GALLERIA ZA7C-R38 12thtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA7C-R38 TGS2022出展記念 DVDドライブ搭載」の詳細レビューをまとめている。東京ゲームショウ出展記念モデルとして販売されているが、まさかのDVDドライブ搭載だけだ。あまり魅力的ではないように思えるのは私だけだろうか。Core i7-12700K×RTX 3080搭載のハイクラスのゲーミングPCで性能的には申し分ない。2021年11月にリリースされたAlder Lake世代のCPUを採用している。RTX 3080と合わせるのに十分な性能を有している。水冷クーラー採用でパフォーマンスの低下を防ぐことが可能だ。

GALLERIA ZA7C-R38のスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA ZA7C-R38
TGS2022出展記念 DVDドライブ搭載
価格Windows 10 / 319,980円(税込)
CPUCore i7-12700K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3.0
おすすめ度Cランク

限定モデルだが光学ドライブ搭載のみ…

GALLERIA ZA7C-R38 TGS2022出展記念 DVDドライブ搭載はGALLERIAの東京ゲームショウ初出展記念モデルだ。GALLERIA ZA7C-R38を含んで3種類登場しているが、当該モデルが最もおすすめしにくいモデルだ。SSD容量が倍増したモデル、チップセットがZ690へアップグレードされたモデルはまだ実用性が高い。しかし、DVDドライブを搭載していることが一体何のメリットがあるのだろうか。

通常カスタマイズで税込2,800円で追加できる光学ドライブが標準で搭載されているだけだ。この光学ドライブは多くのショップで非搭載となっている。それはドライバやソフトのインストールがオンラインで完結するようになったからだ。既に光学ドライブを使用する場面は非常に少ない。筆者はここ数年光学ドライブを使用したことがない。

それでも念のために外付けの光学ドライブを所持しており、それで十分事足りる。基本的にゲーミングPCでは、光学ドライブかカードリーダーのどちらかが搭載されている。ドスパラのGALLERIAシリーズはカードリーダーが搭載されているので、光学ドライブは搭載されていない。そして、ドスパラも光学ドライブを不要と考えているはずだ。

だからこそカードリーダーを採用して、光学ドライブを廃したはずだからだ。それを記念モデルに搭載した意図が分からない。同等の性能の外付けの光学ドライブは1,000円2,000円で購入できる。カスタマイズでも2,800円だ。それなら2,800円引きされた方がいくらかマシである。

記念モデルの登場は嬉しい反面、GALLERIA ZA7C-R38 TGS2022出展記念 DVDドライブ搭載の登場は存在意義が分からない。もしかすると、東京ゲームショウに何か関連しているのかもしれない。ただ一つ言えることは、あえて選択するほどのモデルではないということだ。

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7C-R38 12thseinou

GALLERIA ZA7C-R38は最新のCPU Core i7-12700Kを搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。Core i7でもRTX 3080とバランスが取れる時代が到来した。比較的低コストでハイエンドモデルを楽しめる時代ももう少しだ。第12世代のCore i7-12700Kは非常に優秀な性能を有している。

ゲームだけに使用するには少し惜しい。FF14を4Kでプレイしたり、Apex LegendsをフルHD+240Hzでプレイしたりすることを目指すことは難しくない。これらの用途にプラスして動画の撮影や配信を行える。高いCPU負荷を想定した用途に適したモデルである。

GALLERIA ZA7C-R38の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Intel Core i7-12700K(CPU)

corei7-12700kseinou

GALLERIA ZA7C-R38は、Intel第12世代の高パフォーマンスなCPUだ。12コア20スレッドと圧倒的なスペックを冠していて従来モデルのCore i7-11700Kから大幅に性能が高くなった。その性能差は60%以上と1世代での進化とは思えない。Core i9-11900Kと比べても圧倒的であることがわかる。

Ryzen 7 5800Xと比べても50%近くも性能が高く上位モデルのRyzen 9 5900Xよりも5%程度性能で上回る。動画編集・画像編集などRyzen 5000シリーズが得意としていた分野でも十分なパフォーマンスを発揮できる。当然ゲーミング性能も高くオールラウンドに通用するモデルだと考えて間違いない。

GeForce RTX 3080(GPU)

GeForce RTX 3080は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けのモデルだと言える。GPUメモリ容量も10GBとRTX 2080 SUPER/RTX 2080と比べて25%多くなり高解像度でのゲームプレイに有利だ。RTX 2080 Tiと比べても13%程度ゲーミング性能が向上している。競合であるRadeon RX 6800 XTよりも6%性能が高い。レイトレーシング性能についてはRadeon 6000シリーズを圧倒している。DLSSを活用すればフレームレートを安定させることが可能だ。

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

GALLERIA ZA7C-R38の特徴

長らく変化がなく、徐々に評価は下がる

GALLERIA ZA7C-R38は、Core i7とRTX 3080を搭載したモデルだ。第12世代の性能の高さから実現したモデルで、これまでのCore i7とRTX 3080を組み合わせたモデルとは一味違う。価格を抑えながらも、CPUがボトルネックとならないというのはメリットだ。

単純にゲームをプレイするだけなら十分なパフォーマンスを得られる。その一方で、高解像度でのゲームプレイはそこまで得意ではない。それでも4K解像度でのゲームプレイも高い水準で対応はできる。あくまでもGALLERIA ZA7C-R38の持つ性能の中では苦手という程度のものだ。

他に同様の特性を持つモデルとしてCore i7-12700(無印)とRTX 3080を搭載したモデルがある。Intel第12世代Core iシリーズの性能は非常に高いため、これまで考えられなかった無印のCore i7でさえハイエンドのRTX 3080とバランスが取れる。

価格を意識するならそういったモデルの方が適していそうだ。また、GALLERIA ZA7C-R38の価格はそこまで抑えられていないこともあって、今ひとつ評価は伸び悩んでいる。また、ここ数ヶ月間は価格に変化がないので評価もじわじわと下がりつつある。

他製品の動向もあって、GALLERIA ZA7C-R38はそこまでおすすめ度の高いモデルではない。最近のドスパラは価格が非常に揺れ動くため、できるなら価格が下がったタイミングがいい。

RTX 3080搭載モデルの価格も比較的下がり気味なので、Core i7-12700Kとの組み合わせなら30万円を切る可能性もある。そこまで価格が下がればもう少しおすすめしやすくなりそうだ。

構成の乏しさと価格の高さが難点

GALLERIA ZA7C-R38はコストパフォーマンスが低いゲーミングPCだ。それは構成の乏しさが大きな影響を与えている。ドスパラの製品は主にシリーズで展開されており、そのシリーズ内の構成は概ね統一されている。

GPUによって変更が必要な電源だけは製品ごとに違う。それ以外の部分は基本的には同じである。そのため、ハイエンドクラスだからメモリが32GB搭載されているというようなことはない。これがGALLERIAシリーズの特徴であり、弱点でもある。

ミドルクラスであれば特に問題のない構成でも、ハイエンドクラスとなるとそうもいかない。ストレージ容量とメモリ容量は対応力と利便性に関わってくる。ハイエンドクラスであれば、多くのことに対応したくなるものだ。いや、対応できて当たり前と言えるかもしれない。

特に、ストレージ構成に関してはドスパラが牽引している部分もある。HDDとSSDのデュアルストレージを廃止したのも、NVMe対応SSDをいち早く取り入れたのはドスパラの製品だ。そのドスパラだからこそ、優れた構成を持ったモデルを展開して欲しいとも思う。

せめてメモリ32GBくらいは欲しい。そう思う反面、価格を抑えるためにCore i7-12700Kを採用したのだから、これが正解のようにも感じている。明確にダメだと断言できるのは価格くらいなもので、全体的にどこか中途半端さがある。

価格を高めにするなら構成を充実させてほしい。そうでないなら価格を下げてほしい。このどちらかが実現できれば、非常に優れた選択肢となるだろう。それまでは様子を見るか、別のモデルをチェックしておきたい。

>>GALLERIA ZA7C-R38を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAOMEN by HP
イメージgalleriaxseriesOMEN by HP 40L Desktop
製品名GALLERIA ZA7C-R38
TGS2022出展記念 DVDドライブ搭載
40L Desktop GT21-0775jp価格.com限定
ハイパフォーマンスエクストラモデル
ケースミドルミドル
価格319,980円(税込)290,400円(税込)
CPUCore i7-12700KCore i7-12700K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3733 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD800W GOLD
マザボZ690Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はHPと価格.comのコラボレーションモデルだ。記念モデルながら、GALLERIA ZA7C-R38は光学ドライブが追加されただけなので、価格.com限定モデルには到底敵わない。価格.com限定モデルには光学ドライブもカードリーダーも搭載されていないようだ。しかし、どちらも1,000円2,000円程度でUSB接続タイプのものが購入できる。GALLERIA ZA7C-R38との価格差が29,000円ほどあるので、そこまで気にするほどのものではない。メモリ規格・メモリ容量・SSD規格・電源容量で圧倒する価格.com限定モデルを強くおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7C-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7C-R38 TGS2022出展記念 DVDドライブ搭載は、Core i7-12700K×RTX 3080搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。その高いゲーミング性能は4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けだ。もちろん高リフレッシュレートモニターを活かすのに適している。出展記念として光学ドライブが標準搭載となったが、それで評価は上がることはない。

CPUに採用されているCore i7-12700Kは、ハイブリッドコアアーキテクチャを採用した初めてのモデルだ。12コア20スレッドとスペックをRyzen 5000シリーズを上回るCPU性能を得た。動画編集やゲーム実況などCPU負荷の高い作業を考えている方向けだ。ただし、他社BTOメーカーに強力なモデルが存在している。今は比較対象モデルを確認しておくとよいだろう。

価格CPUグラボ
319,980円(税込)Core i7-12700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA ZA7C-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya