GALLERIA XA7C-R38top


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R38 H570搭載」についてレビューを行っている。ハイエンドクラスのRTX 3080を搭載したゲーミングPCだ。CPUがCore i7-10700KにアップグレードされたことでGPUとのバランスが改善されている。3万円の値上げがやや厳しいか…

GALLERIA XA7C-R38のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R38 H570搭載
価格Windows 10 / 289,980円(税込)
CPUCore i7-10700K
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリ239,980円(税込)
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆4.9

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R38の性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080tiseinou

RTX 3080は、Ampere世代一発目に登場したグラフィックボードだ。圧倒的な性能を持ちPascal世代のグラフィックボードを過去のものにした。プロセスが12nm→8nmへと縮小化されたことでより多くのトランジスタを搭載することができパフォーマンス向上に繋がった。RTX 2080 Tiよりも20%程度パフォーマンスが向上している。4K解像度でのゲームプレイに適した性能を持つ。フルHD環境だけのゲームプレイならオーバースペックとなる。RTX 3080の登場でドスパラのケース内部にも変化が生まれている。

RTX 3080の性能はRTX 2080 Tiを凌駕している。その突き抜けたスペックのせいか、グラフィックボードのサイズがPascal世代のグラフィックボードよりも一回り大きくなっている。対策としてGALLERIAのRTX 3080搭載モデルにはリジッドガードサポートというGPUホルダーを搭載。マザーボードに接続するだけでは自重で歪むのを防ぐためのものだ。

言われてみると必要性が高いパーツのように思える。3スロット占有のRTX 3080は大きさだけではなく重さも相当である。こういった固定具がなければ物理的な耐久性が心配になる。この配慮はありがたい。なお、最上位のRTX 3090はさらに大きい。これからのケースは内部の柔軟性も重要になってきそうだ。

Core i7-10700K(CPU)

i7-10700kseinou

Core i7-10700Kは、Intel第10世代のハイクラスCPUだ。8コア16スレッドとハイパースレッディングに対応したことでパフォーマンスが向上した。前世代のCore i9-9900Kに匹敵する性能を持つ。RTX 3080との相性は平凡で最低限の性能を引き出せる。注意点としてマザーボードのチップセットがH470となっているので、オーバークロックに対応することはできない。それでもCore i7-10700よりもクロック周波数が高くゲーム適性は高いと言える。

総合性能

GALLERIA XA7C-R38seinou

GALLERIA XA7C-R38はCore i7-10700KとRTX 3080を組み合わせたハイエンドクラスのゲーミングPCだ。非常に強力な性能を有しているため、ゲームプレイに関しての不安は一切ない。ただし、ハイエンドクラスの中では控えめな性能である。

オーバークロックにも対応していないため、CPUとGPUの性能のバランスはあまりよくない。メモリが16GBと最低限であることも合わせてRTX 3080の性能を最大限引き出せるモデルではない。WQHDやフルHDを中心としたゲームプレイを想定しているなら問題はない。性能的には4Kへの対応力は高いものの、最新のタイトルは得手不得手が出てきそうだ。

Apex Legendsは視認性的にフルHDがよく、高リフレッシュレートでのゲームプレイが主流だ。240Hzくらいまでなら最高設定でも目指せそうだ。これがフォートナイトのように要求スペックの低いタイトルになると360Hzも見えてくる。本格的なゲームプレイから画質を重視した美麗プレイまで、スタイルを選ばないのはハイエンドモデルの強みである。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

GALLERIA XA7C-R38の特徴

徐々に評価が下がり標準以下へ

GALLERIA XA7C-R38は、RTX 3080×Core i7-10700K搭載のゲーミングPCだ。RTX 3080搭載のハイエンドクラスで無難な選択肢のモデルだった。しかし、RTX 3080の供給がある程度追いついてきたこともあって他のモデルの追随が激しい。変化のないモデルは徐々に評価が下がってきている。GALLERIA XA7C-R38も動きがほとんどなく、評価を下げる一方だった。そしてついに評価5.0を下回っている。

ハイエンドクラスは価格が高くても構成が充実していることも多く、評価が下がりにくいモデルが多い傾向にある。ここまで急激に評価が下がってしまったのはRTX 3080の在庫状況がよくなったことが要因だ。在庫が安定すれば相場も下がることを考えると価格に変化のないモデルには致命的になる。これまでの流れ的には相場の変化に機敏なGALLERIAシリーズが遅れを取るようなことはほとんどなかった。なぜならドスパラは相場に合わせた価格設定を行うからだ。

つまり、今後価格が戻る可能性もあるのでチェックは欠かせない。相場的にはGALLERIA XA7C-R38の評価はここが底値となりそうだ。ハイエンドクラスが率先して価格を下げることはなく、下位モデルに合わせて下がる。ここから急激にRTX 3080の価格が下がれば、RTX 3070 TiやRTX 3070に価格帯が被ることになる。ハイエンドクラスはその性能や価格にブランド的な価値を見出そうとしている節がある。

最上位の性能であることに価値を持たすために、下位モデルと被るような価格には下げない。現状のハイクラスやミドルクラスの価格の動きを見る限りではこれ以上の価格の変化はなさそうだ。GALLERIA XA7C-R38を選ぶとするなら、今の状態から少しでもプラスに変化したときだ。それまでは様子を見たい。

他製品の動向に注目しよう

一時はRTX 3080搭載モデルが激減し、GALLERIA XA7C-R38が無難な選択肢になっていた。今ではほぼ全てのショップでRTX 3080が復活しており、GALLERIA XA7C-R38以外の選択肢がある。今ならGALLERIA XA7C-R38を上回るモデルも、おすすめしたいハイエンドモデルもある。Core i7-10700KとRTX 3080のバランスはお世辞にもよくない。Core i7-10700KではRTX 3080の性能を引き出せず、最上位の性能とは言えない。

今の状況では中途半端なハイエンドクラスでしかない。ハイエンドクラスを手にするなら、やはり性能は求めたい。競合製品のなかった頃はGALLERIA XA7C-R38が消去法でトップクラスになっていた。RTX 3080搭載のラインナップが復活した今となっては他製品にも目を向けたい。例えば、Core i9やRyzen 9を搭載したモデルともなれば、確実にハイエンドクラスとして上位の性能である。

上位モデルと比べても価格差もそれほど大きくないことから、GALLERIA XA7C-R38はRTX 3080の復活までの繋ぎでしかないと考えられる。現在、RTX 3080搭載モデルには強力なモデルが多数存在している。比較対象にもピックアップしているので、ハイエンドクラスを探しているユーザーはチェックしておいてほしい。

今はGALLERIA XA7C-R38よりも他製品に注目したい。もしかするとさらに強力なモデルが登場するかもしれない。ハイエンドクラスは高価なだけあって、ショップの個性が反映された突き抜けたモデルが登場することもある。他製品の動向には注目しておきたい。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear
製品名XA7C-R38TD-P
ケースミドルミドル
価格289,980円(税込)311,080円(税込)
CPUCore i7-10700KCore i9-11900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-2933 16GBDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD800W TITANIUM
マザボH570Z590
公式公式公式
詳細当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。およそ22,000円アップとなるが、CPU・CPUファン・メモリ規格・メモリ容量・電源規格・電源容量・チップセットで上回る。ストレージ容量だけは半減となるので完全に上回っているわけではない。それでもこれだけの差をつけられるなら22,000円は決して高くない。性能的に最上位と言っても過言ではないため、ハイエンドクラスを求めるならG-Tune TD-Pをおすすめしたい。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7C-R38は、RTX 3080×i7-10700K搭載のゲーミングPCだ。長らく売り切れ状態となっていたが、3万円のアップと同時に復活した。グラフィックボードにはハイエンドクラスのRTX 3080を搭載している。4K解像度をターゲットとしている。レイトレーシング性能も高く幅広い用途でのゲームプレイを楽しめるだろう。

CPUにはCore i7-10700Kを選択している。8コア16スレッドとゲーム適性の高いCPUだ。Core i7-10700からアップグレードされてグラフィックボードとのバランスが取りやすくなった。メモリ16GB・SSD 512GBと構成はドスパラの標準的なものになっている。現時点では平凡なモデルとなっているので、キャンペーンを待つのがよいだろう。

価格CPUグラボ
289,980円 (税込)i7-10700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7C-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。