GALLERIA XA7R-R60Stop


当記事では、GALLERIA XA7R-R60Sのレビューとスペックの解説を行っている。RTX 2060 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。価格が引き下げられて上位のRTX 2070 SUPER搭載モデルと比べた際の優位性が生まれている。現在は売り切れとなっているようだ。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-R80Sという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7R-R80S」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R80S=RTX 2080 SUPERということだ。

GALLERIA XA7R-R60Sのスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7R-R60S
価格Windows 10 / 119,980円
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 2060 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★★★★★★★10.0 over!!

>>GALLERIA XA7R-R60Sを購入<<

GALLERIA XA7R-R60Sの各タイトル対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★☆☆
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-R60Sの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce RTX 2060 SUPER(GPU)

rtx2060superseinou

RTX 2060 SUPERは、ミドルクラス~ハイクラスに属するグラフィックボードだ。RTX 2060の後継モデルでRTX 2070と同じGPU(TU106)を搭載している。メモリ容量も6GB→8GBと33%向上して全体的なパフォーマンス向上が図られている。レイトレーシングやDLSSにも対応しやすくなった。

AMD製RX 5600 XTの対抗モデルだけあってパフォーマンスは高い。RTX 2070 SUPERとGTX 1660 SUPERに挟まれて存在感が薄いが、そこはBTOメーカーの腕の見せ所だろう。当該モデルについてはリニューアルによって価格が下がり存在感を出してきている。Ryzen 7 3700Xとの相性も良好だ。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinounew

Ryzen 7 3700Xは、8コア16スレッドの高パフォーマンスCPUとなっている。マルチコア性能が高くゲーム+αで考えている方におすすめだ。純粋なゲーミング性能だけを見るとIntel製CPUに劣る面もあるが、ゲーム配信など総合的には高いレベルでまとまっている。RTX 2060 SUPERに合わせるCPUとして魅力的で価格の優位性を引き出せている。コスパを重視したいならRyzen 7 3700X搭載モデルは要チェックだ。

総合性能

GALLERIA XA7R-R60Sseinou

CPU・GPU・メモリのバランスが取れたミドルクラスのゲーミングPCとなっている。Ryzen 7 3700XとRTX 2060 SUPERの組み合わせは、どんなゲームにも対応できる。標準的な性能で、オーソドックスなミドルクラスとも言える。Ryzen 7 3700Xにより、ゲーム以外の用途でも高いパフォーマンスを発揮できる。

一般的なミドルクラスよりもオールラウンド性が高く、非常に扱いやすい性能である。標準設定前後で高リフレッシュレートにも対応可能だ。このクセのない性能は画質よりも快適性を重視するユーザー向けだ。GTX 1660 SUPERが主流のミドルクラスで、RTX 2060 SUPERはハイクラスに近い。ランクの違うミドルクラスで、長く快適にゲームをプレイできる。

グラフにあるように、フルHDであれば最高設定で快適にゲームをプレイできる。ただし、高解像度への対応力はいまひとつである。そのため、高解像度でのゲームプレイを想定しているのであればあまりおすすめはできない。60HzであればWQHDまでは対応できるが、設定を落とす必要がある。画質の低い高解像度はあまりメリットがない。基本的にはフルHDでの運用を想定しておきたい。

>>GALLERIA XA7R-R60Sを購入<<

GALLERIA XA7R-R60Sの特徴解説

価格改定で大きく化けたモデル

GALLERIA XA7R-R60Sは3万円近い値引きが適用され、税抜119,980円で販売中だ。この価格は同じGALLERIA XA7RシリーズのGTX 1660 SUPER搭載モデルと同じ価格である。標準的なミドルクラスと同等にまで価格が下がったなら選択するメリットは十分だ。この価格帯でもトップクラスの性能を持つゲーミングPCになった。

注意点として、値引きが適用されているだけの可能性がある。ドスパラはセール情報があまり全面に出なくなったので、キャンペーンなのか価格改定なのかの判断がつかない。しばらくすると元の価格に戻ることもあり得るので選択は早めがいい。非常にお得になったことは誰の目にも明らかだ。そのせいか、売り切れ状態が長く続いている。在庫が復活しても1日経たずに売り切れになっていた。

税抜11万円台で最も注目したいモデルだ。RTX 2060 SUPERは長らく影の薄いGPUだった。RTX 30シリーズが登場したことで、RTX 20シリーズの価格が落ちた。登場から今まで過小評価されてきたGPUは、今が一番輝いている。RTX 2060 SUPER搭載モデルを選択するなら、まず間違いなくGALLERIA XA7R-R60Sがおすすめだ。

むしろ、それ以外の選択肢はほとんどないと言ってもいい。すぐに売り切れになるのも納得のモデルだ。RTX 2070 SUPER搭載モデルに迫られ、目立たなかったモデルが遂に花開いた。ここまで価格を抑えられるなら、RTX 2060 SUPERを選択する理由になる。予算を抑えて性能の高いモデルという理想を叶える唯一のモデルと言える。

旧世代の底力を見せつける

後継モデルの登場でRyzen 7 3700XもRTX 2060 SUPERも型落ちとなった。厳密に言えば、双方ともに実質の後継機は登場していないので、型落ちというのは少し違うかもしれない。後継シリーズが登場したことで、世代落ちしたという方が正しいだろうか。Ryzen 7 5800X、RTX 3070が最も近いモデルだ。それらの性能を見ると特にGPUは後継機が登場すると存在価値を失ってしまうのは明白だった。

それをここまで価格を落としたなら、RTX 3060が登場した後も存在するメリット残している。GTX 1660 SUPERはこれまでと違い、RTX 2060 SUPERの価格が下がったことで厳しくなりつつある。Ryzen 7 3700Xの後継機となるのはRyzen 7 5700Xだ。まだ登場していないが、Ryzen 7 5800Xの性能を見ると、そこまで大きな差があるようには思えない。ベンチマークでは優秀でも実用面に不安がある。

ゲーム性能で少し落ちる程度で、同等とも言える性能に収まりそうだ。そうなるとRyzen 7 3700Xはこれからも選択したいCPUである。価格が下がっていくならこれ以上ないコストパフォーマンスを誇るはずだ。旧世代となっても性能は下がらず、価格だけが下がっていく。これこそが旧世代の魅力である。その底力を感じさせるのがGALLERIA XA7R-R60Sだ。

コストパフォーマンスでは現世代のモデルよりも優れている。ゲームに作業に用途を選ばないオールラウンド性に長けたモデルは、遅咲きながら今がピークである。最盛期を終えて落ちていくモデルではない。短くとも、これから最盛期に向かっていくモデルだ。もう少し早くこの価格を実現させていればトップモデルになっていたことは間違いない。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)GALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名XA7R-R60SXA7R-G60S
価格119,980円119,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPURTX 2060 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB550B550
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALLERIA XA7R-G60Sだ。型番が似ているので注意してほしい。現在のGALLERIA XA7R-R60SはGALLERIA XA7R-G60Sの完全な上位互換と言える。GPU、電源で上回り価格は同じだ。ミドルクラスに殴り込みをかけるような、ずば抜けた価格設定で存在を確立している。GTX 1660 SUPER搭載モデルが主軸を担う税抜11万円台に、3ランク上のGPU搭載のモデルが登場した。

CPUを含め、構成に妥協の見られないままだ。久しく見ないドスパラの本気を感じさせる圧倒的なコストパフォーマンスが魅力だ。これ以上のモデルは恐らく存在しないのではないかと思えるほどだ。他ショップのセールモデルですら見かけることはない。弱点のない完成度の高さからも、今最も注目したいゲーミングPCだ。

>>GALLERIA XA7R-R60Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA ZA7C-R80S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-right本体サイドには吸気口が見える。右側はシンプルだ。ガンメタリックの本体によって質感の高さが伺える。これだけキレイだと傷がついたら悲しくなってしまうだろう。

左サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-leftクリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

背面パネル

GALLERIA ZA7C-R80Sback背面パネルはオーソドックスなものだ。背面にはUSB2.0 x2、USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) 、USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)が配置されている。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R60S)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-R60Sは、RTX 2060 SUPER×Ryzen 7 3700Xを搭載したゲーミングPCだ。ミドルクラス以上の性能を持つグラフィックボードを搭載しゲーミング性能は高い。CPUのRyzen 7 3700Xはマルチコア性能が高くゲーム配信などにも対応しやすいのが魅力だ。FULL HD環境でのゲームプレイを基準にすれば対応力は高い。

やはり上位のRTX 2070 SUPER搭載モデルがライバルとなる。2020年11月下旬の3万円の値下げでうまくバランスを取れているように思う。この価格ならRTX 2060 SUPER搭載モデルを選択するのも悪くない。Ryzen 7 3700X搭載モデルでもここまで引き下げられるのかと驚きだ。型落ちモデルの中でもおすすめしやすい一台となっている。

価格CPUグラボ
119,980円Ryzen 7 3700XRTX2060 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA XA7R-R60Sを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。