GALLERIA ZA7C-R38 12thtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載」の詳細レビューをまとめている。RTX 3080×Core i7-12700K搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。2021年11月にリリースされたばかりのAlder Lake世代のCPUを採用している。新しいモデルということで少し割高に設定されているが、性能面では魅力的だ。RTX 3080と合わせるのに十分な性能を有している。水冷クーラー採用でパフォーマンスの低下を防ぐことが可能だ。年末年始での価格調整に期待したい。

GALLERIA ZA7C-R38のスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7C-R37 第12世代Core搭載
価格Windows 10 / 329,980円(税込)
CPUCore i7-12700K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 6.4(暫定)

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7C-R38の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3080(GPU)

GeForce RTX 3080は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けのモデルだと言える。GPUメモリ容量も10GBとRTX 2080 SUPER/RTX 2080と比べて25%多くなり高解像度でのゲームプレイに有利だ。RTX 2080 Tiと比べても13%程度ゲーミング性能が向上している。競合であるRadeon RX 6800 XTよりも6%性能が高い。レイトレーシング性能についてはRadeon 6000シリーズを圧倒している。DLSSを活用すればフレームレートを安定させることが可能だ。

Intel Core i7-12700K(CPU)

corei7-12700kseinou

Core i7-12700Kは、Intel第12世代の高パフォーマンスなCPUだ。12コア20スレッドと圧倒的なスペックを冠していて従来モデルのCore i7-11700Kから大幅に性能が高くなった。その性能差は60%以上と1世代での進化とは思えない。Core i9-11900Kと比べても圧倒的であることがわかる。

Ryzen 7 5800Xと比べても50%近くも性能が高く上位モデルのRyzen 9 5900Xよりも5%程度性能で上回る。動画編集・画像編集などRyzen 5000シリーズが得意としていた分野でも十分なパフォーマンスを発揮できる。当然ゲーミング性能も高くオールラウンドに通用するモデルだと考えて間違いない。

総合性能

GALLERIA ZA7C-R38 12thseinou

GALLERIA ZA7C-R38は最新のCPU Core i7-12700Kを搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。Core i7でもRTX 3080とバランスが取れる時代が到来した。比較的低コストでハイエンドモデルを楽しめる時代ももう少しだ。第12世代のCore i7-12700Kは非常に優秀な性能を有している。

ゲームだけに使用するには少し惜しい。FF14を4Kでプレイしたり、Apex LegendsをフルHDで240Hzを目指すことは難しくない。これらの用途にプラスして動画の撮影や配信を行える。高いCPU負荷を想定した用途に適したモデルである。

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

GALLERIA ZA7C-R38の特徴

これからに期待できる最新モデル

GALLERIA ZA7C-R38は、Core i7-12700KとRTX 3080を組み合わせたハイエンドクラスのゲーミングPCである。Core i7-12700Kの性能は従来のCore i9-11900Kをも超える。そのため、RTX 3080と組み合わせられるCPUの選択肢は広くなった。ただし、登場したばかりのCore i7-12700Kの価格はまだ高い。それこそCore i9-11900K搭載モデルと大きな差がない。

性能が向上しているという点では十分過ぎる価格設定ではあるが、新たな選択肢となる程度でスタンダードになれるほどではないように感じる。第12世代が登場した今も第10世代が現存していることが価格が高めに設定されている要因だ。第10世代が市場から消えるまではお得なモデルや評価の高いモデルの登場は難しい。

また、第12世代のCPUもまだ出揃っていない。Core i7-12700やCore i5-12400のような製品が登場するまでは価格が大きく動くことはないだろう。今はそれほどではなくても、これからに大きな期待が掛かるモデルだ。もっとも、最新モデルである以上はどんなモデルにも期待は掛かるものだ。GALLERIA ZA7C-R38が優れているのは、従来のGALLERIAシリーズのCore i9-11900K搭載モデルよりも価格が抑えられているところにある。

適正価格になれば、一気に評価を伸ばして最高峰のモデルになる可能性がある。最新モデルの序盤はGALLERIAシリーズが牽引する印象が強い。GALLERIA ZA7C-R38もまた、これまで通りハイエンドクラスを牽引する存在になれそうだ。

不安要素はシリーズで統一された構成

GALLERIA ZA7Cシリーズは搭載メモリが全て16GBだ。RTX 3070にはよくても、RTX 3080やRTX 3090にとってはデメリットになりやすい。GALLERIA ZA7C-R38を始め、GALLERIAシリーズは構成が基本的に統一されているのだ。GALLERIA ZA7C-R38の場合はGALLERIA ZA7Cシリーズとして展開されている。搭載されているGPUが違うだけの他シリーズと構成が同じだ。それはRTX 3070搭載のハイクラスとも同じということである。

この構成に変化が起こりにくいことがGALLERIA ZA7C-R38の不安要素だ。恐らく他ショップの製品は32GBを標準として、同じ価格帯で展開されてくるはずだ。ハイエンドクラスの中では先々構成面がマイナス要素となりそうだ。GALLERIA ZA7C-R38は非常に優秀なモデルであるが、完成度は高くない。

Core i7-12700KとRTX 3080の組み合わせならメモリは32GBは最低限だ。場合によっては64GBも視野に入る。それを16GBに抑えているのはハイエンドクラスではデメリットやマイナス要素になってしまう。Core i9-11900K搭載モデルと価格は同じでも、構成で差を着けられてしまうなら必ずしも優れた選択肢とはならない。

GALLERIA ZA7C-R38はこれからに期待できるモデルだ。しかし、構成に関してはカスタマイズや増設で対応するしかない。標準構成が大幅に改良されるようなことはない。最近のドスパラは値引きはあっても、無償アップグレードの適用がほとんどない。ハイエンドクラスとしては少し物足りなさがあるのは否めない。

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
イメージgalleriaxseriesnextgear
製品名 ZA7C-R37TD-P
ケースミドルミドル
価格329,980円(税込)318,780円(税込)
CPUCore i7-12700KCore i9-11900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD800W TITANIUM
マザボZ690Z590
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。一世代前の第11世代搭載のハイエンドモデルだ。性能に関してはCPU性能の分だけGALLERIA ZA7C-R38に分がある。しかし、メモリ容量が倍違うので用途によってはG-Tune TD-Pが圧倒的だ。価格はG-Tune TD-Pの方が安価であることから、価格が下がりにくい今ならG-Tune TD-Pが評価でもリードしている。

メモリを流用できるならGALLERIA ZA7C-R38も悪くない。メモリをカスタマイズや増設を行うなら、コストパフォーマンス的にG-Tune TD-Pが大きく上回る。何を重視するにしても、この2製品は同等の性能と価格帯である。標準構成ではG-Tune TD-Pが優れ、CPU性能のポテンシャルではGALLERIA ZA7C-R38が優れる。どちらを選んでも後悔はないので好みで選ぶくらいでいいかもしれない。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7C-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載は、RTX 3080×Core i7-12700K搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。その高いゲーミング性能は4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けだ。もちろん高リフレッシュレートモニターを活かすのに適している。Core i7-12700Kは、ハイブリッドコアアーキテクチャを採用した初めてのモデルだ。12コア20スレッドとスペックをRyzen 5000シリーズを上回るCPU性能を得た。動画編集やゲーム実況などCPU負荷の高い作業を考えている方にもおすすめだ。ただし、2世代前のCPUが併売されている現時点ではこれ以上安くなることは期待できない。年末年始が狙い目となるのではないだろうか。

価格CPUグラボ
329,980円(税込)Core i7-12700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA ZA7C-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya