GALLERIA XA7C-R38top


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R38」についてレビューを行っている。最新のRTX 3080を搭載したゲーミングPCだ。CPUのCore i7-10700とのバランスはイマイチでそれほど評価は高くない。それでもドスパラの場合はシリーズごとにラインナップが揃っているので他のモデルを選択すればよいだけだ。

GALLERIA XA7C-R38のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R38
価格Windows 10 / 219,980円
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★★★★★☆☆☆6.7

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R38の性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

RTX 3080は、Ampere世代一発目に登場したグラフィックボードだ。圧倒的な性能を持ちPascal世代のグラフィックボードを過去のものにした。プロセスが12nm→8nmへと縮小化されたことでより多くのトランジスタを搭載することができパフォーマンス向上に繋がった。RTX 2080 Tiよりも20%程度パフォーマンスが向上している。4K解像度でのゲームプレイに適した性能を持つ。FULL HD環境だけのゲームプレイならオーバースペックとなる。RTX 3080の登場でドスパラのケース内部にも変化が生まれている。

RTX 3080の性能はRTX 2080 Tiを凌駕している。その突き抜けたスペックのせいか、グラフィックボードのサイズがPascal世代のグラフィックボードよりも一回り大きくなっている。対策としてGALLERIAのRTX 3080搭載モデルにはリジッドガードサポートというGPUホルダーを搭載。マザーボードに接続するだけでは自重で歪むのを防ぐためのものだ。

言われてみると必要性が高いパーツのように思える。3スロット占有のRTX 3080は大きさだけではなく重さも相当である。こういった固定具がなければ物理的な耐久性が心配になる。この配慮はありがたい。なお、最上位のRTX 3090はさらに大きい。これからのケースは内部の柔軟性も重要になってきそうだ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、Intel第10世代のハイクラスCPUだ。8コア16スレッドとハイパースレッディングに対応したことでパフォーマンスが向上した。前世代のCore i9-9900に匹敵する性能を持つ。ただし、RTX 3080に合わせるCPUとしてはやや性能的に物足りない。グラフィックボードの性能に合わせるにはワンランク上のCore i7-10700KやCore i9-10900Kを選択したいところだ。

総合性能

GALLERIA XA7C-R38seinou

優秀なゲーム性能を持つCore i7-10700であっても、ハイエンドグラフィックボードのRTX 3080とはバランスが取れない。Core i9-10900Kでもボトルネックが発生する場面がある。つまり、Core i7-10700はRTX 3080の足を引っ張る可能性が高いということだ。Core i7-10700搭載ならRTX 2080 TiでもRTX 3080でもゲームの快適性に差がないかもしれない。

GPU性能の高さはゲームへの対応力に繋がる。CPU負荷の軽いゲームでは確実にRTX 3080搭載の方が安定する。プレイするタイトルによってはこの組み合わせもありだろうか。RTX 3080の性能を活かす上ではあまりおすすめしにくい組み合わせであることは間違いない。この圧倒的な性能は高解像度でのゲームプレイに適している。

フルHD+高リフレッシュレートではなく、4KやWQHDが前提だ。リアルタイムレイトレーシングやDLSSを使用した高解像度でのゲームプレイで本領を発揮する。予算ではなく性能と環境に合わせて選択してもらいたい。既存のゲームはもちろん、これから登場するゲームでもRTX 3080で性能不足になる時代が来るか疑問だ。4K解像度が一般的にならない限り、性能に困ることはないかもしれない。今RTX 3080を選ぶというのは性能のバランスよりも安心を選ぶことになりそうだ。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

GALLERIA XA7C-R38の特徴

CPUにCore i7-10700を採用したのがネック

ついにドスパラからRTX 3080を搭載したゲーミングPCが登場した。その圧倒的なグラフィックス処理性能は多くのゲーマーが待ち望んでいたものだ。GALLERIA XA7C-R38は、RTX 3080搭載モデルとしては比較的安価に仕上げられている。その点だけは評価したい。

一方で、やはりCore i7-10700と組み合わせたのは賛同できない。RTX 3080はCore i7-10700で対応しにくいRTX 2080 Tiよりも性能が高い。この時点でCore i7-10700がRTX 3080の足を引っ張るのは目に見えている。初登場で税抜219,980円で展開したことを褒めるべきか、こんなアンバランスなモデルを登場させたことを嘆くべきか。絶対に選んではいけないわけではないが、その性能の高さという魅力を損なう構成はやはりおすすめできない。

もっとも、価格がさらに下がればその限りではない。Core i7-10700のコストパフォーマンスとRTX 3080の性能の高さ。現時点ではこの2つを打ち消し合っているからこそマイナスなのであって、コストパフォーマンスさえ維持できれば評価は高くなる。性能に関してもGPUに合わせるのではなくCPUに合わせる。これでCPU性能を上手く引き出せるGPUになる。

CPUとGPUそれぞれの性能を全て引き出すにはCore i9-10900Kなどの高性能なCPUが必要だ。Core i9-10900Kでも性能が不足することもあるので最高を求めることはできない。GALLERIA XA7C-R38の場合は総合的な性能よりも価格で選択してしまいそうになる。この性能を求めるユーザーの多くは、Core i7-10700搭載のデメリットは理解しているとは思う。念の為注意しておいてほしい。

価格が落ち着いても評価は上がらない

RTX 3080は、Turing世代におけるRTX 2080・RTX 2080 SUPERの後継機にあたる。将来的には当然価格は同等にまで落ちるだろう。グラフィックボード単体ではほぼ同じ価格になっているからだ。搭載モデルでは2万円ほどの価格差がある。GALLERIA XA7C-R38の価格がここから2万円引きされたとしても評価が大きく上がることはない。現在の評価はASK税を考慮した評価である。

たとえ価格が下がっても評価も合わせて下がっていくのでほぼ相殺される。GALLERIA XA7C-R38はCore i7-10700搭載という弱点を引きずっていくため、大幅な評価向上は望めない。RTX 3080はこれまでのハイエンドモデルと違い、搭載するCPUによって引き出される性能が違ってくる。これまで以上にCPUの存在が重要になっている。Core i9-10900Kで100出せるとすると、Core i7-10700では70ほどしか出せない。

価格が安くなってもこれは変わらない。RTX 3080搭載モデルは価格ではなく、性能で見ていくべきモデルだ。もちろん、予想を超える値引きがあれば評価は上がる。ただ、それは下位モデルが存在する以上考えにくいことだ。価格が下がっても評価が上がりにくいというのはRTX 3080が初だ。それだけ突き抜けた性能を持っていることの表れだ。ゲーミングPCではTITANシリーズがそういった傾向にあった。

RTX 3080はその領域に足を踏み入れということだ。もっとも、これはCore i7-10700の性能によるところが大きい。Core i9-10900K搭載でも値引きで評価は上がりにくい。しかし、値引きに対しての評価向上はCore i9-10900K搭載モデルの方が有利だ。CPUの性能がボトルネックになるというのはいつぶりだろうか。ゲームに適したIntel製CPUの供給不足で更新速度が落ちたことが影響している。GPUの進化に追いつけるCPUは第4世代のRyzenまでお預けになりそうだ。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

RTX 3080搭載モデルの比較は現在行っていない。まだ出揃っていないことと価格が落ち着いていないことで構成の差による価格差でしかない。今後はCore i7-10700搭載モデルも今後は増えてくるだろう。そうなってもGALLERIA XA7C-R38の比較対象は上位CPU搭載モデルになる。その上位モデルより明らかに価格が安くなれば、性能のデメリットよりもメリットが大きくなることもある。

全てはこれからの他製品の動向次第だ。案外、GALLERIA XA7C-R38の評価が低いのは初動だけで、相対的に評価が上がることも考えられる。RTX 3070やRTX 3090の性能と価格にも左右される。比較対象の製品次第では評価を無視してトップモデルになるかもしれない。どうなっていくか楽しみにしながら様子を見ていきたい。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7C-R38は、RTX 3080×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。税抜21万円台は最安値クラスとなっている。そこだけがこのモデルのハイライトと言えるかもしれない。

CPUにはCore i7-10700を選択しているが、RTX 3080と合わせるにはややバランスが悪くパフォーマンスを100%引き出せない。メモリ16GB・SSD 512GBと構成はドスパラの標準的なものになっている。

価格CPUグラボ
219,980円Core i7-10700RTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA XA7C-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya