070搭載モデルで最もおすすめしやすいモデルの一つだった。事実GALLERIAの人気ランキング1位にランクインしていたのだ。しかし、それも束の間、値上げが繰り返されて評価は下がっている。どこにでもありそうなハイクラスに留まる。ハイクラスの中で注目を集めていたモデルなだけに、今の凋落した姿は残念でならない。

ここから巻き返しに期待したい反面、それは難しいことも分かる。これまでの価格調整から、シリーズである程度価格差を生まないような調整が適用されている。現在、Intel第11世代搭載モデル、Ryzen第3世代搭載モデル、Intel第10世代搭載モデルがシリーズにラインナップされている。この中でどれか一つが突出して安くなると、人気はそのモデルに集中してしまう。

それぞれが紐付けたかのように、連動して価格が変化している。このため、価格を下げにくい環境ができあがっているように感じる。元々は半導体不足による価格の高騰から端を発している。本来であればIntel第10世代搭載モデルも、Ryzen第3世代も規模を縮小しているか、市場から消えているはずの時期だ。在庫状況が安定しないこともあり、選択肢を広げる意味でも市場に残している。

それが価格調整に影響を与え、GALLERIA XA7C-R37の凋落に繋がった。特にGALLERIAのようなシリーズで展開しているモデルは影響が大きい。一時はRTX 3070 Ti搭載モデルの価格だった23万円台に突入した。前述のように、シリーズで価格が連動していることから、いきなり大幅な値引きは期待できない。それは全製品の値下げということにもなりかねない。今は様子を見る方が無難なモデルである。

ハイクラスの指標となるモデル

GALLERIA XA7C-R37はあまり評価のよくないモデルだが、現状RTX 3070搭載モデルの多くのモデルが不振を極めている。そういう見では仕方がないと言えるかもしれない。これまで価格が魅力だったモデルは特に厳しい。価格が安いことで評価されていたモデルは軒並み魅力を失った状態だ。そして、人気のハイクラスというのは往々にして価格に魅力があった。

どこのショップでもRTX 3070搭載モデルはあまり優れたモデルが存在していない。ある意味で、GALLERIA XA7C-R37は今のハイクラスを象徴するようなモデルである。RTX 3070搭載モデルの相場のど真ん中に価格設定しているようにさえ感じる。GALLERIA XA7C-R37の評価を見れば、ある程度今のRTX 3070搭載モデルの評価が分かるようになるかもしれない。

これまでも、GALLERIA XA7C-R37の価格が値上げされると他製品も徐々に値上げされてきた。バロメーターとして見れば非常に優秀なモデルだ。常に追いかけていれば、RTX 3070の相場がつかみやすい。ただ、指標となるモデルは選択肢に加わりにくい。製品が優れているわけではないので選ぶ理由にならない。

優れたモデルが少ないということは、何もデメリットばかりではない。より選びやすくなったということでもある。特にハイクラスやRTX 3070搭載モデルは人気で、ラインナップの数だけは多い。おすすめできるモデルが限定されるなら迷う必要もない。

おすすめモデルの筆頭だったGALLERIA XA7C-R37が落ちたということは、他製品にも多く似た境遇のモデルがあるということだ。比較も容易に行えるので、ハイクラスのゲーミングPCを探しているなら、選びやすくなっただけとも言える。お得なハイクラスのモデルをピックアップしているので比較対象をチェックしてほしい。

>>GALLERIA XA7C-R37を購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIAraytrek
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)raytrek ZFtop
製品名XA7C-R37第10世代XF
価格239,980円(税込)219,980円(税込)
CPUCore i7-10700Core i7-11700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-2933 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE750W GOLD
チップセットH570H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのraytrek XFだ。現状、RTX 3070搭載最強のモデルだ。ゲーミングPCではなくクリエイター向けPCである。しかし、その構成はGALLERIA XA7C-R37を凌駕している。そして価格は24,000円ほど安い。SSDの容量は半減しているが、メモリ規格アップと容量倍増は大きい。更に電源も強化されているのでraytrek XFが圧倒的にリードしている。

CPU性能も最新の第11世代採用でリードしていることから、性能も構成も上だ。Core i7-11700FはCPUに内蔵されたGPU機能がカットされたコストカットモデルだ。性能に差はないが、気になるならCore i7-11700搭載モデルも4,000円アップで存在するのでチェックしてほしい。今raytrek XFを超えるRTX 3070搭載モデルは存在しない。ハイクラスならこれ以外おすすめするのが難しい。

PCケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R37第10世代)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

当該モデルは、旧世代のCore i7-10700を搭載したゲーミングPCだ。8コア16スレッドとスペックが高くゲーム適性も高い。動画編集などのクリエイター作業はもちろんゲーム実況などにも対応できる。Core i9シリーズよりもコスパに優れている。1世代前のモデルだからといってパフォーマンスが大きく劣るわけではないが、価格が大幅に上がってしまった今はそれほど魅力的には映らない。

現行モデルとの価格差が1万円と縮まってしまったのが痛い。グラフィックスにはRTX 3070を搭載していて文句のつけようがない。高解像度でのゲームプレイにも対応できる。Core i7-10700との相性も上々だ。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。2021年8月後半に2万円の値上げが適用となり評価ダウンとなっている。比較対象モデルと合わせて検討したい。

価格CPUグラボ
239,980円(税込)Core i7-10700RTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7C-R37第10世代を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。