GALLERIA XL5R-R36 5600H


当記事では、GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載の評判とレビューをまとめている。RTX 3060 Mobile×Ryzen 5 5600H搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCだ。税込139,980円と安価なので気になっているユーザーも多いのではないかと思う。上位モデルであるRyzen 7 5800HやCore i7-11800Hを搭載したモデルと比べるとCPU性能は劣るが、60fps以上で安定させられれば十分と感じる方であれば満足できる。

当該モデルについては翌日出荷に対応しているのもポイントだ。購入後すぐに手に入るのは多くのユーザーにとって魅力的に感じるはずだ。他のRTX 3060 Moboile搭載モデルと比較しながら詳細を見ていこう。RTX 3060 Mobile搭載モデルはラインナップが豊富なためじっくり吟味する必要がある。

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載のスペック

GALLERIA XL7C-R36

ブランド名GALLERIA
製品名XL5R-R36 5600H搭載
液晶サイズ15.6インチ 144Hz
価格Windows 10 / 139,980円(税込)
CPURyzen 5 5600H
グラボGeForce RTX 3060 Mobile
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.00kg
バッテリー駆動時間約5.5時間
コスパ★★★★★★★★★★ 9.6

>>GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載を購入<<

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載のゲーミング性能

GeForce RTX 3060 Mobile(GPU)

rtx3060mobileseinou

GeForce RTX 3060 Mobileは、Ampere世代におけるモバイル向けのミドルクラスグラフィックボードだ。フルHD環境でなら十分満足のいくゲームプレイに対応することができる。144Hzモニターを活かすのはやや厳しいので、60fps以上で安定させることで満足できる方向けだと言える。

グラフィックス性能的にRyzen 5 5600Hとの相性もよくパフォーマンスを引き出すことが可能だ。レイトレーシング性能については60fps以上を維持することが難しく期待してはいけない。レイトレーシング性能を重視したい方はRTX 3070 Mobile以上を選択しておく方が安心だ。

AMD Ryzen 5 5600H(CPU)

ryzen55600hseinou

Ryzen 5 5600Hは、第4世代Ryzenシリーズの高コスパモデルとなっている。ミドルクラスで6コア12スレッドを実現したのはRyzenシリーズが初めてだった。その後登場したIntel Core i5-11400Hが6コア12スレッドとなったのはこのRyzen 5シリーズがあったからだ。

従来モデルのRyzen 5 4600Hと比べて14%程度マルチスレッド性能が向上している。動画編集や画像編集などもノートパソコンとしては高いレベルで行うことができる。また、Ryzen 5 5600HはIPCの改善などによってゲーム適性も向上した。

>>GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載を購入<<

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載の特徴

RTX 3060搭載で最安値クラスのゲーミングノート

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載は、RTX 3060 Mobile搭載ゲーミングノートPCの中でも最安値クラスの一台となっている。コストを抑えつつそこそこの性能を持つモデルを探している方におすすめだ。税込13万円台で購入できるゲーミングノート自体希少でそれだけで価値がある。

魅力的なのは価格だけではない。ドスパラではポイント還元が用意されている。通常時は最大2.5%還元、3,498Pが獲得できる。さらに、年末年始特大ポイント還元祭では10,000P(7.1%還元)がプレゼントされるので合計9.6%還元、13,498Pが獲得できる。他のゲーミングノートPCと比較してもお得だ。

本体重量も軽めで持ち運びに適している

当該モデルは本体重量約2.00kgとこの性能帯のゲーミングノートとしては軽めで持ち運ぶことを前提にしている方にもおすすめしやすい。本体も薄くなっているので鞄に入れるのも容易だ。女性の方だと少し重さを感じてしまうかもしれない。数世代前のゲーミングノートPCと比べるとポータブル性は大きく向上している。

バッテリー駆動時間も約5.5時間と最低限必要な水準は満たしていると言える。ただし、この5.5時間というのはパフォーマンスを引き下げた状態での計測となる。3つあるプリセットの内上位二つの「ターボモード」や「ゲームモード」では1,2時間持てばよい方だと理解しておこう。

主要項目のカスタマイズができない

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載についてはカスタマイズができないことを理解しておく必要がある。CPU・GPU・メモリ・ストレージなどの構成を変更したいと思っても他の選択肢がなく一切変更することができない仕組みだ。できるのはOS・オフィス・セキュリティソフトなどのソフトウェアのみとなる。

BTOパソコンというよりは完成品のゲーミングノートPCを購入するというイメージだ。完成品のゲーミングノートPCにしているからこそここまで安く購入できると考えるとそれほどマイナスな印象は受けないかもしれない。最近はこういう形態の販売方式が増えているように思う。

>>GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載を購入<<

ドスパラの全RTX 3060搭載モデルと比較

ブランドGALLERIAGALLERIAGALLERIAGALLERIAGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XL7C-R36GALLERIA XL7C-R36GALLERIA XL7C-R36GALLERIA XL7C-R36GALLERIA XL7C-R36GALLERIA UL7C-R37
型番XL5R-R36 5600H搭載XL7R-R36 4800H搭載XL7R-R36 5800H搭載XL7C-R36 10875H搭載XL7C-R36 11800H搭載UL7C-R36
価格139,980円(税込)149,980円(税込)155,980円(税込)155,980円(税込)159,980円(税込)169,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 144Hz15.6インチ 144Hz15.6インチ 144Hz15.6インチ 144Hz15.6インチ 144Hz15.6インチ 240Hz
重量約2.00kg約2.00kg約2.10kg約2.00kg約2.10kg約1.96kg
バッテリー駆動時間約5.5時間約5.5時間約6.3時間約5.8時間約5.0時間約9.6時間
CPURyzen 5 5600HRyzen 7 4800HRyzen 7 5800HCore i7-10875HCore i7-11800HCore i7-11800H
GPURTX 3060RTX 3060RTX 3060RTX 3060RTX 3060RTX 3060
最大グラフィックスパワー130W130W130W130W130W130W
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-2933 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe512GB NVMe512GB NVMe512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載非搭載非搭載非搭載
公式公式公式公式公式公式公式
レビュー当ページ準備中レビューレビューレビューレビュー
ここをチェック!!

ドスパラで販売中の全てのRTX 3060 Mobile搭載モデルを比較している。GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載は、これらの中で最も安価なゲーミングノートPCとなっている。Ryzen 5 5600Hは性能が高くゲームプレイにおいも不足はない。価格が安くても必要最低限のゲーミング性能を持っていると考えてよい。本体重量約2.00kg、バッテリー駆動時間約5.5時間と十分だろう。

旧世代の上位モデルであるRyzen 7 4800H搭載モデルよりも安く性能面でも同等以上だ。8コア16スレッドとコア数が多いため動画編集などでは劣ることもあるが価格差以上の差はない。現行の上位モデルであるRyzen 7 5800Hになると価格は+16,000円だ。当然CPU性能は大きく引き上げられる。高リフレッシュレートでの安定感も増すことになる。

価格差的にIntel製CPUを搭載したモデルは比較対象とはならないだろう。今のところRyzen 5 5600Hの競合に当たるCore i5-11400H×RTX 3060 Mobileの組み合わせはドスパラからは販売されていない。

他社競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAMSI
イメージGALLERIA XL7C-R36GF65 Thin 10U GF65-10UE-256JP
型番XL5R-R36 5600H搭載GF65 Thin 10U
GF65-10UE-256JP
価格139,980円(税込)129,800円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 144Hz15.6インチ 144Hz
重量約2.00kg約1.86Kg
バッテリー駆動時間約5.5時間約7.0時間
CPURyzen 5 5600HCore i5-10500H
GPURTX 3060RTX 3060
最大グラフィックスパワー130W130W
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 8GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
ここをチェック!!

RTX 3060 Mobile搭載の最安値モデルはMSIの「GF65 Thin 10U」だ。価格差は10,180円となっている。液晶サイズは15.6インチでリフレッシュレートは144Hzだ。本体重量はGF65 Thin 10Uの方が8%軽く約1.86kgとなる。バッテリー駆動時間もGF65 Thin 10Uの方が28%長く約7.0時間だ。

大きな違いはCPUにある。GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載ではRyzen 5 5600Hを搭載しているが、GF65 Thin 10UではCore i5-10500Hを搭載している。Ryzen 5 5600Hの方が40%以上性能が高い。同じ6コア12スレッドでもアーキテクチャの違いでこれだけの性能差があるのだ。

また、メモリ容量にも違いがある。GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載は、GF65 Thin 10Uの倍の16GBを搭載している。昨今のゲーム事情を考えると16GBがある方が好ましい。CPU性能が高いこととメモリ容量が倍の16GBであることを考えるとやはりコストパフォーマンスではGALLERIA XL5R-R36 5600H搭載に軍配が上がる。

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載の本体レビュー

本体正面

GALLERIA XL7C-R36-syoumenゲーミングノートPCには見えないすっきりとデザインが印象的だ。15,6インチの狭額縁デザインで視認性が高い。本体自体も薄く持ち運びも問題ない。カフェで仕事をすることもできるだろう。

キーボード

GALLERIA XL7C-R36-keyboardキーボードは日本語配列キーボードを搭載している。違和感なく使用できるはずだ。キーボードはコストの掛かる部分だが、ここは惜しまずに投資をした形だ。これまでのキーボードは英語配列に近くかなり癖が強かった。おそらくユーザーからも意見があったのではないかと思う。そこをしっかりと押さえてくるのはドスパラのすごさだ。

本体天板

GALLERIA XL7C-R36-tenban天板にはシルバーでGALLERIAのロゴが入っている。派手すぎないデザインが秀逸だ。背面には電源端子、USB 3.1 Gen2 Type-C、LANポート、HDMI端子が配置されている。すっきりまとまっていて使い勝手がよい。なお、USB Type-CはPower Deliveryに対応していないため充電はできない。また、Thunderbolt 4には対応していない。

本体右側

GALLERIA XL7C-R36-right本体右側は盛りだくさんだ。カードリーダー、USB 3.0 Gen1 Type-A×2、排気口・が配置されている。比較的I/Oパネルは充実している。

本体左側

GALLERIA XL7C-R36-left本体左側には排気口・USB 2.0、ヘッドホン出力・マイク入力が配置されている。一般的なデザインになっている。

ACアダプター

GALLERIA XL7C-R36-batteryACアダプターは、一般的なものが採用されている。重さがあるため持ち運ぶにはやや躊躇ってしまうかもしれない。USB Power Deliveryに対応していないのはデメリットだ。

>>GALLERIA XL5R-R36 5800H搭載を購入<<

管理人による総評(GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載)

GALLERIA XL7C-R36

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載は、RTX 3060 Mobile×Ryzen 5 5600H搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCだ。RTX 3060 Mobileは扱いやすい性能で人気が高い。そのRTX 3060 Mobile搭載モデルの中でも価格が抑えられていて注目度が高い。

CPUに採用されているRyzen 5 5600Hは6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高くRTX 3060 Mobileとの相性もよい。税込15万円以下でコスパの高いモデルを探している方は必見だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成にも妥協は見られない。

価格CPUグラボ
139,980円(税込)Ryzen 5 5600HRTX3060
メモリSSDHDD
16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!