GALLERIA XA7R-R37Ttop


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XA7R-R37T 3700X搭載」についてレビューを行っている。RTX 3070 Ti×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。新旧パーツをミックスしたモデルとなっている。ゲーミング性能は高く高解像度あるいは高リフレッシュレートでのゲームプレイが可能だ。価格が下がったことでRTX 3070搭載モデルよりも少し足すだけでより高い性能を得られる。

GALLERIA XA7R-R37Tのスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7R-R37T 3700X搭載
価格Windows 10 / 239,980円(税込)
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★★★★☆☆☆8.2

>>GALLERIA XA7R-R37Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-R37T 3700X搭載の性能レビュー

GeForce RTX 3070 Ti(GPU)

rtx3070tiseinou

GeForce RTX 3070 Tiは、2021年6月10日に発売されたばかりの新しいグラフィックボードだ。RTX 3070よりもパフォーマンスがアップしているが、期待ほど性能は伸びていない。価格が落ち着かない限り選ぶメリットは薄い。ゲーミング性能自体は高く高解像度でのゲームプレイにも対応できる。タイトル次第では4Kでも問題ない。将来性も高く長く使いたいと考えているゲーマー向けだ。ただし、RTX 3070 Tiが優れているというよりはAmpere世代の70番台が強力なだけだ。つまり、価格の安いRTX 3070でも同等の性能を得られる。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinou

Ryzen 7 3700Xは、第3世代のRyzenシリーズでその中で最も人気が高かったCPUとなっている。今は後継モデルのRyzen 7 5800Xが登場しているが、価格が高いためこの旧世代のRyzen 7 3700Xが選ばれることが多い。グラフィックボード価格の高騰の影響もあって価格に対してシビアになっているユーザーが多いはずだ。Ryzen 7 3700Xは、8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高い。Ryzen 7シリーズで8コアというのは画期的だった。ゲーム実況・動画編集・画像編集など幅広い用途で対応できる。

総合性能

GALLERIA XA7R-R37Tseinou

GALLERIA XA7R-R37TはRyzen 7 3700XとRTX 3070 Tiを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。RTX 3070を超える性能でよりハイエンドクラスに近づいた。ただ、Ryzen 7 3700Xとのバランスはあまりよくない。Ryzen 7 3700Xをゲームメインで使用するにはRTX 3070がギリギリである。

それでもGPU性能を活かしたゲーム性能で、4K環境も構築しやすい。最高設定では安定しにくいが、それに近い設定でFF14などのタイトルを楽しめる。フルHDならApex Legendsやフォートナイトのような大人気タイトルを144Hzでプレイ可能だ。GPU性能を求めるユーザーにおすすめの性能だ。

>>GALLERIA XA7R-R37Tを購入<<

GALLERIA XA7R-R37T 3700X搭載の特徴

突如の値下げで評価が上昇

GALLERIA XA7R-R37Tは、最新のグラフィックボードであるRTX 3070 Tiを搭載して登場した。その価格は上位モデルに近く、とてもおすすめできるものではなかった。価格が下がるまでは様子を見るべきモデルで、当面はおすすめモデルにならないと考えていた。ところが、突如値下げされたことで評価を伸ばしたのだ。

税込み23万円台になったならRTX 3080搭載モデルより安く、RTX 3070搭載モデルより少し高い程度だ。性能差を価格に置き換えるとぴったりと収まる。まさかここまで早く値引きされると考えていなかったので驚いた。価格の高騰が続く中で登場し、そして値下げされるのは予想外だ。

最新のハイクラスはその存在感をしっかり示した。最新のGPUを搭載したモデルは登場から1ヶ月ほど価格が割高になる。この状況下でもその価格設定は健在だったようだ。何にしても、最新モデルの値引きはユーザーにとっては嬉しい。ハイクラスの新たな選択肢として要チェックだ。

RTX 3070の価格がなかなか下がらない、下げられないことが上手く作用している。これによりRTX 3070 Tiは選択肢に加わりやすい。価格が不安定なことがRTX 3070 Tiにとってはプラス要素になっている。

もっとも、RTX 3070以下のGPUの価格が下がればRTX 3070 Tiはさらに安くなるので、よいことばかりでもない。ハイクラスのコストパフォーマンスとハイエンドモデルのパフォーマンスを併せ持つRTX 3070 Tiの真価はまだ発揮されていない。それでも、今ならおすすめできるモデルだ。

RTX 3070 Tiの強みが活かされる

RTX 3070との価格差が小さくなったことで、RTX 3070 Tiに魅力を感じられるようになった。もう少し価格が抑えられるとRTX 2070 SUPERの後継機として受け入れられる。理想を言えばRTX 3080に大きく迫る性能は欲しかったところだ。性能差は思ったよりも大きいため、性能ではなく価格でアプローチできればそれもありだ。

コストパフォーマンスが向上すればRTX 3070 Tiはハイクラスの主役になる。RTX 3070 Tiの目指す姿は在りし日のRTX 2070 SUPERである。あのポジションに落ち着けば有力な選択肢として人気を不動のものにできるはずだ。そして、今のRTX 3070 Tiにはそのポテンシャルがある。

かつてRTX 2070 SUPER搭載モデルは圧倒的な人気を誇っていた。最強のゲーミングPCはRTX 2070 SUPER搭載モデルだったことからも人気をうかがい知ることができる。性能で上回るモデルはあっても、コストパフォーマンスでは他の追随を許さなかった。価格の高騰で忘れがちだが、本来のハイクラスはミドルクラスよりも高いコストパフォーマンスを持っている。

どんなゲームも快適にできる性能と選びやすい価格が持ち味だ。GALLERIA XA7R-R37Tはまだそこまでではない。しかし、その片鱗は見せているように思う。RTX 3070搭載モデルとの価格差は1万円だ。この差を僅か1,000円、2,000円縮めるだけで、RTX 3070を超えたGPUとして評価される。

GALLERIA XA7R-R37TはRTX 3070 Ti搭載モデルの本領を垣間見せた。ここから主力モデルになれる可能性もある。定期的にチェックしたいモデルだ。

>>GALLERIA XA7R-R37Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R37TGALLERIA XA7C-R37T
製品名XA7R-R37TXA7R-R38
ケースミドルミドル
価格239,980円(税込)269,980円(税込)
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPURTX 3070 TiRTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD750W GOLD
マザボB550B550
公式公式公式
比較対象は同じドスパラのGALLERIA XA7R-R38だ。1万円高いだけだった上位モデルと、しっかり3万円の価格差をつけた。ここまで差をつければ同等のモデルとは評されない。電源容量で上回ることもあり、実際の評価は価格以上にもなるだろう。

現時点ではRTX 3070 Ti搭載モデルが少なく、比較を行うのが難しい。当面は上位モデルとの比較でGALLERIA XA7R-R37Tの立ち位置を確認する程度になりそうだ。少なくとも上位モデルに飲み込まれない位置にまできた。これからに期待するには十分な要素である。

>>GALLERIA XA7R-R37Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R37T 3700X搭載)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-R37T 3700X搭載は、RTX 3070 Ti×Ryzen 7 3700X搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。最新のグラフィックボードであるRTX 3070 Tiを搭載しているのがポイントとなっている。4K解像度にも対応できる性能の高さが魅力だ。突然2万円の値引きが適用となり魅力が増している。比較対象モデルと比べても評価は高くなっている。

価格CPUグラボ
239,980円 (税込)7 3700XRTX3070Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7R-R37T 3700X搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。