GALLERIA XA7C-R38top


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R38」についてレビューを行っている。最新のRTX 3080を搭載したゲーミングPCだ。GPUとCPUのバランスがよいとは言えず声を大にして推奨したいわけではない。

GALLERIA XA7C-R38のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R38
価格Windows 10 / 215,578円
(税抜195,980円)

・値上げ後
Windows 10 / 239,778円
(税抜217,980円)

CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.7

・値上げ後
★★★☆☆☆☆☆☆☆2.5

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

価格高騰に注意

現在RTX 3080は世界的な品薄状態ということもあってGALLERIA XA7C-R38は入荷未定状態だ。ドスパラのこのモデルを含めて多くのBTOメーカーで搭載モデルの価格が急騰しているので注意してもらいたい。元々の税抜195,980円でも相場的にはやや高めだった。それが22,000円ほど値上げしたことでコストパフォーマンスは一気に低下した。RTX 3080搭載モデルはほぼ全てのショップで入荷待ちだ。

もしも、GALLERIA XA7C-R38の在庫が復活しても価格には注意が必要だ。現在の価格設定と同じならあまりおすすめできない。しかしながら、在庫が復活したとしても供給が不安定なはずだ。再登場でいきなり価格を下げることは考えにくい。念の為別の製品をチェックしておきたい。RTX 3080搭載モデルは全体的に価格が下がりにくい傾向にあるかもしれない。入荷待ちや品切れ状態のモデルの価格も見ておきたい。

入荷が開始されると価格設定は今の状態を基準にできるからだ。どの程度価格に差が出るかでおすすめしやすいモデルは変わってくる。少なくともCore i7-10700とRTX 3080の組み合わせで税抜20万円を超えてしまうと厳しい。RTX 3080も徐々に価格が下がっていただけに品薄状態は残念でならない。少しでもお得に選択するためには、供給が復活した段階でのセールモデルやキャンペーンモデルをチェックしたい。

GALLERIA XA7C-R38と同等の構成で税抜18万円台が理想である。そうでなければ少し様子を見た方が無難だ。RTX 3080はハイエンドクラスだ。これ以上の性能はなかなか手にしづらい。多少の割高には目を瞑って突き抜けたモデルを選択するというのも一つかもしれない。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R38の性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

RTX 3080は、Ampere世代一発目に登場したグラフィックボードだ。圧倒的な性能を持ちPascal世代のグラフィックボードを過去のものにした。プロセスが12nm→8nmへと縮小化されたことでより多くのトランジスタを搭載することができパフォーマンス向上に繋がった。RTX 2080 Tiよりも20%程度パフォーマンスが向上している。4K解像度でのゲームプレイに適した性能を持つ。FULL HD環境だけのゲームプレイならオーバースペックとなる。RTX 3080の登場でドスパラのケース内部にも変化が生まれている。

RTX 3080の性能はRTX 2080 Tiを凌駕している。その突き抜けたスペックのせいか、グラフィックボードのサイズがPascal世代のグラフィックボードよりも一回り大きくなっている。対策としてGALLERIAのRTX 3080搭載モデルにはリジッドガードサポートというGPUホルダーを搭載。マザーボードに接続するだけでは自重で歪むのを防ぐためのものだ。

言われてみると必要性が高いパーツのように思える。3スロット占有のRTX 3080は大きさだけではなく重さも相当である。こういった固定具がなければ物理的な耐久性が心配になる。この配慮はありがたい。なお、最上位のRTX 3090はさらに大きい。これからのケースは内部の柔軟性も重要になってきそうだ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、Intel第10世代のハイクラスCPUだ。8コア16スレッドとハイパースレッディングに対応したことでパフォーマンスが向上した。前世代のCore i9-9900に匹敵する性能を持つ。ただし、RTX 3080に合わせるCPUとしてはやや性能的に物足りない。グラフィックボードの性能に合わせるにはワンランク上のCore i7-10700KやCore i9-10900Kを選択したいところだ。

総合性能

GALLERIA XA7C-R38seinou

強力なGPU性能が特徴のゲーミングPCだ。このグラフではCPU・GPU・メモリの順に段々であることがバランスのよさを表している。GALLERIA XA7C-R38はGPU性能が突き抜けていて性能のバランスがあまり上手く取れていないのが分かるだろう。Core i7-10700の性能が低いのではなく、RTX 3080の性能が高すぎるだけだ。現行のCPUでRTX 3080とバランスの取れるCPUは存在していない。Core i9-10900Kでも厳しいのだからCore i7-10700では性能を引き出すのは難しい。

GPU性能の高さはゲームへの対応力に繋がる。Apex LegendsやフォートナイトなどのCPU負荷の軽いゲームでは確実にRTX 3080搭載の方が安定する。CPU負荷よりもGPU負荷の高いゲームで真価を発揮するモデルと言える。プレイするタイトルによってはこの組み合わせもありだろうか。価格が抑えられるメリットがあるもののRTX 3080の性能を活かす上ではあまりおすすめしにくい組み合わせであることは間違いない。この圧倒的な性能は高解像度でのゲームプレイに適している。FF14だけではなく、ほぼ全てのゲームを4Kでプレイするのに適している。フルHDやWQHDでは性能を上手く発揮しにくい。ただし、性能に対して適正が低いだけで、環境を選ばず高いパフォーマンスは発揮できる。Apex LegendsをフルHDで240Hz以上の環境を目指したり、フォートナイトで360Hzを目指すならフルHDでの適性も高い。このくらいの性能になるとApex LegendsをWQHDで144Hzを実現できる。4Kよりも低い解像度で性能を活かすには高リフレッシュレートくらいだ。しかし、その高リフレッシュレートも今や一般的になっている。ゲームの快適性を向上させる意味でも目指す価値があると言える。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

GALLERIA XA7C-R38の特徴

価格改定で選択肢に加わりそうなモデル

RTX 3080の登場から時間が経ち、価格も下がり始めた。GALLERIA XA7C-R38は価格を24,000円ほど下げ、税抜20万円を切る価格に落ち着いた。RTX 3080としては選びにくい要素はあっても、価格に関しては非常に選びやすい。GPUとCPU性能のバランスから少し選びにくいモデルだった。性能だけでなく、登場時の価格からが割高で敬遠されやすい存在だったと言える。

税抜20万円を切るということは、RTX 2080 SUPERと同等の価格で展開されているということだ。最新モデルが従来と同じ価格であるなら選びやすさは文句なしだろう。ただ、ドスパラはキャンペーン表記をしなくなった。もしかすると今回の値下げは価格改定ではなくキャンペーンなのかもしれない。これからもこの価格で販売されるか分からない。候補に加えているならなるべく急いで選択した方がいい。

24,000円の値下げを行っても、コストパフォーマンスの評価はあまり上がっていない。元々の価格設定が高かったこと、構成がハイエンドクラスとしては最低限であることが要因だ。また、今は最新モデルとしての評価で少しだけ底上げされている。RTX 2080 SUPERが市場に残っている今は標準より高めでも、市場から消えてしまうと標準まで落ちる。

ある意味でRTX 3080搭載モデルの基準と言える。基準となるモデルは選んでも後悔しにくい。選択を後押しするほどの魅力はなくても、無難な選択肢というのは貴重だ。RTX 3080搭載モデルを探しているならGALLERIA XA7C-R38を基準に考えたい。税抜20万円を切っている状態なら選んでしまってもよさそうだ。

他製品の動向に影響されやすい

前述の通りGALLERIA XA7C-R38はRTX 3080搭載モデルの基準となるモデルだ。無難な選択肢であると同時に、選ばれにくいモデルでもある。GALLERIAシリーズの価格が下がったということは、他製品でも同じく価格が下がっているはずだ。仮に全く同じ構成で1万円安いモデルが登場すれば選択する理由がなくなる。優れた構成を持っているわけでもなく、価格に強みがあるわけでもない。

長所も短所もないモデルは、特徴的なモデルや価格を抑えたモデルと比べて見劣りしてしまう。今のGALLERIAシリーズはコストパフォーマンスや構成ではなく、ケースデザインにしか強みがない。そのケースデザインも好みが分かれやすいものでなので、それだけで選択するには弱い。

ショップにはそれぞれに特徴的な動きがある。例えば、パソコン工房は定まったシリーズを持たず、豊富なラインナップが特徴だ。シリーズを展開するGALLERIAは構成や価格に変化が少ない。柔軟に新製品として既存製品に変化を加えたモデルを展開できるショップよりも遅れをとりがちだ。今回の値引きも、値引き直後は評価されてもその後が続きにくい。

基準となれる期間は意外と短い。GALLERIA XA7C-R38よりも優れた製品が登場するのも時間の問題だ。結果的にバロメーターにしかならず、比較対象となってもおすすめしにくいモデルになることも考えられる。新製品の展開は早くても変化の速度は並だ。他製品と比べることで選択肢に加わるGALLERIA XA7C-R38は、他製品の動向に大きく影響される。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear
製品名XA7C-R38TD-P
ケースミドルミドル
価格217,980円249,800円
CPUCore i7-10700Core i9-10900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 32GB
SSD1NVMe 512GBNVMe 512GB
SSD2非搭載SATA 512GB
HDD非搭載4TB
電源750W GOLD800W TITANIUM
マザボH470Z490
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。GALLERIA XA7C-R38の価格が税抜21万円台となったなら、G-Tune TD-Pも比較対象に入る。価格差は3万円以上開いているので適正の比較対象とは言い難い。それでもおすすめできるほど突き抜けた構成を持ち、高い完成度でおすすめ度は高い。

2021年2月時点ではRTX 3080が品薄である。G-Tune TD-Pも例に漏れず品切れ状態だ。ただ、RTX 3080の供給が復活したなら必ずチェックしておきたいモデルである。最高のCPU性能、RTX 3080の性能を活かしやすい32GBのメモリ・大容量4TBのHDD・2種類のSSDそして最上位クラスの電源800W TITANIUMを搭載している。

オーバークロックにも対応可能なZ490採用ということもあり、現行最強クラスの性能を有している。到底3万円では届かない構成と言える。コストパフォーマンスの高さからもおすすめしやすい。

>>GALLERIA XA7C-R38を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7C-R38は、RTX 3080×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。値上げが適用となり20万円オーバーのモデルとなってしまった。元々お買い得感があるモデルではなかったので比較対象モデルをチェックするとよいだろう。

CPUにはCore i7-10700を選択している。8コア16スレッドとゲーム適性の高いCPUだ。ただし、RTX 3080と合わせるにはややバランスが悪くパフォーマンスを100%引き出せない可能性がある。メモリ16GB・SSD 512GBと構成はドスパラの標準的なものになっている。

価格CPUグラボ
217,980円Core i7-10700RTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA XA7C-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya