GALLERIA XA7R-R38top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA7R-R38 RTX3080搭載」の詳細レビューをまとめている。RTX 3080×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。ここに来て2万円の値上げが適用となりかなり厳しい状況となった。コスパ指標はマイナスの領域に達している。比較対象モデルを確認しておこう。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-R38という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7R-R37」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R38=RTX 3080ということだ。

GALLERIA XA7R-R38のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R38 RTX3080搭載
価格Windows 10 / 309,979円(税込)
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットB550
コスパ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ -0.4

>>GALLERIA XA7R-R38を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R38のゲーミング性能

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

GeForce RTX 3080は、ハイエンドクラスのグラフィックボードだ。主に4K解像度でのゲームプレイを前提としている。グラフィックス処理性能が高いということは将来性の高さにも繋がる。初期投資は大きくなるが、長い目で見ると意外と安くなるのがこのハイエンドクラスのモデルだ。ただし、フルHD環境でのゲームプレイや負荷の軽いタイトルがメインなら選択は避ける方がよい。現時点でオーバースペックになってしまうのは無駄だからだ。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinou

Ryzen 7 3700Xは、第3世代Ryzenシリーズの高パフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集などのクリエイター作業を得意としている。趣味や仕事で負荷の掛かるアプリケーションを使う機会があるのであればこのRyzen 7 3700Xは魅力的だろう。

総合性能

GALLERIA XA7R-R38seinou

GALLERIA XA7R-R38はRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。その性能は優秀であるが、バランスの取れた性能とは言えない。Ryzen 7 3700Xでは上手くバランスが取りにくく、RTX 3080の性能を引き出しにくい。その一方で、Ryzen 7 3700Xの得意な場面では非常に優秀な性能を発揮する。

GPU性能はCPUの性能に依存する部分がある。よく言えばポテンシャルの高い、悪く言えば不安定でクセのある性能だ。フルHDでは比較的安定するので、高リフレッシュレートを目指したゲームプレイに適している。Apex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルを240Hzで想定しているなら目指したい性能である。

>>GALLERIA XA7R-R38を購入<<

GALLERIA XA7R-R38の特徴&強み

割高で絶対に選んではいけないゲーミングPC

GALLERIA XA7R-R38は、RTX 3080×Ryzen 7 3700X搭載のハイクラスのゲーミングPCとなっている。当該モデルの適正価格は25万円台だ。27万円台を超えた時点で、絶対に選んではいけないゲーミングPCにカテゴライズされる。何故かGALLERIAのRyzen搭載モデルは価格が下がらない。ゲーミングノートの方は価格を抑えた素晴らしいモデルが多いが、デスクトップの方は不遇に感じるもう少しCPUのよさを活かしていいのではないだろうか。

Ryzen 7 3700X自体Intelの第11世代よりも前に登場しているのだから、第11世代搭載モデルよりも価格を安くできないものか。ハイエンドクラスは性能が第一で価格が全てではないかもしれないが、それは性能の高いCPUを搭載したモデルに限る。Ryzen 7 3700Xは性能よりもコストパフォーマンスを重視したCPUだ。どうにも釣り合いの取れていないモデルに仕上がっているように見える。

モデルの持つ特色はCPUや構成に大きく影響される。価格に関してはCPUとGPUの組み合わせでおおよそが決まっていく。GALLERIA XA7R-R38は間違いなく、コストパフォーマンスに特化したモデルの構成だ。しかし、その価格はRTX 3080搭載モデルの中でも性能に重きを置いたモデル並だ。

中身はコストパフォーマンス重視型の控えめな性能である。このアンバランスさがGALLERIA XA7R-R38をおすすめできない最大の要因だ。価格さえしっかり抑えられると優秀なモデルだ。今はRyzen 7 3700XとRTX 3080の組み合わせ自体が少し珍しい。個性を活かしたモデルになりさえすれば注目のモデルになりそうなだけに残念だ。

30万円前後の価格なら優秀なモデルがある

まだ期待の持てるモデルなら変化を待ちたいと言うところだが、GALLERIA XA7R-R38には将来性もない。すでに登場して時間が経ち、世代落ちしてからもそれなりに時間が経っているからだ。それにも関わらず、価格に関してはあまり期待に沿う状態ではない。GALLERIA XA7R-R38が大幅な値引きで理想のモデルになる確率は非常に薄い。それなら、既存のモデルの優れたモデルを選択する方がいい。

RTX 3080搭載モデルは非常に優れたモデルが多い。特に30万円前後は様々なモデルが存在しているので選択の幅は広い。コストパフォーマンスを重視するにしても、性能を重視するにしても、ハイエンドクラスはIntelを基準に考えたい。Ryzenシリーズは性能こそ強力ながら、価格が高くなり過ぎている。昔のようにRyzenが優遇されるようになれば、ハイエンドクラスにも、選びやすく優秀なモデルが多く登場するはずだ。

比較対象にはトップモデルとは言えないまでも、30万円前後で優秀なモデルをピックアップした。性能とコストパフォーマンスを両立した扱いやすいモデルだ。ゲームも作業も一台で完結できる。ゲーマー、ストリーマー、クリエイターといったユーザーを区別せずおすすめだ。誰にでもおすすめできるのは、優れた性能と充実した構成を持っているからだ。

RTX 3080搭載モデルでも上位に位置しているモデルで人気も高い。ハイエンドクラスはなんでもこなせるオールラウンドなモデルを探しているユーザーが多い。そんなニーズに応えられるモデルなのでチェックしておいてほしい。

>>GALLERIA XA7R-R38を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear
製品名XA7R-R38TD-P
ケースミドルミドル
価格309,979円(税込)299,780円(税込)
CPURyzen 7 3700XCore i9-11900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD800W TITANIUM
マザボB550Z590
公式公式公式
詳細当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。CPU性能・メモリ容量・電源・チップセットで大きくリードしている。その性能差は圧倒的で、比較にすらならないだろう。GALLERIA XA7R-R38は元々の価格が29万円台だったため、ここからの値引きに期待しにくい。予算がこのあたりなら、迷わずにG-Tune TD-Pをおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-R38 RTX3080搭載は、RTX 3080×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。ハイエンドクラスのグラフィックボードに旧世代のハイクラスのCPUではややバランスが悪い。特に第3世代のRyzenシリーズの場合極端にゲーミング性能が下がってしまうことがあるからだ。

できればRTX 3070以下のグラフィックボードと合わせたいところだ。さらに、Ryzen 5000シリーズやIntel第12世代CPUの登場で立場が悪くなっている。基本的には選んではいけないゲーミングPCだと考えてよい。大幅な値引きがない限りは他のモデルを検討するべきだろう。

価格CPUグラボ
309,979円(税込)Ryzen 7 3700XRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7R-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。