GALLERIA ZA7C-R38 12thtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載」の詳細レビューをまとめている。RTX 3080×Core i7-12700K搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。2021年11月にリリースされたばかりのAlder Lake世代のCPUを採用している。新しいモデルということで少し割高に設定されているが、性能面では魅力的だ。RTX 3080と合わせるのに十分な性能を有している。水冷クーラー採用でパフォーマンスの低下を防ぐことが可能だ。値下げによって評価は微増となったが、まだまだ物足りない。比較対象モデルを確認しておくとよい。

GALLERIA ZA7C-R38のスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7C-R37 第12世代Core搭載
価格Windows 10 / 319,980円(税込)
CPUCore i7-12700K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 3.7

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7C-R38 12thseinou

GALLERIA ZA7C-R38は最新のCPU Core i7-12700Kを搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。Core i7でもRTX 3080とバランスが取れる時代が到来した。比較的低コストでハイエンドモデルを楽しめる時代ももう少しだ。第12世代のCore i7-12700Kは非常に優秀な性能を有している。

ゲームだけに使用するには少し惜しい。FF14を4Kでプレイしたり、Apex LegendsをフルHD+240Hzでプレイしたりすることを目指すことは難しくない。これらの用途にプラスして動画の撮影や配信を行える。高いCPU負荷を想定した用途に適したモデルである。

GALLERIA ZA7C-R38の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Intel Core i7-12700K(CPU)

corei7-12700kseinou

GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載は、Intel第12世代の高パフォーマンスなCPUだ。12コア20スレッドと圧倒的なスペックを冠していて従来モデルのCore i7-11700Kから大幅に性能が高くなった。その性能差は60%以上と1世代での進化とは思えない。Core i9-11900Kと比べても圧倒的であることがわかる。

Ryzen 7 5800Xと比べても50%近くも性能が高く上位モデルのRyzen 9 5900Xよりも5%程度性能で上回る。動画編集・画像編集などRyzen 5000シリーズが得意としていた分野でも十分なパフォーマンスを発揮できる。当然ゲーミング性能も高くオールラウンドに通用するモデルだと考えて間違いない。

GeForce RTX 3080(GPU)

GeForce RTX 3080は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けのモデルだと言える。GPUメモリ容量も10GBとRTX 2080 SUPER/RTX 2080と比べて25%多くなり高解像度でのゲームプレイに有利だ。RTX 2080 Tiと比べても13%程度ゲーミング性能が向上している。競合であるRadeon RX 6800 XTよりも6%性能が高い。レイトレーシング性能についてはRadeon 6000シリーズを圧倒している。DLSSを活用すればフレームレートを安定させることが可能だ。

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

GALLERIA ZA7C-R38の特徴

2万円の値下げもあと一歩という評価

GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載は、非常に性能の高いハイエンドクラスのゲーミングPCだ。Core i7シリーズでも第12世代のCore i7-12700KであればRTX 3080とバランスがしっかり取れる。性能的にはメモリが32GBあれば完璧に近いものだ。価格も2万円下がり、319,980円にまでなった。評価がいまひとつ伸びないのは、この構成での理想が30万円を切る価格だからだ。少し前なら31万円台でも十分だった。

今はRTX 3080搭載モデルが徐々に30万円を切り始めている。そういった時代の流れに乗ったような値引きだが、値引き額がもう一歩届かなかった。また、今回の2万円引きはキャンペーンのようなもので、しばらくすると価格は戻る可能性もある。これ以上の値引きも期待できないので、しばらくは評価がたかくなることもなさそうだ。

おすすめできないというわけではないのが評価の難しいところだ。RTX 3080搭載モデルは30万円を切り始めているが、GALLERIAシリーズはケースデザインに優れているなどの特徴がある。もちろんこれは個人の好みによるところが大きい。それでも、ゲーミングPCらしさのあるケースだと思う。ハイエンドクラスになると、ある程度価格はあってないようなものになる。

RTX 3080搭載モデルを候補に加えているなら、予算は30万円前後なはずだ。それだけ潤沢な予算があるなら、数万円の差はそれほど大きくない。同じ性能、同じ構成で価格差が3万円ほどあったとしても、ケースデザインを重視してあえて高価なモデルを選択するということもあるはずだ。

予算が控えめであったなら、価格と性能を重視した選択を推奨したい。しかし、ハイエンドクラスになると数万円で価格帯は変わらない。それならケースの見た目を一番に考えるというのは悪くないように思う。これがおすすめできないわけではない理由である。

メモリが32GBなら化けた

GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載には弱点がある。それは、構成がシリーズで統一されていることだ。ミドルクラスでもハイエンドでも、基本的にはシリーズで構成が統一されている。つまり、ストレージやメモリはランクが違っていても同じということだ。GALLERIA ZA7C-R38のようなハイエンドクラスでは、メモリ32GBがスタンダードになりつつある。

高解像度でのゲームプレイに対応できる性能帯だからこそ必須となるゲーム用途もある。優れた性能と価格設定でも構成に物足りなさがある。それを補うにはカスタマイズや増設しかない。ここでコストが掛かってしまうと結局高価なモデルとなってしまう。もしも、GALLERIA ZA7C-R38に搭載されているメモリが標準で32GBだったなら、一気にトップクラスの評価になっていただろう。

RTX 3080搭載モデルには強力なモデルが多い。さすがにそこに割って入ることはできないが、セールと合わせれば対抗することはできただろう。ハイエンドクラスは個性が出やすい性能帯だ。一定の性能があると、後は被りにくい個性的なモデルになる。ストレージ構成・電源容量・メモリ構成にも差が出てくる。

そのため、ハイエンドクラスの価格はハイクラスやミドルクラスよりも重要性が低い。しかし、GALLERIA ZA7C-R38はシリーズで統一されていることから、個性的とは言えないオーソドックスな構成だ。低価格を目指すとこうなるという面白みのないモデルだ。これがシリーズで統一された構成を持つモデルの弱点だ。下位モデルとは一線を画す構成であったなら化けただろう。

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAOMEN by HP
イメージgalleriaxseriesOMEN by HP 40L Desktop
製品名 ZA7C-R3840L Desktop GT21-0775jp価格.com限定
ハイパフォーマンスエクストラモデル
ケースミドルミドル
価格319,980円(税込)271,700円(税込)
CPUCore i7-12700KCore i7-12700K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3733 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD800W GOLD
マザボZ690Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はhpと価格.comのコラボレーションモデルOMEN by HP 40L Desktop GT21-0780jp ハイパフォーマンスエクストラモデルだ。GALLERIA ZA7C-R38と比べてメモリ規格がアップし、メモリ容量が倍増となる。電源容量が微増だ。そして価格が48,000円も安い。異常なほど突出したモデルだ。

ただし、現在一時取り扱いが停止している。圧倒的な人気が一瞬にして完売してしまったようだ。しばらく後に復活することは間違いない。価格は少し上がるかもしれないが、狙い目と言えるハイエンドなゲーミングPCだ。RTX 3080搭載最強のモデルだ。購入するタイミングで在庫が復活していればラッキーくらいに見ておきたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7C-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載は、RTX 3080×Core i7-12700K搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。その高いゲーミング性能は4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けだ。もちろん高リフレッシュレートモニターを活かすのに適している。Core i7-12700Kは、ハイブリッドコアアーキテクチャを採用した初めてのモデルだ。

12コア20スレッドとスペックをRyzen 5000シリーズを上回るCPU性能を得た。動画編集やゲーム実況などCPU負荷の高い作業を考えている方にもおすすめだ。2万円の値下げが適用となったが、強力なモデルが存在している。今は比較対象モデルを確認しておくとよいだろう。

価格CPUグラボ
319,980円(税込)Core i7-12700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA ZA7C-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya