GALLERIA XA7R-R38top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA7R-R38 5700X搭載 Minecraft: Java&Bedrock Edition for PC同梱版」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 7 5700X×RTX 3080搭載のゲーミングPCだ。RTX 3080搭載モデルで税込259,980円という価格は素晴らしい。在庫限りの大特価SALE対象モデルとなっている。次世代のRyzen 7000シリーズのリリースを控えて割安感が出てきた。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-R38という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7R-R37」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 5700X、R38=RTX 3080ということだ。

GALLERIA XA7R-R38のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA XA7R-R38 5700X搭載
価格269,980円(税込)
CPURyzen 7 5700X
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットB550
コスパ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2.4
おすすめ度Cランク

>>GALLERIA XA7R-R38を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-R38seinou

GALLERIA XA7R-R38 5700X搭載 Minecraft: Java&Bedrock Edition for PC同梱版はRyzen 7 5700XとRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。GPU性能は高いものの、CPU性能はやや控えめだ。RTX 3080に対して最高のパフォーマンスを発揮できないかもしれない。それでも、Apex LegendsやFortniteを144Hzを超える高リフレッシュレートで快適にプレイできる。高解像度もある程度対応できる。CPU負荷の高いゲームはやや苦手ながら、ハイエンドクラスとしては十分な性能だ。

GALLERIA XA7C-R38のゲーミング性能

Ryzen 7 5700X(CPU)

Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Core i5-12600K25,507
Ryzen 7 5800X24,001
Ryzen 7 5700X22,789
Core i5-1240022,546
Ryzen 7 3700X21,064
Ryzen 5 5600X20,616
Core i7-1170020,009
Ryzen 5 560019,765
Ryzen 5 3600X16,117
Core i5-1140016,019
Ryzen 5 450015,380
Ryzen 7 2700X15,250

Ryzen 7 5700Xは、第4世代Ryzenシリーズの高パフォーマンスモデルだ。Ryzen 7 5800Xと同等のパフォーマンスを得られる。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集などのクリエイター作業を得意としている。趣味や仕事で負荷の掛かるアプリケーションを使う機会があるのであればこのRyzen 7 5700Xは魅力的だろう。

GeForce RTX 3080(GPU)

RTX 3090 Ti39,024
RTX 309037,896
RX 6950 XT37,226
RTX 3080 Ti36,380
RTX 3080 12GB36,037
RX 6900 XT34,955
RTX 3080 10GB34,282
RX 6800 XT32,220
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213

GeForce RTX 3080は、ハイエンドクラスのグラフィックボードだ。主に4K解像度でのゲームプレイを前提としている。グラフィックス処理性能が高いということは将来性の高さにも繋がる。初期投資は大きくなるが、長い目で見ると意外と安くなるのがこのハイエンドクラスのモデルだ。ただし、フルHD環境でのゲームプレイや負荷の軽いタイトルがメインなら選択は避ける方がよい。現時点でオーバースペックになってしまうのは無駄だからだ。

>>GALLERIA XA7R-R38を購入<<

GALLERIA XA7R-R38の特徴&強み

1万円引きも評価は戻らず

GALLERIA XA7R-R38 5700X搭載 Minecraft: Java&Bedrock Edition for PC同梱版は、1万円の値引きが適用された。しかし、元々25万円台のモデルが少し前に2万円値上げされたことで、評価は少し回復した程度だ。また、多くのショップでRyzen 7 5700X搭載モデルが安価で展開されていることを考えると厳しいことに変わりはない。

RTX 3080搭載モデルとしては26万円台は決して高くないものの、競争率が高くなったことで評価も相対的に伸び悩んでいる。Ryzen 7 5700Xの性能はCore i7-12700とCore i5-12400の中間ややCore i5-12400寄りだ。Core i5-12400ではさすがにRTX 3080とバランスが取りにくい。Core i7-12700ではバランスは取れても価格が抑えにくい。

その中間のいいとこ取りを目指したのがRyzen 7 5700XとRTX 3080の組み合わせだ。GALLERIA XA7R-R38の狙いはよかった。まさに隙間を埋めるかのようなモデルと言える。同時期に多くのショップで類似したモデルが展開されていたが、当初は最安値クラスだったこともあり、評価自体はそれほどではなくても、おすすめ度の高いモデルだったのだ。

