GALLERIA XA7C-R37Ttop


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R37T」についてレビューを行っている。RTX 3070 Ti×Core i7-11700搭載のゲーミングPCだ。登場時269,980円から249,980円へと2万円の値引きが適用となっている。Intel第10世代CPU搭載モデルとの価格差は2万円まで縮まっている。性能差を考えてもあと1万円価格が下がれば言うことなしだ。

GALLERIA XA7C-R37Tのスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R37T
価格Windows 10 / 249,980円(税込)
CPUCore i7-11700
グラフィックボードGeForce RTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★★★★★☆9.3

>>GALLERIA XA7C-R37Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R37Tの性能レビュー

GeForce RTX 3070 Ti(GPU)

rtx3070tiseinou

GeForce RTX 3070 Tiは、2021年6月10日に発売された新しいグラフィックボードだ。RTX 3080に近い性能を期待していたがRTX 3070寄りで価格が下がらないとなかなか選びにくいかもしれない。ゲーミング性能自体は高くWQHD環境がメインのターゲットとなる。Radeon RX 6800と同等だ。

Core i7-11700(CPU)

i7-11700seinou

Core i7-11700は、Intel第11世代の高パフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く様々な用途に対応できる。従来モデルのCore i7-10700Kよりも高い性能を持つ。動画編集・画像編集・WEBデザインなど負荷の掛かる作業も得意だ。Ryzen 7 5800Xと比べるとややパフォーマンスは劣るが十分近づいていると言える。14nmプロセスでここまでできれば次世代の10nmプロセスに期待が持てる。

総合性能

GALLERIA XA7C-R37Tseinou

GALLERIA XA7C-R37TはCore i7-11700とRTX 3070 Tiを搭載した最新のゲーミングPCだ。非常に高い性能でこれからのハイクラスを牽引していきそうなモデルだ。RTX 3070 Tiのゲーム性能は当然RTX 3070よりも高い。高解像度での対応力が魅力だ。しかしながら、性能に関しては掛かる期待を大きく下回った。注目度に反し、人気GPUにはなりにくいかもしれない。

RTX 3070 Tiの性能はFF14に限らず、多くのタイトルを4Kで安定させやすい。フルHDではApex Legendsを240Hz、フォートナイトでは360Hzを目指せる。最新タイトルも得意分野なのでタイトルを選ばず快適にプレイできる。ワンランク上とはいかないが、半歩上のハイクラスを体感できるはずだ。

>>GALLERIA XA7C-R37Tを購入<<

GALLERIA XA7C-R37Tの特徴

値引きで評価急上昇中

GALLERIA XA7C-R37Tは2万円の値引きが適用された。これでRTX 3070搭載モデルとの差も縮まり、選択するメリットが出てきた。登場時のRTX 3080搭載モデルに近い価格ではおすすめしにくかった。70番の系譜モデルとして相応しい形となってきた。しかしながら、まだ一歩足りない。旧モデルであるCore i7-10700搭載モデルは229,980円での展開だ。

何とか239,980円まで下げなければ差をつけられる一方である。もちろん、値引きされたことで評価は大きく伸びている。これからに十分期待できるモデルだ。次世代のハイクラスを担うモデルであり、GALLERIAの人気ランキング上位を狙えるモデルだ。このまま差をつけられたまま終わるとは考えにくい。どこかで大きな変化が適用されるはずだ。

価格が第10世代搭載モデルと比べて高いのはデメリットではない。それだけ性能が優れているのだから当然と言えば当然だ。あとはどこまで差を詰められるかの問題だ。239,980円まで下がるのを待ちたいのは、他製品の第11世代と第10世代の価格差が1万円程度だからだ。GALLERIA XA7C-R37Tだけ2万円の差がついているのは納得できない。

ただそれだけのことである。性能を考えると妥協できる価格ではある。それでも、他製品と同じ差になるならそれに越したことはない。GALLERIA XA7C-R37Tはもっと評価が高まるモデルだ。急いで今選択するのはおすすめしない。しっかり変化し、お得になったタイミングで選択したい。それまでは様子を見たい。

ハイクラスの新たな選択肢

RTX 3070 Tiは登場時と比べると非常に優れた評価になった。RTX 3080に近い価格、RTX 3070に近い性能という最悪から脱した結果だ。今ではRTX 3070に近い価格でRTX 3070よりも高い性能という立ち位置だ。RTX 2070とRTX 2070 SUPERの関係とまではいかないが、上位互換として選択するメリットのある存在だ。

これまでハイクラスにはRTX 3060 TiとRTX 3070の2つしか選択肢がなかった。取り扱い的にRTX 3060 Tiは少なく、実質RTX 3070一つだけだった。RTX 3070とRTX 3080は性能差が広く、価格的に選択肢はRTX 3070に一極化していた。RTX 3070に集まる人気を分散させることで、供給不足を補う役割もある。そして、価格が落ち着いた今、RTX 3070 Tiはハイクラスの新たな選択肢として、人気モデルの一角を担っている。

GALLERIA XA7C-R37Tはその代表的なモデルになれるポテンシャルはある。もう少しだけ価格が下がれば人気ランキング上位に入ることは間違いない。ハイクラスはゲーミングPCの中でも最も人気の性能帯だ。ここに選択肢が追加されることは誰にとってもプラスだ。ミドルクラスやハイエンドクラスの価格にも影響を与えるからだ。

上に優れたモデルが登場すれば、下のモデルは価格が調整される。これは下位に優れたモデルが登場した時にも同じことが言える。そして、値引きされたGALLERIA XA7C-R37TはGALLERIAシリーズによい影響を与えられるモデルだ。これからの変化に期待したい。

>>GALLERIA XA7C-R37Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)GALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名XA7C-R37TXA7C-R37 11700
価格249,980円(税込)229,980円(税込)
CPUCore i7-11700Core i7-11700
GPURTX 3070 TiRTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD650W BRONZE
チップセットH570H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALLERIA XA7C-R37Tだ。同じRTX 3070 Ti搭載モデルで、Core i7-10700搭載であることが主な違いだ。メモリ規格の違いもあるが、これは第10世代搭載ではDDR4-3200に対応できないことへの配慮だろう。CPUの世代が違うだけで価格差は2万円も開いている。性能差を考えると少し高い程度でそれほど悪いことでもない。

税込22万円台に突入していることが何よりも大きい。税込22万円台はRTX 3070搭載モデルの価格帯だ。つまり、上位モデルが下位モデルに価格で並んでいるということだ。この点でGALLERIA XA7C-R37T 10700は評価の上で大きなアドバンテージを得ている。性能を優先するならGALLERIA XA7C-R37Tの方が上だ。

しかし、コストパフォーマンスを取るならGALLERIA XA7C-R37T 10700が圧倒的だ。当サイトのおすすめランキング1位はCore i7-10700搭載モデルの方だ。GALLERIA XA7C-R37Tの価格が下がるまではCore i7-10700搭載モデルをおすすめしたい。

>>GALLERIA XA7C-R37Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R37T)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7C-R37Tは、RTX 3070 Tiを搭載した最新のゲーミングPCだ。RTX 3070 Ti自体は期待ほどの性能は発揮できなかったが、ゲーミング性能は高い。WQHD環境以上にも対応することが可能だ。登場時から2万円の値引きが適用となり評価は上昇している。Core i7-10700搭載モデルとの価格差は縮まった。もう少し価格が下がるまではRTX 3070搭載モデルを中心に見ていくとよいだろう。

価格CPUグラボ
249,980円 (税込)i7-11700RTX3070Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。