その高評価な状態から2万円の値上げが適用され、今回ようやく1万円引きされた形だ。この間に他ショップでは安価な類似製品が多く登場している。もはやGALLERIA XA7R-R38は置いていかれている状態となってしまった。今の状況ではあえてGALLERIA XA7R-R38を選択するメリットがない。

フロンティアのセール対象モデルを要チェック

登場時は価格を抑えられていなかったRyzen 7 5700Xも、次世代のRyzenシリーズが早々に登場したことで価格が下がっている。そのため、性能よりも価格を重視するのであれば非常に優秀なCPUとなっている。前述の通り、Ryzen 7 5700X搭載モデルは非常に多く、GALLERIA XA7R-R38に近い製品も多く存在している。

価格が不安定で割高と感じられるモデルを選択する必要はない。比較対象には強力なモデルをピックアップしているので確認しておいてほしい。現在、GALLERIAシリーズのRyzen搭載モデルは価格を下げている。しかし、元々の価格が高めだったこと、値上げした後の値下げであることからあまりお得さを感じられるモデルはない。

他ショップでも値上げの傾向があるものの、Ryzen搭載モデルは価格が控えめだ。Core i7-12700とCore i5-12400の中間を埋められるRyzen 7 5700Xは、重宝しそうな存在となるだろう。それは同時に、GALLERIA XA7R-R38の比較対象が多く登場するということでもある。RTX 3080登載モデルと言えば、一時は35万円台で最安値だったこともある。それが今では26万円台でも割高と言われている。時代の進歩を感じさせられるモデルだ。

今最も安価なRTX 3080登載モデルは驚きの22万円台だ。比較対象としてピックアップしているので、GALLERIA XA7R-R38を候補に加えていたなら必ずチェックしてほしい。セールモデルなのでいつまでも存在しているわけではないが、多少価格が高くなったとしてもGALLERIA XA7R-R38よりも選びやすいはずだ。

>>GALLERIA XA7R-R38を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAFRONTIER
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)FRGH570WS38
製品名GALLERIA ZA7R-R38
5800X搭載
FRGH670/WS1A
ケースミドルミドル
価格279,980円(税込)259,800円(税込)
CPURyzen 7 5700XCore i7-12700F
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD1000W GOLD
マザボB550H670
公式公式詳細当ページレビュー
比較対象はフロンティアのFRGHB550/WS1102だ。ほぼ同等の構成で4万円も安い。この価格の安さに疑いの目を向けてしまったもおかしくはない。これはGALLERIAシリーズが少し高めなのと、フロンティアのセールモデルの安さによるギャップだ。多少サポートに差はあるものの、ここまで価格差が出ているならFRGHB550/WS1102を強くおすすめしたい。

GALLERIA XA7R-R38がリードしているのはケースデザインくらいだろうか。もちろん、FRGHB550/WS1102のケースも負けてはいない。好みはあっても、4万円の差を覆せる要素とは言えない。現時点ではFRGHB550/WS1102を避ける理由がない。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA Xsyoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

I/Oパネル

GALLERIA Xiopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右側面

GALLERIA Xright
本体右側はシンプルだ。前面のメッシュ部分には青色のシートが内部に貼り付けられている。

左側面

GALLERIA Xleft
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

下側

GALLERIA Xlkabu
本体下側にもファンが見える。メッシュパネルはワンタッチで取り外すことができてメンテナンス性に優れている。

背面

GALLERIA Xhaimen
背面は参考として見て欲しい。搭載するグラフィックボードによって変わる可能性がある。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-R38 RTX3080搭載は、Ryzen 7 5700X×RTX 3080搭載のゲーミングPCだ。ハイエンドクラスのグラフィックボードにハイクラスのCPUでバランスはまずまずだ。ベストはRyzen 9 5900X以上だが、ゲームプレイだけを考えるなら悪くない。何よりもRTX 3080搭載モデルで最安値クラスを実現したのは大きい。4K環境でのゲーム環境を気軽に構築できるのは強みだ。ただし、GALLERIA XA7R-R38 5700X搭載の評価は高くない。1万円の値下げが適用となっているものの競合モデルが強力だ。比較対象モデルを確認しておこう。

価格CPUグラボ
269,980円(税込)Ryzen 7 5700XRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7R-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya